11日のハンセンテック指数銘柄騰落率ランキング|11日の中国企業指数銘柄騰落率ランキング|11日のハンセン指数銘柄騰落率ランキング|他

11日の中国企業指数銘柄騰落率ランキング

2021/01/11 17:41
現在 JavaScriptが無効 になっています。
Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。

11日のハンセン指数銘柄騰落率ランキング

2021/01/11 17:41
現在 JavaScriptが無効 になっています。
Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。

<書泉ラノベランキング>2020年12月の首位は「本好きの下剋上」 「涼宮ハルヒ」新作も(MANTANWEB)

2021/01/11 15:26
<書泉ラノベランキング>2020年12月の首位は「本好きの下剋上」 「涼宮ハルヒ」新作も(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

2021年の日本に期待したいことランキング、全世代が選んだ1位は?

2021/01/11 15:05
新型コロナウイルスによる「3密の回避」「ソーシャルディスタンス」「ニューノーマル」…激動の2020年が終わった。
withコロナの中で迎えた2021年の日本に、多くの人はどのような期待を抱いているのか。
今回ゼネラルリサーチは全国の20代~60代男女を対象に、【2020最新版】「この1年の振り返りとwithコロナ時代の未来への展望」に関する意識調査を実施した。
2020年で印象に残っていることと個人的流行語大賞まずは、激動の2020年で特に印象に残っていることについて。
【図1】
「2020年で印象に残っていることを選択してください(上位5項目まで)」と質問したところ、全ての年代で『新型コロナウイルスの感染拡大(20代77.1%、30代82.3%、40代83.7%、50代89.7%、60代95.3%)』という回答が最も多く、次いで『緊急事態宣言の発令(20代44.4%、30代46.1%、40代48.9%、50代45.8%、60代46.2%)』『3密の回避(20代30.9%、30代27.2%、40代24.9%、50代28.2%、60代41.1%)』と続いた。
最も多かった『新型コロナウイルスの感染拡大』という回答は、年代が上がるにつれてその割合も高まっていることが分かった。
新型コロナウイルス感染症は高齢者の重症化リスクが……

あなたは何位?!束縛しがちな【血液型ランキング】

2021/01/11 14:09
Ranking 人気の高い記事ランキング
当てはまるほどクロの可能性アリ⁉︎ 不倫したときに男性が「高確率でやる4つの行動」 【ユニクロ】これ神パンツ!デニムなのにスウェットっぽく履ける「EZYジーンズ」 男子がセフレの優秀な行為&ドン引き行為を語る!セフレが守るべき暗黙のルールとは? ツッコミたくなる髪形のアニメキャラランキング 彼女の部屋でドン引き...…部屋に置いてあって幻滅したもの 下着店員が驚いたお客の思い込み4つ「彼に貧乳だと言われたからAカップ」 発見が遅れた要因は?25歳で「自閉症」に気づいた女性の体験談 簡単リメイク!のせて焼くだけ「お好み焼き餅」 妻に内緒でそんなところに… 不倫カップルの「長期休暇の過ごし方」4選 使ってない人は損してる!簡単&時短なのに超おいしい!マヨ炒めレシピ3選

世界のPFPランキング 欧米4メディアをチェック カネロ、井上尚弥、クロフォードは不動 新たな動きは?

2021/01/11 12:03
 2021年のスタートにあたり欧米メディアが発表しているパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングをあらためてチェックしてみよう。選んだのはアメリカの老舗ボクシング雑誌ザ・リング、スポーツ専門局のESPN、ボクシング専門サイトのボクシングシーン、そして100年以上の歴史を持つイギリスのボクシングニュースの4つだ。
左からクロフォード、井上、カネロ 4メディアともに1位から3位の顔ぶれは共通している。当代のスーパー・スター、現在はS・ミドル級でキャリアを進行するサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が3メディアで1位。ESPNだけWBOウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)を1位にしているが、12月のカネロの試合前のランキングであり、今後は変化が出ることもあるかもしれない。
 WBAスーパー・IBFバンタム級王者の井上は3メディアで2位、1メディアで3位とすっかり世界トップスリーのポジションが定着した。さらに高い評価を得るためには、いい相手に恵まれるかどうかにかかっているだろう。
 4位以降はウェルター級2冠王者のエロール・スペンスJr(米)、クルーザー級4冠王者からヘビー級に進出したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、昨年ライト級4冠王者となってブレイクしたテオフィモ・ロペス(米)、そのロペスに敗れたワシル・ロマチェンコ(ウクライナ……