元KARAのニコル 沖縄撮影による Champion…|DETONATORが沖縄ファミマとスポンサー契約 店…|JTB グループ国内旅行キャンペーン 日本の旬 の2…|他

元KARAのニコル、沖縄撮影による「Champions」MV公開+リリースイベント開催決定

2019/09/17 20:51
元KARAのニコルが、約3ヵ月ぶりとなる新曲「Champions (Prod.Tome&Jame)」をリリースすることは既報のとおり。同楽曲のミュージックビデオShort Ver.がGYAO!にて公開となった。
◆ニコル 画像
ミュージックビデオは沖縄で撮影されたもの。同楽曲はオランダのEDMデュオTom&Jameプロデュースによるもので、全編英語詞による前向きな歌詞とエレクトロが壮大な仕上がり。ミュージックビデオもそのサウンドイメージにマッチした映像が見どころだとのこと。
新曲「Champions (Prod.Tome&Jame)」は9月25日にミュージックカードでリリースされるほか、10月2日にタワーレコード限定でCDが発売される。これにともなって、9月22日に東京・山野楽器銀座本店、9月23日に埼玉・大宮アルシェ、9月24日に神奈川・トレッサ横浜でリリースイベントが開催されることも決定している。
▼「Champions (Prod.by Tom&Jame)」ミュージックビデオShort Ver.
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11267/v00006/

DETONATORが沖縄ファミマとスポンサー契約、店内デバイスコーナーなどを予定

2019/09/17 19:56
プロゲーミングチーム「DETONATOR」を運営するGamingDは、沖縄ファミリーマートとスポンサー契約を締結した。今回の協賛を通じて、沖縄ファンとの交流や、沖縄の魅力を含めたイベントの実施を検討しているという。
DETONATORと沖縄ファミリーマートがスポンサー契約
具体的には、「沖縄ファミリーマート店舗内にDETONATORゲーミングデバイスコーナーの設置」「ラッピングストア店舗」「DETONATOR沖縄オフィス設立」「沖縄でのDETONATOR塾の実施」「コラボ商品の発売」「ファンミーティングの実施」などを予定している。

JTB グループ国内旅行キャンペーン『日本の旬』の2019年度下期は沖縄!

2019/09/17 17:40
[株式会社JTB] “世界が恋するOKINAWA”2019年10月1日~2020年3月31日.

九州・沖縄を体感できる「ソラシドエア Presents グリーンスカイフェスタ」。東京・二子玉川で9月21日~22日

2019/09/17 14:56
 ソラシドエアは、9月21日と22日の2日間、東京・二子玉川ライズで九州・沖縄の魅力を伝えるイベント「ソラシドエア Presents グリーンスカイフェスタ」を開催する。
 同イベントは、ソラシドエアが取り組む地域振興・機体活用プロジェクト「空恋~空で街と恋をする~」プロジェクトのパートナーやOBパートナーの11自治体・団体が参加して自治体や産品の魅力を伝えるもので、2018年にも実施(関連記事「九州のグルメや地元産品のPRイベント『ソラシドエア Presents グリーンスカイフェスタ』。東京・二子玉川ライズで開催」)。前回に引き続き、九州各地の特産品の試食販売を実施するほか、各地のご当地キャラクターが登場し、イベントを盛り上げる。

「明星 御殿山監修 琉球古来そば」2019年10月14日(月)全国で新発売(※10/7沖縄県先行発売):紀伊民報AG…

2019/09/17 13:00
2019年(令和元年)9月17日
明星食品株式会社
沖縄そばの人気店「御殿山」監修
コシのある太麺、コクのあるスープで食べ応えを再現
「明星 御殿山(うどぅんやま)監修 琉球(りゅうきゅう)古来(こらい)そば」
2019年10月14日(月)全国で新発売
※2019年10月7日(月)沖縄県先行発売
 明星食品株式会社(社長:三浦善功)は、どんぶり型カップめん「明星 御殿山監修 琉球古来そば」を、2019年10月14日(月)に全国で新発売します。なお、全国発売に先駆け、沖縄県では10月7日(月)より先行発売します。
 「琉球古来すば 御殿山」(本店:沖縄県那覇市)は、昔ながらの製法で作る沖縄そばを古民家で、味わえる人気店で、現在沖縄県内に店舗を展開しています。コシのある麺と、カツオと豚だしのコク深いスープが特長の沖縄そばが評判です。
 今回の新商品は、沖縄県内でしか味わえない地元人気店「御殿山」の沖縄そばを、店舗監修のもと商品化しました。お店をイメージしたコシのある太麺を明星独自のノンフライ麺で再現し、カツオだしの香りと豚だしのコクのあるスープを合わせました。味のアクセントとして、別添の特製七味と紅しょうがを入れて仕上げます。
■ 商品の特長
●めん:沖縄そばらしいコシのあるノンフライ太麺です。……

