サザンビーチホテル&リゾート沖縄 冬の味覚 蟹フェ…|沖縄で二次交通環境整備始まる 空港周辺の渋滞削減を|JTB 年末年始に行きたい旅先 ランキング発表 国…|他

Contents

【サザンビーチホテル&リゾート沖縄】冬の味覚「蟹フェア」を開催!絶景オーシャンビューとともに彩りランチブッフェをおた…

2019/11/29 18:55
【サザンビーチホテル&リゾート沖縄】冬の味覚「蟹フェア」を開催!絶景オーシャンビューとともに彩りランチブッフェをおたのしみください。  時事通信

沖縄で二次交通環境整備始まる 空港周辺の渋滞削減を

2019/11/29 18:02
2019年11月29日(金) 配信
「島ぐる」イメージポスター 内閣府沖縄総合事務局とオリックス自動車(上谷内祐二社長)、日産自動車(山内康裕社長)、プロトソリューション(白木享社長)の官民4者は2019年12月1日から2020年2月28日まで、沖縄県で二次交通環境整備の実証実験を行う。沖縄本島中北部地区の交通結節点やホテルなどで、高速路線バスとカーシェアリングやシェアサイクルを組み合わせる。
 具体的には、那覇空港と沖縄本島中北部を結ぶ「沖縄エアポートシャトルバス」や路線バスの停留所付近にあるホテルや観光地に、オリックス自動車と日産が運営する「カーシェア」を計12台、プロトソリューションが運営する「シェアサイクル」を約100台設置する。
 ホテルなどの目的地周辺までバスで移動し、その先は車や自転車を借りて観光するなど、公共交通機関を活用した沖縄旅行「島ぐる」の実現を目指す。
 沖縄では県民の自家用車利用率が高く、年々増加している観光客のレンタカー利用もあり、沖縄中南部エリアを中心とした慢性的な交通渋滞が問題になっている。同実験によって空港周辺や那覇市内の渋滞削減をはかる。
□実験概要実験イメージ実験期間:2019年12月1日~2020年2月28日(実験後も継続予定)
カーシェアリング:
【オリックスカーシェア】4台……

JTB、「年末年始に行きたい旅先」ランキング発表 国内は沖縄、海外はハワイがトップ

2019/11/29 18:02
2019年11月29日(金) 配信
万座毛(イメージ) JTB(髙橋広行社長)は11月29日(金)、「年末年始に行きたい旅先」ランキングを発表した。国内の1位は沖縄県、2位は北海道と王道の観光地が上位を占めた。海外は1位がハワイ、2位には台湾がランクインし、日本より暖かいエリアが人気となった。
年末年始に訪れてみたい都道府県ランキングTOP5 訪れたい理由として、国内1位の沖縄県は41%の人が「絶景スポット」を挙げた。2位の北海道は「温泉」が38%、次いで「食」となった。3位の東京は「買い出し、初売り」や「テーマパーク」など理由が分散した。同3位の京都は64%が「初詣」「ご利益スポット、パワースポット」と年末年始ならではの項目が理由に挙がった。
年末年始に訪れてみたい国・地域ランキングTOP5 海外のランキングで1位のハワイは「ビーチ」を理由に挙げた人が41%。2位の台湾は「食」が58%、3位のオーストラリアは「自然」が52%と、旅の目的によって旅行先が分かれる結果となった。
 今回の年末年始は、12月28日(土)~1月5日(日)まで9連休が取りやすい日並びとなっている。「年末年始に1泊以上で出かける予定があるかどうか」のアンケートでは、「ある」と「ない」が37%ずつで同数となった。
 調査は「年末年始に予定がある」「予定を決めてい……

九州・沖縄のおすすめ動物園27選 入園無料&ふれあい体験多数

2019/11/29 17:53
熊本県南阿蘇村にある「阿蘇ファームランド」は、子供から大人まで楽しんで運動ができる施設のほか、手作り体験、釣り堀、スパなどもそろった健康増進パークです。
約35種類の動物たちとふれあえる「ふれあい動物王国」があり、ウサギやカピバラ、ビーバー、フラミンゴなど、さまざまな動物とふれあったり、エサをあげたりして楽しめます。
また、サメなどにタッチできる「おもしろ水族感アクア」もあります。

オリックス自動車、カーシェアリング・シェアサイクルで沖縄旅行の実証実験

2019/11/29 15:19
 オリックス自動車は、内閣府 沖縄総合事務局、日産、プロトソリューションと合同で、沖縄本島中北部地区の交通結節点やホテルにおいて、高速路線バスと連携したカーシェアリングとシェアサイクルの実証実験「島ぐる」を、2019年12月1日~2020年2月28日の3か月間実施する。
 同実証実験では、那覇空港と沖縄本島中北部を結ぶ「沖縄エアポートシャトルバス」などの停留所付近のホテルや観光地に、オリックス自動車と日産が運営する「カーシェア」を計12台、プロトソリューションが運営する「シェアサイクル」を約100台設置する。目的地周辺までシャトルバスで移動し、その先は必要な分だけ車や自転車を借りての観光が可能となる。
 期間中に、dカーシェア経由で恩納村(おんなそん)内のオリックスカーシェアの利用すると、利用料金の20%分のポイントが貰えるキャンペーンも実施する。
 なお、沖縄本島は近年、空港周辺と那覇市内を中心に慢性的な交通渋滞が問題となっているため、自家用車やレンタカー以外の選択肢によって渋滞を削減するという目的がある。

