沖縄入り巨人・原監督“11日間で8戦”決断 新たに紅…|修学旅行 第3波 直撃 ベトナム→沖縄→九州→中止|応募締切2021年2月末迄 沖縄こどもの国 開園5…|他

Contents

沖縄入り巨人・原監督“11日間で8戦”決断 新たに紅白戦追加、効率化へ開始時刻繰り下げも(サンケイスポーツ)

2021/02/15 19:17
沖縄入り巨人・原監督“11日間で8戦”決断 新たに紅白戦追加、効率化へ開始時刻繰り下げも(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

修学旅行「第3波」直撃 ベトナム→沖縄→九州→中止

2021/02/15 16:30
 新型コロナウイルスの「第3波」が、修学旅行を直撃している。行き先や日程の変更を重ねたあげく、中止に追い込まれる学校が相次ぐ。児童・生徒にとって貴重な思い出づくりの場だとして、感染状況を見ながら実施を模索するところもある。
 福岡県に出された緊急事態宣言の延長を受け、県立春日高校(春日市)は今月上旬、3月上旬に予定していた修学旅行の中止を決めた。当初は1月下旬に北海道に行く予定だったが、感染拡大を受けて年明けにいったん延期に。その後も感染状況やキャンセル料の発生時期をにらみつつ、実施できないか探ってきた。
 生徒間の密を避けるため、国の観光支援策「Go To トラベル」事業を活用し、ホテルの部屋を例年より多く確保するなどの対策も考えてきた。だが、宣言延長に伴って事業も停止が続くため、各家庭にさらなる金銭的負担をかけずに十分な対策を取ることが難しいと判断。代わりに、日帰り旅行や球技大会の開催を検討している。
 生徒でつくる実行委員会委員長…

【応募締切2021年2月末迄】沖縄こどもの国「開園50周年企画!プレゼントキャンペーン」

2021/02/15 14:22
沖縄こどもの国Zoo&Museumは、2020年12月15日(火)~2021年2月28日(日)の期間、抽選で50名様に沖縄こどもの国年間パスポートやオリジナルグッズなどがあたるキャンペーンをFacebook・Instagram・Twitterの沖縄こどもの国公式アカウントを通して実施しています。応募期間がいよいよ今月末まで!!ご応募がまだの方はぜひご応募ください!!
■応募受付期間
2020年12月15日(火)から2021年2月28日(日)23時59分まで(日本時間)
■応募資格
日本国内にお住まいの方で、かつ景品のお届け先が日本国内の方に限らせて頂けます。
■当選者数と賞品
抽選で50名様に、「沖縄こどもの国年間パスポート」「オリジナルグッズ」などプレゼントします。※賞品の指定・選択は出来ません。
■応募方法
Twitter・Facebook・Instagramから簡単にご応募可能です。
【Twitterからの応募方法】
1.「沖縄こどもの国」公式アカウント「@okinawaZoo」をフォロー
2.「開園50周年企画!プレゼントキャンペーン!」の投稿にをリツイート
https://twitter.com/OkinawaZoo/status/1338643804648210432
【F……

2021年最初の九州・沖縄で一番輝く女性を決めるMODECON RYUKYU PRINCESSのグランプリが17歳、…

2021/02/15 14:00
MODECON RYUKYU FES PRINCESSグランプリmi_kaさん
■ライブ配信、SNS、web投票、によりグランプリが決定
 予選を勝ち進んだ30名の出場者は1月2日(土)〜2月5日(金)に行われたファイナル審査期間でミクチャによるライブ配信ポイント、TwitterでのRTポイント、公式サイトからのweb投票が行われ、これらのポイント合計が一番高いファイナリスト1名にグランプリを授与しました。
授賞式では1人1人今まで応援してきたファンに向けて感謝の気持ちを述べたり、沖縄の方言でのコメントを披露するなど個性溢れた式となりました。
授賞式の様子
■mi_kaさんがグランプリを受賞
 候補者の中から予選を勝ち抜いた30名のファイナリストがZOOMにて行われた授賞式にてお披露目され、審査員票、WEB・SNSポイントの合計ポイントでグランプリを決定いたしました。
グランプリ:mi_kaさん
MODECON特別賞:実李さん
準グランプリ:実李さん
MixChannel賞:1位:mi_kaさん
2位:実李さん
3位:さーなさん
ダイヤモンドライバー賞:実李さん
指定アイテム賞:mi_kaさん
女子ペディア賞:えみーちぇさん、伊藤……

