この音とまれ! 内田雄馬さん・榎木淳弥さんさんら出…|中華娯楽週報 第66回:“日本アニメ”の不動の人気と…|ガンプラを改造して 仮面ライダーゴースト を再現!ガ…|他

『この音とまれ!』内田雄馬さん・榎木淳弥さんさんら出演声優が集結したSPイベント開催! 蒼井翔太さんが歌う第2クール…

2019/08/11 11:30
中盤の告知コーナーでは、第2クールの最新情報も公開。テーマソング情報では、第1クールに続きオープニングテーマをつとめる蒼井翔太さんが、第2クールの新曲「Harmony」について「音を重ねていく、広げていく」をテーマに制作したと語った。
また、独占見放題配信を行なっているFODでは、第1クールを期間限定無料配信することが決定。さらに、SEGAとのコラボ企画「このSEGAとまれ!」が10月に実施されることも発表された。本企画では、ノベルティー付きのコラボドリンクが展開されるとの事だ。
そしてステージはこの日だけのスペシャルなライブコーナーへ。まずは内田雄馬さんが第1クールのエンディングテーマ「Speechless」を披露。情感たっぷりに伸びやかな歌声を響かせた。

中華娯楽週報 第66回:“日本アニメ”の不動の人気と、“海賊版”が作り出す日中文化交流(下)

2019/08/11 10:57
   
このように、中国で公開された邦画の中で、アニメ映画は上位を占めている。今年は6月まで15作の日本映画が封切を迎えたが、その3分の2がアニメ映画である。日本の映画に関しては、明らかにアニメの方が実写作品よりも中国人に歓迎されている。6月に開催された第22回上海国際映画祭では『EVANGELION: DEATH (TRUE)²』や『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』、『AKIRA』などの過去の名作を含む多数の日本アニメ映画が上映され、前売り券完売続出という盛況ぶりだった。
“アニメ業界”にはとどまらない日本アニメの影響力
日本製アニメの人気は、他の産業も支えている。昨年は行政機関の組織再編のため、中国でビデオゲームの営業許可の審査が9カ月にわたって“凍結”され、ゲーム会社は大量に倒産・縮小したなど、「生か死かの局面」に陥り、業界全体が停滞した。世界最大のゲーム企業で、莫大な財産を駆使して海外展開を精力的に進めるテンセント(騰訊)でさえ、2018年第2四半期には2005年以来初となる前年同期比の減益を経験し、同四半期の終わりには同社の時価総額が1月下旬のピーク時に比較して1700億米ドル(約19兆円)も蒸発した。
そのときに救世主となったのは、日本のアニメを原作としたモバイルゲームだった。代表的な作品は『聖闘士星矢……

ガンプラを改造して「仮面ライダーゴースト」を再現!ガンダム・バルバトスが闘魂ブースト魂やムゲン魂に!【ニコ動注目動画】

2019/08/11 07:30
「仮面ライダーゴースト」モチーフのオリジナルガンプラを制作したという「ニコニコ動画」の投稿を紹介!
※本記事内容は公開時点の情報です。
※スマホなどで記事中の動画が表示されない場合は、別のブラウザをお試しいただくか、動画タイトルをクリックしてアプリでご覧ください。
集結!ゴーストのガンプラ!職人ゾンビさん/2016年10月2日投稿
集結!ゴーストのガンプラ!
投稿者は、ガンプラを改造して「仮面ライダーゴースト」をイメージしたオリジナル作品を制作。動画では仮面ライダーゴーストの闘魂ブースト魂やムゲン魂をモチーフにしたガンダム・バルバトス、武者ゴーストガンダムといったオリジナルガンプラの完成写真が収録されています。
この動画をみたユーザーからは、
「ネクロムすげぇ」
「ゴーストはデザインがすこだった」
「やべ、かっけぇ・・・」
「ふつくしい・・・」
といったコメントが寄せられていました。
関連情報ニコニコ動画 ……

