沖縄経済の回復 発展へどう動く? 各団体代表に聞いた…|速報 沖縄で新たに53人感染|県産シークヮーサー入り除菌スプレー アルコール臭なく…|他

Contents

沖縄経済の回復、発展へどう動く? 各団体代表に聞いた2021年の抱負

2021/01/05 15:33
 2021年の沖縄経済が4日、本格的に動き出した。新型コロナウイルスによる逆境が続く中で、県経済の回復、発展を目指す各経済団体はどう向かっていくのか。日本復帰50年の節目が迫り、自立型経済に向けた新たな振興計画の策定作業も佳境を迎える。県経済団体会議を構成する12団体の代表者14人に、今年の抱負を語ってもらった。
※詳細は紙面ビューアーでお読みいただけます。 紙面ビューアーは以下からどうぞ。初回登録2カ月無料です。ビューアーでは過去3カ月分まで閲覧できます。 https://ryukyushimpo.jp/pages/ryukyushimpo_digital.html

【速報】沖縄で新たに53人感染

2021/01/05 14:37
沖縄県内で5日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は53人だったことがわかった。
保健所の追跡調査による行政検査で陽性だったのは3人、50人は保険診療の検査で陽性が判明した。
県内では会食を通じた感染が家庭や職場に持ち込まれる事例が目立つことから、県は正月が明けた4日以降の感染者が急増しないか警戒している。
11日の成人の日に合わせて県内各地でも成人式が予定されている。
県は成人式の開催は問題ないとしつつ、飲酒を伴う席で感染のリスクが高まることを踏まえ、式の前後の宴会などについては控えるよう呼び掛けている。

県産シークヮーサー入り除菌スプレー アルコール臭なくしっとり /沖縄

2021/01/05 13:25
 貿易会社の宏信(那覇市)は3日、沖縄県産シークヮーサー入り「ウイルス対策プレミアム除菌スプレー」の販売を始めた。大宜味村のシークヮーサーを使って爽やかな香りを付け、保湿成分があるとされるヒアルロン酸を配合。消毒液による手荒れや、アルコール臭が嫌だという悩みを解決した。唐宏英代表は「沖縄にふさわしいシークヮーサーの香りがある街になれば」と話した。携帯用の110ミリリットルから業務用の5リットルまで4種類を、主に県内の量販店で販売している。価格は千円~4千円台。
(琉球新報)

沖縄の味覚を集めた「大沖縄展」 新潟伊勢丹で開催

2021/01/05 12:24
 新潟市のデパート新潟伊勢丹で南国・沖縄の味を集めた物産展が1月5日から始まった。
 新型コロナウイルスの影響で去年の開催が見送られ2年ぶりの開催となった「大沖縄展」。今回は食品・工芸品など計45店舗が出店している。
 石垣の塩と島胡椒で下味をつけた「琉球からあげ」は、冷めてもジューシーな食感を楽しめるという。
 黄色いマンゴーの果肉が鮮やかなパフェは南国沖縄を感じられる一品だ。
 訪れた人は「入った瞬間からいい匂いがしてお腹が減って来ました」と話していた。
 「大沖縄展」は1月11日まで開かれている。

沖縄離島「オンライン体験ツアー」販売開始及び500円クーポン数量限定キャンペーンスタート!

2021/01/05 10:30
沖縄県主催の「令和2年度離島オンライン体験サポート事業」を受託した株式会社パム・コークリエーション(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:林 弘晃)と株式会社アクティビティジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:小川 雄司)は、数量&期間限定で「離島オンライン体験」のお得な500円クーポンの配布を開始いたしました。
料理体験、島内散策、ものづくり、フィットネスなど
「離島オンライン体験」とは自宅にいながらオンライン上で、沖縄離島ならではの美しい海や風景、文化、そして島の人々との交流を楽しむことができる体験です。
昨年は沖縄旅行に行きたくても行けず、残念な思いをされた方も多いと思います。また、離島の観光事業者も大きな影響を受けました。「離島オンライン体験」を通じて非接触型の観光体験を提供する事で、コロナ禍でも双方の安心安全を保ちつつ、全国の皆様へ沖縄離島の魅力をお届けいたします。
現在、沖縄県内の14離島が参加。各アクティビティ予約サイト(下記URL記載)にて特集ページを公開し、多種多様なプランが提供されています。価格帯も1,000円~10,000円台と様々。500円クーポンは2020年12月25日から数量限定で配布を開始しております。キャンペーンクーポンが配布されているこの機会に、3密を回避しながら自宅でぜひ、沖縄離島の魅力を感じてみてくださ……

情報サイト「We-Love沖縄」で開催した『ういらぶ沖縄インスタグラムフォトコンテスト』の投稿数が1万枚を突破!

2021/01/05 09:31
合同会社We-Love沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表社員:関 俊一、以下 当社)は、当社が運営する沖縄県の情報サイト:We-Love沖縄で開催した、『ういらぶ沖縄インスタグラムフォトコンテスト』において、2020年11月30日に投稿数が1万枚を突破したことをお知らせいたします。
また、1万枚突破を記念し、2021年2月から再度、沖縄を盛り上げるために新たなインスタグラムフォトコンテストを行います。
『ういらぶ沖縄インスタグラムフォトコンテスト』
https://we-love.okinawa/insta-photocon/
インスタフォトコン募集要項
■『沖縄県の情報サイト:We-Love沖縄』について
『沖縄県の情報サイト:We-Love沖縄』は、FM那覇、毎週土曜日13:00~ラジオ番組『週刊ういらぶ沖縄』も手がけるなど、沖縄県に密着した情報サイトとして今年で6年目を迎え、新型コロナウイルス感染症に苦しむ沖縄を盛り上げようと、インスタグラムフォトコンテストなどを今年も企画していく所存です。また、サイトは県内外からのアクセスが最大1ヶ月間35万PVをクリアするなどしているサイトです。
インスタグラムフォトコンテストでは、若年層を取り込むことを目的としながらも沖縄が好きな人を巻き込むために、海が綺麗などの沖縄県の特色を効……

