好きな猫のキャラクターランキング 3位ネコバス 2位…|猫がクルマに入り込んだことによるトラブル…冬だけでは…|猫2匹を餌でおびき寄せ 牛刀で胴体突き刺す…動画撮影…|他

好きな猫のキャラクターランキング、3位ネコバス、2位ドラえもん、1位は?

2021/02/28 17:43
1位はジブリ作品のあの猫!好きな猫のキャラクターランキングアニメや漫画に度々登場する「猫のキャラクター」。今回LINEリサーチは、5252人に「好きな猫のキャラクター」について聞いた。もっとも多くの人から愛されている猫とは?
好きな猫のキャラクター総合1位は「ジジ(魔女の宅急便)」。4割超えでダントツの人気。女性ではすべての年代で1位となっており、特に女性人気が高いようだが、男性もすべての年代でTOP5にランクインし、30代男性では1位だった。
総合2位は「ドラえもん」で、男性はすべての年代で5位以内にランクイン。総合3位は2位と僅差で「ネコバス(となりのトトロ)」。女性はすべての年代でランクインしており、30~40代女性で特に人気が高いようだ。
総合4位は「タマ(サザエさん)」。「タマ」は年代が上がるにつれ人気で、30代以上では男女ともに5位以内にランクイン。
総合5位は「トム(トムとジェリー)」。テレビアニメが放送されたり、ファッションアイテムとコラボしたりしているためか、若い年代に人気のようだ。
総合6位は「ハローキティ(サンリオ)」。女性の20代以上で上位にランクイン。総合7位はジブリ映画のキャラクター「バロン(猫の恩返し)」、総合8位は「ニャンコ先生(夏目友人帳)」、総合9位は「アイルー(モンスターハンター)」と続いている……

猫がクルマに入り込んだことによるトラブル…冬だけではない

2021/02/28 17:30
日本自動車連盟(JAF)は、2月22日、1月1日から31日にかけて発生した“猫がクルマに入り込んだことによるトラブル”の救援要請件数を発表した。
1月の1ヶ月間でドライバーから「エンジンルームに猫が入り込んでしまった」とロードサービスを要請された件数は、全国で22件あったという。そのうち、エンジン始動後に気づき救援要請されたと明確にわかるものは8件あったそう。
猫が入り込んでいることに気が付かずエンジンをかけてしまうと、エンジンベルトなどに巻き込まれる場合がある。ベルトに巻き込まれてしまうとそのベルトが千切れてしまったり、千切れなくとも洗浄が必要になる可能性がある。
JAFは、猫の命を守るためにも、乗車前にボンネットなどエンジンルーム付近を優しく叩くことを呼びかけている。ただし、ボンネットを叩くいわゆる“猫ばんばん”は有効だが、万能ではないとしている。叩いて出てくるかは猫にもよるため、叩いた後に猫の声や気配を感じたらボンネットを開け、中まで確認するようにしてほしいとのこと。
猫は寒い冬に暖かい場所を求めてエンジンルームに入り込むと思われがちだが、JAFには1年を通して猫がクルマに入り込むトラブルの救援要請があるのだそう。それは、猫は暖かい場所だけでなく、狭い場所も好む傾向にあるからだと考えられる。駐車しているクルマのエンジンルームは風雨が……

猫2匹を餌でおびき寄せ、牛刀で胴体突き刺す…動画撮影・投稿も(読売新聞オンライン)

2021/02/28 16:09
猫2匹を餌でおびき寄せ、牛刀で胴体突き刺す…動画撮影・投稿も(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ヘソ天でお昼寝中の猫ちゃんにマッサージ 「気持ちいいにゃぁ~」 至福の表情がかわいい!(1/2 ページ)

2021/02/28 15:00
指原莉乃、すっぴんからのメイク動画が1日で100万再生を突破 「プレゼンがすごく上手くてビックリ」と高評価も続々
「うちの猫、こんな丸顔になるなんて」 とっても大きくなりました! 0歳→3歳のビフォーアフター写真にビックリ
「にゃ、にゃー……」「え、えいっ……」 気弱な猫2匹がバトル開始! 迫力のなさが面白い
「おつむをなでろニャ!」 飼い主がお腹をなでる→キックで頭に戻す猫ちゃんとの攻防戦がかわいい
「おばあさんの耳はどうしてそんなに大きいの?」 筋肉で解決する「赤ずきん」4コマ漫画が破壊力抜群
猫が“次のステージ”に到達した……!? とんでもない長さの猫ちゃんに「後ろの子もめちゃびっくりしてる」
【なんて読む?】今日の難読漢字「運否天賦」
読者から「早く付き合ってくれ」の声 同じ大学に合格できたら付き合う2人の漫画の今後が気になる
チョコ玉の溶けた穴からアイスが出てくるはずだったのに…… おしゃれスイーツの理想と現実の落差に笑う
「綺麗で腰抜かした」「シワ少ない!!」 67歳の研ナオコ、華やかメイク動画で披露したすっぴん姿に反響

家族に迎えたのは人馴れしてない母子猫 小さな命が娘たちの成長を感じさせてくれる!

2021/02/28 13:00
母猫シフォンさん(白)と息子猫フィガロ君
 母猫の名前はシフォン。息子猫の名前はフィガロ。滋賀・彦根市に暮らす母子猫は2年前の冬に兵庫・西宮市で保護されました。
 先に保護されたのはフィガロ君です。地域でTNR(T=Trap/捕獲し、N=Neuter/不妊去勢手術を施し、R=Return/元の場所に戻す)活動をしていた田村美和さん(仮名)が捕獲し、子猫ということでリターンはせず里親募集することに。母猫はというと、同じエリアにメスの成猫が2匹いましたが、間もなく捕獲できた1匹は「不妊手術の所見では出産したようではなかった」と獣医師に言われたため、1か月後に捕獲したもう1匹(現・シフォン)がお母さんだろうということになりました。
 捕獲当時のシフォンさんは単独行動しており、どうやら育児放棄していた模様。のちに分かったのは、かつて大きなオス猫に襲われたことがあるということでした。偶然、目撃した人が止めに入ったとき、道路は血だらけ。捕まえて治療できたわけではありませんから幸いにも自然治癒したのでしょうが、その後も過酷なノラ生活を送っていたことは想像に難くありません。うまく子育てできなかったのは自分が生きることで必死だったからでしょうか。
 シフォンさんは不妊手術後にリターンの予定でしたが、様々な事情が重なり里親募集……