敷島パンが首里城復興応援 沖縄県産素材を使って 紅芋…|年賀状配達出発式&新春の宴(沖縄ニュースQAB)|虹と初日の出 沖縄・伊江島のタッチューを飾る /沖縄|他

敷島パンが首里城復興応援 沖縄県産素材を使って「紅芋パンケーキ」

2021/01/01 19:00
商品1個につき1円寄付いずれも沖縄県産の食材を使用。首里城復興応援商品として販売し、売り上げの一部(商品1個につき1円)を首里城火災復旧・復興支援寄附金として沖縄県に寄付するという。
「紅芋パンケーキ 紅芋あん&マーガリン2個入」は、菓子の食材としても利用される沖縄県産「ちゅら恋紅」の紅芋あんを使用。芋の上品な甘さとねっとりとした食感を楽しめる。
「黒糖ミルクケーキ」は、ロールケーキ生地に沖縄県産黒糖の黒糖蜜を使用。ミルクホイップクリームを巻き、表面にグレーズをトッピングした。

年賀状配達出発式&新春の宴(沖縄ニュースQAB)

2021/01/01 17:25
年賀状配達出発式&新春の宴(沖縄ニュースQAB)  Yahoo!ニュース

虹と初日の出 沖縄・伊江島のタッチューを飾る /沖縄

2021/01/01 13:30
 1日の午前8時前ころ、沖縄県・伊江島のシンボル「城山(ぐすくやま=タッチュー)」を包み込むような虹のアーチが出現した。
 日の出時刻の午前7時15分前後は厚い雲に覆われていたが、次第に雲の間から太陽が顔を出し始めた。太陽の輝きと共に青空が広がったものの、午前7時40分すぎころに大粒の雨が降り出した。その後、城山を包み込むようなダブルレインボーが出現した。
 初日の出の太陽が城山を照らし、明るい未来を示すような、めでたい風景となった。(中川廣江通信員)
(琉球新報)

1年の幸せ願う初日の出 沖縄【動画あり】

2021/01/01 11:34
 新しい年が明けた。沖縄県南城市知念の海岸には1日早朝、初日の出を見ようと家族連れなどが訪れた。午前6時半ごろから徐々に東の空が明るくなり、午前7時半過ぎには、雲の上からオレンジ色の太陽が顔をのぞかせた。

沖縄本島、冷え込みの中で初日の出 国頭村奥で8.9度(琉球新報)

2021/01/01 10:09
沖縄本島、冷え込みの中で初日の出 国頭村奥で8.9度(琉球新報)  Yahoo!ニュース

有吉、沖縄を満喫「気持ちいいと言ってもいいでしょう!」本日放送「有吉の冬休み」(写真28枚)

2021/01/01 09:00
沖縄を訪れた有吉一行はまずビーチへ。先導役を担う平成ノブシコブシ吉村は「始まりました! お師匠さん(有吉)の冬休みでございます!」と挨拶代わりに告げる。有吉は「有吉の夏休み」で数多く訪れたハワイに思いを寄せて「ハワイ最高!」と叫ぶが、今回は沖縄での旅となった。さっそく踊って浮かれる有吉と吉村に、ビビる大木から「そこの師弟コンビ、いい加減にしろ!」とのツッコミが。ビーチが笑いに包まれる中、吉村は「ハワイのように沖縄を全力で楽しむ!」と意気込み、有吉も「きれいだね、海。最高!」と述べる。

[お知らせ]2日の新聞と電子新聞は休みます

2021/01/01 08:35
 1日(金)は新聞製作を休み、2日(土)の新聞と日刊スポーツ県内版を休刊とさせていただきます。電子新聞も休みます。速報はホームページで公開します。不便をおかけしますが、ご了承ください。
沖縄タイムス社

発熱やせきが出てきたなと思ったら・・・ 24時間対応の098-866-2129に電話を【沖縄】

2021/01/01 08:15
 県の30日発表では、29日までの直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は17・23人で、全国で13番目に多かった。全国平均は18・74人。最多は東京都の39・43人で、神奈川県の31・00人、京都府の26・70人、広島県の24・76人と続いた。
 県は年末年始に救急外来への発熱患者の集中を避け、医療提供体制を維持するため、発熱やせきなど新型コロナやインフルエンザが疑われる症状があれば、24時間対応のコールセンター(電話098・866・2129)に電話するよう呼び掛けている。子どもの場合は小児救急電話相談(♯8000)を利用できる。

今年はモーっといい年に 沖縄から「丑」にまつわる1枚をお届けします

2021/01/01 08:11
 「闘牛のまち」うるま市では年の瀬、ウシカラヤー(牛主)の伊波盛明さん(62)と家族が、正月2日の闘牛大会に出場する2頭の世話に追われていた。
 伊波さんは「コロナ禍で大会数が激減し、ファイトマネーもなかったから、餌代は大変だった。21年は丑年でもあり、闘牛界も盛り上がってほしい」と話す。
 出場する龍力王に期待する孫の悠吾さん(7)は「速攻で腹取りを決めたら絶対に勝てる」と自信満々だった。

あさひ・まひる・ゆうひ・深夜 すくすく育ってね 沖縄で話題呼んだ牛1頭から生まれた四つ子

2021/01/01 05:16
 2020年11月、沖縄市池原にある繁殖農家の大湾畜産(うるま市)の牛舎で、四つ子の子牛が生まれ話題を呼んだ。同畜産の大湾守一さん(42)はテレビや新聞からの取材を受けるほか、ニュースを見た人から「明るい話題をありがとう」と声を掛けられたこともある。12月には別の牛も双子を出産。連続で複数の子牛誕生に沸く牛舎はにぎやかな丑年を迎えている。
 通常、牛は1度の出産で1頭ずつ子を産み、まれに双子や三つ子を産む。同牛舎では約40頭の母牛を飼育しているが、1カ月の間に立て続けに複数の子牛が誕生したのは初めて。双子の際は四つ子の時の経験を生かして冷静に出産に対応できたという。
 ベビーラッシュを喜ぶ同畜産は、四つ子のうちメスの3頭に「あさひ」「まひる」「ゆうひ」、オスに「深夜」と名付け、後に生まれたオスの双子には「一郎」「次郎」と命名した。
 大湾さんによると「複数の子牛は産むのも大変だが全て順調に育てるのはもっと大変」。現在は母牛の負担を減らすために6頭は人がミルクを飲ませる人工保育で育てており、みんな元気に成長しているという。
 四つ子が誕生してからは同業者から問い合わせが来たり、面識のない人から祝福の声を掛けられたりした。「牛の親子を描いて新年のカレンダーを作りたい」と絵画が趣味の人が訪れたこともあるという。
 同牛舎では1月初旬にも出……

空手発祥地・沖縄の誇り 喜友名諒 200年の極意を背負い、見つめる先に五輪の頂(琉球新報)

2021/01/01 05:04
空手発祥地・沖縄の誇り 喜友名諒 200年の極意を背負い、見つめる先に五輪の頂(琉球新報)  Yahoo!ニュース

那覇西 打ち合い制して逆転初戦突破!沖縄と気温10度差も何の(スポニチアネックス)

2021/01/01 04:06
那覇西 打ち合い制して逆転初戦突破!沖縄と気温10度差も何の(スポニチアネックス)  Yahoo!ニュース