沖縄県名護市の SUNNY TACOS 併設する手ぶ…|沖縄県 琉大フリーバーズ 新入部員募集のお知らせ|指で鮮やか 巨大アート 沖縄から眺めた 丹波 表現…|他

沖縄県名護市の「SUNNY TACOS」併設する手ぶらでBBQの「OKINAWA BBQ GARDEN」コースメニュ…

2019/11/30 23:38
SUNNY TACOSとは
2019年8月11日にオープンした「SUNNY TACOS(サニータコス)」は自家製生地のタコス、雑穀米を使用したタコライスなどで地元の方や観光客にも人気のファストカジュアル店です。
地元沖縄県やんばる地域の蜂蜜を使用したオリジナルの「レモネード」も定番ドリンクアイテムとなり、もちもちの大粒タピオカを使用した「沖縄黒糖タピオカミルク ココナッツフレーバー」は女性のお客様を中心に大人気で、SNSにも多く投稿されています。
OKINAWA BBQ GARDENを併設
地元食材を中心にしたメニューを、緑鮮やかなプライベート空間で
1日4組限定の手ぶらでバーベキュー
SUNNY TACOSと併設する「OKINAWA BBQ GARDEN」。地元中心にした厳選食材を予約制で楽しめます。アメリカ製の高級バーベキューグリルを使用し、地元ならではの食材を自ら調理し、道具や食材調達、後片付けの必要ない手ぶらでバーベキュースタイル。島野菜やあぐー豚、やんばる地鶏の他、観光客に大人気のブルーシールアイス、SUNNY TACOSで提供しているタコス生地もメニューイン。ソフトドリンクのフリードリンク付きでオリジナルのレモネードも含まれているお得なメニューです。
西屋部川沿いのマイナスイオン溢れるスペースで、プライベート……

【沖縄県】琉大フリーバーズ 新入部員募集のお知らせ

2019/11/30 22:00
宜野湾市にて活動中の琉大フリーバーズでは新加入選手の募集、体験練習を行っています。
下記の募集要綱をご確認の上、お申し込みください。

指で鮮やか「巨大アート」 沖縄から眺めた「丹波」表現 フィンガーペインターの西村さん

2019/11/30 21:07
巨大アート現る―。兵庫県丹波市柏原町のショッピングセンター「コモーレ丹波の森」に、横13・5メートル、縦3メートルの壁面アートがお目見えし、来店者の目を引いている。同県丹波篠山市出身で現在、沖縄県で暮らしているフィンガーペインター西村由郁子さんと地域の子どもたちがコラボレーションして描いた。「活動拠点の沖縄と、生まれ育った丹波は、場所は離れていてもつながっている」という思いをビジュアル化した作品。展示期間は設けず、常設する。
同店でこのほど開かれた、丹波市内の障がい者が作る商品をPRする「ものづくりはっぴいステージ」の催しの中のライブペイントのコーナーで描いた。
参加した約20人の子どもたちに「お花畑をつくろう」と呼びかけ、制作を開始。子どもたちは手のひらや指先に好きな色のインクをつけ、思うがままに白色の壁面キャンバスに手形、指形をぺたぺたと押した。
子どもたちの手形、指形で出来上がった不規則な模様から、西村さんが創造力を膨らませ、マングローブや南国の鳥、チョウ、虹などを色鮮やかに加え、「沖縄から丹波を眺めた」作品を仕上げた。
作品の中には、丹波地域を連想させるイノシシやシカなどの生きものや、大ケヤキの根が川をまたいでいる丹波市の名所「木の根橋」なども描かれている。

那覇出身の山川「皆さんで沖縄を助けて」 西武が首里城火災で募金

2019/11/30 20:59
 西武は30日、埼玉県所沢市で開催したファン感謝イベントで、10月に火災で正殿などが焼失した那覇市の首里城の再建を支援する募金活動を行った。同市出身の山川が「ちょっとでもいいので募金して、皆さんで沖縄を助けてください」と呼びかけ、60万5176円が集まった。

沖縄の釣り情報[有釣天]本島南部の海岸に上級者向けの釣り場

2019/11/30 15:06
 引き潮に合わせて歩くこと15分、リーフが途切れてどん深の海が広がる南部の海岸に上級者向けの釣り場がある。マキエサのスルルーを拡散し、付け餌のミジュンで回遊性の大型魚を仕留めるのが平良英雄さん。 干潮2時間前にポイント入りするように釣り場を目指す。

