プレミアリーグで最も試合出場が多いアジア人選手ランキ…|ナゴヤドームは 最高の野球場 米誌が球場ランキング…|旬の話題でスクリーニング 暴落相場の逆行高ランキング…|他

プレミアリーグで最も試合出場が多いアジア人選手ランキングTOP5

2020/05/20 22:31
写真提供: Gettyimages昨今、アジア人選手の活躍が珍しく無くなってきたプレミアリーグ。数々のアジア人選手の活躍によりマーケティング目的での選手獲得が激減。安価で計算がしっかり出来るアジア人選手の需要は近年高まるばかりだ。
では、プレミアリーグで数多くプレーしてきたアジア人選手の中から、ランキング形式で出場数TOP5の選手達をご紹介しよう。
ソン・フンミン 写真提供: Gettyimages5位:ソン・フンミン 出場数:151試合(韓国)
ブンデスリーガで全ての人々を魅了した後、ソンは2015年にノースロンドンのトッテナムに加わった。彼は現在プレミアリーグとヨーロッパの大会で最も得点を記録しているアジア選手でもある。
ソンは本職のウィングをはじめ、サイドハーフ、セカンドトップなど攻撃的なポジションを全般的にこなせる。彼の抜群のスピードとパワーはカウンター攻撃時のチームにとって大きな武器である。
吉田麻也 写真提供: Gettyimages3位(同率):吉田麻也 出場数:154試合(日本)
吉田はサウサンプトンに加わった後、約10年間にわたりレギュラー格としてチームを支えてきた。彼は幾度となく監督交代の渦に巻き込まれたが、フタを開けて見れば依然主力としてスタメンに名を連ねていた。
昨年レスター・シティに0-9で敗戦……

ナゴヤドームは「最高の野球場」 米誌が球場ランキング特集、グルメなど絶賛

2020/05/20 20:16
 1997年にオープンしたナゴヤドームには「ドアラカフェ」などの飲食店が出店。多くの地元名物や「球弁」などを楽しめる。しかし、レシス記者のオススメした理由はそれだけではないようだ。
「食事の他に、特に印象に残っているのはファンである。僕は2016年9月の水曜日の夜に行ったが、ドラゴンズはプレーオフ進出の望みはほぼ無かった。通常、そんな状態ではファンが熱狂的になることは難しい。しかし、この試合はそんなことはなかった。接戦の試合ではあったが、ファンは打席の選手の結果を最後まで熱心に気にかけ、ほとんどのファンが球場を早く離れることはなかった。ナゴヤドームで見た応援は他のどこのNPBのスタジアムでも起こっていることなのだろうが、それでも、とても素晴らしかった」
 メジャーのスタジアムでは日本のプロ野球のように太鼓やトランペットなどを用いた応援は行っていない。それでも、レシス記者は初回から試合終了まで熱狂的に応援する観戦スタイルに大きな魅力を感じ取ったようだ。そして、記事をこう締めくくっている。
「私は他のNPBの球場で試合を見たことはない、だから、他の日本の球場のファンと比べることはできない。しかし、それぞれの選手のために異なった歌をプレーして歌う応援は、その場の雰囲気を素晴らしいものにしていた」

旬の話題でスクリーニング 暴落相場の逆行高ランキング【第11回】

2020/05/20 20:00
新型コロナウイルスという“見えない敵に”、世界中が大きく揺さぶられている。株式市場は大暴落し、夏に予定されていた東京オリンピックも延期となってしまった。米国株が史上最高値を更新していたこともあり、気が緩んでいた投資家たちは大きな損失を抱えた。今、各国がさまざまな政策で悪魔のウイルスと戦っている。日本株も負けるわけにはいかない。
※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

【日本のファッション雑誌ランキング発表】2期連続1位『リンネル』 宝島社のファッション誌が10年連続トップシェア

2020/05/20 19:43
 『リンネル』は、2010年の創刊以来「丁寧で心地よい暮らし」をコンセプトに、“暮らし系女子”という新たな市場を開拓し、10~60代の幅広い年齢層の読者から支持を得ています。近年は雑誌編集のコンテンツとマーケティング力を活かし、出版の枠組みを超えて“もの作りも手がける雑誌”として様々な企業とコラボレーションを行っています。ファッションアイテムをはじめ、2018年には住宅メーカーと共同でファッション誌で初めて一軒家(カーサ リンネル)もプロデュースしました。
 宝島社は、2010年以降に『リンネル』『GLOW(グロー)』『otona MUSE(オトナミューズ)』『大人のおしゃれ手帖』『& ROSY(アンド ロージー)』『MonoMaster(モノマスター)』『素敵なあの人』の6誌を創刊。今後も雑誌出版のリーディングカンパニーとして、業界を盛り上げていくことに尽力してまいります。
※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2019年下半期(7~12月)より
創刊10周年!2期連続実売No.1『リンネル』が市場を開拓
自分らしく、丁寧に心地よく暮らしたい=“暮らし系女子”とは?
『リンネル』7月号(宝島社)
 『リンネル』が命名した「暮らし系女子」は、“毎日を丁寧に暮らしたい・大事にしたい”“ファッションも住まいも同じ目線で選びたい”と考……