オンライン応募で豪華賞品が抽選で当たる!「ジェットスター×わしたショップ 避密の沖縄旅予習キャンペーン」開催:時事ド…

2021/02/15 12:46
オンライン応募で豪華賞品が抽選で当たる!「ジェットスター×わしたショップ 避密の沖縄旅予習キャンペーン」開催:時事ドットコム  時事通信

「ジェットスター×わしたショップ 避密の沖縄旅予習キャンペーン」、航空券や沖縄物産品を抽選でプレゼント(Impres…

2021/02/15 12:14
「ジェットスター×わしたショップ 避密の沖縄旅予習キャンペーン」、航空券や沖縄物産品を抽選でプレゼント(Impress Watch) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

美ら海水族館への来訪者、62.1%減 沖縄で人出の減少率が最も大きいのは?

2021/02/15 11:07
 分析した地点は那覇、宮古、新石垣の3空港と県庁前、国際通り、首里城公園、松山繁華街、サンエー那覇メインプレイス、サンエー浦添西海岸パルコシティ、イオンモール沖縄ライカム、美浜アメリカンビレッジ、おんなの駅なかゆくい市場、道の駅許田、美ら海水族館、宮古、石垣の市街地。
 このうち、20年の人出の減少率が最も大きいのは首里城公園で、19年比67.6%減。次いで美ら海水族館62.1%減、那覇空港48.6%減、国際通り45.8%減と続いた。いずれも観光客が多かった地点だ。
 セルラーは首里城公園の大幅減について、19年10月の火災による影響が大きいと分析。パルコシティは19年が6月の開業から半年分のデータだったため、プラスになったとみている。
 減少率が小さいのはイオンモール沖縄ライカムの18.7%減、サンエー那覇メインプレイスの19.9%減、県庁前の25.9%減の順。県民がよく訪れる場所は減少率が小さくなる傾向が出た。
 21年もコロナの「第3波」が影響し、各地で大幅な減少が続いている。土日のデータを見ると、直近の2月6、7日はコロナ前の20年1月と比べて52%減となった。内訳を分析すると、県外からの来訪者は89%減っており、10都府県の緊急事態宣言が影響しているとみられる。県内からの来訪者も35%減った。
 セルラーはauユーザーのス……

沖縄県初!おうち時間に楽しめる参加費無料の「おきなわ離島オンラインツアーイベント」を2月20日(土)に開催 ~オンラ…

2021/02/15 10:31
株式会社パム・コークリエーション(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:林 弘晃)と株式会社アクティビティジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:小川 雄司)は、沖縄県が実施する「離島オンライン体験サポート事業」を受託し実施しており、この度、全国の沖縄離島ファン、そしておうち時間を楽しみたい全ての皆様へ向けた無料の「おきなわ離島オンラインツアーイベントvol.1 ~オンラインで島人(しまんちゅ)に会いに行こう!~」を2月20日(土)に開催いたします。
おうちにいながら、気軽におきなわ離島が楽しめます!
●参加費無料!島人が多数登場します
コロナ禍により旅行や移動が制限される中、自宅にいながらでも沖縄離島の魅力を感じてもらいたいと現地在住の観光事業者が多種多様なオンラインツアーを企画。「石垣島・西表島ツアー」「宮古島ツアー」「久米島ツアー」「アイランドホッピング」「親子向け」など全6コース30セッションを提供いたします。参加費は無料。