沖縄の首里城が焼失 中国が敏感に反応する理由

2019/11/30 12:15
2018年1月に開かれた新春の宴。写真:小早川渉/アフロ。
2020年1月号記事

ニュースのミカタ 3
社会

沖縄の首里城が焼失
中国が敏感に反応する理由

ニュース
中国メディアが火事に反応 10月末、沖縄県那覇市の世界文化遺産「首里城」から出火し、主要施設の大半が焼失しました。警察などは調査を進めていますが、出火原因は特定されていません(11月16日時点)。
 日本全体がショックに包まれた出来事に、いち早く反応したのが中国でした。中国共産党系の機関紙、環球時報は「大火事が琉球の『故宮』を飲み込んだ」と速報(10月31日電子版)。
 中国経済網は11月1日、「多くの中国人が心を痛めているのはなぜか」という記事を掲載。「沖縄は中国と深いつながりがあるため、多くの中国人の心も動かされた」と伝えました。

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

世界的成功者に共通する“第三のドア” 話題のビジネス書「サードドア」著者が沖縄で語ったこと

2019/11/30 12:12
 米国生まれのバナヤン氏は進路に悩んだ大学生のころ、ビル・ゲイツやスピルバーグ、レディー・ガガといった著名人に突撃インタビューを実施。成功してきた人たちは、誰もが通る表玄関や裏玄関ではなく、「困難でたどり着くのもたいへんだけれども夢をかなえる第三のドアを開いていることに気づいた」と著書の内容を紹介した。
 座談会には県内で起業したEC-GAINの村田薫代表、Alpaca.Labの棚原生磨代表も登壇。「ビジネスを成功させる情報は常にある。最終的には結果が出ると信じて、やり抜いてほしい」と話した。
一番印象的なのはビル・ゲイツ 世界18カ国で出版されている人気のビジネス書「サードドア・精神的資産のふやし方」の著者アレックス・バナヤン氏は、ビル・ゲイツやレディー・ガガなど世界的な成功者らに突撃インタビューし7年かけて出版させた。バナヤン氏に、モチベーションを保つ方法や沖縄の若者へのメッセージを聞いた。(聞き手=政経部・川野百合子)
 -一番印象的な人は誰か。
 「ビル・ゲイツは、一番強烈に覚えている。時間と労力をかけて追い掛けたから。でも、一番印象に残る教訓をもらったという意味では、プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。失敗を大切にすることを教えてくれた。私は失敗をたくさんしたからこそ、学びを得た」
 -7年間も続けた秘訣(ひけつ)は……

聖地「御嶽」を旅する:(上)沖縄・来間島 祭りとは原初の理想に戻る時

2019/11/30 11:30
 「宮古島の神と森を考える会」の年に1度のシンポジウムが先月、沖縄県宮古島市の離島、来間(くりま)島であった。シンポジウムの前には、来間島の「御嶽(うたき)」や遺跡を訪ね歩く正真正銘の「聖地巡り」が行われた。ローカルな現場が発信するローカルな議論から、全国で通用すると思われる提言を紹介する。地域にとって祭りとは、そして歴史とは――重い課題と展望が見えてくると思う。【伊藤和史】
神役の女性が高齢化 神祭りをどう存続させるか?  人口約160人の来間島の神祭りを今後、どう存続させていくかが今年のテーマ。祭りは女性を中心に行われるが、島は高齢化が進む一方、本土や海外からの移住者の割合が増えている。
 現在6人いる神役の女性は70~80歳代が軸。年に約20の祭りがあり、うち五つでは2泊から1泊の「籠もり」を伴う。このような負担の重さから、神役の後継者不足は深刻だ。来間島だけの事情ではなく、宮古島全体、さらには南の島全域の共通課題。祭りが中断している地域は少なくない。
 こうした実情から、居駒永幸会長(明治大教授・日本古代文学)は「宮古遺産」構想を提唱した。祭りで歌われる神歌やそのベースにある伝承の価値を地域で知ってもらい、そこから祭り自体の意義に目を向けてもらって存続に結びつけようという狙いである。
創世神の……

大型のイノシシか 中城公園周辺で目撃情報 注意呼び掛け

2019/11/30 09:59
 沖縄県北中城村の中城公園周辺で、イノシシの目撃情報が寄せられている。県警によると25日ごろ、同村荻道の芋畑でイノシシが畑を荒らし、中城公園方面に逃げていった。

沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」に田尾安志氏らNPB経験者が集結

2019/11/30 09:30
沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」に田尾安志氏らNPB経験者が集結  ニフティニュース

