米国で自動車関連のランキング発表! 1位は…マツダ!?|魅力度ランキング(11月21日)|一番笑ったジャンプ漫画ランキング 1位は江戸の街が舞…|他

米国で自動車関連のランキング発表! 1位は…マツダ!?

2020/11/21 11:30
米国の消費者情報誌「コンシューマー・レポート」は、自動車ブランドの信頼性に関する独自のランキングを発表した。地元のGMやフォードはもちろん、メルセデス・ベンツら欧州勢やトヨタ自動車などの巨大メーカーも調査対象だが、1位を獲得したのは、なんとマツダだった。
マツダが米国の調査で第1位を獲得!(写真はMAZDA3)
地元勢、欧州勢、トヨタやワーゲンも抑えての首位コンシューマー・レポートは非営利の消費者組織「コンシューマーズ・ユニオン」が発行している米国の月刊誌。同誌では自動車メーカーに頼らず自らクルマを購入してテストし、自動車の信頼性に関する独自のランキングを作成している。同時に、年間約300万人のカスタマーレポートメンバーをオンライン製品調査に招待し、最大40のカテゴリーで製品の信頼性と満足度のデータを収集しているそうだから、同ランキングにはクルマのユーザーからの評価も反映されているものとみられる。これらのテスト・評価には年間2,700万ドルの費用がかかっているらしい。
11月19日に発表になったランキングでマツダが1位を獲得した。2位にはトヨタ、3位にはレクサスがランクイン。最下位は26位のリンカーンで、地元テスラは25位とあまり振るわなかった。ちなみにホンダは5位、スバルは8位、日産は13位。信頼性が高そうなイメージのメルセデス・ベンツは20……

魅力度ランキング(11月21日)

2020/11/21 09:27
 都道府県別魅力度ランキングが波紋を広げている。ブランド総合研究所が先月、発表した。茨城県が八年ぶりに最下位を脱出し、四十二位となった。最下 …

一番笑ったジャンプ漫画ランキング 1位は江戸の街が舞台のSF時代劇

2020/11/21 07:30
写真拡大 (全2枚)
学生から社会人まで、幅広い層に人気の漫画誌『週刊少年ジャンプ』。バトル漫画から恋愛漫画まで、実にさまざまなジャンルの作品が掲載されていますが、特に充実しているジャンルの一つがギャグ漫画です。
そこで今回は、歴代ジャンプ作品の中で一番笑ったのはどの作品なのかについて調査してみました。
1位 銀魂
2位 こちら葛飾区亀有公園前派出所
3位 斉木楠雄のΨ難
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
1位は『銀魂』!
1位に選ばれたのは、2003年から2018年にかけてジャンプ本誌で連載され、掲載誌の移籍やアプリ配信への移行などを行いつつ2019年に最終回を迎えた『銀魂』でした。
宇宙から突如やってきた「天人」の台頭と廃刀令によって、侍が衰退した江戸の街を舞台とする本作。元侍で、どんな依頼も引き受ける万事屋のリーダー・坂田銀時と、彼を取り巻く仲間たちの日常をコミカルに描いたSF時代劇です。
下ネタからパロディーまで、危険球ギリギリで次々と繰り出されるギャグは抱腹絶倒もの。ギャグ漫画……

生涯給料「全国トップ500社」ランキング最新版

2020/11/21 05:10
対象としたのは『会社四季報』に掲載している上場企業約3700社のうち、単体の従業員数が10人に満たない場合や、平均賃金の発表がない企業などを除いた3218社。
各社直近の有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「令和元年賃金構造基本統計調査」の5歳刻み賃金額(所定内給与 賞与)から業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。
グループ企業については、連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが提出会社のものであるため、単体の年収数字となっている。
なお、本社の中枢機能を担う社員しかいないケースの多い、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社も一部除いた。従業員数、年収、年齢で欠落データがある企業も一部除外している。
また、ランキング表内で社名末尾に「*」のある会社は主要子会社のデータを採用している。
生涯給料3億円超の企業が増加1位になったM&Aキャピタルパートナーズは13億4379万円。2位はキーエンス(7億3683万円)、3位は日本商業開発(6億8703万円)、4位ヒューリック(6億4576万円)と、ランキング上位常連企業が名を連ねている。……

県庁所在地ランキング「毎朝の食パン」に最もこだわる街は?

2020/11/21 05:08
連載統計から紐解く日本の実情
【第1回】都道府県別ランキング…所得増加率1位は「東京」、47位は? 2020/08/24 【第2回】新型コロナウイルス感染拡大で「少子化」は止められるか? 2020/08/29 【第3回】都道府県ランキング「給与1,000万円超」の高給取りはどこに?  2020/08/31 【第4回】そういえば、コロナ禍で議論された「9月入学」はどうなった? 2020/09/01 【第5回】宝くじで億万長者を目指すなら、何枚買うのがいいのか? 2020/09/02 【第6回】新型コロナで「東京・主要7駅」の人出はどう変わったのか? 2020/09/05 【第7回】日本で「最も不動産で稼いだ」人は、どこに住んでいる? 2020/09/07 【第8回】1回の出動で4万5,000円…現場逼迫で「救急車有料化」は? 2020/09/09 【第9回】自治体・財政力ランキング…東京区部と市部で、意外な結果 2020/09/12 【第10回】東京23区「年収ランキング」…23位は350万円以下、1位は? 2020/09/16……