沖縄の外国人労働者 1万314人で過去最多 増加率は…|那覇地裁の新所長 3度目の沖縄 県民性にも親しみ|沖縄国際大学で一般入試始まる(沖縄ニュースQAB)|他

那覇地裁の新所長 3度目の沖縄 県民性にも親しみ

2020/02/04 14:30
 裁判官にとって大切なことは「人の意見をよく聞くこと」。双方から出された証拠だけで判断せず、尋問などで直接、訴えに耳を傾けることで、より真実に近づけると信じている。 小学校時代はそろばん少年だった。毎日、教室に通いコツコツ努力することで目標を達成する喜びを感じた。

沖縄国際大学で一般入試始まる(沖縄ニュースQAB)

2020/02/04 12:37
 試練の春の始まりです。沖縄国際大学では2月4日から一般入試、前期日程の試験が2日間の日程で始まりました。
 沖縄国際大学で行われた試験には大学全体で173人の募集に対し、1110人が志願していて倍率は6.42倍。最も倍率が高かったのは人間福祉学科心理カウンセリング専攻で9.18倍です。
 国語の試験に臨んだ、受験生はやや緊張した雰囲気で答案用紙に向かっていました。試験は4日と5日の2日間で合格発表は17日です。

首里城の火災現場を公開 正殿跡など主要部、報道陣に―沖縄

2020/02/04 12:21
首里城の火災現場を公開 正殿跡など主要部、報道陣に―沖縄  時事通信ニュース

泡盛のルーツ・ラオラオ酒 ラオスから沖縄に初輸出

2020/02/04 12:00
 【ラオスで川野百合子】コープおきなわが東南アジアのラオス・アタプー県サイー村で産業化を支援している地酒ラオラオ酒「美らラオ」を3日、初めて沖縄に240本(1本500ミリリットル)輸出した。「美らラオ」は、サイー村の協同組合が主体となって製造からラベル貼り、瓶詰めなど全工程を手掛けた。

沖縄県うるま市で開催された2夜限りのプレミアムな野外レストラン「DINING OUT RYUKU-URUMA wit…

2020/02/04 11:02
今回の「DINING OUT」の舞台は、沖縄本島の中部に位置し、歴史ロマンと豊かな自然があふれる、沖縄県うるま市。今回、この壮大な舞台で料理を担当したのは、世界的なシェフ二人で構成されるポップアップユニット「GohGan」。世界から注目が集まる「Asia‘s 50 Best Restaurants」において4年連続1位に輝き、2019年の「The World’s 50 Best Restaurants」では4位を獲得したガガン・アナンド氏。そして、九州で唯一「Asia‘s 50 Best Restaurants」にランクインした「La Maison de la Nature Goh」の福山剛氏です。世界遺産「勝連城跡」の絶景のディナー会場にて、両名の匠の技で沖縄の食材の魅力を最大限引き出したフルコースが振る舞われ、地元スタッフと一体となった唯一無二のおもてなしとともに、参加者80名(2日間合計)を魅了しました。世界遺産を舞台にディナーを開催するのは、「DINING OUT」史上初の試みとなりました。
また、世界の注目を集める両トップシェフによるポップアップユニット「GohGan」は、これまで日本やアジアで計11回に渡り、その土地の食材や調理法を反映させた料理を提供してきましたが、今回の「DINING OUT」でその歴史にピリオドを打ち、2021年に福岡にレ……

韓国サムスン22歳右腕が飲酒運転で摘発 沖縄キャンプメンバーから外される(Full-Count)

