ドコモ あんしんスキャン で発生したWi-Fi過剰警…|みんな何を買ってる?消費増税前 駆け込み消費 急増ラ…|1位はどこに? 個人的に 世界遺産にしたい場所ラン…|他

ドコモ「あんしんスキャン」で発生したWi-Fi過剰警告に関する記事に大きな注目

2019/09/09 11:51
前週に閲覧数の多かった記事を、カテゴリーごとに上位5位までレポートします。 ニュース. 1. (2019-09-06 17:49). ドコモ「あんしんスキャン」でWi-Fi過剰警告発生、原因は ...

みんな何を買ってる?消費増税前「駆け込み消費」急増ランキング(MONEY PLUS)

2019/09/09 11:40
駆け込み消費といえば、どんな商品を思い浮かべるでしょうか。日持ちのする生活必需品を大量に購入するイメージを持つ人も少なくなさそうですが、実際のデータを見てみると、意外な結果となりました。
楽天市場で8月1~20日に売れた商品を対象に、前年同期との比較で売り上げが大きく伸びた順に並べたものが冒頭のランキングです。
1位は、なんとカレンダー。特に、タレントやアニメキャラクター関連の商品の動きが良いといいます。こうしたジャンルでは、保存用や鑑賞用、サインを書いてもらう用など、用途に応じて複数を購入するケースが多く、増税前にまとめ買いをしておこうというニーズが高まっているそうです。
2位は、ゲーム用機器。増税前のタイミングで大型タイトルや最新ハードが相次いで発売されることに加え、10月には茨城国体でeスポーツの都道府県対抗戦が開催されたり、高齢者施設で痴呆の進行防止用途で取り入れられたりと、注目を浴びていることから、需要が大きく伸びた格好です。
3位のリフォームは、ネット通販の置き配サービスが拡大していることもあり、郵便受け周りのマーケットが伸びているとのこと。また、10位以内には入りませんでしたが、11位の車・バイク関連サービスでは、煽り運転対策のドライブレコーダーや、冬用タイヤが売れているそうです。いずれも高額商品であることから、増税を機に潜……

1位はどこに? 「個人的に」世界遺産にしたい場所ランキング

2019/09/09 11:37
3位 阿蘇(熊本県)阿蘇(熊本県)活火山として知られる阿蘇山は、その様子を間近で見ることができる貴重な観光スポットです。世界最大級のカルデラは、東西18キロメートル、南北25キロメートルの大きさを誇ります。
2009年、阿蘇世界文化遺産推進室が設置され、世界文化遺産登録に向けて調査や保全方法の検討、情報発信などが行われているそうです。
応募者からは、「阿蘇山とそれを取り巻く一面の草原がとても雄大で美しい」「2年ほど熊本に住んでいましたが、芝生のような阿蘇山は絶景で、かつ、湧水はとても清らかで人類の誇りとなるものです」といったコメントが寄せられたそうです。
なお、2019年9月6日現在、火口周辺警報(噴火警戒レベル2)発表のため、火口から概ね1キロメートル以内の立入りが規制されています。

仕事満足度ランキング、MR(製薬営業)を抜き1位になった意外な職種とは?

2019/09/09 11:33
 パーソルキャリア(東京・千代田)が運営する転職サービス「doda」は9月9日、118種類の職種のビジネスパーソンに聞いた自身の「仕事満足度」ランキングを発表した。17年調査では2位、18年は1位だったMR(製薬会社の営業職)が2位に下がった一方、ちょっと意外な職種が1位となった。
【その他の画像】
●「内装設計・インテリア」がトップ
 調査は7月、20~59歳のホワイトカラー系に当たる118職種の正社員の男女15000人に、Web上で実施した。現在就いている仕事に対する満足度を「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)「職場環境(社風・周囲の社員など)」「総合」の5指標ごとに、100点満点で採点してもらった。
 結果、「総合」の項目で1位となったのは、建設・土木系エンジニアの1つで部屋の内装設計を担当する「内装設計・インテリア」。「総合」で平均73.5点となったのをはじめ、「職場環境」以外の全指標で70点以上となり高い満足度を記録した。ちなみに18年ではランキング(20位以内)の圏外だった。
 一方、比較的給与水準が高かったり自分のペースで働きやすいと言われることもあるMRは、72.8点で総合2位となった。3位には、社内で英語のやりとりや翻訳業務などを手掛ける事務系職の「英文事務」がランクインした。
●働き方改革……

