FC琉球ドロー 4位北九州に1―1|旅行業界のアカデミー賞 受賞した沖縄の7ホテルはど…|人はなぜ 沖縄に惹かれるのでしょう *渦のいまだ…|他

FC琉球ドロー 4位北九州に1―1

2020/11/21 18:15
 琉球は前半32分、オーバーラップした右サイドバック田中恵太のセンタリングを、MF風間宏希が滑り込みながら左足で合わせて先制。だが3分後に追い付かれた。
 後半開始からMF上里一将とワントップに池田廉を投入。途中出場の右サイドバック上原牧人や左サイドに移った田中が再三オーバーラップし、MF小泉佳穂や河合秀人、風間宏希らが絡んでシュートチャンスを何度もつくった。ロスタイムには小野伸二が惜しいシュートを放って会場を沸かせたが、勝ち越し点は奪えなかった。スタジアムには2049人が訪れ、太鼓や手拍子で選手を鼓舞した。
 北九州は後半21分から県出身の新垣貴之24=小禄中―流通経大柏高―流通経大出=が左サイドMFで出場し、鋭いセンタリングを見せた。
 また、ハーフタイムには首里城復興支援寄付の贈呈式があり、琉球の小川淳史社長から沖縄美ら島財団の花城良廣理事長に249万8433円の目録を手渡された。ユニホームの売り上げの一部が充てられた。
 琉球は次節、25日午後7時半から磐田市のヤマハスタジアムで、暫定10位のジュビロ磐田と対戦する。

「旅行業界のアカデミー賞」受賞した沖縄の7ホテルはどこ?

2020/11/21 15:38
関連記事売上5倍! 経営難に陥っていたキャンプ場を、どうやって再生させたのか
キャンプ場が盛り上がっている。現在は「第二次ブーム」でたくさんのお客が詰めかけているが、その一方で経営が苦しいところも少なくない。そんな中で、赤字に陥っていたキャンプ場を再生した会社がある。どうやって再生させたのか、会社の専務取締役に話を聞いたところ……。「男女混合フロア」のあるカプセルホテルが、稼働率90%の理由
渋谷駅から徒歩5分ほどのところに、ちょっと変わったカプセルホテルが誕生した。その名は「The Millennials Shibuya」。カプセルホテルといえば安全性などを理由に、男女別フロアを設けるところが多いが、ここは違う。あえて「男女混合フロア」を取り入れているのだ。その狙いは……。

人はなぜ、沖縄に惹かれるのでしょう。コロナ渦のいまだからこそ、想いを馳せてしまう旅先。そんな沖縄を再発見できるPen…

2020/11/21 14:00
Pen (ペン・プラス)つぎなる旅先、沖縄へ。
つぎなる旅先、沖縄へ。
人はなぜ、沖縄に惹かれるのだろう。そして沖縄に行きたくなるのだろう。
包み込むような海の青さ、圧倒的なパワーを持つ緑、出会う人の温かな笑顔……。
答えはひとつではありません。なぜなら、沖縄は訪れるたびに違う表情を見せるから。
そこに暮らす人や島を想う人の声を聞き、育まれてきた文化や食の扉を開けば、
この地の知られざる魅力や気付かなかった点が、まだまだ見えてくるはずだ。
旅に出るということは自分らしさを取り戻し、新しい価値観を手に入れること。
そんな期待を胸に足を踏み入れてみよう。沖縄はいつでも私たちを待っている。
【今号の見どころ】 7人の視点で見る 懐かしい沖縄、これからの沖縄。島袋 司 料理人/小倉ヒラク 発酵デザイナー/篠宮龍三 フリーダイバー
信藤三雄 アートディレクター・映像ディレクター・写真家
志喜屋 徹 アーティスト/中江裕司 映画監督/東 利恵 建築家
伝統と革新が共存する、沖縄料理のいま。赤田風/榮料理店/きしもと食堂/とうふの比嘉
6(シス)/津嘉山酒造所/玉那覇味噌醤油
写真家が目指した、美しい目的地。佐藤健寿 写真家
ピナイサーラの滝 [西表島]/水納島 [本部町]
東……

沖縄版フィッシュ&チップス 上間天ぷらとジェフが新商品

2020/11/21 12:06
 ファストフードチェーン「ジェフ」を展開するジェフ沖縄(与那原町、喜名史弥社長)は19日、「上間弁当天ぷら店」を運営する上間フードアンドライフ(沖縄市、上間喜壽社長)とのコラボ商品「OKINAWAフィ ...

