警察官ら50人が献血に協力(沖縄ニュースQAB)|沖縄タイムス社員1人が*感染|沖縄県 うるま市・ココ ガーデンリゾート オキナワ…|他

沖縄タイムス社員1人がコロナ感染

2020/09/12 16:25
 沖縄タイムス社は12日、編集局所属の社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。9月3日に同居家族の新型コロナウイルス陽性が確認され、4日にPCR検査を受け陰性だったが、9日に38度台の発熱があった。このため10日に再度PCR検査を受けた結果、12日に陽性が判明したという。
 男性社員は現在、自宅療養中で4日以降は出勤していない。既に勤務部署は消毒作業を終え、同部署からの体調不良者は出ていないという。
【琉球新報電子版】

【沖縄県 うるま市・ココ ガーデンリゾート オキナワ】一人きままにエスケープ ~CoCo Styleのおもてなしで非…

2020/09/12 11:46
【沖縄県 うるま市・ココ ガーデンリゾート オキナワ】一人きままにエスケープ ~CoCo Styleのおもてなしで非日常の癒やし時間  時事通信

沖縄東海岸の冬夜を彩る、カヌチャリゾート冬の祭典「カヌチャスターダストファンタジア2020-2021」2020年11…

2020/09/12 11:05
■カヌチャスターダストファンタジア2020-2021の概要
やんばるの自然とアオサンゴの海としても知られる大浦湾に面し、沖縄県内でも有数の敷地が広がるカヌチャリゾート。開放感に満ちたリゾート内の、冬の祭典として「こころの楽園」を基本理念の下、2000年より開始、今年で21回目を迎えます。
本年度はガーデンプールエリアをメイン会場とし、約80万坪の敷地内各所にイルミネーションを配置、沖縄の冬の夜を彩ります。
また、毎週土曜日には、コロナ禍に立ち向かうすべての人への感謝と応援の意味を込めて、花火を打ち上げる新企画「スターダストウィークエンドファイアーワークス」を毎週土曜日に開催します。※12/26(土)は25(金)に繰り上げ
※前年イメージ
例年はスターダストファンタジア単体の入場受付(有料)も行っていましたが、本年度は新型コロナウィルス感染防止のため、ご宿泊者、レストラン・ゴルフコースなどの施設ご利用者のみの参加とし、三密回避を行います。安全・安心の取組を行いつつ、プライベート感の高いカヌチャリゾートで過ごす夜を演出致します。
詳細は公式サイトにて、随時発表いたします。
【毎週土曜日開催:スターダストウィークエンドファイアーワークス】
このコロナ禍で、すべての人がこれまでと違う生活を余儀なくされ、経済的にも、気分的に……

日本で唯一「果実の王様」が見られる場所が沖縄に! 実がなるのは3年連続 栽培者「独特の臭いも楽しんで」

2020/09/12 09:53
 今回結実した株は、2004年に導入した苗木を16年かけて栽培してきたもの。同センターでは昨年から、3品種のドリアンを同時開花させることに成功し、異なる品種のドリアンの花粉を使って受粉する「他家受粉」を行うことで安定して結実させた。
 8日時点で1本の木に5個の実が付いており、最大のものは直径23センチ。9月ごろまで肥大を続けるという。栽培に関わった田代亜紀羅主任は「3年連続で結実してうれしく思う。熟した後の独特の臭いも楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

久々の再開にジャンプ! 沖縄で気軽に滝が楽しめる公園 地域の人たち続々来園

2020/09/12 09:34
 名桜大陸上部の崎浜みなみさん(20)、仲宗根虹花さん(18)、岡村はなさん(18)の3人は初めて訪れた。本部町出身で同大3年の崎浜さんは「初めて見た滝に圧倒された。雨の日は水量が多いので、ラッキーでした」と話す。
 那覇市出身の仲宗根さんは同大1年で投てき専門。「展望台に立った時の水しぶきが気持ち良かった」と笑顔。崎浜さんと同じ長距離ランナーの岡村さんは同大1年の山口県出身。「山口にも滝は多い。白糸の滝は有名だが、沖縄の滝もすてき。しぶきが涼しい」と喜んだ。
 同公園管理責任者の島袋聡志さんは「新型コロナはまだ収束していない。うつさない、うつらないという気持ちで、来園時はマスク着用で楽しんでほしい」と話した。
 車いすでも見学できるバリアフリーの轟の滝公園は、午前9時~午後6時まで。入園料金は一般200円、小中高と70歳以上100円。未就学児・障がい者は無料。問い合わせは轟の滝公園管理事務所、電話0980(43)9299。(玉城学通信員)

