ANAで行く“新しいキャンプ”とは? Vol.2 沖…|生活クラブ連合会 首里城再建カンパ に生協組合員約3…|発想の転換 親に 沖縄に帰ってきなさい と言われた…|他

ANAで行く“新しいキャンプ”とは? Vol.2 沖縄編Day1

2020/11/26 20:30
人生の深みが増す旅へ今日の旅の目的地である又吉コーヒー園は、沖縄コーヒーの手摘み体験や森林でのアクティビティが楽しめて、カフェコーナーやキャンプ場もあるという素敵なスポット。
オーナーの又吉晃さんによると元々はツツジを栽培していて、利益が上がったので敷地を3万坪まで増やし、果物やコーヒーを栽培したそうです。又吉コーヒー園のコーヒーは質が良く、おいしいと有名で、「世界の大会で優勝するのが夢です」と、オーナーはおっしゃっていました。「70代でも夢や希望がいっぱいです」と、目を輝かせる又吉氏。コーヒーで活力が高まっているようです。

生活クラブ連合会「首里城再建カンパ」に生協組合員約32,000人が協力、沖縄県へ寄付金2,873万円を贈呈

2020/11/26 18:16
生活クラブ連合会「首里城再建カンパ」に生協組合員約32,000人が協力、沖縄県へ寄付金2,873万円を贈呈  時事通信

【発想の転換】親に「沖縄に帰ってきなさい」と言われた沖縄出身の学生の切り返しに賛辞の声!

2020/11/26 17:50
最近は、顔の系統を調味料になぞらえる潮流があります。もちろん厳密な解釈はありませんが、一般的に「塩顔」とは、すっきりとした目元、鼻が高い、色白で輪郭がシャープといった特徴を持つと言われます。
他方、沖縄県民などに多いとされているのが「ソース顔」で、くっきり二重で彫りが深く、ワイルドな濃いめの顔立ちが特徴です。
このツイートに対しては、「沖縄塩顔ほぼ居ないもんねw」「沖縄生まれ沖縄育ちですが好きになる人全員塩顔です」「爆笑しました、同感!」「コロナが怖いとかでなく、塩顔が好きって理由好き過ぎますwww」と共感するリプライが次々に寄せられています。
逆に、「移住しようかなー沖縄に……」「むしろ沖縄顔の方が好きだな」と羨む声も目立ちました。
わずか35文字という短文のなかに、想像力を掻き立てるドラマや沖縄の県民性が詰め込まれた秀逸なツイートに、今も続々とリアクションが集まっています。
同様の状況に置かれた時、沖縄県民以外だと、そのまま応用することは難しいかもしれません。しかし、発想の角度をガラリと変えてみるという意味では大いに参考にできそうです。

沖縄を「日本の宝」に 経済同友会が県に提言

2020/11/26 17:24
 沖縄の本土復帰から令和4年で50年の節目を迎えるのを前に、沖縄経済同友会は26日、次期沖縄振興計画に向けた提言をまとめ、県に提出した。沖縄を「日本の宝、世界の宝、優しさあふれる島々」にするとの目標を掲げ、観光産業の確立に向けた具体策などを打ち出している。

首里城正殿に沖縄在来木材 復元へ沖縄と長崎で調達

2020/11/26 16:18
 オキナワウラジロガシ6本を正殿の梁に、イヌマキ4本を正殿正面の「向拝柱」に用いる。いずれも琉球王朝時代の正殿に使われたと推定されている。1992年の前回復元では沖縄県内で適した大きさの木材がなく、宮崎や鹿児島から調達した。

ホテル業界への導入が進むBONX、ヒルトン沖縄瀬底リゾートにてBONXの導入及び運用が開始

2020/11/26 16:16
ホテル業界への導入が進むBONX、ヒルトン沖縄瀬底リゾートにてBONXの導入及び運用が開始  時事通信

酒がめ担いでエイサー踊ると何がもらえる?沖縄の保存会が粋な企画

2020/11/26 15:41
 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、沖縄各地のエイサーまつりの写真がご覧いただけます。輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?
【エイサーまつり ※随時追加予定】
第13回うるま市エイサーまつり(2018年9月7日~9日)第16回うらそえ青年祭(2018年9月23日)第28回名護市青年エイサー祭り(2018年9月23日)

テイクアウト容器の「シェアリング」サービス、沖縄で実証実験開始

2020/11/26 15:07
環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。
新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。
こちらから、必要事項をご記入ください

【気分だけでもGo to沖縄!】沖縄が好きな方と沖縄旅行に行きたい方に沖縄の魅力を聞きました!観光やグルメ以外に楽し…

2020/11/26 14:00
「沖縄」と聞いて何を思い浮かべますか?
有名な観光地や海、食事、音楽など様々浮かんでくるのではないでしょうか?
ひとくちに沖縄と言っても様々な魅力が溢れ、簡単に話すことが難しいでしょう。
沖縄は、多くの方にとって人気の旅行先の一つです。
では、なぜそこまで沖縄は人気があるのでしょう。
海がキレイだから?
食事が美味しいから?
人や雰囲気が温かいから?
そんな、沖縄の魅力を知ることができれば、もっと沖縄に行きたくなるかもしれません。
そこで今回、三線の・製作・販売・レンタルを手掛ける株式会社ASOVIVA(http://www.asobi-sanshin.com/)は、沖縄旅行に行きたい方を対象に、「沖縄」に関する調査を実施しました。
沖縄旅行でやってみたいことTOP3始めに、魅力がたくさんある沖縄旅行だからこそ楽しみにしている、現地でやりたいことを伺っていきたいと思います。
「沖縄旅行でやってみたいことを教えてください(上位3つ選択)」と質問したところ、『観光地巡り(68.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『沖縄グルメを堪能(56.8%)』『絶景スポット巡り(54.1%)』『ゆっくりと過ごす(42.0%)』と続きました。
アクティブに行動するもよし!
ホテルや海辺でまったりするも……