コロナ対策 沖縄県民がとるべき注意点 県が集中実施呼び掛け

2020/11/21 10:49
 沖縄県は20日、12月11日までの3週間、新型コロナ感染対策を集中的に実施するように呼び掛けた。県内では飲食や会食の場で感染し、そこから家庭内で感染を広げるケースが相次いでいる。県が示した会食、職場、家庭で県民が取るべき行動をまとめた。
 会食は、人との接触機会が多くなる立食形式ではなく、座って席を移動せずに食事をする。隣の席とは最低1メートルは間隔を空ける。店側は、アクリル板などで仕切りを設置し、飛沫(ひまつ)感染を防ぐ。飲食の際はマスクを外しても、会話をする際は、マスクやハンカチで口元を押さえ、飛沫が飛ぶのを防ぐことを心掛ける。
 飲食は4人以下の少人数で2時間以内とする。深酒やはしご酒は控え、適度な酒量にする。2次会へは行かずに帰宅する。
 家庭内では日々、定期的な換気やうがい、手洗いなどで感染リスクを下げる。高齢者や症状がある家族と接するときは、お互いにマスクを着用する。食事の前後に必ず手洗いすることを習慣づける。
 期間を通じて、より一層の健康管理を行う。風邪をひきやすい季節でもあり、体調不良時は自宅療養し、早期にかかりつけ医や県コールセンターに相談する。コールセンターは(電話)098(866)2129。

新宿区のホスト店長、沖縄で逮捕 230万円だまし取った疑い

2020/11/21 07:04
 逮捕容疑は2016年2月9日~3月7日、うるま市の40代女性から、海外留学費名目で現金230万円をだまし取った疑い。
 署によると、同店長は当時、「ディスカバリーインターナショナル」という留学あっせん会社の代表を名乗っていた。余罪についても詳しく調べる。

沖縄の経済団体、一部で新春の集い中止 オンライン配信検討も

2020/11/21 06:49
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県内の主要経済団体は年明けの新春の集いの中止を決めている。ただ、一部では新年の行事として会員の期待も高いことから出席者を絞ってオンラインで生配信し、会員に視聴してもらうことを検討する団体もある。

機長58歳と副操縦士29歳 親子で初フライト JTA那覇ー宮古島

2020/11/21 06:28
 JTAには約130人のパイロットが所属。竜太郎さんは今年3月に訓練生から副操縦士となった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴う路線の運休や減便があったため、宗章さんとコンビを組む機会になかなか恵まれなかった。
 竜太郎さんは「父親の背中を見て育ち、自然とパイロットに憧れを抱くようになった」と話す。操縦士となった今でも、休日には宗章さんとお酒を酌み交わしながら操縦技術について語り合う間柄。
 初フライトは「父がこれまでに培った熟練の操縦技術を間近で見る機会を大切にし、課題克服の参考にしたい」と語った。宗章さんは「親子でのフライトは感慨深い。うれしい気持ちはあるが、一人の同僚として私情を挟まず、的確に指示を出し、お客さまを安全に目的地に届ける責任感を伝えたい」と話した。

親子でアート楽しむ 沖縄こどもの国ワークショップ

2020/11/21 05:00
 【沖縄】沖縄こどもの国のワンダーミュージアムで14日、未就学児とその保護者らを対象にしたアートワークショップがあった。参加者は透明のビニールシートの上から手のひらを当ててクレヨンで手形をなぞったり、スポンジなどで作られた道具に絵の具を付けてスタンプしたり、思い思いのアートを楽しんだ。