こだわりびと 保護猫カフェ で引き取り手探す・…|でっかいワンコと猫ちゃんのモフモフアタックで起こされ…|11ぴきのねこ 22日猫の日限定消印/三戸|他

<こだわりびと> 「保護猫カフェ」で引き取り手探す・伊藤敬子さん

2021/02/21 11:20
 四年前の春、子育てが一段落したのを機に一大決心をした。「これまでは自分のことばっかりで生きてきた。これからは何か世の中の役に立つことがしたい」。もともと猫が好きで自宅で飼っていたこともあり、野良猫に餌を与えながら、自費で避妊手術をするボランティアを始めた。

でっかいワンコと猫ちゃんのモフモフアタックで起こされて…… 犬と猫、赤ちゃんの“朝のルーティン”が幸せいっぱい(1/…

2021/02/21 11:00
 アラスカン・マラミュートのモフモフワンコの名前は、それぞれ「Phil(フィル)」、「Niko(ニコ)」、「Teddy(テディ)」です。そんな3匹に負けず劣らずモフモフで少し大きめの体をした猫ちゃんがメインクーンの「Milo(マイロ)」。そして、ぷにぷにほっぺがかわいい赤ちゃんが「Amelia(アメリア)」ちゃんです。
 まずはアメリアちゃんがいるベビーベッドへ、みんなでお迎えに行きます。アメリアちゃんは朝からご機嫌で、ワンコたちの様子を笑顔で眺めていてとってもキュート! 次にアメリアちゃんを連れてパパがいる寝室へみんなで移動します。パパが合図をするとワンコたちは尻尾を振って次々とパパのもとへ。アメリアちゃんもベッドへあがり、パパのとなりで朝ごはんのミルクをゴクゴクと飲み始めます。その後、マイロも到着し、パパに抱っこしてもらってご満悦です。

「11ぴきのねこ」22日猫の日限定消印/三戸

2021/02/21 11:00
 三戸郵便局(橋本正俊局長)は、2月22日の「猫の日」に一日限定で、青森県三戸町出身の故馬場のぼるさんが描いた絵本「11ぴきのねこ」をデザインした小型記念通信日付印(消印)の押印サービスを行う。午前9 ...

川に落ちた猫をウーバーイーツ配達員が救助。集まった人たちから拍手と歓声

2021/02/21 10:56
 隊員たちは猫がいる場所の真上に近い位置からはしごをゆっくりと水面近くまで下ろした。すると、猫ははしごに飛び移ることに成功した。
 集まった人たちが、祈るように作業を見つめる。隊員の1人が慎重にはしごを下りていく。しかし、隊員の足が猫のいるところまでたどり着くと、猫はおびえてしまったのか、逃げるように跳び上がり、川に落ちてしまった。
 沈まないように必死で川を泳ぎ、何度か岸壁にはい上がろうとするが、すぐに落ちて再び流される猫。数十メートル下流まで流されたところには、ちょうど人が下りていくことのできる手すり状のはしごがあった。猫はそれにしがみつき、なんとかはい上がった。
 この瞬間、なんとかしたいと思いながら作業を20分ほど見守っていた水谷さんは、「今なら救出活動の邪魔にならない」ととっさに判断。柵を乗り越えて手すり状のはしごをするすると下りていった。高校時代の3年間は野球に打ち込み、体力には自信があった。
 素早く猫のいる水面近くまでたどりつくと、川底に両足をひたしながら猫を「優しく、優しく」と注意しながら抱きかかえようとした。だが、警戒心が強い猫は逃げるように動き回り、「かなり焦った」。
 左腕の内側を猫にひっかかれ、数本の傷がついた。それでも、再び猫を冷たい水の中に落とすことは何としても避けたかった。「何が何でも離さないように強……

愛猫家2007人に聞いた、猫を飼うようになって良かったことは?

