人気のAQUOS senseシリーズの新製品がランキ…|今期TVアニメランキング 放送2週目で PSYCH…|週末アニメ映画ランキング 冴えない彼女の育てかた…|他

【今期TVアニメランキング】放送2週目で「PSYCHO-PASS サイコパス 3」が首位に 「ちはやふる」が4位初登場

2019/11/06 20:00
11月第1週の録画数ランキングは、先週3位からランクアップした「PSYCHO-PASS サイコパス 3」が、放送2週目で首位におどりでた。第2話でシリーズおなじみのキャラクターである狡噛慎也と宜野座伸元の所属も判明し、エピソードはアイドル政治家をめぐる転落死事件の捜査へと突入。「3」のダブル主人公、慎導灼(CV:梶裕貴)と炯・ミハイル・イグナトフ(CV:中村悠一)の背景も徐々に明らかになってきた。
先週首位の「僕のヒーローアカデミア(第4期)」は、ラグビーワールドカップ決勝放送のためお休みで計測外。2位は先週と同じく「七つの大罪 神々の逆鱗」、3位は「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」となった。
4位には「ちはやふる(第3期)」が初登場。6年ぶりのテレビアニメ復活で、根強い人気がうかがえる。オンエア前に掲載した、綾瀬千早役・瀬戸麻沙美インタビュー(https://anime.eiga.com/news/109689/)もあわせて読んでいただきたい。また、「ちはやふる」と同じマッドハウス制作の「ノ―・ガンズ・ライフ」も10位に初ランクインしている。

【週末アニメ映画ランキング】「冴えない彼女の育てかた Fine」6位、「プリキュア」7位

2019/11/06 19:00
11月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。世界中で大ヒットしたスティーブン・キング原作ホラーの続編「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」が初登場で首位を獲得。4週連続首位だった「ジョーカー」は2位に後退し、新作「マチネの終わりに」が3位にランクインした。
4位は「マレフィセント2」、5位は「世界から希望が消えたなら。」で、「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)」が6位。全国121クリーンでの公開ながら高い稼働となっている。「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」は7位で、累計動員は41万人を突破し、興収は間もなく4億8000万円に達する。アニメ作品のトップ10入りはこの2本のみ。
新作では他に、「閉鎖病棟 それぞれの朝」が8位、「ブラック校則」が10位スタートとなった。
なお、11月8日から「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」「蒼穹のファフナー THE BEYOND 第四話・第五話・第六話」、そしてMX4D、4DXの2タイプの体感上映システムに対応した4D版「ルパン三世 カリオストロの城」が公開される。

法人カード・ビジネスカードのおすすめは?人気ランキングを紹介

2019/11/06 18:40
法人カードにはメリットが豊富
法人カードは、税金や公共料金などの支払いにも使えます。
カードの種類にもよりますが、ポイント制度があれば0.5%~1.0%の還元を受けられます。個人カードよりも利用額の高い法人カードはポイントがかなり貯まるでしょう。経費削減につながります。
また、社用車の多い企業ならETCカードの発行もおすすめ。法人カードを作ればETCカードも年会費無料で発行することができます。高速道路や有料道路の料金が割引価格になるのでお得です。
そのほか、出張で飛行機をよく使うという場合に空港ラウンジを無料で利用できる法人カードは魅力的です。チェックインから搭乗までの空き時間を有意義に過ごすことができます。
法人カードおすすめ一覧ライフカードビジネスライト

【トラベルコ】2019年9月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!北欧インテリアの魅力もたっぷり!ストックホルムが急…

2019/11/06 18:15
【トラベルコ】2019年9月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!北欧インテリアの魅力もたっぷり!ストックホルムが急上昇!  時事通信

人材サービス業界の「労働時間の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位はリクルートスタッフィング(企業口コミサイトキ…

2019/11/06 18:15
人材サービス業界の「労働時間の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位はリクルートスタッフィング(企業口コミサイトキャリコネ)  時事通信

明石家さんま、「ラブメイト10」で剛力彩芽をランキング外にした“男の意地”

2019/11/06 18:01
 11月2日から3日にかけてフジテレビ系で放送された、「FNS27時間テレビ」は、3年ぶりの生放送という力の入れようだったが、平均視聴率は歴代最低の5.8%に終わった。
 そんな中でも話題となったのが、同番組に恒例になっている、明石家さんまが1年で気になった女性を順位形式に発表していく企画「ラブメイト10」だ。
「毎回深夜に放送される人気企画で、2010年から連続で発表されていましたが、16年で終了。それが3年ぶりに復活とあって、その順位に注目が集まったのですが、13年から16年まで4度連続でランクインしていた剛力彩芽が、跡形もなく姿を消していたんです」(夕刊紙記者)
 ちなみに剛力は、13年首位、14年2位、15年首位、16年首位となっており、13年は綾瀬はるか、15年は長澤まさみを差し置いての首位だったことから、さんまのよほどのお気に入りだったことが窺える。
「ちなみに今回は首位が新木優子、2位・浜辺美波、3位・唐田えりかと、やはり3年が経ってトップ10のメンバーは様変わりしており、綾瀬も長澤もランクインはしていません。ただし剛力の場合、かつてのイレ込みようから考えれば、その落差はあまりにあからさまと言えますね」(芸能記者)
 原因はもちろん、昨年4月に交際宣言した、ZOZO創業者の前澤友作氏の存在である。
「さんまは以前……