沖縄・恩納村に ハレクラニ沖縄 100年超の歴史を…|シーサー ハイビスカス 首里城の3デザイン エビアン…|荏原町にカフェバー ハルコハ 店主は沖縄出身 ちん…|他

沖縄・恩納村に「ハレクラニ沖縄」 100年超の歴史を生かしておもてなし

2019/08/19 21:01
 ハレクラニが進出した恩納村名嘉真(なかま)地区の近くには、ザ・ブセナテラス、ザ・テラスクラブアットブセナ、ジ・アッタテラスクラブタワーズ、オキナワマリオットリゾート&スパ、ザ・リッツカールトン沖縄、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、沖縄スパリゾートエグゼス、沖縄かりゆしビーチオーシャンタワーなどがある。一歩先にオープンしたハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄も多くのリゾート客を集めて順調な出足。読谷村には、ホテル日航アリビラやジ・ウザテラスビーチクラブヴィラズがあり、2020年には、星野リゾートの「星のや沖縄」のオープンも控えている。
 そうしたラグジュアリーホテルが勢ぞろいした58号線沿線にオープンしたハレクラニ沖縄。「天国にふさわしい館」の意味を持つホテル名を踏まえ、「エレガントなリゾート空間とサービス」を前面に押し出している。館内は、ハレクラニのアイデンティティー「Seven Shades of White(7色の白)」のコンセプトを受け継ぎ、窓の外に広がる青い海を一層鮮やかに演出している。
 客室はビーチフロントウイングに位置し、海を間近に感じられる「Deluxe Ocean View(デラックスオーシャンビュー)」、沈みゆく夕日と刻々と色彩を変える海の眺めを楽しめる「Deluxe Ocean View Sunset ……

シーサー、ハイビスカス、首里城の3デザイン。エビアン沖縄限定ボトルを数量限定発売

2019/08/19 19:11
 ミネラルウォーターブランド「エビアン」を国内展開する伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは8月19日、「エビアン沖縄限定デザインボトル」を沖縄県内のコンビニエンスストアや量販店などのエビアン取扱店で発売した。
 沖縄限定デザインボトルはハイビスカス、シーサー、首里城の3種をラインアップ。紅型(びんがた)模様をあしらったデザインを採用した。内容量は330mLで、メーカー希望小売価格は107円(税別)。

荏原町にカフェバー「ハルコハ」 店主は沖縄出身、ちんすこう付きメニューも

2019/08/19 17:26
 元スナックの店舗を居抜きで使う。店内は温かみのある木目を基調とし、シーサーや観葉植物「ガジュマル」を置くことで沖縄のカジュアルな雰囲気を演出したという。店舗面積は9坪、席数はテーブル8席、カウンター6席。
 カフェタイムには、ソフトドリンクとちんすこうが付くセットメニューを提供する。メニューは、沖縄料理「タコライス」と日替わりパスタとサラダが付く「本日のパスタ」(以上1,000円)の2種類。ソフトドリンクは、イタリアンコーヒー「LAVAZZA(ラバッツァ)」やペリエ、さんぴん茶などを用意する。250円追加でビールに変更可。
 バータイムには、ウイスキーとワインを中心に約70種のアルコールメニューを提供する。メニューは、ウイスキー「山崎」や「カネマラ」(以上800円)、「ハーバー」、「ラフロイグ」(以上900円)、赤ワイン「カンティーナ ラヴォラータ ネロターヴォラ」(ボトル=3,000円)、白ワイン「マコンヴィラージュ テヴネ シャルドネ」(同=6,400円)、シャンパン「マム グランコルドン」(同=8,000円)、ハブ酒、コーヒー焼酎(以上500円)など。そのほか、ローストビーフやパスタなどワインに合う料理も用意する。客単価はカフェ=1,000円、バー=3,000円。
 「今後はフードメニューを増やし、昼飲みにも対応できるようにしたい」と川……

沖縄 靴倉庫で火災 約7時間後に鎮火

2019/08/19 17:22
19日午前7時ごろ、沖縄・豊見城(とみぐすく)市にある靴の卸売会社の倉庫で、火災が発生した。

午後2時ごろに、ほぼ消し止められ、従業員全員は無事だった。

警察と消防で、火事の原因を調べている。
(沖縄テレビ)

沖縄のヤンキーの過酷な現実 パシリになって調べた学者

2019/08/19 15:00
沖縄の「ヤンキーと地元」を書いた社会学者 打越正行さん(39) 沖縄に、暴力がはびこる下層社会がある。そこに生きる若者たちを10年余りにわたって追いかけたのは社会学者の打越正行さん(39)。国道58号を暴走する彼らをバイクで追いかけ、建設業の現場で一緒に汗を流した。若者たちのこころをときほぐしていったのは、類を見ない調査手法だった。
 沖縄本島を南北に貫く国道58号で暴走族を原付きバイクで追いかけた。おそるおそる声をかけて、無視されて。それから10年余り。若者たちと過ごした日々を「ヤンキーと地元」にまとめた。
 建設現場ではジュースの買い出…

ハブに感謝 沖縄のテーマパークで毎年開かれている「ハブ供養祭」って?

