2021年版世界で最も安全な航空会社ランキング|2020年プロ野球 連敗ストップ率 ランキング 1位…|サンゲツ IRサイト Gomez IRサイトランキン…|他

2021年版世界で最も安全な航空会社ランキング

2021/01/12 22:22
世界の航空会社を格付けしているAirlineRankings.comが、2021年版「世界で最も安全な航空会社」ランキングを発表した。首位に選ばれたのはオーストラリアのカンタス航空で、下記の通り、トップ10には、カタール航空、ニュージーランド航空、シンガポール航空、エミレーツ航空、エバー航空 、エティハド航空などがランクインした。
2013年にスタートしたAirlineRatings.comは、世界中の航空会社の墜落事故、重大事故、航空管理団体や主要団体からの監査、政府監査、航空機の使用年数を分析し、安全性、機内サービスなどを格付け。AirlineRatings.com編集長であるジェフリー・トーマスは、「我が社のランキングには、安全性を高めるため革新性、運用面での卓越性、エアバスA350やボーイング787といった最新機種の導入などの最新の状況が反映されています」とランキングの特色を説明している。
今年はさらに、新型コロナウイルス対策に優れている航空会社も発表。順位付けなしで、ニュージーランド航空、アラスカ航空、全日空、エアアジア、デルタ航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エバー航空、日本航空などが20社が選出された。
トーマスは、これらの航空会社で、乗客の安全性を保つこと、旅行へ柔軟性を加えたりするという点で、これまで以上の努力が見られたこ……

2020年プロ野球「連敗ストップ率」ランキング 1位は菅野智之で83.3%

2021/01/12 22:00
 要するに、所属チームが連敗している状況における先発投手としての勝利率だ。その指標において、昨季の菅野は12球団トップの数字を残している。以下は、2020年シーズンに所属チームが連敗している(引き分けを挟んだ状況も含む)「連敗シチュエーション」において5度以上先発をした投手における連敗ストップ率ランキングだ。
【2020年「連敗ストップ率」ランキング】
※「連敗シチュエーション」において5度以上先発した投手
1位 菅野智之(巨) 83.3%(5勝/6試合)2位 大貫晋一(De) 80%(4勝/5試合)2位 九里亜蓮(広) 80%(4勝/5試合)2位 森下暢仁(広) 80%(4勝/5試合)2位 岩下大輝(ロ) 80%(4勝/5試合)6位 小川泰弘(ヤ) 75%(6勝/8試合)7位 バーヘイゲン(日) 60%(3勝/5試合)8位 大野雄大(中) 50%(3勝/6試合)9位 松葉貴大(中) 40%(2勝/5試合)9位 井納翔一(De) 40%(2勝/5試合)9位 茺口遥大(De) 40%(2勝/5試合)9位 松本 航(西) 40%(2勝/5試合)9位 美馬 学(ロ) 40%(2勝/5試合)9位 山本由伸(オ) 40%(2勝/5試合)9位 アルバース(オ) 40%(2勝/5試合)◆ 重圧のかかる状況でもきっちり勝ち切る強さ 菅野は連敗シチュエーションで……

サンゲツ IRサイト「Gomez IRサイトランキング2020」銀賞を受賞

2021/01/12 19:31

 (株)サンゲツのIRサイトが、モーニングスター(株)が実施する「Gomez IRサイトランキング2020」において、銀賞を受賞した。
 「Gomez IRサイトランキング2020」は、国内上場企業のIRサイトの使いやすさや、情報の充実度の評価を目的として実施されているもの。「ウェブサイトの使いやすさ」「財務・決算情報の充実度」「企業・経営情報の充実度」「情報開示の積極性・先進性」の4つのカテゴリから同社アナリストが評価を行い、総合的に優れたIRサイトのランキングが決定される。今年は2020年10月1日時点の国内全上場企業から313社が優秀企業として選出された(金賞22社、銀賞158社、銅賞133社)。
 サンゲツのIRサイトは、2020年5月に発表した長期ビジョン【 DESIGN 2030 】および新中期経営計画【 D.C.2022 】特設ページを公開したほか、オンラインによる決算説明会の開催や株主総会資料の掲載など、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に配慮した情報の拡充に努めたことなどが評価された。

PTS売買代金ランキング10位(19:00現在)=加地テク、日経レバなどが売買代金上位

2021/01/12 19:00
現在 JavaScriptが無効 になっています。
Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。

外国メーカー車モデル別新車販売ランキング、MINIが5年連続トップ 2020年

2021/01/12 18:50
日本自動車輸入組合が1月8日に発表した2020年の外国メーカー車モデル名別新車登録台数ランキングによると、BMWグループの『MINI』が2万0195台で5年連続トップとなった。
2位は1万0673台でメルセデスベンツ『Aクラス』で、前年の4位から2ランクアップした。4年連続2位だったフォルクスワーゲン(VW)『ゴルフ』は1万0264台で、3位に転落した。ただ、VWの『T-クロス』が4位にランクインした。5位はBMW『3シリーズ』で、前年から1ランクアップした。
1位:MINI 2万0195台(前年1位)
2位:メルセデスベンツAクラス 1万0673台(前年4位)
3位:VWゴルフ 1万0264台(前年2位)
4位:VW T-クロス 8930台(ランクイン)
5位:BMW3シリーズ 8505台(前年6位)
6位:ボルボ60シリーズ 7112台(前年8位)
7位:VWポロ 6806台(前年5位)
8位:ボルボ40シリーズ 6739台(前年7位)
9位:メルセデスベンツCクラス 6689台(前年3位)
10位:メルセデスベンツCLA 6233台(ランクイン)
《レスポンス編集部》