重さ1.5kg、周囲は60㎝でずっしり 沖縄でミカンの仲間30個を収穫

2021/01/05 09:16
 沖縄県名護市山田の崎浜秀徳さん(89)が12月23日、庭に植えているザボン(ミカン科)の実、約30個を収穫した。樹齢約20年で樹高は約3メートル。5月ごろに実り、次第に大きくなった。ザボン1個の重さは約1・5キロ。周囲は約60センチ。

毎週末の5時半に起きて海岸のごみ拾い 沖縄の小学生が雨でも休まず続ける理由(沖縄タイムス)

2021/01/05 09:14
毎週末の5時半に起きて海岸のごみ拾い 沖縄の小学生が雨でも休まず続ける理由(沖縄タイムス)  Yahoo!ニュース

飲食で 家族で 施設で 職場で 沖縄のコロナの感染経路はさまざまに(沖縄タイムス)

2021/01/05 09:14
飲食で 家族で 施設で 職場で 沖縄のコロナの感染経路はさまざまに(沖縄タイムス)  Yahoo!ニュース

小寒でも沖縄は春みたいにポカポカ サトウキビ刈りに汗流す(沖縄タイムス)

2021/01/05 09:14
小寒でも沖縄は春みたいにポカポカ サトウキビ刈りに汗流す(沖縄タイムス)  Yahoo!ニュース

沖縄本島の北部全域の時短営業を要請 地元の飲食業界が県に

2021/01/05 08:52
 沖縄県名護市以外の北部飲食業62店舗が加盟する本部町飲食業組合の儀間伸彦組合長らは4日、県庁で大城玲子保健医療部長と面会し、県が新型コロナ感染拡大防止のため名護市などへ出している営業時間短縮要請を本島北部地域全域へ拡大し、事業者へ協力金を支給するよう求めた。

「テストで100点とりたい!」と叫んで拳 沖縄のビーチで小中学生が空手の初稽古

2021/01/05 08:18
 恒例の目標発表では、一人一人が保護者に向かって「大会で1位に」「初段を取れるよう頑張る」「テストで100点とりたい」などと新年の抱負を叫んだ。
 8月には県内で、15歳未満対象の「第1回沖縄空手少年少女世界大会」が開催される。嘉数中2年の真喜志美和さん(14)は「初稽古は気が引き締まる。世界大会に出場できるよう、3月の県予選を勝ち抜きたい。勉強も部活のバドミントンも頑張りたい」と語った。
 濱川館長は「1年後に成長を実感できる年にしてほしい。みんなで元気いっぱい稽古していこう」と呼び掛けた。

沖縄の高校生がコロナ用の防護服127着を作って贈る 身近な材料とは?

2021/01/05 07:48
 製作したのは社会科の授業で「感染症と人類の歴史」を学んだ108人の生徒たち。授業後、新型コロナ対策の役に立ちたいと市販のポリ袋で防護服製作に取り組んだ。
 中部病院の関係者の意見を聞き、首回りを養生テープで補強、背中部分に切り取り線を入れ脱ぎやすくするなど工夫を重ねた。11月に贈る際には個別に包装し、製作者の名前やメッセージを添付した。
 中部病院の担当者によると防護服はコロナ関連対策に活用されており、「気持ちのこもったものでありがたい」と感謝した。
 製作した1年の中里慎さんは「自分たちの分も頑張ってほしいと思いを込めた」、喜屋武盛河さんは「作るのは難しかったが、工夫していい防護服ができた」、親川竜馬さんは「楽しく作ることができた。少しでも医療従事者の力になれれば」と充実した表情だった。
 同校の兼城詩子教諭は「これをきっかけにコロナ対策や誰かのために動くことについて意識するようになってほしい」と期待した。

防疫事務所や職業安定所の職員、警察官 沖縄でコロナ感染確認【1月5日朝まとめ】

2021/01/05 07:31
 農林水産省那覇植物防疫事務所は4日、輸入検疫担当の30代男性職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 沖縄労働局名護公共職業安定所は窓口業務を担う職員1人の感染を発表した。
 どちらも職員や利用者に濃厚接触者はいないという。
 県警は八重山署生活安全課勤務の50代男性警察官の感染を発表した。職務で応対した県民はいない。関係部署などで体調不良を訴える人は現時点ではいない。

年末年始の空の便 沖縄路線の搭乗率は43% コロナの影響で昨年から半減

2021/01/05 07:11
 新型コロナウイルスの感染拡大や国の観光支援策「Go To トラベル」の全国一律停止による影響で、各社が12月18日に発表した予約率より10%程度落ち込んだ。
 ANAは提供座席数が前年同期比2・4%増の32万1536席に対して、利用者数は48・9%減の13万6680人だった。搭乗率は42・5%。
 JALグループ3社の合計では、提供座席数が9・2%減の23万3314席、利用者数は51・2%減の10万7011人。搭乗率は45・9%だった。県外線の搭乗率が43・3%だったのに対し、県内路線は52・3%と、県外からの落ち込みが大きかった。県内路線のみを運航する琉球エアーコミューター(RAC)だけが、12月の予約状況集計時よりも利用者数を伸ばした。
 航空関係者は「想定通り『Go To』停止や感染者数の増加でキャンセルが出た」と説明。別の関係者は「離島と結ぶ路線は観光ではない生活に必要な需要があるが、県外路線は引き続き厳しい状況が続くだろう」と見通した。