激動と進化の車いすラグビー界 沖縄と福岡 日本選手権…|組合せ決定!2019沖電工杯第53回沖縄県サッカー祭…|川崎競輪場で 沖縄フェス 食や文化を堪能 12日ま…|他

激動と進化の車いすラグビー界。沖縄と福岡、日本選手権への出場権を獲得!

2019/08/11 23:05
ラグビーW杯の開幕を来月に控えるなか、車いすラグビーも熱を帯びている。日本選手権への出場をかけた「第21回 日本選手権大会 予選リーグC」が8月10〜12日の2日間、横浜で開催され、Okinawa HurricanesとFukuoka DANDELIONが本戦への出場権を獲得。別名「マーダーボール(殺人球技)」とも呼ばれる激しいタックルや、海外選手のプレー、兄弟対決など、見どころ満載だった。
日本選手権の予選リーグは3回に分けて行われ、12月の日本選手権への本選出場権をめぐり、全国から9チームが参加。これまで千葉県君津市、北海道中川郡で行われ、最終戦は神奈川県横浜市での開催。横浜大会には、沖縄のOkinawa Hurricanes(以下、沖縄)、埼玉のAXE(以下、アックス)、福岡のFukuoka DANDELION(以下、福岡)の3チームが出場し、2日間の熱戦を繰り広げた。
カナダの助っ人が躍動
注目は、日本選手権3連覇中の絶対王者・沖縄。今年はカナダから、リオパラリンピックでカナダ代表も務めたザック・マデル(クラス 3.5)が加わり、世界レベルのスピードと突破力を見せつけた。1日目の試合では、序盤こそマークに阻まれ接戦を繰り広げるも、後半の3、4ピリオドで持ち前の強いフィジカルを発揮。2日間の4試合を全勝で終えた。
国内試合初出場とな……

組合せ決定!2019沖電工杯第53回沖縄県サッカー祭り(C組)那覇地区大会 9/1.22.23開催

2019/08/11 21:02
2019年度 大会結果詳細情報提供・閲覧はこちらから
◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!
組合せ・組合せ
関連記事・2019年度 サッカーカレンダー【沖縄】年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】
2019沖電工杯第53回沖縄県サッカー祭り(C組)那覇地区大会<日程>1次リーグ:9月1日(日)
決勝トーナメント:9月22日(日)
決勝トーナメント:9月23日(月)
<会場>城北中学校、金城中学校、神森中学校、浦添中学校
<大会概要>優勝チームは宮崎カップに出場
沖縄県内の最新情報はこちら沖縄少年サッカー応援団過去の大会結果<2018年度>
優勝:ヴィクサーレ沖縄
準優勝:小禄中学校
3位:EAC、古蔵中学校
結果詳細はこちら→ジュニアサッカーNEWS
優勝:ヴィクサーレ沖縄FCジュニアユース
準優勝:EACフットボールクラブ
3位:小禄中学校、松島中学校
詳しくはこちら→ジュニアサッカーNEWS
<2016年度>
優勝:ヴィクサーレ沖縄
準優勝:石田中学校
第3位:城北中学校
第3位:寄宮中学校
<2015年度>……

川崎競輪場で「沖縄フェス」 食や文化を堪能 12日まで/沖縄

2019/08/11 17:16
 沖縄の人気グルメを販売するコーナーは、オリオンビールや泡盛を飲みながら、沖縄そばなどを味わう来場者でにぎわった。川崎市中原区から来た女性は「エイサーが迫力があり面白かった。沖縄にいるみたいだった」と話した。
 ガールズケイリンでは県出身の比嘉真梨代選手が第1レースに出走し、2着だった。12日はオリオンビール杯(ガールズケイリン決勝)が開催される。(琉球新報)