2021/02/21 10:30
次に「猫を飼うようになって良かったこと、嬉しかったこと」を11項目ごとに5段階評価を実施。その結果、「そう思う」「まあそう思う」と答えた割合が最も多かったのは、男女ともに「癒される」(男性89%、女性96%)となった。
1日の中で、飼い猫のために使う時間は?
以下、男性は2位「甘えてくる・寄り添ってくれる」(88%)、3位「とにかくかわいい」(86%)。女性は2位「とにかくかわいい」(95%)、3位「甘えてくる・寄り添ってくれる」(93%)と続いた。また、男性では3人に1人以上の36%、女性では2人に1人以上の57%が、猫によって仕事のモチベーションが上がっていることがわかった。
猫はどんな存在かとの問いに対して、「家族の一員」と答えた割合は男性94%、女性98%に達した。この他、「恋人」は男性24%、女性35%、「神に近い存在」は男性17%、女性33%となった。
猫との暮らしで変化したライフスタイルを尋ねると、男女ともに「猫の動画・画像を見る」(男性63%、女性78%)がトップ。次いで、男性は2位「外泊の頻度が減少」(53%)、3位「こまめに掃除する」(52%)。女性は2位「家族のコミュニケーション増加」(66%)、3位「こまめに掃除する」(65%)と続いた。

保護猫、新天地で「ニャンダフル」な生活 28日まで写真展

2021/02/21 09:44
 秋田県内で保護され、新たな飼い主に譲渡された猫の写真展「ニャンダフルライフ写真展」が、県動物愛護センター「ワンニャピアあきた」(秋田市雄和椿川)で開かれている。28日まで。

多頭飼いの猫が暮らす義実家に猫アレルギーの嫁と子ども。義母vs嫁、歩み寄るのはどっち?(サライ.jp)

2021/02/21 09:04
多頭飼いの猫が暮らす義実家に猫アレルギーの嫁と子ども。義母vs嫁、歩み寄るのはどっち?(サライ.jp) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

シッポで本音を語る台湾の猫

2021/02/21 06:00
2/26、3/6開催!デジタル改革担当平井大臣、中央大学須藤教授、福島県磐梯町菅原CDO、日本総合研究所高橋名誉理事長などが登壇!公共DXについて語る!

【2021年版】猫の種類の人気ランキング、「まんまる可愛いあの子」の13連覇なるか?

2021/02/21 05:04
ぺット保険を扱うアニコム損害保険株式会社が、ペット保険「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫、約52,000頭を対象とした「猫の名前ランキング2021」と「人気猫種ランキング 2021」を19日発表した。猫の日(2月22日)にあわせて毎年この時期に公開される恒例のランキングだ。
本稿では人気の猫種ランキングに絞って、写真とともにその結果を掲載する。猫の名前ランキングについてはぜひ、アニコム損保のリリースなどで確認してほしい。
10位は「ロシアの歴代大統領が愛した猫」まず10位に滑り込んだのは、昨年トップ10圏外だった「サイベリアン」(1,788頭)。

猫好き向け「ニャー麺」発売へ 愛知・碧南の小笠原製粉

2021/02/21 05:00
 小笠原製粉は、キリンのレトロなパッケージデザインで知られ、他にもさまざまな動物シリーズを展開している。二年前には、「ブンチョウ」「インコ」の商品を発売。ブンチョウ愛好家向けという狭い市場を想定したが、年間売り上げは当初予想の五倍の一万五千食以上を記録したという。

やさしい猫 第235回 : やさしい猫 : 連載小説

2021/02/21 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

鯱バス、「ネコ好きの ネコ好きによる ネコ好きのための バスツアー 」を2月22日(猫の日)発売

2021/02/21 02:15
■バスツアーの概要
今回のツアーは、ネコ好きの。ネコ好きによる。ネコ好きのための。バスツアーを標榜して、“にゃんことネコ型”を愛でる旅という新たな機軸で、“地元名古屋・愛知”の魅力を再発見・再体験する日帰りバスツアーです。
ねこカフェから始まるにゃんこ旅
<主な特徴>
◎ バスツアー至上初(当社調べ)。都心(名古屋 栄)のねこカフェからツアーをスタートします。
◎ 名古屋~東浦~常滑と。愛知の現在。そして歴史を反映する猫スポットを巡ります。
◎ ねこカフェでの触れ合い、招き猫の絵付けなど体験にこだわったツアーになっています。
◎ 本物のにゃんこ、創作物としてのネコ(ネコ型)両方が楽しめる企画です。
◎ お土産に話題沸騰、大人気の“ねこねこ食パン”ももらえます。
■発売・催行日程
・発売:2月22日(月)~ ※当社Webサイト限定発売
・催行:5月15日(土) 9時50分集合(場所:猫カフェ MOCHA 名古屋栄店)
■ツアー詳細
・当社「鯱バスツアーサイト」をご参照ください。
https://www.shachi-bus.com/tour/763/
<催行にあたっての注意事項>
・猫アレルギーの方の参加はご遠慮ください。
・当社規定の催行定員に満たない場合は、ツ……