どうやって仕事するのこれ? 在宅勤務を邪魔する猫さ…|トイレのドアを開けて目の前を見るとー愛猫の まさかの…|猫 遊びにきたよ! ラマ 久しぶり~ 猫ちゃんとラ…|他

「どうやって仕事するのこれ?」在宅勤務を邪魔する猫さん 一緒に暮らし始めたばかりの嬉しい悲鳴に、悶絶する人続出(まい…

2021/02/23 16:02
「どうやって仕事するのこれ?」在宅勤務を邪魔する猫さん 一緒に暮らし始めたばかりの嬉しい悲鳴に、悶絶する人続出(まいどなニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

トイレのドアを開けて目の前を見るとー愛猫の「まさかの姿」に意表を突かれた(笑)(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

2021/02/23 15:05
トイレのドアを開けて目の前を見るとー愛猫の「まさかの姿」に意表を突かれた(笑)(ねこのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

猫「遊びにきたよ!」ラマ「久しぶり~」 猫ちゃんとラマの仲むつまじい友情にほっこり(1/2 ページ)

2021/02/23 15:00
セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声 「普通に惚れてまうレベル」 金爆・樽美酒研二、色気匂い立つ素顔ショットがファンを散々酔わせてしまう 金爆、樽美酒研二の“9割すっぴん”写真が女々しさゼロ! 「イケメンを惜しみもなく流出!」 猫ちゃんと車中泊、朝まで隠し撮りしたら…… 飼い主のお布団にもぐりこむ猫ちゃんがいとおしい 人類史に残る紳士的実験「遺伝的アルゴリズムでエッチな画像を作ろう!」がついにゴール 無事Googleに怒られエッチと認定される 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る インターフォンを鳴らす不気味な女性 まさかの正体描くオカルト漫画が人気に 猫「今たすけるニャ!」 お風呂中の飼い主を“溺れた”と勘違い→必死に引っ張る猫ちゃんがいとおしい 「ほんとにキレイなお顔」 金爆・樽美酒研二、“半分すっぴん”姿でイケメン素顔をのぞかせる

突然、木になった猫は… 障害負った画家、体験を絵本に

2021/02/23 15:00
 手足は全く動かず、コンクリートで固められているよう。一方で全身は熱くしびれ、熱湯の中にいるようだった。しかしこのときは、「リハビリをすればいつか治る」と思っていた。自転車仲間にも事故から復帰した人がいて、「自分もきっと動けるようになる」と思っていた。
 動けるようになりたい一心で、きついリハビリに取り組んだ。しかし、数カ月が経っても、1人でご飯を食べることも、移動することもできない。仲間がスマホに送ってくれたツーリング中の写真を見て、「もし回復しても、もう自転車には乗れないんだ。山登りもできないし、いろんなことができなくなった」と、落ち込んだ。
絵なら描ける? それでも、「何もできなくなってしまったけれど、何かしたい」と考え、「絵なら描けるんじゃないか」と思いついた。東京芸大で日本画を学び、絵画教室で絵を教えていた今村さん。元児童書編集者の指導を受けながら、一人一人が絵本をつくる「手づくり絵本の会」にも参加し、事故に遭うまでに5作の絵本を完成させていた。
 スプーンを持つ練習で使ってい…

日伊の犬・猫飼育状況と猫雑誌 読者が決めたイタリア猫の日

2021/02/23 13:25
 ペットフード協会の調査結果を見ると、日本では、「室内飼育が進む中、集合住宅での飼育が禁止されている住環境問題が大きな飼育阻害要因となっている」上に、「十分に世話ができない」ために犬や猫を飼うことが考えられない、あるいはためらわれる状況があり、そのために、イタリアの方が、犬や猫を飼う世帯の割合が高いのではないかと思います。Assalco - Zoomark 2019によると、イタリアでは、ペットを飼うにあたって、飼育者の48.7%が飼育環境の広さ、30.7%が家族の生活様式を考慮しているとのことで、イタリアの方が、住環境・労働環境が犬や猫を飼いやすい環境である場合が多いのでしょう。
イタリア 猫の日、「黒ネコのタンゴ」の元歌 こんなふうに、イタリアでも猫を愛する人が多いために、日本で2月22日が猫の日と決まった3年後、1990年には、イタリアでも猫の日(Festa del Gatto)が設けられました。
 イタリアの猫の日は、猫の専門誌による読者投票で、2月17日となったのですが、ではどうして2月17日が提案されたかというと、その理由もイタリアの文化を反映していて興味深いです。
 2月とした理由は、猫のように自由で反俗の精神を持つみずがめ座の月であり、民間伝承で「猫と魔女の月」とされているためで、17日なのは、イタリアでは伝統的に17が不運を呼……