サザンビーチホテル&リゾート沖縄 冬の沖縄はお花見…|キングス×沖縄市 ホームタウンプロジェクトドリームス…|フリースタイルフットボール沖縄オープン2019 &…|他

【サザンビーチホテル&リゾート沖縄】冬の沖縄はお花見の季節。日本一早い桜にひまわりなど、春を先取り :時事ドットコム

2019/11/27 19:05
【サザンビーチホテル&リゾート沖縄】冬の沖縄はお花見の季節。日本一早い桜にひまわりなど、春を先取り :時事ドットコム  時事通信

キングス×沖縄市 ホームタウンプロジェクトドリームスタディードリル贈呈のご報告:時事ドットコム

2019/11/27 19:05
キングス×沖縄市 ホームタウンプロジェクトドリームスタディードリル贈呈のご報告:時事ドットコム  時事通信

「フリースタイルフットボール沖縄オープン2019」&「ビーチサッカー沖縄カップ」大会直前情報及び、新規支援イベント「…

2019/11/27 16:04
 12月の沖縄県は、平均気温18.7℃、平均最高気温21.2℃で、本土と比べて温暖な気候が続きます。海辺や風の強い日でも薄手のブルゾンやコートがあれば安心です。また、年間で降水確率が低い時期となり、屋外イベントの観戦でもそれほど心配いりません。
今年を締めくくる12月に、ぜひ、沖縄のスポーツ旅にお出かけ下さい。
尚、各イベントともに観覧は無料です(大会エントリーについては各主催者へお問合せ下さい)。
■「フリースタイルフットボール沖縄オープン2019」
欧米・アジア・中東より計11ヵ国のトップ選手が来日。2年連続日本チャンピオン“Ko-suke”など日本勢が迎え撃ちます。またゲストに、日本フリースタイルフットボール協会アンバサダー“眞嶋優”が登場!「国内外トッププレイヤーが一堂に会する日本初の大会です。エンターテイメント性が高く初の見学でも大いに楽しめます。ワークショップは、ボールを蹴ったことの無い子供たちにも参加して欲しいです。」(大会委員長 丸山智弘)
【日時】12月7日(土)予選12時~16時(エキシビション19時~)
12月8日(日)決勝11時~17時(スーパーファイナル14時~17時)
【場所】イオンモール沖縄ライカム グランドスクエア1F
(中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域……

修学旅行のエピソード 東京の満員電車や沖縄の綺麗な海にびっくり

2019/11/27 15:02
透き通った沖縄の海に感動私は高校2年生のときに、修学旅行で沖縄に行きました。普段東京に住んでいるので、気温、周りの景色、食べもの、方言など、沖縄との文化の違いに驚きを感じることが多かったです。その中でもいちばん私が驚いたのは、やはり海の綺麗さです! 透き通ったエメラルドグリーンの海が一面に広がった景色を初めて見たときの感動は、今でも忘れません。沖縄に限らず修学旅行先では、いつもは体験できないことがたくさんあると思います。これから修学旅行に行くひとは、さまざまな文化に触れながら、友達との思い出をたくさん作ってください!(みちる・3年)

沖縄県豊見城市がサーバールームのエネルギー・運営効率化を実現

2019/11/27 15:00
 そこで、シュナイダーのDCIMソフトウェア「StruxureWare Data Center」、モジュール型三相UPS「Symmetra PX」、サーバーラック「NetShelter SX」、ラックマウントPDU「Metered Rack-Mount PDU」、局所冷却「InRow」、コンテインメント「HACS」、温湿度監視システム「NetBotz」などを導入。
 モジュール型三相UPS「Symmetra PX」を導入することで複数の小型UPSを大型UPSに集約することができ、DCIMソフトウェアを導入することで設備の一元管理や環境を常時監視できるようになった。
 消費電力の面では、IT機器からの排熱をドアと天井で囲い込むHACSと、その熱気をラック内に組み込んで処理するInRowを導入することで空調効率を高めた。また、これらのソリューションを導入することで、機器を集約して配置することができ、設備全体の設置スペースを削減できた。

夏の記憶、2019 えくぼママの沖縄子育て

2019/11/27 14:15
こんにちは〜。みはるです。
夜がやっと涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。
私は今年の夏の記憶がほぼないのでまだまだ夏の気分なのですが・・笑​
気づけば2019年もあと1ヶ月ちょっと・・・。恐ろしい。
なぜ今年の夏の記憶がほぼないのかって?
それはほぼ1ヶ月引きこもっていたからなのです。
その理由は・・・“TUWARI”
そう。「悪阻」と書いて「ツワリ」です。
究極の甘えん坊息子が4歳を過ぎやっと下が欲しいと言うようになり、
嬉しいことに無事に授かった第2子。
とっても嬉しいことなんですが。
ツワリがツライ。
息子の時も吐き悪阻で一日中おトイレとお友達状態。
水さえも受け付けられず、緊急入院。
安定期に入るまで何をしていたか記憶がありません。
なので、2人目も覚悟はしていた・・・だけどやっぱりツライ!
人によっては2人目の方が楽だったり、さらに重くなったり、悪阻の種類が違ったり、と色々な話を聞きますが、本当に妊娠は同じ人でも十人十色。