飲み過ぎ注意!一番おいしいストロング系缶チューハイランキング

2019/09/09 11:30
写真拡大
約7〜9%というアルコール度数の高さが特徴的で、比較的飲みやすくコスパも良いストロング系缶チューハイ。手軽に気持ちよく酔えることから、年々売り上げを伸ばしています。そこで今回は、一番おいしいと思うストロング系缶チューハイについて調査、ランキングにまとめてみました。
1位 キリン 氷結®ストロング
2位 −196℃ ストロングゼロ
3位 キリン・ザ・ストロング
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
1位は「キリン 氷結®ストロング」!
キリンの定番缶チューハイ「氷結®」シリーズの中でも、アルコール度数を9%に設定したのが「キリン 氷結®ストロング」。クリアでみずみずしい果汁感がおいしく、しっかりとした飲みごたえも感じられます。スッキリ爽やかな後味も評判。癖のない飲み口と程よい甘さ、酸味、苦味などのバランスも高く評価され、1位となりました。
2位は「−196℃ ストロングゼロ」!
ガツンとくる飲みごたえがうれしい「−196℃ ストロングゼロ」。その名の通り、−196℃で瞬間凍結することで劣化を防ぎ、果実本来のおいしさをキープ。お店で飲むチューハイ……

転職サービス「doda」ビジネスパーソン15,000人に大調査! 全118職種仕事満足度ランキング2019

2019/09/09 11:00
■総合満足度 ~1位は「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」で、70.6点~
→職種別ランキングは下部
仕事満足度ランキングの各指標の平均点は、『総合』が64.7点(昨年62.2点)、『仕事内容』が69.2点(同64.2点)、『給与・待遇』が62.6点(同56.5点)、『労働時間』が73.6点(同66.5点)、『職場環境』が66.9点(同60.3点)となり、すべての指標で昨年を上回りました。5つの指標の中では『労働時間』に対する満足度が最も高く、昨年に比べて7.1点アップし、「働き方改革」がより浸透してきたというコメントが多く集まりました。
全118職種の中で『総合』満足度が最も高かった職種は、1位が「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」(73.5点)、2位が「MR(営業)」(72.8点)、3位が「英文事務(事務/アシスタント)」(72.3点)でした。
1位の「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」は、『職場環境』以外の4つの指標で満足度が平均70点を超えました。特に『仕事内容』に対する満足度が高く、仕事そのものを楽しんでいるコメントが多く見られました。2位の「MR(営業)」は、昨年1位、一昨年2位と、高い満足度を維持しています。すべての指標で70点を超える高い満足度であり、中でも『給与・待遇』と『労働……

I.O.I出身キム・チョンハ&Mommy Son、コラボ曲「FAST」音楽ランキングで人気急上昇(動画あり)

2019/09/09 10:31
I.O.I出身キム・チョンハとラッパーMommy Sonという特別な組み合わせが話題になっている。キム・チョンハとMommy Sonのコラボ曲「FAST」は9日午前7時、主要音楽配信 ...

ソニーが首位の東芝メモリに肉薄

2019/09/09 07:54
先だって2019年上半期の世界における半導体企業ランキングを公表したIHS Markit。今回、同社への独自取材により、2019年上半期ならびに第2四半期における日本に本拠を構える主要半導体企業のランキングが判明した。
ちなみに同社の調査では、該当期間で世界の半導体売上高トップ10には1社も日本に本拠を構える半導体企業はランクインしていない。
2019年上半期において日本企業のトップとなったのは、東芝が日米韓コンソーシアムに売却した東芝メモリで、、その売上高規模は前年同期比26.0%減の4195億ドル。2位には同21.1%増と売り上げを伸ばしたソニーセミコンダクタソリューションズ、そして3位が同6.3%減となったルネサス エレクトロニクスとなっている。
2018年の上半期および第2四半期、ルネサスは日本企業として2位に位置づけていたが、2018年第3四半期以降、なかなか業績が伸びず、CMOSイメージセンサの出荷数の増加などを背景に業績好調なソニーが2位に躍進。順位が入れ替わった状態が続いている。またソニーと東芝メモリの2019年第2四半期の売上高の差は僅か5600万ドルと、差が非常に縮まっており、半導体メモリ不況が今後も長引き、東芝メモリの業績が好転しないような状態に陥れば、2019年第3四半期以降の近い時期にもトップが入れ替わる可能性もでてき……