「安室奈美恵を超えるスター性」 次世代スター 城間莉央さんの魅力/沖縄

2019/11/29 14:22
 プロジェクト始動から2度、マキノさんが可能性を感じた応募者を対象に2次審査が行われたが、いずれもグランプリは出なかった。3度目の2次審査当日、1次審査からマキノさんが太鼓判を押す応募者の登場を前に、北谷町砂辺の沖縄アクターズスクールの空気は張り詰めた。しかし城間さんが姿を見せると、室内の空気が一変。照れながらも笑顔を絶やさない城間さんの姿が関係者を魅了した。
 城間さんは最も好きなアーティストに安室さんを挙げて、「(安室さんの才能を見いだした)マキノさんに選ばれてびっくりした」と目を丸くする。
 アクターズは12月から城間さんと、グランプリには届かなかったが将来が期待される応募者を対象にしたレッスンを始める。
 マキノ代表は「(城間さんは)優しい目をしている。10歳で身長が150センチ以上あり、手足も長く、これからもっと見栄えもするようになる。何より明るいのがいい。これから歌やダンスのレッスンだけでなく、テレビやCMなど経験を積ませて必ずスターにする」と力を込める。その上で「沖縄から才能を見つけるプロジェクトは続く。残りの人生の全てを注ぎ、沖縄を明るく、元気な場所にしたい」と話した。(琉球新報)

焼失1カ月...首里城再建への思い 沖縄の伝統技術を守れ!

2019/11/29 12:26
沖縄の首里城が焼失してから、およそ1カ月。

再建に向けた困難な道のりに立ち向かう、職人たちの熱い思いを取材した。

29日朝の首里城。

焼け焦げた姿にカメラを向ける人たちがあった。

「すごく悲しいですよね。自分たちで何かできることは協力したい」
「気持ちは『首里城がんばれ復元!』。沖縄の人のよりどころができたらいい」

火災から1カ月、首里城再建に向けて課題も浮き彫りになってきた。

その1つが、首里城の赤瓦。

素焼きでありながら、美しいつやを持つこの瓦は、材料や技術の関係で、27年前に復元された時と同じものは作ることができないという。

当時、30万枚の瓦を作り上げた奥原崇典さんの映像が残っている。
……

ひきこもり 40歳以上が78% 沖縄・名護市の匿名調査 期間5年以上が半数超える

2019/11/29 11:00
 沖縄県名護市が2017年9月に実施した市内の民生委員・児童委員76人を対象にしたひきこもりに関するアンケートで、把握できたひきこもり状態の23人のうち、40歳以上の中高年層が78・3%を占めたことが28日までに分かった。若年層(15~39歳)の21・8%を大きく上回っている。調査は県内自治体では先行的な取り組みだが、民生委員からは実態把握の難しさを指摘する声が多数上がり、支援に結び付きにくい実情も浮かび上がった。(「家族のカタチ」取材班・嘉数よしの、又吉嘉例)
 アンケートに回答したのは41人で、回収率は53・9%。ひきこもりを(1)仕事や学校、家庭以外の人との交流ができない状態が6カ月以上続いている(2)社会参加はできない状態だが、時々買い物などで外出することがある-と定義。該当する人を把握しているかや、家族構成、支援状況などを尋ねた。
 その結果、対象者の年代で最も多かったのが40代で、続いて60代。ひきこもりの期間は「5年以上」が13件と半数を超え、40代以上で「10年以上」のひきこもりは5件あった。長期化や高年齢化が垣間見える。
 支援状況は「分からない」が最も多く、「支援を受けている」は少なかった。「対象者らしい人がいるが、詳細を把握するのが難しい」といった声や、「長期化する前に早めに対応してほしい」「問題が把握されていないことが多……

沖縄の10月景況 りゅうぎん総合研とおきぎん経済研の判断は?

2019/11/29 10:30
 りゅうぎん総合研究所(照屋保社長)とおきぎん経済研究所(東川平信雄社長)は28日、10月の県内景況を発表した。りゅうぎんは「拡大の動きに一服感がみられる」と下方修正。消費関連が消費増税前の駆け込み需要の反動で、一時的に弱含んでいるとした。

福砂屋初のご当地カステラ地元沖縄の要望に応え「沖縄限定カステラ」を12/1デパートリウボウで発売!