沖縄の食・カルチャー・アートを体感できる商店街の新しいカタチ!那覇市太平通り商店街にて初のナイトマーケット「CHAM…

2020/11/26 13:45
長年、地域の人々の生活の基盤となっている那覇市の中心部にある那覇市太平通り商店街。ここは、戦後復興の象徴ともいえる那覇に残る昔ながらの商店街です。そんな太平通り商店街を活用し、地域活性化イベント「CHAMPLU NIGHT」と称して、12月4日・5日・11日・12日・18日・19日(計6日間)ナイトマーケットを初開催いたします。
歴史ある太平通り商店街に今の沖縄のカルチャーが集まりコラボした新しい夜の観光コンテンツを創造したナイトイベントとなります。
本イベントは、太平通り商店街の各店舗の通常営業終了後夜の時間帯を活用し、コロナ禍において、安全に商店街活用化・地域活性化、新しい消費需要を呼び起こす目的とし、観光庁の採択事業の一部として、太平通り商店街と共同して実施いたします。
参加出店者は、商店街既存の店舗のみだけでなく、沖縄県内の飲食店やショップ、また、アーティストや参加型ワークショップ等、さまざまな出店者・コンテンツが集結し、イベントを盛り上げます。また、沖縄出身の気鋭のアーティストによる商店街の看板ライブペイントも企画中でイベント事後も商店街を華やかに彩る予定です。
また、「CHAMPLU NIGHT」は、イベント開催のみならず、沖縄のヒト、モノ、コト、カルチャーを発信する沖縄クリエイティブメディア「Champlu」を構築し、本イベ……

マイクロプラスチックが海の生物を変える? 沖縄の海を調べた結果:朝日新聞GLOBE+

2020/11/26 12:01
近くのビーチで拾ってきたマイクロプラスティックの入っている瓶を眺めるクリスティーナ・リプケン博士マイクロプラスチックとは、大きさが5ミリ以下のプラスチックの破片を指します。クリスティーナが2015年に博士課程の研究を始めた頃には、世界中の科学者がこのようなプラスチックに注目し始めていました。クリスティーナはOISTの最先端機器と技術を活用して、大きさが1マイクロメートル(1メートルの100万分の1)より小さく、他では広く研究されていなかった「ナノプラスチック」を研究対象に加えました。
博士課程研究の前半、彼女は沖縄県と協力して、沖縄本島内の11カ所からサンプルを採取し、マイクロプラスチックやナノプラスチックが存在するかどうかを調べました。これは沖縄で初めて行われた取り組みであり、採取による初期評価で、この地域にプラスチック粒子が多く存在すること、その分布や種類、そして微量金属の存在を理解することができました。
2018年9月、OIST博士課程学生のクリスティーナ・リプケンさんは、沖縄島の南端から北端までの11カ所からプラスチック粒子サンプルを採取した沖縄県の調査船に乗り組んだ。 各地点では、海面の表層水を1kmにわたって網引きし、約800リットルの水をろ過して、水中に存在していたプラスチック粒子を採取した。彼女の研究に独自性を与える上で……

小学校教員に現役合格 沖縄大学22人で過去最多

2020/11/26 11:04
 同大こども文化学科は教員を目指す学生が多く、今年は4年生41人が受験した。同学科では小学校でのインターンシップや子どもたちへの模擬授業などを行っているほか、筆記試験の勉強講座や面接指導などにも力を入れている。
 現役合格した上地南那さん(21)は「常に謙虚な心を持ち『子どもたちのために』を一番に考えられる教員になりたい」と笑顔を見せた。東恩納立光さん(22)は「来年4月から自信を持って子どもたちの前に立てるよう、スキルアップしたい」と意気込んだ。

沖縄県と茨城県の「道の駅」がコラボ、「道の駅さかい」内で沖縄本島・国頭村の名産品を提供

2020/11/26 09:36
茨城県境町はこのほど、「道の駅さかい」内に「道の駅ゆいゆい国頭」のアンテナショップ「沖縄県国頭町公設市場」をオープンした。両道の駅は2018年に友好交流協定を締結。これまで境町の子どもたちが国頭村にホームステイするなど交流を深めており、コロナ禍で本州でも沖縄を感じられ新しい観光スポットとして提案する。
「沖縄県国頭町公設市場」では、国頭村の果物やこーれーぐーすー、ちんすこうといった沖縄の名産品をそろえる。レストラン「クイナ境店」も併設し、ソーキそばやブルーシールアイスのほか、国頭村のご当地グルメである猪豚丼などを提供する。