2020/02/04 09:13
 韓国プロ野球(KBO)サムスンの右腕チェ・チュンヨン投手が飲酒運転の取り締まりで摘発され、春季キャンプのメンバーから外された。韓国紙「朝鮮日報」が伝えている。
【動画】美人妻の美貌にファンが注目 元女子アナのぺ・ジヒョンさんが柳賢振の隣で微笑む実際の映像
 「朝鮮日報」によると、チェ・チュンヨンは1月24日午前2時頃、テグ市内で飲酒運転の取り締まりを受けて摘発された。血中アルコール濃度は0.036%だったとサムスンが発表したという。サムスンは1月30日から沖縄で春季キャンプを実施しているが、そのメンバーから外された。
 22歳のチェ・チョンヨンは190センチ、85キロの大型右腕。昨季は34試合登板、0勝2敗1セーブ、防御率7.36。KBO通算149試合登板。5勝18敗9セーブ、23ホールド、防御率6.16の記録を残している。

沖縄)高齢者狙う詐欺 高校生の機転で被害防ぐ

2020/02/04 09:00
 帰宅途中、車いすを押してあげた高齢者との会話で特殊詐欺に気付いた―。高齢男性の特殊詐欺被害を防いだ沖縄県立浦添工業高校の仲底愛純さん(16)に3日、沖縄県警那覇署(崎原永克署長)から感謝状が贈られた。同日、同校の全体集会で賞状を受け取った仲底さんは「感謝状をもらったことに驚いたが、被害を防げてうれしい」と喜んだ。
 仲底さんは昨年12月10日午後6時ごろ、那覇市内で高齢男性に「手伝ってほしい」と声を掛けられた。高齢男性は足が悪く車いすに乗っていたが、坂道を上がれず、車いすから下り、引っ張ってのぼろうとしていた。仲底さんは高齢男性の目的地のスーパーまで道を案内しながら車いすを押して坂道を上った。
 到着後、高齢男性はスーパーにやってきた目的に説明。あるメールを見せたという。そこには「100万円あげるからここまで来て」などと記され、文中のURLをクリッすると若い女性の写真が出てきた。
 メールを読んだ仲底さんは特殊…

22歳までに活躍しなければ沖縄に帰る…医者一家で育った少女の夢(沖縄タイムス)

2020/02/04 07:50
 ミュージシャン NENEさん(19)=沖縄市出身
 小柄な体がリズミカルに躍動し、音楽と共鳴する。奏でる歌声も合わさり、見る者をひきつける。作詞・作曲、踊りの振り付けもこなすマルチな才能。「いつの日か、たくさんの人々に私のパフォーマンスを届けたい」。幼い頃から夢見るステージを目指し、東京で力を磨きながら、その時を待つ。
【「ハーフは強み」】ミス沖縄に5度の挑戦 24歳の秘めた思い
 持ち味のダンスとの出会いは小学3年。母に連れられ、バレエ教室の体験入学に行った日、偶然ストリートダンスを目にし「これをやってみたい」と直感的に思った。父を含め医者一家で育ち、医療の道に進もうかと漠然と考えていたが、その日以来、音楽の魅力に引かれていく。
 NFL(米プロフットボール)王者決定戦スーパーボウルで歌うマイケル・ジャクソンの映像を夢中で見たのは小6の時。自分なりの“格好良さ”を表現する美意識を育てていく。県内でダンスグループの一員として活動した後、高校2年の時、ワタナベエデュケーショングループ(東京)のタレントオーディションを受けて合格。両親と交わした約束は「22歳までにデビューして活躍していなければ、沖縄に帰って仕事をする」。決意を胸に秘めての上京だった。
 レッスンを受け続けて1年余り。力を蓄えるいわば育成期間中は極力、世間への露出を控え……

冬型の気圧配置が続かず…沖縄・1月の降水量が過去最少

2020/02/04 07:43
 沖縄地方の1月の地域平均降水量平年比は34%で、14年の39%を下回り、統計を始めた1946年以来、最も少ない値を更新した。冬型の気圧配置が続かなかったことなどが要因。
 沖縄の東の海域では1月の月平均海面水温の平年差が1・4度(速報値)となり、1月としては82年以降で最も高くなった。
 同海域では昨年12月下旬、寒気の影響を受けにくかったため海面水温が平年よりかなり高くなった。1月も寒気の流れ込みが弱く、海面水温の高い状態が維持されたことが要因。