ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は シークレ…|SIMフリースマホランキング HUAWEI P30 …|国内映画ランキング ONE PIECE STAM…|他

SIMフリースマホランキング、HUAWEI P30 liteが2位に! 1位になった機種は? SIMフリースマートフ…

2019/08/13 20:00
 「BCNランキング」2019年7月29日から8月4日次集計データによると、SIMフリースマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
1位 ↑(前週2位)AQUOS sense2 SH-M08(シャープ)
2位 ↓(前週1位)P30 lite MAR-LX2J(Huawei Technologies)
3位 →(前週3位)AX7(OPPO)
3位 ↑(前週7位)P20 lite ANE-LX2J(Huawei Technologies)
5位 ↑(前週6位)AQUOS sense2(UQ mobile)(シャープ)
6位 ↓(前週5位)ZenFone Max (M2) ZB633KL-32S4(ASUS)
7位 ↑(前週8位)ZenFone Max Pro (M2) ZB631KL-64S4(ASUS)
8位 ↓(前週4位)P20 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)
9位 ↑(前週11位)ZenFone Live (L1) ZA550KL(ASUS)
10位 →(前週10位)R15 Neo 3GB(OPPO)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデー……

【国内映画ランキング】「ONE PIECE STAMPEDE」首位!「ライオン・キング」2位発進、「天気の子」は78…

2019/08/13 19:04
【国内映画ランキング】「ONE PIECE STAMPEDE」首位!「ライオン・キング」2位発進、「天気の子」は78億円突破 2019年8月13日 19:04
公開4日間で興収16億突破 (C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
[映画.com ニュース] 8月10日~11日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休みの連休最初の週末は、3週連続で首位だった「天気の子」を上回り、新作「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」が首位を獲得。原作コミック、アニメともに絶大な人気を誇る「ONE PIECE」の3年ぶりとなる劇場版シリーズ14作目で、アニメ化20周年を記念して製作された。9日より全国429スクリーンで公開され、土日2日間で動員59万8000人、興収8億0600万円を稼ぎ出した。これは2016年7月に公開され、最終興収51.8億円を記録した劇場版シリーズ13作目「ONE PIECE FILM GOLD」の興収比69.7%の成績だが、公開4日間では動員125万4372人、興収16億4632万1500円をあげている。前作超えに向けて好スタートを切った。
2位には新作「ライオン・キング」が初登場。ディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」(94年)をフルCGで新たに映画化したもの。……

コロプラ,セールスランキングの操作を目的とした不適切な取引に関する調査報告書を公表。関与した従業員2名は8月13日付…

2019/08/13 19:03
 今回の調査は,本事象についての事実および経緯の確認ならびに,過年度を含めた類似取引の有無の確認,そして原因究明および再発防止策の提言を目的に実施された。
 本日,コロプラ公式サイトに掲載された「特別調査委員会の調査報告書公表等に関するお知らせ」というIR資料によると,本事象について取締役1名が事前に認識していた可能性が高い旨があるという。
 なお,過去において,本事象と類似した取引については認められなかったとのことだ。
 調査報告書の公表に合わせて,関係者の処分内容も明らかにされた。まず,本件に関与した従業員2名は8月13日付けで懲戒処分。さらに今回の事態を受けて,取締役CCOの森先一哲氏から,8月13日付けで取締役を辞任したいとの申し出があり,受理したとのことだ。
 このほか,コロプラの代表取締役社長兼CEO兼COOの馬場功淳氏と,同取締役CSOマーケティング本部管掌の長谷部 潤氏の月額報酬10%を3か月間にわたり減額することが発表されている。
特別調査委員会の調査報告書公表等に関するお知らせ(※PDFが開きます)

【全米映画ランキング】「ワイルド・スピード スーパーコンボ」V2 デル・トロ製作ホラーは2位

2019/08/13 19:00
【全米映画ランキング】「ワイルド・スピード スーパーコンボ」V2 デル・トロ製作ホラーは2位 2019年8月13日 19:00
2週連続で首位 (C)Universal Pictures
[映画.com ニュース] 8月第2週に入り、サマーシーズンも残りわずかとなった全米ボックスオフィス。先週末は5本の新作がトップ10にランクインしたが、前週首位の「ワイルド・スピード スーパーコンボ」が約2540万ドルの興収で首位を守りV2を達成した。
同作の累計は1億ドルを超えたところで、最終興収は2億ドル弱になりそう。ただ、他の「ワイスピ」作品同様、北米以外が好調ですでに2億2000万ドル超を稼ぎ、全世界興収は3億2000万ドル超となっている。
2位デビューとなったのは「シェイプ・オブ・ウォーター」のオスカー監督ギレルモ・デル・トロが子ども向け恐怖小説「だれかが墓地からやってくる」(アルヴィン・シュヴァルツ著)を映画化したホラー「Scary Stories to Tell in the Dark」。レビューはまずまずでノースターながらオープニング興収約2080万ドルを稼ぐ好スタートとなった。監督は「トロール・ハンター」などで知られるノルウェー出身のアンドレ・ウーブレダル。
3位は「ライオン・キング」で累計は約4億7300万ドルに……