睡眠偏差値の低い都道府県ランキング 3位山梨 2位徳…|天丼てんや の人気メニューランキング 最も好きな …|今週(6月20日~6月26日)のPVランキング… ロ…|他

睡眠偏差値の低い都道府県ランキング、3位山梨、2位徳島、1位は?

2020/06/28 17:01
日本人の睡眠時間は2018年OECDなどの調査によると7時間22分で世界WORST1の短さだ。
24時間社会を背景に近年さらに睡眠時間が短くなり、近年の厚生労働省の調査では6時間未満の睡眠時間の日本人が全人口の4割を占めると報告されていた。
今回、ブレインスリープが性別・年齢・都道府県で割付した10,343名に実施した調査結果では、日本人の睡眠時間の平均が6時間27分と、OECDの報告値より、さらに55分短いことがわかった。今の日本は「睡眠負債」の蓄積に留まらず、さらに破綻に向かっている傾向にあると言える。
睡眠時間ワースト記録を更新。睡眠偏差値が低い都道府県や職業が判明調査の結果、日中に眠気を感じ、仮眠を希望した人はいずれの年代でもその割合が高く、全年代合計では全体の67%を占めることがわかり、特に20代から40代でより高い傾向がみられた。
睡眠障害ではない人でも、日中に眠気を感じたら仮眠をとることが効果的だ。午後3時くらいまでの20分程度の仮眠であれば、夜の睡眠の質にも影響がなく、日中の眠気を解消する効果が見られやすい傾向にある。30分未満の昼寝をする人は、昼寝習慣がない人に比べて認知症発症率が6分の1程度だったとの報告もある。
睡眠偏差値には、各都道府県でそれほど大きな差はなく(52.21-48.35)、日本人の 睡眠の課題は……

「天丼てんや」の人気メニューランキング、最も好きな「どんぶり」は?

2020/06/28 15:46
この5月、天丼を500円に値下げすることが発表され、ますます利用しやすくなった「天丼てんや」。テイクアウト需要が増える中で、利用している人も多いのではないだろうか。今回は「天丼てんや」の「どんぶり」のグランドメニューのうち、最も好きなものを聞いてみた。
「天丼てんや」の人気メニューランキング、最も好きなどんぶりメニューは?
あなたは「天丼てんや」を利用したことがありますか?はい: 70.7%
いいえ: 29.3%
(「はい」と答えた方)最も好きなどんぶりメニューは? 上位5メニューはこちら!1位「天丼」(23.3%)
2位「海老天丼」(17.5%)
3位「これぞ! オールスター天丼」(10.8%)
4位「上天丼」(10.4%)
5位「野菜天丼」(9.5%)
Q.前問で選んだメニューが好きだと思う理由を教えてください■「天丼」・「安くて、一番シンプルなところが良いから」(44歳男性/兵庫県)
・「安いし、天ぷらの種類のバランスが一番良いと思うから」(40歳男性/東京都)
・「安いのに海老も入っているから」(36歳男性/東京都)
・「お値段がお安くても十分の天ぷら量でコスパが良い!」(45歳女性/石川県)
・「定番の素材が使われているから」(33歳女性/愛知県)
■「海老天丼」・「海……

今週(6月20日~6月26日)のPVランキング…『ロマサガRS』の1.5周年記念カウントダウンキャンペーン第3弾の記…

2020/06/28 12:40
ブシロードクリエイティブ、 オリジナルカプセルトイブランド『TAMA-KYU』[…]バンナム、音楽原作の新規IP『電音部』の展開を発表! キービジュアルとキ[…]セガ、「ゲームギアミクロ イエロー」の収録タイトルを紹介!『シャイニン[…]【人事】Gunosy、木村 新司氏が代表取締役会長グループ最高経営責任者に就[…]カプコン、『ストリートファイター』よりドットイラストグッズをイーカプコ[…]ドワンゴ、「キノの旅」TVシリーズ2作と「アリソンとリリア」をニコ生で一[…]6月22日~26日の決算記事まとめ…ガンホー、NHN PlayArt、セガ、タカラトミ[…]フリュー、Vアニメ「オーバーロード」より浴衣姿の『アインズ』と『アルベ[…]バンナム、……

虹のコンキスタドール[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

2020/06/28 12:19
虹コン自身が主演を務めた映画『聖ゾンビ女学院』の主題歌であり、メジャーデビューDVDシングル曲である「✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝」が6位に登場! この曲の1番の聴きどころは、なんと言ってもメンバーのボーカル表現の豊かさでしょう。がなり声や巻き舌混じりで食べ物の名前を羅列していくBメロ、不意に来るスイートボイスでの“てへぺろぺろぺろ うそぴょんだぴょん”というフレーズ、そしてすさまじい声量と空気を切り裂くような鋭さでの“ウィ・アー・ザ・ワールド!”のシャウト。ストレートでポップな楽曲ではなく、ある時は飛びっきり可愛く、またある時はそのキュートさを捨ててまで、多彩なボーカルセンスを見せつける作品でメジャーデビューを飾ったあたりに、虹コンの“ただ者ではない感”がうかがえます。彼女たちのポテンシャルが全開となった、素晴らしき“はじめの一歩”です。