1年間のストレス大掃除!沖縄・久米島で、ごほうび「家出旅」を11月25日スタート

2019/11/27 11:30
沖縄県・一般社団法人久米島町観光協会は、“家を出た時よりも、おっきな笑顔で帰る旅・家出旅”を2019年11月25日(月)にスタートしました。
https://kanko-kumejima.com/test/wp-content/themes/iedetabi/
全長7kmのハテの浜サンセット
詳細: https://kanko-kumejima.com/asobi/
・東洋一の美しさ「ハテの浜」で360度の絶景サンセットを貸切
・夜空にとける!星空一体撮影
・国の天然記念物「畳石」で地球体感ウォーキング
・子宝祈願のパワースポットで朝ヨガ
・まるで宇宙遊泳!?水中リラクゼーションWATSUで思考停止の癒し
・島人のお庭で満天星空ディナー&人生相談
・懐中電灯1本で、五感よみがえり洞窟探検
・昭和スナックで、久米島歌姫の家出旅ライブ……などなど
さらに思い切り泣ける穴場ビーチに、エネルギーチャージできる城跡。ゼロになれるラムサール条約の森など、島全体がパワースポットとも言われる美しい絶景を、ストレス解消をキーワードに紹介した「家出旅」冊子も制作。
http://mixpaper.jp/scr/book_detail.php?id=5dce846cd2d6a&ctype=&category……

女子8人、食欲と物欲を満たす沖縄の旅

2019/11/27 11:24
全員「きょうのひと皿」を注文。彩りが鮮やかで、体に良い料理が盛られたワンプレート・ランチです。
私は美しい料理をひたすらパチリ、パチリ。隣でケラケラ笑う、kazumiちゃん。のどかなひと時です。
途中、那覇ロケでお世話になった島袋さんご夫妻も合流。仕事じゃないのに、旅先で仲間が10人も集まりました!
「PĀRAMITĀ(パーラミター)=波羅蜜(はらみつ)※」、なんですね。店名も奥深いです。バナナケーキもおいしかったし、さっそくお土産も購入。沖縄の空気が流れるすてきな店内で、旅の思い出も膨らみます。
※仏になるための菩薩(ぼさつ)の修行のこと
沖縄の作家もので心豊かにさて、食欲が満たされた私たちの次なる目的地はギャラリー「囍屋(きや)」。八十歳をこえる陶芸家・大嶺實清(おおみねじっせい)さんの工房&ギャラリーです。
以前、那覇ロケに来た時もお邪魔させていただきました。沖縄の空のかけらが器に溶け込んだような、眩(まばゆ)いブルー。旅の前日に、撮影で使ったかわいいスープボウルが大嶺さんの作品だったことが判明し、今回の旅でも工房に立ち寄ることにしました。12月13日(金)~15日(日)に読谷山(よみたんざ)窯などで行われる「陶器市」に大嶺さんも出品されるそうで、ギャラリーに展示されている作品の数は少なかったですが、大嶺さんがちょうどミ……

【動画】まるで漫画の最強キャラ!ムカデミノウミウシ

2019/11/27 11:00
知っているようでよく知らない、不思議できれいな海の生き物、ウミウシ。貝殻を持たない生き方に進化した、巻貝の仲間です。彼らは、殻の代わりに毒を持つ、という方法で身を守るようになりました。小さくてやわらかい体なのに、とても目立つ色をしていることが多いのは、「私を食べるとキケン!」という自己主張なのでしょう。
ウミウシの毒は、食べ物から得ることが多いようです。ウミウシの食べ物は、主にカイメンやホヤなど、海底にくっついて暮らす生き物。それらが持つ毒を、体にためて利用するんです。自分は毒に当たらずに、ためて自分の武器にできるって、すごいですね。
そして、そのさらなる進化系が、このミノウミウシの仲間。食べるのは、毒針を発射する「刺胞細胞」を持つヒドラの仲間。そして、なんとミノウミウシは、この刺胞細胞を消化せずに、自分の体のふさふさの先端に運んで、自分の武器として利用する!
ヒドラを食べても刺されないし、胃袋の役目をする消化腺は枝分かれしてふさふさの先まで伸びていて、自分と全く違う種類の生き物の細胞を、そのまま自分の体にセットしてしまう…。何ともすごい仕組みを、ミノウミウシはこの小さな体に秘めているのです。すごいぞウミウシ。

ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯、新春特番で沖縄へ

2019/11/27 10:57
イベントレポート ダチョウ倶楽部、ダチョウと対決 2019年11月25日 18:39 65 霜降り「GQ MEN」受賞、愛される芸人に 2019年11月21日 20:49 872 ……

首里城の再建願い発信 沖縄でパッチワークキルト作家が個展

2019/11/27 10:03
 平和や鎮魂の願いを込め創作する宇都宮市一番町、パッチワークキルト作家比企洋子(ひきようこ)さん(73)が29日~12月1日、古里沖縄で初の個展「祈りの千羽鶴」を開く。出展の準備中、沖縄の象徴で自らの思い出も残る首里城が焼け落ちた。衝撃を越え再建の希望を訴えるとともに、28日には那覇市に300万円を寄付する。
 比企さんは宇都宮市一番町の比企病院常務理事。20代初め、現在の沖縄県うるま市から上京し結婚後、宇都宮市に移り住んだ。かつて首里城が復元された折、船大工だった父が手掛けた荷船「やんばる船」で、建築用の丸太が運ばれた。こうした記憶は鮮明だ。
 10月、激しい炎に包まれた首里城の映像を目にして「私も琉球人」との思いが込み上げ「何と言えばいいのか分からない。ただショック」と思った。