Amazon予約数ランキング 真・女神転生3 ノ…|[住まいサーフィン]資産性マンションがわかる!首都圏…|今日の運勢 8/1(土)12星座占いランキング第1位…|他

【Amazon予約数ランキング】『真・女神転生3 ノクターン HDリマスター』が初登場で1位に! Switch『桃太…

2020/08/01 11:00
 1位は、『真・女神転生3 ノクターン HDリマスター』が獲得。2020年10月29日に発売予定で、7月20日に配信された“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.7”にて発表され、見事首位に輝いた。同作は、2008年に発売された『真・女神転生III ノクターン マニアクス クロニクルエディション』に準拠した作品となっている。

[住まいサーフィン]資産性マンションがわかる!首都圏エリア別「沖式儲かる確率マンションランキングTOP」2020年8…

2020/08/01 09:00
不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、首都圏のマンションのうち、資産性の保たれやすさを確率で示した指数「沖式儲かる確率」のエリア別上位マンションランキング2020年8月版を自社が運営する「住まいサーフィン(https://www.sumai-surfin.com/product/okishiki/?ym=202008)」にて公表しました。
昨今のマンション価格の高騰を受け、購入検討時に資産性を重視する消費者の割合が高まりつつあります。このような社会動向と消費者ニーズをふまえ、「住まいサーフィン」では資産性を重視したマンション選びの支援を目的に、首都圏のマンションを「沖式儲かる確率」の高い順にランキング化し、毎月発表しています。対象物件は、首都圏で販売中および販売予定のマンションで、本リリースでは9エリアにおける“スタンダード(*)”物件と“家活(*)”物件それぞれ1位の物件のみを公表しています。8月公表分は、2020月7月9日時点で販売もしくは販売予定が確認できた物件を対象としています。
今回、該当する物件は、以下のとおりです。
それぞれ各エリアの1位以下の物件については、「住まいサーフィン」にて公開します。
* スタンダード対象物件は、「3LDKや4LDKの間取りの戸数が多い」……

今日の運勢 8/1(土)12星座占いランキング第1位は…

2020/08/01 06:40
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする今日の占い。「12星座ランキング&ワンポイントアドバイス」今日のあなたの運勢は……?
【1位】いて座
体を動かすことで、心も体もスッキリするようです。自宅で好きなラジオなどを聴きながらストレッチをするのがオススメ。短期目標を決めるとモチベーションも高まるようです。
【2位】しし座
恋愛運が好調です。気になるあの人と会話をするチャンス到来。いつもより積極的になってみるのも良いでしょう。笑顔を増やしたり、ポジティブな言葉がけをすると、さらに好印象◎
【3位】おひつじ座
勉強や仕事が進む様子。空いた時間は好きなことにあてられるので、充実した1日となるでしょう。新たに知識をつけたり、人から習うのもオススメ。直感に従ってみるとうまくいくかも。
【4位】みずがめ座
今日は相手の内面に興味をもつようなことが起こりそうです。美味しいお茶を飲みながら、心ゆくまで語り合うと良いでしょう。今日話したことがきっかけで、仕事や人脈が増える予感。
【5位】てんびん座
趣味や勉強に夢中になれるようです。楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいそうですが、リフレッシュすることが大事。頭をスッキリさせると、さらに良い仕事ができるでしょう。
【6位】ふたご座
……

行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキング(西日本編)

2020/08/01 06:18
上天草市の「天草五橋」を選んだ方からも、 「何回も行きましたが本当にきれいなところです。 (30代女性)」「青く透きとおった海と小さな緑の島々の自然を人工橋が繋ぎ、 調和がとれている。 (50代男性)」「よくテレビの旅番組で見ていて一度行ってみたいと思っているから。 (40代男性)」「原作が大好きでファンからしたらとても燃えるシーンなので、 ぜひ自転車にのって行ってみたいと思ったからです。 (30代男性)」などのコメントをいただきました。
今回1位になりました熊本県上天草市の企画政策課ご担当者様より、 コメントをいただきました。
■受賞コメントと天草五橋の紹介
この度は「行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキング(西日本編)で、 第1位という名誉ある賞をいただき、 ありがとうございます。 『劇場版弱虫ペダル』でレースの舞台にもなった天草五橋は、 国道266号上に点在する島々を結ぶ5つの橋の総称です。 昭和41年に完成し、 離島だった天草地域が九州本土と陸続きとなり現在でも、 天草の大動脈となっています。 この地で真珠の養殖が盛んだったことから「天草パールライン」と名付けられ、 「日本の道百選」にも選定されました。 当時日本一といわれる架橋技術を集結してつくられ、 今なお色あせない美しい橋です。
■上天草市の魅力をご紹介
美しい……