「サチコーありがとう」 沖縄に君臨した喜劇の女王 63年続けた劇団公演に幕

2019/09/17 09:30
 仲田さんは24歳で同劇団を旗揚げ後「仲田幸子一行」として県内各地を巡業。団員を指導しながら、自身が主役を演じ、喜劇の舞台を繰り広げてきた。体力的な面やシマクトゥバが思い通りに伝えられない現状もあり、大規模な公演を終えることを決めた。
 大歓声で迎えられた仲田さんは「国頭の先から島尻の先、地球の裏側でも芝居をしたが、いちばん沖縄がいい」と感慨深げ。沖縄版「寛一お宮」、お笑い劇「床屋の福ちゃん」で軽快な演技を披露した。仲田さんは「大きな舞台は引退しますが、小さな舞台に呼ばれたら行く気持ちです」と話し、役者として現役続行に意欲を見せた。
 ファン歴20年以上の真喜志喜代さん(67)=西原町=は「標準語にはない面白さがあるウチナーグチのアドリブはさすが。心の底からありがとう、お疲れさまでしたと伝えたい」と名残惜しそうだった。

「ねりま沖縄映画祭」22日から 命燃やし沖縄取材 森口豁かつさんを追う:東京(TOKYO Web)

2019/09/17 07:07
 映画祭では、計十本が上映される。RBC琉球放送のテレビドキュメンタリー「遅すぎた聖断」(一九八八年)は、太平洋戦争で、なぜ日本の降伏を遅らせたのか、天皇や軍部の動きを追った作品。

安室さん いつまでも一緒! 引退から1年 記念の花火ショーに4万人

2019/09/17 05:10
 花火ショーはセブン‐イレブンと沖縄タイムス社の共同企画。引退前に「私がいなくなっても、経済効果を含め、沖縄に貢献できるイベントを続けてほしい」と語っていた安室さんの意志を継ぎ、今年も昨年と同じ日に同じ場所で開催された。「ミスターU.S.A」「Hope」「Hero」など多彩な10曲に合わせ、色とりどりの花火や高さ30メートル以上の水が出るスプラッシュ噴水、900インチ(幅20メートル、高さ11メートル)のLED映像がシンクロする最新のエンターテインメントが披露された。
 ビーチに隣接する沖縄コンベンションセンターなどでは、昨年の引退前夜のパフォーマンス映像を盛り込んだ約1時間半の特別応援上映会をはじめ、記念グッズの販売や安室さんにちなんだオブジェが設置された。来場したファンたちは安室さんが14歳のデビューから40歳で引退するまで数々のメモリアルイベントを開いてきた「聖地」で、安室さんを感じる1日を過ごした。

沖縄)その火を飛び越して来い。そうしたら…無病息災

2019/09/17 03:00
 炎のジャンプで厄落とし-。旧暦八月十五夜の13日夜、沖縄県糸満市山城で、綱引き後に綱に仕立てたイネ科のチガヤ(マカヤ)をほどいて焼き、無病息災などを願う行事があった。炎を大人も子どもも次々と飛び越えた。51世帯102人(4月末時点)の集落で、見物客も含めて90人ほどが楽しんだ。
 綱引きが残る集落で綱に使う稲わらを沖縄本島北部から取り寄せる所が増える中、山城では地元や近辺のマカヤを刈り集めて使う。約30人が軽トラック3台分を使って東西合わせて長さ約20メートルの綱を編んだ。昔、マカヤは豚小屋の下草になり、後に畑の肥料に使われた。穂の綿毛は止血の応急処置にも用いられ「真に役立つ茅(かや)」の意味があるとされる。
 山城では旧暦8月11日と15日に、それぞれ集落を東西に分けて競い合う2度の綱引きがある。2日目に当たった十五夜の夜は1度目が東、2度目が西と勝ちを分け合った。皆で爆竹を鳴らしながら集落の西端まで歩き、仲門保区長(70)が家内安全などを願ってマカヤに酒を注いで火を付けた。
 家族ぐるみで訪れた地元の会社…