トライアンフ沖縄がグランドオープン

2020/09/12 09:33
この度、トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社とトライアンフ正規販売店契約を締結している株式会社 グリットは、沖縄県浦添市にトライアンフ正規販売店「トライアンフ沖縄」をリニューアルオープンする。グランドオープンは9月26日(土)が予定されている。
新しくなったトライアンフ沖縄は、もちろん最新C I(コーポレートアイディー)を採用した設計・デザインとなっており、沖縄県では唯一の正規販売店。新店舗が位置するのは、交通量が多い国道58号線に面した土地。国道330号バイパス「伊祖インターチェンジ」から僅か10分ほどの位置にあることから、那覇市内のみならず、沖縄県北部からもアクセスがしやすいロケーションだ。
オートバイの展示・販売に加えて、ウエアやアクセサリーなども取り扱っており、トライアンフの表現する“プレミアムライフスタイルモーターサイクルブランド”の世界観を体感することができる施設だ。
また、もちろんオートバイを預かるためのワークショップも備えており、かねてより定評のあるサービス体制により、トライアンフオートバイの購入からアフターサービスに至るまで、これまで以上に総合的なサポート体制を用意している。
「ライダーに愛される店舗」そして「ライダーの集いの場所」になるよう、沖縄の地で2輪生活を楽しむライダーたちに愛される店舗作りに取り組んで……

ロシアから沖縄まで泳いだクジラ どこを通ってきた? [沖縄はいま]

2020/09/12 09:00
 沖縄美ら島財団総合研究センター(本部町)は10日、西部北太平洋海域に生息しているザトウクジラが、ロシアから沖縄、フィリピンの各海域へ南下していく中で、北海道の太平洋沿岸を経由している可能性があると発表した。
 沖縄周辺と北海道の釧路沖で撮影された写真を基に、同一個体を初めて確認した。同センターは「同種の回遊経路を解明する上で大変貴重な発見」としている。
 同センター動物研究室研究員の小林希実さんと岡部晴菜さんが北海道大学と共同研究し、今年7月に日本哺乳類学会の学術誌「哺乳類科学」に掲載された。
 ザトウクジラは夏にロシア周辺海域で餌を食べ、冬に沖縄やフィリピンの近海で繁殖する。同財団は1991年から、沖縄周辺海域に回遊してくる個体を調査してきた。同種は尾びれの模様や形で個体の識別が可能で、これまでにロシア―沖縄間で計69、フィリピン―沖縄間で計100の同一個体を確認している。
 今回は、2018年10月15日に北海道大学の調査船が釧路沖で撮影した5頭の尾びれ写真と、同財団が沖縄近海で集めた尾びれ写真を照合した結果、うち1頭が約3200キロ離れた沖縄の慶良間諸島周辺などで過去3回確認された個体と同一であることが判明した。
 研究した小林さんは「ザトウクジラの回遊経路は不明な点が多く、日本全体の回遊状況の把握を目指す。ホエールウオッチ……

沖縄の文化に「はいさい」! 川崎駅前でフェスタ 予約制で19日から

2020/09/12 06:44
 JR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」を中心に十九〜二十二日の四日間、沖縄の音楽や食、伝統芸能などを楽しめる「はいさいFESTA2020」が開かれる。新型コロナウイルスの感染防止のため、飲食エリアや野外ライブ、エイサーの観覧には、事前予約による入場チケット制を導入する。

コロナ臨時交付金「アイデア勝負」 自転車普及、買い物代行…沖縄県内市町村の取り組み(琉球新報)

2020/09/12 06:04
コロナ臨時交付金「アイデア勝負」 自転車普及、買い物代行…沖縄県内市町村の取り組み(琉球新報)  Yahoo!ニュース

ユネスコ登録へ推進協 沖縄空手、県民機運を醸成(琉球新報)

2020/09/12 05:39
ユネスコ登録へ推進協 沖縄空手、県民機運を醸成(琉球新報)  Yahoo!ニュース