超特急 沖縄でツアーファイナル 47都道府県開通10…|一番人気は ジーマミータピオカラテ !沖縄 テン…|沖縄釣り情報[有釣天] ロウニンアジの 当たり年|他

超特急、沖縄でツアーファイナル 47都道府県開通10万人動員

2019/08/18 13:37
 「こんなことになっちゃたけど、俺たちはいつも乗り越えてきた。だから、きょうもお前たちと乗り越えるぞー!」。タクヤ(24)の宣言でスタートしたファイナル。8月13日の熊本でのコンサートを終えた夜には「ステージ機材は99・9%届かないって聞かされた」とカイ(24)。延期か、開催か。急きょメンバーで話し合い、「セットや楽器がなくて内容を変えなきゃいけないかもしれない。それでもやろう。そしていいライブにしよう」と誓い合った。

一番人気は「ジーマミータピオカラテ」!沖縄「テンカツマーケット」で新感覚沖縄料理を

2019/08/18 08:30
【女子旅プレス=2019/08/18】沖縄県那覇市の旧牧志公設市場そばの一角に、沖縄料理のグルメスタンド「TENKATSU麻亜蹴都(テンカツマーケット)」がオープンした。人気のタピオカミルクティーを、ジーマミー豆腐風にアレンジした「ジーマミータピオカラテ」や「島豚テンカツ」など6種類をラインナップしている。
◆観光メインストリート・国際通りに誕生した新感覚沖縄料理スタンド
沖縄県本島の県庁所在地である那覇市、土産物店が立ち並ぶメインストリート「国際通り」から3分。旧牧志公設市場すぐのアーケードが張り巡らされた市場中央通りの一角に2019年7月にオープン。
オーロラ感が満載のSci-Fi(サイファイ)なネオントーク空間で、従来の沖縄料理の良さをそのままに、島食材を使ってスタイリッシュなアレンジを加えたメニューが揃う。
◆沖縄ならではの「ジーマミータピオカラテ」
一番人気は「ジーマミータピオカラテ」。沖縄の郷土料理「ジーマーミー豆腐」をイメージし、黒糖シロップに漬けた大きめもちもちタピオカに、裏ごししたピーナッツと豆乳ミルクティを注いだ沖縄限定のオリジナルタピオカドリンクで、ピーナッツの濃厚な風味とタピオカが好相性だ。
この他に、揚げたてのジューシーな島豚ロースに酸味のあるウスターソースをアクセントに効かせた「島……

沖縄釣り情報[有釣天] ロウニンアジの「当たり年」

2019/08/18 08:00
 1日には同じ釣りクラブTNFCのメンバーが平敷屋海岸で137・5センチ、32・3キロのビッグワンを釣り上げているほか、メンバー間の情報ネットワークでは、磯、沖堤防、河口付近を問わず過去の実績あるポイントで大型の釣果報告が入ってきているそうだ。
 宮良さんにガーラの釣果を出すコツを聞いた。(時期)一年を通して気温水温ともに高くなる8月から10月までがベストシーズン。(場所)過去の実績があるポイントと同じ場所で竿(さお)を出すことが第一歩。(潮・月)過去釣果の日付を元に旧暦の同じ日に釣行する。
 闇夜も良いが、個人的な過去データだと月明かりの方が実績も高い。深場だと、明るい時間帯から磯際に接岸している可能性が高いので日中でも仕掛けを投入している。(天候・風)天候はあまり重視していないが雷が確認できるときは安全面からもおすすめできない。またヒットに関してもほとんど期待できない。
 風向きも特に気にしていない、風が強まり波気立ち、海中の濁りが出た場合は特に期待できる。
 その他、特に気を配りたいのはスピニングリール等のドラグ設定。緩く設定するとファーストランで不利になるため、タックルをピトンに設置した場合は3キロ負荷の設定。板バネにセットした時は5キロ設定にする(疑問点は釣具店スタッフのアドバイスが効果的)
 11日の午後2時、前週と同じ……

沖縄県にある『御殿山』はなんて読む?【ひらかたクイズ】

2019/08/18 06:00
また、「御殿山」という沖縄そば屋さんもあるようなので、沖縄本島に行かれる際はこちらも要チェック!?
さらに調べると、首里城の近くにも御殿山に関連する公園等がありました。
いつかひらつーでも記事に出来たらいいな、と思っています。

迫力のエイサー披露 浜松で沖縄イベント

2019/08/18 05:11
 初日は、那覇市の三線奏者(店長)渡嘉敷三男さんが、三線の優雅な音色を奏でた。観客は指笛を吹いたり、手拍子をしたりして沖縄の世界観を楽しんだ。エイサーでは、東京を中心に活動する「琉球舞団昇龍祭太鼓」がポップスやロックを取り入れた独自の演舞を披露。迫力たっぷりの太鼓の音や掛け声を響かせた。

五感でフルに堪能したい、沖縄ならではの発想の元気になれるグルメ(FRaU編集部)

2019/08/18 03:14
関根さんも同じ思いの料理人だ。2014年に開いた〈胃袋〉で使われるのは、ほとんどが沖縄食材。五感を最大限に駆使し、一つ一つ大事に選び抜き、愛おしんで料理する。夕方訪れると、大きく開いたキッチンの窓いっぱいに、亜熱帯の緑がいっぱい。「うらやましい」と、野村さん。「ジュラシックな感じでしょ」と、関根さん。もうすぐ日没を迎える。「日が落ちきる直前、ほんの1〜2分なんだけど、群青色になる日があるんです。それはもう、この世のものとは思えない色になるの。今日はどうかな?」。あれっ、おしゃべりに夢中になっている間に、太陽が沈んじゃった。「ほんとうに一瞬なんですよ。次回いらっしゃるときは、絶対に見てほしい」