【国内映画ランキング】「銀魂 THE FINAL」首位奪取! 2位「鬼滅の刃」は興収357億突破

2021/01/12 18:30
【国内映画ランキング】「銀魂 THE FINAL」首位奪取! 2位「鬼滅の刃」は興収357億突破 2021年1月12日 18:30
4日間で動員38万4000人、興収5億3100万円(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
1月9~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週の動員ランキングは、「銀魂 THE FINAL」(ワーナー・ブラザース)が、土日2日間で動員20万4000人、興収2億8700万円をあげ「鬼滅の刃」を抑えて初登場1位に輝いた。初日から1月11日までの4日間の累計では、動員38万4000人、興収5億3100万円をあげるヒットスタートとなっている。
累計発行部数5500万部を超える大人気コミックの劇場版アニメ第3弾となる本作では、2019年に終了した連載最終話をベースに、銀時たちと最後にして最大の敵・虚(うつろ)との死闘を描く。声の出演は杉田智和、阪口大助、釘宮理恵ほか。監督・脚本はTVシリーズの監督も手掛けてきた宮脇千鶴が務めている。
公開から12週間にわたって首位に君臨するという大記録を打ち立てた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)は、土日2日間で動員18万人、興収2億9900万円をあげ2位に。しかしながら興収では「銀魂 THE FINAL」を上回る数字をあげてお……

IoT商品の年間トップが決定! +Styleが2020年の人気ランキングを発表

2021/01/12 18:30
 20年の+Style IoT商品 人気ランキング年間ランキングは、20年1月1日~12月31日の期間の、+Style本店、Amazon店、PayPayモール店、楽天市場店の売上実績に基づいており、総合部門では全商品の売り上げトップ10を、おうち環境改善部門で自宅の清掃や空調といった室内環境を整える製品の売上トップ5を公開している。

「使い捨てマスク」人気商品を売れ筋ランキングからピックアップ! 日本製などが上位に【2021年1月12日】

2021/01/12 18:20
関連記事「まとめ買い向けマスク」おすすめ5選 50〜300枚入りの大容量マスク【2021年最新版】
すっかり必需品となったマスク。不織布の使い捨てタイプを使う機会が多いなら、50枚入りや100枚入りの箱マスクを用意しておきましょう。一度購入すれば、マスクを大量にストックすることができます。ここでは、「まとめ買い向けマスク」の選び方とおすすめの製品を紹介します。「冬マスク」おすすめ4選 寒さと乾燥から口元を守る【2020年最新版】
冬マスクなら、口元を暖めながら保湿効果で潤いを保つことができます。ここでは、冬マスクの選び方とおすすめの製品を紹介します。あったかマスクを手に入れて、快適に感染対策と肌荒れ対策をしていきましょう。「子供用マスク」おすすめ4選 息がしやすく、耳が痛くなりにくい【2020年最新版】
正しいサイズのマスクを着けないと、覆う範囲が大き過ぎて隙間ができたり、視界がさえぎられたりしてしまいます。ここでは、子供用マスクの選び方とおすすめの製品を紹介します。「スポーツマスク」注目の新製品10選 動いてもズレにくく呼吸しやすいのがポイント【2020年秋最新版】
ウォーキングやランニング、フィットネス、スポーツをする際に使いたいのが、動いてもずれにくい「スポーツマスク」です。さまざまなデザインやカラー、新機能を備えたマスクが増えてい……

PTS値下がりランキング10位(18:10現在)=再生可能エネが値下がり率トップ

2021/01/12 18:10
現在 JavaScriptが無効 になっています。
Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。

PTS値上がりランキング10位(18:10現在)=旭化学、三光合成などが上位

2021/01/12 18:10
現在 JavaScriptが無効 になっています。
Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。

PTS売買代金ランキング10位(18:10現在)=日経レバ、加地テクなどが売買代金上位

2021/01/12 18:10
現在 JavaScriptが無効 になっています。
Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。

【全米映画ランキング】「ワンダーウーマン 1984」が3週連続の首位に

2021/01/12 18:00
【全米映画ランキング】「ワンダーウーマン 1984」が3週連続の首位に 2021年1月12日 18:00
3週連続首位(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
先週末の全米ボックスオフィスは、昨年クリスマスに公開されたワーナー/DCコミックスの「ワンダーウーマン 1984」が約300万ドルの興収で首位を守り、V3を果たした。
コロナパンデミックにより北米の劇場の約6割が閉鎖されているなか、同作の累計興収は3000万ドル超を記録。最終的な興収は4000万ドル近辺になると見られている。2017年公開の第1作「ワンダーウーマン」の北米での最終興収は約4億1300万ドルで、単純に比較すると約10分の1の興収になるが、ワーナーは第2作の公開がコロナ下であることを踏まえて、第3弾の製作とパティ・ジェンキンス監督と主演ガル・ガドットの続投を早々に発表している。
2位も先週と変わらず、公開7週目のドリームワークス・アニメ「The Croods: A New Age」で、累計は約3690万ドルに。北米以外ではネットフリックスで配信されることが決まっているトム・ハンクス&ポール・グリーングラス監督による西部劇「News of the World」は再び3位に入った。……

【1月4日~1月10日】週間単行本売り上げランキング

2021/01/12 18:00
本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 厚生労働省、 内閣官房、 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報も合わせてご確認ください。