2019/11/29 10:00
株式会社リウボウインダストリー(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:糸数 剛一、以下 デパートリウボウ)は、長崎の老舗「カステラ本家福砂屋」初のご当地カステラを沖縄デパートリウボウにて2019年12月1日から販売開始いたします。
福砂屋 沖縄限定カステラ・福砂屋ロゴ
【沖縄限定カステラ誕生】
寛永元年(1624年)の創業以来、職人による“手わざ”を継承するカステラ本家福砂屋が地元沖縄からの長年の要望に応え、ご当地商品として初となる「福砂屋 沖縄限定カステラ」が誕生いたしました。
販売するデパートリウボウは、1948年創業の地元百貨店。地元沖縄だけでなく、国内・隣接する海外(アジア)の観光客に向け販売いたします。
【商品の特長】
福砂屋伝統の味わいは忠実に、黒糖とは異なる石垣島産サトウキビの自然な風味とコクのある“石垣島のおいしいお砂糖”を厳選材料のひとつに加え、創意工夫のもと技術力を駆使し、誕生した薄い褐色のカステラ。沖縄の豊かな素材と福砂屋伝統の技が融合した、厳選された味わいを、是非ご賞味ください。

【概要】
名称   : 福砂屋 沖縄限定カステラ
販売開始日: 2019年12月1日
販売料金 : 1,500円(税込)
サイズ  : 縦 280mm×横 65mm×高さ 64mm
販……

沖縄の労災死傷者 52%が50歳以上 1~10月で前年比68件増加の924件

2019/11/29 09:57
 県内での休業4日以上の労働災害発生件数が1~10月で924件に上り、前年同期比で68件増え、統計のある1972年以降で2番目に多いペースで推移していることが28日分かった。沖縄労働局によると、死傷者のうち50歳以上が486件で全体の52・6%を占める。

大学ブランド力ランキング九州・沖縄・山口編、1位は九州大

2019/11/29 09:45
大学ランキング
令和の改元で新聞記事に多く登場した大学、1位は東大 大学ブランド力ランキング2019-2020、中国・四国ともTOPは国立 大学ブランド力ランキング2019-2020、北陸・東海1位は? 編集部にメッセージを送る
 日経BPコンサルティングは2019年11月27日、「大学ブランド・イメージ調査2019-2020」の結果を発表した。九州・沖縄・山口編の大学ブランド総合力ランキングは、前回に引き続き「九州大学」が1位だった。
 「大学ブランド・イメージ調査」は、全国の主要大学の「大学ブランド総合力」算出を目的に、日経BPコンサルティングが実施しているインターネット調査。13年目となる今回は、全国456大学(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)について、各地域に住むビジネスパーソンや、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に回答を依頼し、大学や学生へのブランド・イメージ49項目を測定。それらから大学ブランド総合力(偏差値)として算出、ランキング化した。調査期間は2019年8月1日~9月9日。九州・沖縄・山口編の有効回答数は2,932件。
 九州・沖縄・山口編の総合力ランキングは、1位「九州大学」94.1ポイント、2位「福岡大学」69.3ポイント、3位「熊本大学」68.9ポイント、4位「立命……

自分の3D人形、首里城の住人に 宇垣美里さん「生きているかのよう」 沖縄でミニチュアテーマパークが2021年開業

2019/11/29 06:30
 来場者の全身を3Dスキャンして自分のミニチュア人形を作り、展示エリアに置くことができる「住民権付きフィギュアプログラム」(税込み9800円の予定)が目玉。同プログラムの売上金は、火災で正殿などが焼失した首里城の再建に全額寄付される。人形は2体作られ、1体が展示用で、もう1体は来場者がもらえる。
 テーマパークは20年4月、東京・有明に総面積8千平方メートルの施設第1弾が開業予定。スイスや香港など世界の街並みや関西国際空港のほか、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」をテーマにした展示もある。沖縄は第2弾となる見通しで、リウボウ商事(那覇市、糸数剛一社長)が開業をサポートしている。
 街並みを再現する精巧さに加え、先端技術を使って模型が動き、現実感がより増した展示が特徴という。
 首里城製作と売上金寄付が決まったのは、10月末の火災が契機。火災当日、偶然沖縄に滞在していた近藤社長は急いで首里城に駆け付け、消火活動を見つめた。そのそばで涙ぐむ県民の様子を見て「何かできることはないか」と思い立ち、リウボウ関係者と話し合った。
 28日は報道陣に製作現場が公開された。スモールワールズの福田太一副社長は「沖縄は観光地として今後もさらに伸びていく。アジアを含めて観光客が訪れるような施設にしたい」と話した。フリーアナウンサーの宇……

「よみがえれ!首里城」 沖縄観光コンベンションビューロー、再建へロゴとコピー発表

2019/11/29 05:30
 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は28日、首里城再建に向けた観光プロモーションなどで活用するキャンペーンロゴとキャッチコピーを発表した。キャッチコピーは国内向けが「よみがえれ!首里城」、海外向けが「NEO SHURIJO CASTLE」で、再建を願う強い思いを込めた。
 ロゴには首里城正殿と共に、火災に耐えて焼け残った龍柱を再建のシンボルとして描いた。
 OCVBは「首里城の再建が沖縄観光をさらに深化させる機会ととらえ、沖縄を訪れる観光客が沖縄の魅力を再発見してほしい」とコメントした。ロゴは沖縄の観光プロモーションで使用する印刷物やOCVBのホームページ(HP)などで活用し、希望者もダウンロードして利用できるようにHPで公開する。