2019/08/19 10:30
ハブに感謝して焼香する関係者ら=2日、南城市のおきなわワールド文化王国・玉泉洞のハブ博物公園
【南城】「ハブの日(8月2日)」の2日、南城市のおきなわワールド文化王国・玉泉洞のハブ博物公園で、ハブ供養祭が開かれた。ハブに関わる職員や関係者が参列し、日頃恩恵を受けているハブに感謝をささげて焼香した。
おきなわワールドでは、ハブに感謝し、供養することを目的に毎年供養祭を実施している。30年余にわたってハブに関する資料や生体展示を続けている。おきなわワールド南都酒造所では、年間6千匹以上のハブを使ってハブ酒を製造販売している。
南都執行役員の高橋巧所長は「生態系に配慮して、持続可能な経営をしていきたい」と話した。

【茨城新聞】小美玉で沖縄舞台劇 中高生全力、圧巻の演技 10年ぶり県外公演

2019/08/19 08:03
本県の子どもたちも一緒に踊った「肝高の阿麻和利」のワンシーン=小美玉市部室 沖縄県の伝統芸能を取り入れ、中高生が演じる舞台作品「肝高(きむたか)の阿麻和利(あまわり)」が9、10の両日、小美玉市部室の四季文化館みの〜れで上演された。沖縄県外での公演は10年ぶり、本県では初めて。3日間で計約1500人が観劇し、圧巻のパフォーマンスに拍手を送った。実行委員会主催、同市など共催。
同舞台は、子どもたちに郷土愛を深めてもらおうと沖縄県勝連町(現うるま市)教育委員会が1999年に始めた。15世紀の琉球王国で、勝連城10代目城主だった「阿麻和利」の活躍と半生を描く。沖縄伝統芸能「組踊(くみおどり)」の形式を基に中高生がミュージカル仕立てに演じる。公演回数は300回、観客動員数は18万人を超える。
9日は県内の特別支援学校の児童生徒らが招かれ観劇。10日は一般客が観劇した。
役者、ダンサー、音楽の生演奏に至るまでを中高生総勢86人が担った。迫力ある演技と演奏が繰り広げられると、詰め掛けた観客から歓声が上がった。公演の最後には、事前にダンスを練習していたつくば市の放課後児童クラブなどの子どもたち56人が、役者陣と一緒に踊った。
初めて舞台を見た鹿嶋市の自営業、三宅裕司さん(42)は「中高生が全力で……

沖縄に移住するので車売ります。【ひらつー広告】

2019/08/19 08:00
めんそーれー!
もう、「めんそーれ」は「ようこそ」って意味でしょ!
こういうときは「ハイサイ(こんにちは)」って言わないと。
あっ、そっかそっか、ハイサ〜イ!
(うわぁ…なんかまた変なんが来たなぁ…)
えぇ〜っと…
今日はどうなされましたか…?
いやぁ〜、実はこのお盆休みに沖縄に行ってきまして、なんかもうあの気候というか、空気感に感動しちゃって、夫婦そろって移住することにしたんですよ〜!
めんそ〜れ!
もう、だから「めんそーれ」は「ようこそ」って意味だって言ったでしょ!
あ、そっかそっか、わっさいびーん!(ごめんなさい的な意味)

はぁ、そう…楽しそうやね…。
んでなんでウチに…?
沖縄に移住するのはいいんですけど、沖縄って離島じゃないですか?
だから車を持ってくのは大変だなって思って。
それでせっかくの沖縄だし、のんびり暮らしたいし、いっそのこと車も売っちゃおうって結論に至ったんです。
2人の愛車 ↑
あ、それでウチに来たんやね。
やっとわかったわ(笑)
移住と車買取となんの関係があるんかと思ったわ。
ですよね〜!
なんか沖縄への気持ちが高ぶっちゃったみたいで…ごめんなさい!
もう、「ごめんなさい」は「わっさいびーん」でしょ……

全長約4メートル、517キロ 巨大イタチザメも退治 沖縄・八重山の漁協がサメ駆除、88尾

2019/08/19 06:00
 比嘉康市会長(58)は「仕掛けに掛かった魚を奪われるだけでなく、仕掛けそのものまで持ち去られて、道具が失われる。被害は甚大」とサメ駆除の意義を語った。
 体重517キロ、全長3メートル82センチの巨大イタチザメも水揚げされ、うわさを聞いて集まった多くのギャラリーを驚かせていた。
 子どもを抱いて見物に来た30代男性は「大きいサメにびっくりした。なかなかこの光景は見られません」と話した。ほかに388キロ、302キロと大型のサメが駆除された。  (奥沢秀一通信員)

沖縄)「送れるコーヒー」好評 宜野湾の就労支援所

2019/08/19 03:00
 沖縄県宜野湾市大謝名の就労支援事業所「ワーカーズホーム」が82円切手を貼って送れるレター型のドリップコーヒー(税別120円)を販売し好評だ。アルコール・薬物依存症や障がいのある15人が生豆の選別から焙煎(ばいせん)、袋詰めまで担っている。「50メートルをみんなでのんびり歩こう」が事業所のモットー。横山順一施設長(49)は「マイペースでものづくりをしていきたい」と話す。
 ワーカーズホームが同商品を売り出したのは2017年。台湾でレター型のコーヒーを売っていると聞き、「買ってその場から郵送できるお土産」として作り始めた。デザインはクリスマス、年賀、暑中見舞いなど季節ごとにあり、今は「残暑お見舞い申し上げます」のメッセージが入る。
 現在は海外から生豆を仕入れているが、近くの畑でコーヒーの木130本を無農薬で育てており、将来的には県産豆から作った商品を販売したいという。
 コーヒーが香る事業所内は「電…