「ウチカビ」ってなに? 沖縄の旧盆、子どもたちが学習会 /沖縄

2019/08/11 14:29
 「ご先祖さまをお迎えする『ウンケー』に食べるものは何かな?」
 宮城さんは、読谷で伝え継がれている民話を紹介。夫と子どもを相次いで亡くし悲しみに暮れていた女性がウンケーの直前、亡くなった2人のためにごちそうを準備をするよう神様に諭され、あり合わせの食材で炊き込みご飯を作ったことが「ウンケージューシー」の由来だといわれていると紹介した。
 また、子どもたちに6本が1平になったヒラウコー(線香)や、ウチカビ(あの世のお金)を配り、使い方や意味を紹介した。喜名小3年の松田大地さん(9)は「昔話がどれも面白かった。もっと沖縄の風習やしまくとぅばを学びたい」と目を輝かせた。
 宮城さんは旧盆は先祖代々受け継がれてきた沖縄の大切な行事で「大人でも意味や由来を知らない人は多い。学んだことを教えてあげよう」と呼び掛けた。(当銘千絵)(琉球新報)

沖縄の新名物誕生か!? 予想外のコンビ「ゴーヤカレー」が驚くほど絶品だった

2019/08/11 12:00
見た目は意外にシンプル。ゴーヤは意外に分厚くカットされているが、わずか2切しか入っていない。
商品名にも入っているにも関わらず、少し物足りなさを感じてしまう。ただ、万が一口に合わなかったときは少ない方が助かる。
ひとまずゴーヤを食べてみると意外な食感と味だった。硬いイメージに反して非常に柔らかく、すぐにホロホロと崩れた。苦味もカレーに負けているのか食べている最中はほとんどしない。

沖縄県名護市にファストカジュアル タコス店「SUNNY TACOS」2019年8月11日(日)オープン

2019/08/11 10:40
「OKINAWA BBQ GARDEN」同時オープン、「VAN LIFE NAGO」9月オープン
 株式会社サニーモーメントは(本社:沖縄県名護市、代表:大滝 徹也)は、2019年8月11日(日)テイクアウトのタコス店「SUNNY TACOS(サニータコス)」をオープンいたします。また、店舗と併設してラグジュアリーな手ぶらでバーベキュー施設「OKINAWA BBQ GARDEN」、お土産&体験施設「VAN LIFE NAGO」もオープンいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/47730/1/resize/d47730-1-794740-0.jpg ]
~ SUNNY TACOS
メニューコンセプト ~
沖縄県・北谷町のブリートーカフェ「Rollup Burrito」は、2016年のオープン以来、近隣のアメリカ人を中心に口コミで話題となり、現在では客足の途絶えない人気店となっています。サニーモーメントのメンバーでもある「Rollup Burrito」代表:田中実監修の元、同店で毎週火曜日に提供していたタコスメニューをブラッシュアップしてオリジナルメニューを考案しました。沖縄ならではアイテムを、沖縄県内や東京都内でも多くの飲食店を成功させてきた同氏の腕により、ワンランク上のメニューとして観光客にも好まれるクオリ……

沖縄初のプロオーケストラ、支援募り15年ぶりアルバム

2019/08/11 07:30
 沖縄初のプロオーケストラ、琉球交響楽団が15年ぶりのアルバム制作に取り組んでいる。財政的な課題を抱えつつも、結成20周年に向け、新たな飛躍を目指すプロジェクトだ。
 8月6日、沖縄県浦添市のホールで録音に向けたリハーサルがあった。「もうちょっとリラックスしましょうか」。指揮者の大友直人さんが声をかける。
 オーケストラの演奏の中に、カッチャ、カッチャという音色が混じる。指ではじく打楽器の三板(さんば)や四つ竹の音だ。
 楽団が取り組むのは、「沖縄の四季」をモチーフにした45分、全6楽章からなる新曲。テレビ朝日「題名のない音楽会」でアレンジャーとしても活躍する若手作曲家、萩森(はぎのもり)英明さんの作品だ。「西洋由来のオーケストラと沖縄の音色が、互いに溶け込むよう気をつかいました」という。
 創設時からのメンバーで、トラ…