40歳を超えていると聞いて驚く男性有名人ランキング 1位は堂本光一

2019/09/09 07:30
写真拡大 (全2枚)
芸能界には実年齢よりも若く見える男性有名人が少なくありません。中には、かなり若く見えるのに実は40歳を超えているという人も。そこで今回は、40歳を超えていると聞いて驚く男性有名人について探ってみました。
1位 堂本光一
2位 DAIGO
3位 三宅健
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
1位は「堂本光一」!
長い手足にスレンダーな体形、サラサラのヘアスタイルがトレードマークの、KinKi Kidsの堂本光一。洗練されたルックスと天然キャラで長年多くのファンから愛されています。主演を務める人気ミュージカル『Endless SHOCK』ではきらびやかな衣装で美しく踊ったり、華麗に宙を舞ったりし、常に観客を魅了し続けています。彼の陶器のような透明感のある白い肌や高い鼻、シュッとしたフェイスライン、キラキラの瞳はまさにリアル王子様。とても40歳とは思えないルックスに驚きを隠せない人が多数。1位となりました。
2位は「DAIGO」!
ミュージシャン・タレントとして活躍しているDAIG……

【8月の中古スマホランキング】SIMフリーはファーウェイの一強崩れる

2019/09/09 07:19
ゲオ
【7月の中古スマホランキング】iPhone 7 128GBが4か月連続1位 【6月の中古スマホランキング】iPhone 7が3キャリアで1位 【5月の中古スマホランキング】ファーウェイ報道の影響は…? 編集部にメッセージを送る
 以下は、ゲオが公表している8月のリサイクル端末販売数量ランキングである。
 販売ランキングのSIMフリー部門では、ファーウェイが上位を占める中、富士通の「ARROWS M03 FARM06124 楽天モバイル版」が2位にランクインしている。価格は7,980円。
■販売
・docomo
【1位】Apple iPhone 6 64GB 2014年09月19日 11,800円
【2位】Apple iPhone 6 16GB 2014年09月19日 9,980円
【3位】Apple iPhone 6s 64GB 2015年09月25日 18,800円
・au
【1位】Apple iPhone 7 128GB 2016年09月16日 26,800円
【2位】Apple iPhone 7 32GB 2016年09月16日 21,800円
【3位】Apple iPhone 6 16GB 2014年09月19日 8,980円
・SoftBa……

市区町村魅力度「上昇」ランキング【完全版】

2019/09/09 05:20
 あなたの地元の町にはどんな魅力があるだろうか。
 地元の人はよく知っていても、周囲にはなかなか気づいてもらえない、あるいは注目されない町の魅力も多いはずだ。しかし、あるきっかけで、その魅力がいきなり全国区になり、魅力度が急上昇する市区町村もある。
 では、2014年から18年までの間で全国区の「魅力度」を大きくアップさせたのはどの市区町村なのだろうか。2014年~2018年版のブランド総合研究所の調査から、「市区町村魅力度上昇ランキング」を明らかにしていこう。
 このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象にした、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる『地域ブランド調査』(ブランド総合研究所実施)によるもの。同調査の2018年度版と2014年版における、各市区町村の「魅力度」を比較(2018年度-2014年度の魅力度の数値)することで魅力度を伸ばした市区町村のランキングを作成した。
都道府県魅力度上昇ランキング
1位は広島市、2位は仙台市に まず「市区町村魅力度上昇ランキング」1位は、18年度の魅力度ランキング20位の広島市となった。この5年で、魅力度を16.8点(14年度)から27.8点(18年度)へと11ポイントもアップさせた。
 2位は18年度の魅力度ランキング10位の仙台市、同じく2位に魅力度……

【保存版】東京23区「人気ランキング」実際に歩いてわかったこと(週刊現代) @gendai_biz

2019/09/09 04:03
街は「生き物」である。時代が変われば、良くも悪くもなるし、高級住宅街も例外ではない。一方でこれまで馴染みのなかった街が人気になることもある。現地を見て回り、住民の声を拾った。
街にも流行り廃りがある「いい住宅地」の条件とは何か。その一つのバロメーターとなるのが街としての活気だ。
「活気があるとは、すなわち住む人の出入りがあることを意味します。街の『新陳代謝』ができているかどうかが重要なポイントとなる。新しい住民が増えれば、不動産も動くし、消費も生まれます。それが街を活性化し、元気にするのです」
こう語るのは、不動産事業プロデューサーでオラガ総研の牧野知弘氏だ。
たとえば、大田区の田園調布3丁目や世田谷区の成城6丁目は、長らく庶民の憧れの高級住宅地だった。しかし、近年、これらの街に陰りが見えている。
「西部『山の手』と言われる世田谷や大田区の高級住宅街は、昔から地位の高い地域ですが、最近は住民の高齢化が著しく、街自体の魅力が薄れています。
何億という相続税に頭を抱える世帯も少なくありません。そもそも若い人は、そこに住むことにステータスを感じなくなっている。
一方で、豊洲や勝どきなど湾岸部はタワーマンションが次々とできて、子育て世代が移り住んでいますが、それだけではいい住宅地とは呼べません。もともとの住民と新たに入ってくる人……