5週ぶりランキング発表も夜明けはまだ先 命運を担うのは、米国も日本もワーナーに?(リアルサウンド)

2020/05/20 19:29
 先週決定した全国39県を対象とする緊急事態宣言解除を受けて、日本各地で一部の大手シネコンを含む約100サイトの映画館が営業を再開。5週間ぶりに、週末の映画動員ランキングが発表された。同じく一部の映画館で営業が再開しているアメリカでは、3月半ば以降、これで9週間にわたってボックスオフィスのランキングが発表されていない。これは、新作の供給不足もあって、日本と違ってアメリカでは営業再開が可能となった地域でもシネコンチェーンの多くがまだ閉まっているためだ。このような国による対応の違いは今後もしばらく続くだろう。本コラムで再三述べてきているように、興行サイドが待ちわびているのは、「強力な新作」の公開だ。現状、営業している映画館の多くも、ここ数ヶ月の損失を焼け石に水であってもリカバーしなくてはいけないという現実と、場内のウイルス感染対策的にも世の中のムード的にもまだ声高に客を呼び込むことができないというジレンマの中にある。このような時期に毎週コラムを更新していることに意味があるとしたら、そのムードを少しでも変えることだと自分は考えている。
【画像】『君の名は。』『シン・ゴジラ』など2016年の作品までランクインした最新の映画ランキング
 そうした事情を考慮すれば、先週末のランキングに『天気の子』、『君の名は。』、『シン・ゴジラ』といったこれまで散々こすり倒され……

iPhone独占のスマホランキングにAQUOS sense3が唯一ランクイン! スマートフォン売れ筋ランキング(BCN)

2020/05/20 19:00
 「BCNランキング」2020年5月17日の日次集計データによると、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
1位 iPhone SE 64GB(SoftBank)(アップル)
2位 iPhone SE 64GB(au)(アップル)
3位 iPhone SE 128GB(au)(アップル)
4位 iPhone SE 64GB(NTT docomo)(アップル)
5位 iPhone 11 64GB(SoftBank)(アップル)
6位 AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
7位 iPhone 11 128GB(au)(アップル)
8位 iPhone SE 128GB(SoftBank)(アップル)
8位 iPhone SE 128GB(NTT docomo)(アップル)
10位 iPhone 11 128GB(SoftBank)(アップル)
 
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
 

【今期TVアニメランキング】「かぐや様は告らせたい?」3週連続首位に

2020/05/20 19:00
5月第3週の2020年春アニメ録画ランキングは、3週連続で「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」が首位となった。51Pと先週から3ポイント増やし、2位と10ポイント以上の差をつけている。
2位は先週8位の「フルーツバスケット 2nd season」、3位には放送休止をはさみ「とある科学の超電磁砲T」が2週ぶりにランクインした。なお、NHKで放送中の「未来少年コナン」3話(ランキング計測外)は、47Pと先週からさらにポイントを伸ばしている。
6位の「八男って、それはないでしょう!」は、次回8話から15歳に成長したヴェンデリン(CV:榎木淳弥)が冒険者として歩みだす「陰謀編」に突入する。
NHKで放送中の「もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ新作の放送が休止された。24日以降、1話からの再放送となる(https://anime.eiga.com/news/111191/)。

<芸能ニュースランキング>首位は石田純一退院報告 V6、嵐ら期間限定ユニット結成、石原さとみら出演ウェブ動画(MAN…

2020/05/20 18:10
 2位は、ジャニーズ事務所の新型コロナウイルス関連の社会貢献・支援活動プロジェクト「Smile Up! Project~続けよう、僕らにできることを。~」の一環で、人気グループ「V6」「嵐」、人気デュオ「KinKi Kids」ら76人で期間限定ユニット「Twenty☆Twenty」を結成し、チャリティーソング「smile」が制作される話題。計43分17秒だった。3位は、女優の石原さとみさん、俳優の堺雅人さんら37人の有名人が参加したサントリーのウェブ動画「話そう。みんなで」が12日、公開された話題で、計22分16秒だった。