宮古方言ふんだんに/おきなわ新喜劇

2019/11/30 08:56
 第6回おきなわ新喜劇ツアー「オジーオズお盆~ん!」の宮古島公演が28日、マティダ市民劇場で開催された。今回は、沖縄のお盆をテーマに繰り広げられるドタバタ劇が展開され、満員の会場は、観客の笑い声に包まれた。
 このツアーは吉本興業とよしもとエンタテインメント沖縄の主催で、ガレッジセールのゴリさんがプロデュースする沖縄オリジナルの吉本新喜劇。
 沖縄の方言や音楽、風習等を織り交ぜたエンターテインメントショーに仕上げられ、宮古公演では宮古方言も各場面で使われ、笑いを誘っていた。
 出演は、ガレッジセールのゴリさんと川田広樹さんのほか、玉城敦子さん、宮川たま子さん、田仲メリアンさん、カシスオレンジ、ありんくりんら。
 物語は、旧盆期間中、天国から帰ってきている母親のことよりも、自分のプライベートを優先する家族のストーリー。そうした中で、家族が犯罪に巻き込まれていく状況を笑いを交えつつ、沖縄の歴史や風習を織り交ぜて観客を楽しませた。
 そのほか、スペシャルゲストの平川美香さんや男塾武-Dooもエイサーで出演し、舞台を盛り上げた。

【沖縄タイムス・天久仁の映画コレ見た?】「決算!忠臣蔵」 予算巡る赤穂藩の攻防

2019/11/30 07:33
 主君への忠誠を行動で示した赤穂浪士の討ち入りは、勇壮な物語として語り継がれている。その一方で、主君・浅野内匠頭亡き後、お取りつぶし(没収)が決まった城内では、各役職のさまざまな思惑が渦巻いていた。
 宿敵、吉良邸への即刻討ち入りを主張する筆頭家老、大石内蔵助(堤真一)と、お金の捻出に腐心する勘定方の矢頭長助(岡村隆史)。理想と現実、さまざまなアクシデントや運も味方に付けて、予算は固まっていく。何かと物入りの年末、身につまされるお話です。(学芸部・天久仁)
◇シネマQ、ライカムで上映中

「カメ吉よ…無事でよかった」 “落とし物”のリクガメ、飼い主見つかる(沖縄タイムス)

2019/11/30 06:35
 本部警察署(沖縄県本部町)が「落とし物」として保護していた大型のケヅメリクガメの飼い主が29日、同署に名乗り出てカメを引き取った。
【写真】「私の落ち度」と話すカメ吉の飼い主
 体長約80センチ、重さ30~40キロのオスで名前はカメ吉。28日に今帰仁村の山中で住民が発見し、署に届けた。
 飼い主の竹田伸之さん(51)=国頭村=はカメ吉を1997年から飼っていて、今年11月からは今帰仁村の農園予定地で約60センチの柵で囲って飼育していた。
 29日朝、本紙などの報道を見た知人から連絡を受け、カメ吉の脱走に気付いたという。「脱走は私の落ち度。5センチくらいの子ガメの時からかわいがっていたので無事で良かった」と胸をなで下ろした。
 署は、竹田さんが持参した映像や甲羅の特徴から飼い主と確認。地域課の金城広樹課長は「カメ吉もうれしそうだった」と笑顔を見せた。

沖縄)首里城再現のミニチュア展示施設、豊見城で開業へ

2019/11/30 03:00
 【東京】レジャー施設の企画や模型の開発・製造を行っているSMALL WORLDS(スモールワールズ、東京都・近藤正拡社長)は28日、沖縄で計画している屋内型のミニチュアテーマパークについて、豊見城市豊崎に来年4月開業予定の大型商業施設内で、2021年に開業することを明らかにした。琉球王朝時代の冊封使をテーマにした80分の1スケールの首里城を模型で再現するなど、沖縄色を打ち出した展示内容になる。
 来場者の全身を3Dスキャンして自分のミニチュア人形を作り、展示エリアに置くことができる「住民権付きフィギュアプログラム」(税込み9800円の予定)が目玉。同プログラムの売上金は、火災で正殿などが焼失した首里城の再建に全額寄付される。人形は2体作られ、1体が展示用で、もう1体は来場者がもらえる。
 テーマパークは20年4月、東京・有明に総面積8千平方メートルの施設第1弾が開業予定。スイスや香港など世界の街並みや関西国際空港のほか、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」をテーマにした展示もある。沖縄は第2弾となる見通しで、リウボウ商事(那覇市、糸数剛一社長)が開業をサポートしている。
 街並みを再現する精巧さに加え…