飼い主には塩対応な看板猫ちゃん しかし お姉さんになでられると…… 別猫のよう…|北海道立近代美術館で札幌初 猫まみれ展MAX 作品350点展示

飼い主には塩対応な看板猫ちゃん しかし、お姉さんになでられると…… 別猫のようなデレっぷりがかわいい

2021/02/28 21:00
 お姉さんたちもなでるのがお上手なので、仕方ない……? と思いきや、コタロー君は別の日に来園したお姉さんにもばっちり甘えちゃってることが発覚! キミ! お姉さんが好きなだけじゃないかッ! しかしながら、これらは全て看板猫としてのお仕事。役得はありつつも、実は大した働き者なんですよ。

北海道立近代美術館で札幌初「猫まみれ展MAX」 作品350点展示

2021/02/28 18:33
 猫を題材にした美術品を集めた展覧会「藤沢市所蔵 招き猫亭コレクション 猫まみれ展 MAX」が2月27日から、北海道立近代美術館(札幌市中央区北1西17)で開催される。主催はテレビ北海道、北海道立近代美術館、北海道新聞社。
歌川国芳「猫の百面相」(1840年代)藤沢市蔵
 同展は、猫の美術品を収集する謎のコレクター・招き猫亭さんが40年にわたって収集してきた油彩画、日本画、版画、浮世絵、彫刻、陶磁器など展示作品約350点を紹介する。江戸時代の浮世絵師・歌川国芳から、19世紀末パリの画家・スタンラン、日本近代絵画史に名を残す竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、岸田劉生から 現在活躍する横尾忠則、籔内佐斗司、山本容子まで、個性豊かな作家たちの作品が並ぶ。