DEEP 2019年中に伝えたかった声 沖縄編 0…|高齢者虐待194件 年々増加傾向に(沖縄ニュースQA…|沖縄の釣り情報[有釣天]約30分近い格闘で手にしたの…

【DEEP】2019年中に伝えたかった声 沖縄編 02 安谷屋智弘「ジャッキー・チェンが最強だと」

2020/01/04 18:55
【写真】闘心が活動停止し、シマジリアンズなど数か所で練習を行っているという安谷屋 (C)MMAPLANET
現在発売中のFight &Life Vol.76では沖縄紀行として、現地のMMAと柔術の現状&将来を語った──砂辺光久と松根良太の対談記事が掲載されている。
同紀行の執筆にあたり修斗、パンクラス、DEEP、GLADIATORで活躍する沖縄在住のMMA選手、そして柔術家の声を多く拾ったが、ページ数には限りがあり記事内ではキャプションでしか伝えられなかった。MMAPLANETでは、そんな沖縄在住の選手たちの声を書き記していきたい。
題して──2019年中に伝えたかった声──沖縄編。その第2弾はDEEPで戦績を積む、安谷屋智弘の声を紹介する。
プロ修斗に続き、パンクラスの沖縄大会が開くことが決まった中、DEEPで王座を目指す安谷屋は沖縄で活動することに拘っているファイターだ。
──今回、プロ修斗沖縄大会があり、2020年7月にはパンクラス沖縄大会を砂辺選手が開催します。そのなかにあって安谷屋選手はDEEPを主戦場に戦っている沖縄在住のMMAファイターです。そして闘心が活動停止して、現在はフリーとして活動されています。
「いやぁ、あっけなく無くなってしまい巻いた。ビックリしましたね(苦笑)」
──そもそも安谷屋選手がMMA……

高齢者虐待194件 年々増加傾向に(沖縄ニュースQAB)

2020/01/04 18:24
 高齢者に対する虐待事案が年々増加傾向にあることが県のまとめで明らかになりました。
 沖縄県によりますと、2018年度の高齢者に対する虐待事案の報告件数は194件で、過去10年間で最も多くなりました。このうち、介護施設などでの虐待は9件のみで、大半は、家庭内での家族によるものでした。
 虐待の種類では、「身体的虐待」が最も多く全体の7割近くを占めているほか、以下、「心理的虐待」、「経済的虐待」などとなっています。また、虐待者との関係では「息子」が最も多く、「夫」「娘」が続いています。
 県では、虐待やその疑いに気付いた場合は、早めに市町村窓口などに連絡するよう呼び掛けています。

沖縄の釣り情報[有釣天]約30分近い格闘で手にしたのは…9キロのオニヒラアジ

2020/01/04 13:00
 津堅島をたった定期便が港内に入り、海底の砂泥が巻き上げられた直後の午前11時、ベタ底で何かがヒットした。魚のファーストランは名護さんに向かったので、引きの強さがつかめない。次は進行方向を変え、港の中央部分に向かって力強い走りを見せた。
 繰り返し抵抗を見せた魚は一転して海底でとどまったように全く動かなくなった。竿(さお)先と魚をつなぐPE0・6号の道糸が、再び出航する定期便に触れて切れてしまう前にリールのベールを起こしてラインフリーの状態にした。定期便が港を出たあと、糸ふけを回収すると魚はかかったまま。約30分近い格闘で手にしたのは95・5センチ、9・03キロの大きなオニヒラアジだった。
    ◇    ◇
 昼の休憩を職場近くの安謝海岸で過ごす伊佐川正晃さん。水深3メートルある道路沿いの川岸には、水温が下がり始める9月から12月にかけて50センチ近いミナミクロダイが見えるという。12月24日、いつものようにお昼を食べながら、川底を確認すると50センチ近い黒い魚影が4匹群れている。これはチャンスだと、車に常備しているフカセ釣り用の磯竿を取り出した。弁当の残りのチキンを針に掛けて、魚影より遠くの位置にキャスト。ゆっくり沈んでいく白い鶏肉の身を確認しながらじっくりと待つ作戦に出た。数分後、海底を漂う餌に何者かが食いついた。手持ちの竿を高く振り上……