●個性豊かなツアーが満載
星空保護区に指定されている石垣島から美ら星マイスターによる「美ら星と民謡ツアー」、座間味村ホエールウォッチング協会前事務局長による「くじら博士になろう!オンラインクジラガイドツアー」、久米島の美しい自然を見ながら「心と体を繋ぐオンラインヨガ」など、魅力的なツアーが並びます。……

DeNA運営3店舗でキャンプ地・沖縄メニューが登場 キャンプ限定キャップも抽選でプレゼント(スポニチアネックス)

2021/02/15 08:16
DeNA運営3店舗でキャンプ地・沖縄メニューが登場 キャンプ限定キャップも抽選でプレゼント(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ワーケーションがメンタルと運動量に与える効果 沖縄とゴルフ場で実験(Forbes JAPAN)

2021/02/15 07:30
ワーケーションがメンタルと運動量に与える効果 沖縄とゴルフ場で実験(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

グルメで沖縄キャンプ気分 DeNA飲食店で限定メニュー

2021/02/15 07:00
 横浜DeNAは15日から、球団が運営する飲食3店舗でキャンプ地の沖縄をテーマにした限定メニューを販売する。対象商品を注文すると「限定キャップ」が当たる抽選にも参加できる。28日まで。
 「CRAFT BEER DINING &9」(横浜市中区日本大通34)では、島とうがらしのオリジナルソースがアクセントとなる「温玉とリーフレタスのタコライス~沖縄の風~」(税込み1200円)を提供。
 「COFFEE AND BEER &9」(JR横浜駅構内)ではゴーヤーや青パパイア、島豆腐などをちりばめた「スパムと南国野菜のトルティーヤピザ~沖縄のリズム~」(同1200円)を販売する。
 「BALLPARK BURGER &9」(横浜公園内)では人気の「&9バーガー」にキウイピューレやシークワーサー果汁を使ったドリンクを付けた「&9バーガーとブルーキウイソーダ~沖縄の香り~」(同2500円)を売り出す。
 球団の担当者は「緊急事態宣言もあり、キャンプに行きたくても行けない状況が続いている。少しでも沖縄気分を楽しんでもらえたら」と話している。詳細は球団公式ホームページ(HP)へ。

「幻の逸品」を脅かすイノブタが沖縄の無人島に 猟友会が駆除を続けて減る

2021/02/15 06:30
 駆除には竹富町地区の猟友会(河合正憲地区長)から30人余りが参加。15丁の猟銃と4頭の猟犬を従え、白浜港からボートで内離島に渡った。猟犬が放たれると、すぐに5キロほどの雌のイノブタを見つけ出してかみついて捕獲。その後、猟犬に追われた20キロほどの雄のイノブタが猟銃で仕留められた。
 イノブタの特徴は耳が大きく、体にまだら模様があり爪の片側が白いこと。イノシシとの違いは一本の体毛の毛先が二つに割れているかどうかで、割れていたらイノシシで、割れていないものがイノブタだという。
 今は無人島となった内離島には以前に台湾人が住んでおり、家畜として持ち込んだイノブタが野生化して、繁殖したといわれる。西表島のイノブタは、幻の逸品ともいわれるリュウキュウイノシシとの交配を避け、同イノシシの原種を守るため定期的に駆除されており、近年は数が減ってきている。
 野生化したイノブタはアダンの実など自然の植物を食べるようになった。以前より味が良くなったとして、しゃぶしゃぶなどにして食される。
 西表島では近々、野生化し増え続けているヤギの駆除も行われる予定だという。(前大歩通信員)

