399人*感染 先週より137人増加 沖縄県(27日)|104歳で働く 沖縄のおばあ に見る健康長寿の極意

399人コロナ感染 先週より137人増加 沖縄県(27日)

2022/11/27 15:52
沖縄県は、27日、新たに399人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
新たに感染が確認されたのは399人で先週日曜日の20日に比べて137人増えています。
年代別では多い順に30代が80人、20代が62人、40代が53人、50代が51人、10歳未満が37人、60代が36人、10代が35人、70代が26人、80代が12人、90歳以上が8人です。
このうち重症化リスクが高いとして、県に住所など詳細な情報が届け出られた感染者は89人で、地域別では多い順に那覇市と沖縄市がそれぞれ13人、浦添市が12人、宮古島市が11人、宜野湾市とうるま市がそれぞれ6人、石垣市が4人、豊見城市が3人、名護市と糸満市がそれぞれ2人です。
町村では保健所の管轄別に、北部保健所管内が8人、中部保健所管内が5人、南部保健所管内が3人、県外が1人です。
沖縄県内で感染が確認されたのはあわせて51万8050人になりました。
人口10万人あたりの新規感染者は、26日までの1週間で180.57人で、全国で最も少なくなっています。
入院しているのは26日より6人多い135人で、国の基準での重症は8人、中等症は67人、新型コロナ患者用の病床使用率は21.6%です。

104歳で働く「沖縄のおばあ」に見る健康長寿の極意

2022/11/27 14:00
長寿の極意は沖縄にあった長寿研究において沖縄が重要な役割を果たしていることは、何年も前から聞いていた。沖縄が世界でもまれに見る長寿地域であることは、人口動態のデータが示している。
沖縄の人が100歳まで生き延びる確率は、アメリカ人の3倍にも達する。また、心臓疾患にかかる割合はアメリカ人の5分の1だし、健康で過ごせる年限が約7年も長い。これほどの健康長寿の秘密は、いったいどこにあるのだろう。
私は、雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』に特集記事「長寿の極意」を書いたばかりだった。この記事では、世界の3つの長寿地域を取り上げた。これら、長寿者の多い場所を、私たちは「ブルーゾーン」と名づけた。