電機・精密「コロナ不況に弱い」企業ランキング!JDIや東芝、ニコンが上位に

2020/08/01 05:28
ダイヤモンド編集部では、コロナ不況「耐久力」企業ランキングを独自に作成。経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。特集『大恐慌襲来 「7割経済」の衝撃』(全22回)の#8では、電機・精密業界の253社を対象にワーストランキングを作成。上位にはジャパンディスプレイや東芝、ニコンといった有名企業もランクインした。(ダイヤモンド編集部副編集長 浅島亮子)
リーマン危機に「全死」した電機業界
コロナ大恐慌を生き残れるのか 2008年9月のリーマンショック時には、大手電機メーカー8社(三菱電機を除く)が最終損失で総額2兆円余りの赤字を計上する壊滅的な状況に追い込まれた。その後、各社は厳しさを伴う構造改革を実施し、総合電機メーカーという言葉は鳴りを潜めた。
 それから12年。リーマンショックを上回る大恐慌レベルの危機を、電機・精密メーカーは乗り越えられるのだろうか。
 3月以降、新型コロナウイルスの感染拡大により、企業は一斉に金融機関に融資を要請。キャッシュを確保する動きが活発化した。
 同時に、多くの企業は大幅な固定費カットによる利益の捻出策に着手。新たな融資(枠)の設定と固定費削減という「2点セット」でコロナ危機を乗り切ろうとしている。
 リーマンショック、東日本大震災と幾度となく大きな危機に直面した経営者が、……

運輸・倉庫「コロナ不況に弱い」企業ランキング!1・3位は大手海運

2020/08/01 04:53
ダイヤモンド編集部では、コロナ不況「耐久力」ランキングを独自に作成した。経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業と浮上する企業をあぶり出した。特集『大恐慌襲来  「7割経済」の衝撃』(全22回)の#7では、運輸・倉庫業界の107社を対象にワーストランキングを作成。1位と3位に歴史ある大手海運会社が入る厳しい結果になった。(ダイヤモンド編集部副編集長 浅島亮子)
巨額赤字決算が続出!
陸運・海運・空運の正念場 新型コロナウイルスの感染拡大により世界の経済活動がストップした。モノの流れが止まったのだから、陸海空のロジスティクス産業が壊滅的な影響を受けるのは当然のことだ。
 3月以降、企業は一斉に金融機関に融資を要請。キャッシュを確保する動きが活発化した。
 同時に、多くの企業は大幅な固定費カットによる利益の捻出策に着手。新たな融資(枠)の設定と固定費削減という「2点セット」でコロナ危機を乗り切ろうとしている。
 リーマンショック、東日本大震災と幾度となく大きな危機に直面した経営者が、キャッシュの確保に走るのは当然の帰結である。1990年代後半の金融危機時には、金融機関による“貸し剥がし”に見舞われたという苦い経験もあり、経営者は自社の資金が枯渇する前の自衛手段としてキャッシュ確保に動いているのだ。
 目下のところ、4~6……

2020年上期・軽自動車人気ランキング!N-BOX人気は継続。

2020/08/01 00:00
2020年上期・軽自動車の新車販売台数は4年ぶりのマイナス
2020年上期 軽自動車の新車販売台数。 出典:一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の資料より作成 
 2020年1~6月における軽自動車の新車販売台数は、軽乗用車と軽貨物車の合計が80万8082台(前年比79.4%)と昨年より大幅に減少した。車種別に見ると軽乗用車が62万7558台(前年比79.5%)、軽貨物車が18万524台(前年比78.9%)とどちらも20%以上減少している。
 これは新型コロナウイルスの感染拡大による影響が大きい。昨年までは、ホンダ・N-BOXやダイハツ・タントなどの軽トールワゴンが乗用車全体でも売れ筋となっており、3年連続で軽自動車の新車販売台数はプラスとなっていた。特に軽貨物車のうちボンネットバンは3万1801台(前年比555.6%)と大幅に販売台数を伸ばしていた。しかし、本年上期は新型コロナウイルスによって強い逆風が吹いた。
2020年上期の月別新車販売台数(軽自動車)。 出典:一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の資料より作成 
 2020年上期の新車販売台数を月別にみると、1~3月までは前年比約90%で推移しており、消費増税の影響を受けながらも昨年の販売台数から大きく減少することはなかった。しかし、緊急事態宣言の発出された4月になると一気に……

一番泣いた「邦画」ランキング

2020/08/01 00:00
2009年に公開された『余命1ヶ月の花嫁』は、乳がんと闘った女性の実話をもとにしたノンフィクション映画。公開と同時に大きな反響を呼びました。24歳の主人公は、ある日乳がんに侵されていることを知り大きなショックを受けます。手術をし“治る”と信じていたものの、その後再発。余命1カ月だと宣告されるのです。そんな彼女の夢はウエディングドレスを着ること。それを知った恋人や周囲は結婚式を計画する…というストーリー。がんと闘いながら愛する人を思う主人公のけなげな姿や、主人公を思う恋人や周囲の愛の深さに胸を打たれた人が多数。3位となりました。