大学でできた友達の数は… 月2千円のサークル会費を惜しむ学生も 沖縄でコロナ初確認から1年

2021/02/15 05:02
 「地元宮古島の農業をロボット工学で助けたい」。琉球大学工学部の波平琉愛(るいと)さん(19)は昨春、そんな夢を胸に入学したが新型コロナによって打ち砕かれた。
 オンライン授業が中心では「賢くなっている気がしない」。次第に勉強への意欲も落ちた。4~11月は宮古島へ帰省し、現在は寮へ戻って生活するが「大学の友達は0人」という。
 オンライン授業と課題をこなし、テレビゲームをして日々が過ぎてゆく。「友達ができればまた違う生活になるのかも。宮古のみんなは元気かな」。
 石垣市出身の大学1年生、宮良大地さん(20)は量子力学を学ぶため琉大理学部に進学した。月約7万円の奨学金のみで生活はぎりぎり。「毎月2千円の会費が惜しい」とサークル活動には入らず、ほとんどの時間を大学寮で過ごす。
 同じ学科の学生とはビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って自己紹介したのみ。コロナ禍の成人式も迷った揚げ句、参加を見送った。
 寮にこもりがちな毎日。「コロナ禍の生活に慣れた自分が元の大学生活に戻った時、果たしてなじむことができるのか」と不安な日々を過ごしている。(社会部・矢野悠希)

沖縄でもワクチン接種へ訓練 マニュアル、消毒…課題浮き彫りに

2021/02/15 05:00
 優先的にワクチン接種をする高齢者を想定して訓練を実施。市健康福祉センターうるみんの一室で、受け付けや問診票の記入、案内係の誘導、医師の問診、看護師による模擬接種、接種済み証の発行などの一連の流れを確認した。予約なしで訪れた人や、接種後に強い副反応が出た人なども想定し訓練した。
 集団接種の初期段階で、問診する医師一人当たり1時間10人に接種する想定で進めた。訓練後、「問診票を見るための老眼鏡の設置が必要」「タイムロスがないよう問診場所の空き状況がリアルタイムで分かる仕組みが欲しい」「待機するいすの定期的な消毒を」などの意見が挙がった。
 平和病院(うるま市)の後藤大智医師は「医師がどんな環境でも同じ対応ができるよう、マニュアルがあった方がいい。医師でないと判断できないところ以外はQ&Aのリストを作るなどの対応をした方がスムーズにいく」と提言した。
 高江洲徳一看護副部長は「接種現場で質問が多いと時間がかかってしまう」と予想し、事前に住民向けの説明会などの開催も必要だとの見方を示した。
 市消防本部の渡具知政治警防課長は、接種後に強い副反応など緊急を要する対応に向けて「資材、機材をそろえることや、救急救命に携わる医師が必ず一人は必要だ」とした。
 市の濱比嘉由美子こども健康課長は具体的な日程が示されず、接種に向けた調整が難しい現状を……

「静かで釣りはしやすくなったけど…」消えたクルーズ船 沖縄でコロナ初確認から1年

2021/02/15 05:00
 那覇市若狭の那覇クルーズターミナル。13日午後5時頃、小雨の降る中、10人ほどの釣り人が岸壁に立ち糸を垂れていた。那覇市の島袋正さん(53)は「観光客もバスもいない。静かで釣りがしやすい。ミーバイがよく揚がる」と話す。
 釣り人が車を止める道には、赤いコーンが2メートル間隔で並ぶ。その先のターミナルは新型コロナウイルスのPCR検査の会場となっている。月、水、金曜日の午後、ドライブスルー方式の検査を待つ人々の車が列をつくる。
 2019年にはクルーズ船が年間260回もやって来た。1隻に2千~3千人。観光客であふれたターミナルを大型バスやタクシーが埋め尽くし、沖縄観光の好況を象徴する場所だった。「びっくりするくらい忙しかった」と懐かしむタクシー運転手の男性(66)は「こんなに簡単に変わるのかと驚いた」という。
 県内で初めての感染確認は、ここから乗船客を乗せたタクシー運転手だった。人の姿が消え、船が来ない港。島袋さんは「釣りは別の場所でもできる。それよりもクルーズ船が来て、にぎやかな沖縄が戻ってきてほしい」と期待を込めて海を見つめた。
(社会部・比嘉大熙)