甘いマスクで人気度ランキングはすでに上位入り? 日本初来日のパトリシオ・オワード選手 スーパーフォーミュラ第4戦富士

甘いマスクで人気度ランキングはすでに上位入り? 日本初来日のパトリシオ・オワード選手【スーパーフォーミュラ第4戦富士】

2019/07/14 13:03
●実力派折り紙付きで甘いマスク。初参戦のオワード選手は要注目!F1ドライバーとなったストフェル・バンドーン選手、そして現在レッドブルホンダF1チームで活躍しているピエール・ガスリー選手の参戦以来、海外でのレースシーンでも注目度が高まっているスーパーフォーミュラ。
そこにレッドブル・ジュニアチームがこの富士から送り込んできたのが、メキシコ人ドライバーのパトリシオ・オワード選手です。
2013年に弱冠13歳で4輪レースデビューを果たしたオワード選手は、4年後の2017年にデイトナ24時間レースのプロトタイプ・チャレンジクラスで優勝し、17歳で史上最年少のデイトナ24時間ウィナーになります。
翌2018年にはインディ・ライツシリーズにおいて17戦9勝13回のポディウムフィニッシュという目覚ましい活躍でチャンピオンを獲得し、今シーズンはこれまでインディカーに参戦。5月にレッドブル・ジュニアチームに加入すると、まだ記憶に新しい先日のオーストリアグランプリでFIA F2にスポット参戦。
そして今回のスーパーフォーミュラ参戦となりました。
来日も今回が初めてですが、今までのレースキャリアを見ても日本との接点はなく、正直筆者も今回の電撃参戦のニュースで初めて名前を聞いたくらいです。
ところが土曜日のピットウォークでは、もちろんチームメイトの野……