ブラジル どうなる沖縄コミュニティの将来?=首里城…|G大阪 沖縄キャンプで“守備改革”に着手 18日に…|●イベント開催● 新宿 湘南 代官山 島旅 沖…|他

《ブラジル》どうなる沖縄コミュニティの将来?=首里城再建募金運動の現場から(3)=「祭り太鼓で友情の輪広がった」(ニ…

2020/01/17 22:10
 伊集さんに沖縄コミュニティの将来について聞くと、「今後も若者が先祖の残してきた文化の重要性に気付いていくことを期待する。そしてそれを守り続けること、非日系にも伝えることで途切れないようにしてほしい」と語った。
 伊集さんは首里城義援金集めのイベントにも参加。「多くの方が手を組んでみんなで協力して作り上げた。あの感情は言葉に表せないもの」と沖縄コミュニティの絆を再確認できたことを思い返した。
     ☆
 ブラジル沖縄県人会ビラ・カロン支部会館の事務員を勤める仲本タチアネ歩(あゆみ)さん(23、日系三世)は沖縄コミュニティを支える若き人材の一人だ。
 首里城義援金集めのイベントは最初から最後まで観たという。「すごく楽しかった。元々三線や踊りを観るのは好きだったし、第2部の歌舞劇は言葉がなくても感じるものがあった」と感心した様子。「イベント当日の食事の売上も全て寄付されるので、それらが首里城のためになるのは嬉しい」と自分たちが首里城再建の為に貢献していると感じたそう。
 仲本さんは琉球國祭り太鼓ブラジル支部の活動にも参加している。仲本さんはサンパウロ市生まれで長野県育ち、9年前に帰伯した。そのため、日本語もポルトガル語も流暢に操る。
 「ブラジルに戻り祭り太鼓を始めたが、仲間意識が強く温かいグループに入ることで、日本に住んでい……

【G大阪】沖縄キャンプで“守備改革”に着手 18日には沖縄SVと練習試合

2020/01/17 21:09
 沖縄での1次キャンプを行っているG大阪は17日、午前、午後の2部練習を行った。
 18日には今キャンプ2試合目となる練習試合・沖縄SV戦を控え、この日は11対11の紅白戦も実施。日本代表DF三浦は「守備のやり方は去年と多少変えたり、去年から続けてきたことを積み上げていったりと、ゲーム形式でトライしている」と、昨季以上に高い位置から相手にプレッシャーをかけるアグレッシブな守備に着手していることを明かした。この日の紅白戦では3―5―2と、4―4―2の2チームが対戦する形をとり、新たなチャレンジへの準備を進めていた。

●イベント開催●【新宿】【湘南】【代官山】 島旅『沖縄本島周辺15離島』発行記念!

2020/01/17 19:13
【1/24(金)開催】ブックファースト新宿店島好き必見のゲスト陣!1月24日(金)はブックファースト新宿で開催!『沖縄本島周辺15離島』の編集者であり、15離島の取材を行った稲嶺恭子さん、『旅』『島』『猫』などを軸に数々の体験を綴っている作家の小林希さん、世界一周を経験し、Google AndroidのTV CMにも出演経験があるKozeeさんなど、個性豊かなメンバーが登壇します。
また、来場者全員に東京ではなかなか手に入らない沖縄県野甫島産の塩「塩夢寿美」をプレゼント。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベント概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●開催日時
2020年1月24日(金)19:00 受付開始 / 19:30 イベント開始 / 20:30 イベント終了
●会場名
ブックファースト新宿店 地下2階Fゾーンイベントスペース
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目7−3 モード学園コクーンタワー地下1階/地下2階
●チケット代金
沖縄本島周辺15離島 トークイベント参加券:1650円
●詳しくはこちら
https://15islandseventshinjuku.peatix.com/
【1/25(土)開催】湘南 蔦屋書店渡名喜島のドローン動画は……

沖縄県議選、6月7日投開票

2020/01/17 16:31
沖縄県議選、6月7日投開票  時事通信ニュース

「名古屋にいるときの3倍走った」中日・福田が沖縄で充実トレ「初めて暖かいところ…全然違う」:ドラニュース:中日スポー…

2020/01/17 14:18
 中日の福田永将内野手(31)が17日、沖縄県読谷村の読谷球場で行ってる自主トレを公開した。ランニングに始まり、ノックやティー打撃、さらにはウエートトレーニングと、約5時間にわたってトレーニングを行った。沖縄入りする前は、「例年の倍以上は走ります」と予告していたが、実際、ベースランニングなど汗を滴らせながら走り込んだ。

サガン鳥栖がキャンプ地の沖縄入り 17日午前(佐賀新聞)

2020/01/17 13:27
 サッカー・J1サガン鳥栖は17日午前、沖縄県の那覇空港に到着した。2月2日まで読谷村陸上競技場でキャンプを開き、金明輝(キン・ミョンヒ)監督の下で、一年を通して戦う体作りと戦術の浸透を進める。キャンプ期間中の24、29、2月2日には練習試合も行う予定。
 那覇空港に到着した選手の中には、新シーズンに向けて完全移籍で加入したFWチアゴアウベスの姿もあった。