辻希美の“YouTube見て”アピールに呆れ声「まだ金が欲しいのか…」

2019/08/11 07:30
タレントの辻希美が8月2日、インスタグラムのストーリー機能を使って自身のYouTube動画の視聴を呼び掛けた。
辻は去る5月17日にユーチューバーデビューを果たし、この日までに計24本の動画をアップ。チャンネル登録者数は26万を超え、再生回数は最近の平均で約30万と着実に人気を集めている。
その人気チャンネルに7月31日、新たな動画が投稿された。動画には辻と同じ事務所に所属するお笑いコンビ『上々軍団』鈴木啓太が登場。「上々軍団鈴木啓太プレゼンツ~辻希美の穴埋め女王への道~」(前編、後編)といったタイトルで、国語・算数・理科・社会・英語の5科目の穴埋め問題を辻が答えるという内容だ。
しかし、この動画は7日現在、前編が約5.5万、後編が約2万と、辻チャンネルの動画で最低を記録。辻はインスタのストーリーで「再生回数が全然上がらない!!笑 みんな~見てよぉ~笑」と視聴を呼び掛けた。
また、一方の鈴木もツイッターで《辻ちゃんネルの後半戦がアップされました! 辻ちゃんネル再生回数伸び率、最低記録を更新中です…涙》《見てください! おもしろいのは間違いないので!》と懸命に訴えた。
小銭稼ぎの女王
しかし、ネット上では、
《ブログだけでいいものを。欲張っちゃダメだよ》
《そんなに金が欲しいの? アメブロで月に200万円稼いでないっ……

辻希美、エプロン姿でのダンス動画に「どの層に向けてる?」「需要ない」の声相次ぐ

2019/08/11 06:00
辻希美公式インスタグラムより 辻希美(32)が8日、自身のSNSを更新して話題になっている。結婚生活13年目に突入し、昨年は三男が誕生するなど4児のママとして一層たくましい姿を見せている辻。自身のユーチューブチャンネルも更新を続け順調に登録者数も伸ばしているようだ。
 先日の投稿では「ダンスレッスン。可愛いPUMAのリボンシューズで… #ダンスレッスン#YouTube#踊ってみた#自作#自曲」とつづり、スタジオでダンスの練習をしている様子を公開。しかし、ネット上からは「ダンスの練習をするような服装には思えないんだけど」「なにこの服…パジャマかよ」など厳しい声が集まり話題になっていたばかり。
 そんな辻はこの日のインスタグラムに、先日練習していたダンスの撮影を行ったようで、投稿には「今日は炎天下の中公園でダンス動画の撮影をしまして…ヤバかったぁ〜」などとつづり、エプロン姿で公園の遊具のまで踊っている写真を公開した。
 この投稿に対し一部ネット上では「またダンス動画!?需要ないでしょ」「エプロンつけて踊ってどの層に向けた動画なの?」「もうダンス動画はいいよ」「せっかくユーチューブチャンネル作ったならもっと違う企画考えたらいいのに」など、ダンス動画には飽きてしまった人から厳しい声が集まっている。
 とはいえ今回撮影しているダンスはかなりの自信作……

クリスマス島のイルミネーション 海底洞窟で光る新種クモヒトデ発見 中部大(動画)

2019/08/11 06:00
 インド洋に浮かぶ豪州領クリスマス島の海底洞窟で、緑色の光を放つ新種のクモヒトデが見つかった。中部大学などの調査チームが発表した。
 クモヒトデは、ヒトデやナマコ、ウニなどと同じ「棘皮(きょくひ)動物」の仲間で、基本的な体の構造はヒトデに似ているが、異なる点は移動に管足(触手)を使わず、柔らかな腕をくねらすようにして海底をはい回ることで知られる。
発見当初は違う種類だと考えていた 中部大学の大場裕一教授や沖縄県立芸術大学などの共同チームは2011年、インドネシア・ジャカルタ島の南に浮かぶクリスマス島北部の海底洞窟の調査で、発光する新種のクモヒトデを発見。
 当初は、既存の別の種類だと考えていたが、腕の長さや体の真ん中の「盤」と呼ばれる五角形の部分に違いがあることから、東京大学の岡西政典特任助教に共同研究を依頼し、新種であることを確認。クリスマス島で発見した発光生物を意味する学名「オフィオプシラ・クリスマスイルミナンス」、和名「ドウクツヒカリクモヒトデ」と命名した。
 この生き物は、直径6ミリ、腕の長さが85ミリほどと小さく、ふだんは太陽の光が届かない暗黒の海底洞窟内の砂泥の中に隠れるように生活しているが、掘り起こして触れると、5本の腕にビリビリと電気が走るように緑色の光が走る行動が確認された。
 研究チームによると海底洞窟に生活する……