高嶺心萌がU17日本代表 ソフトテニス 沖縄県勢初、世界大会出場も(琉球新報)

2020/01/17 09:49
 日本ソフトテニス連盟は16日、U17全日本チーム選手を発表し、八重山高1年の高嶺心萌(16)が選出された。県勢選手がU17に選ばれるのは初めて。ナショナルチームは11月末までで、選抜メンバーによる世界大会出場も予定されている。
 高嶺は同高2年の吉川小百合と組み、全九州高校体育大会で県勢初優勝し、NTT西日本杯県高校競技大会でも頂点に立っている。2月からの合宿に向けて高嶺は「全国トップレベルの選手たちがどのような攻め方、守り方、ゲーム展開をつくっているのかを見て学びたい」と意気込んだ。
 高嶺の父で、同高女子の高嶺享史監督は「運動能力がずばぬけており男子に近い。ストローク、ボレーの技術も高く、代表入りでどれほど技術を吸収して成長できるか楽しみだ」と期待した。
 全日本代表は16年に、県出身の神谷絵梨奈(糸満高―東京女子体育大出―ジムキ文明堂)が選出されたことがある。

楽しい~! 人生初の雪遊びに沖縄っ子、大興奮 (琉球新報)

2020/01/17 09:24
 【山形で金良孝矢】中部広域市町村圏事務組合が主催する山形県最上広域市町村圏事務組合との交流事業で、本島中部9市町村の小学5年生68人は16日、同県で雪遊びをした。ほとんどの児童が初めて経験するスキーや雪合戦、雪だるま作り、雪山の斜面滑りを楽しんだ。
 午前は宿泊先だった真室川町にある神室少年自然の家の裏山で、積もった雪の上で寝転がったり、斜面を滑るスピードを競い合ったりした。その後は金山町のホテルシェーネスハイム金山に移動。同町立の金山、明安、有屋3校の5、6年生25人とスキーで交流を深めた。これまで雪を見たことがなかったうるま市立具志川小の大城怜愛さん(11)は「スキーは斜面を登るのが難しく、滑っては何回も転んだ。雪遊びでは斜面を滑り、雪だるまも作り楽しかった」と振り返った。

年末年始の旅行人気1位は沖縄 JATA発表

2020/01/17 08:00
 日本旅行業協会(JATA)は12月13日、JATA会員会社の経営者や旅行担当者に実施したアンケート調査をもとに、年末年始の人気旅行先を発表した。国内旅行の1位は東京(TDR含む)で、2018年の2位から上昇した。
 2位は沖縄(18年1位)で、以下、3位九州(同3位)、4位大阪(同4位)、5位北海道(同5位)の順。トップ5を前年と見比べると、1位、2位以外は不動だった。
 アンケートでは「年末年始をTDLやUSJなどのテーマパークで過ごすファミリーが多く、沖縄などの温暖な地域で過ごすファミリーも増えている」や「北海道や沖縄など定番人気が主流」「人気の温泉地などで過ごす家族や夫婦が増えている」などの回答があった。
 海外旅行の年末年始人気旅行先トップ5は(1)台湾(2)ハワイ(3)タイ(4)シンガポール(5)ベトナム。
 アンケート調査はインターネットで、11月5~22日に実施した。回答数は276社。

<金口木舌>沖縄の文化そのもの

2020/01/17 06:00
 「えさ代がなく、困っている」「豚に回していた運転資金がなくなってしまった」。1986年の本紙に、豚熱(CSF、豚コレラ)の感染拡大で苦悩する養豚農家の声が報じられている。当時は豚の大量死が県内各地で相次ぎ、感染は本島北部から中南部に広がった
▼「感染拡大なさそう」という記事が載った3日後に「中部に飛び火」と報じられている。発生確認から43日後に県が終息を宣言したが、混乱ぶりや対応の難しさが紙面からも伝わる
▼本島中部で34年ぶりの感染が確認された豚熱は現在、終息が見通せない。県が検査結果を「全て陰性」と発表した発生農場から3キロ圏内の養豚場で15日、新たな感染が確認された
▼ウチナーンチュと豚は切っても切れない関係だ。沖縄の食文化は豚抜きに語れない。終戦直後にハワイから豚を運んだ県系人らを取材した作家の下嶋哲朗さんは「豚は沖縄の歴史、伝統、文化そのものだ」と語る
▼豚熱にかかった豚の肉は市場に流通しない。仮に感染した豚肉を食べたとしても人間に影響はない。しかし県内の精肉店主からは「懸念していた買い控えが出ている」との情報もある
▼「農家だけでなく全県民の問題」と下嶋さんは指摘する。報道機関として風評被害につながらない報道を心掛けることはもちろん、県民ぐるみで沖縄の豚を守っていく態勢作りが必要とされている。