尚弥戦をアッコ ラグビー松島らが観戦 ユーチューバー…|youtubeのニュース-上原徹 “泣ける”新曲MV…|声優アーティスト・水樹奈々さん “和”がテーマとなっ…|他

youtubeのニュース-上原徹、“泣ける”新曲MV公開 さくらももこさんが贈った自身モチーフのキャラが主人公

2019/11/07 21:26
 1960年代後半にヒットしたカレッジポップスの草分け的存在、フォー・セインツのリード・ボーカルの上原徹(71)が、「上原 徹 from フォー・セインツ」名義でリリースする「生きるものの歌」(27日配信開始)のMV(ミュージックビデオ)のショートバージョンが7日、YouTubeで公開された。
【動画】さくらももこさん考案のキャラが主人公…“泣ける”新曲MV公開
 「生きるものの歌」は、作詞・永六輔さん、作曲・編曲中村八大さんという昭和の名コンビが生み出した“六・八ソング”。74年8月発売の永さんのアルバム『六輔その世界』に収録されて以降、加山雄三、デューク・エイセス、さだまさしらがカバーしている。今回、上原がこの曲をカバーしようと思った背景には、最愛の妻や、親しい友人との死別という体験があったという。
 MVは、『ちびまるこちゃん』(集英社刊)などで知られ、昨年8月に亡くなったさくらももこさんと生前親交のあった上原に贈った、上原をモチーフにしたキャラクター「TON」を主人公にしたもの。さくらプロダクションの協力を得てライトエアーが制作した本作は、昨年亡くなった上原の妻との実話をもとに、TONと妻と家族の姿が描かれ、楽曲の世界観ともマッチした、愛や生死について考えさせる物語となっている。
 同曲は、iTunes Store、レコチョク、m……

声優アーティスト・水樹奈々さん、“和”がテーマとなったLIVE映像とMVの再生リスト「水樹奈々の和の世界」をYouT…

2019/11/07 20:40
声優アーティストの水樹奈々さんが、自身のLIVE映像とミュージックビデオより、“和”がテーマとなった楽曲7曲を集めた再生リスト「水樹奈々の和の世界」をYouTubeにて公開しました!
公開となったのは、LIVE映像より「WILD EYES」(LIVE MUSEUM 2007)、「ヒメムラサキ」(LIVE ZIPANGU 2017)、「悦楽カメリア」(LIVE DIAMOND 2009)、「純潔パラドックス」 (平安神宮奉納公演 〜蒼月之宴〜)、「はつ恋」(LIVE ZIPANGU 2017)、「HOT BLOOD」(LIVE GATE 2018)の6曲と、ミュージックビデオ集「NANA CLIPS 8」より「粋恋」の全7曲。
いずれも“和”の雰囲気を感じられる楽曲や演出となっています。水樹さんが繰り広げる“和の世界”、ぜひ堪能してください♪

Reol YouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破

2019/11/07 20:02
Reolはインターネットを通じ音楽制作を始め、登録者数の半数以上を占めるアメリカ、ヨーロッパ、アジアを中心に世界30カ国で100万再生を超えるなど、日本のみならず世界中の若者から人気を博している。
総再生回数4億回を誇るYouTubeでは、その過半数が海外からのアクセスという稀有な現象から“世界水準のセンスで日本独自のポップカルチャーを体現する”代表的なアーティストとして高い評価を得ている。
国内の女性ソロアーティストとして初の100万人を突破という偉業を達成したことについて、Reol本人は「とても嬉しい。今や音楽とは映像とともにあるものだと思っていますし、インターネットミュージック出身者として、それを大切に作品作りをしてきたつもりでいるので光栄です。わたしの作品はクリエイター陣と密に作られているものが多いので、たくさんの方に見ていただけるのはわたしは勿論、彼らや彼女らにとっても励みになっています。今後もReolというコンテンツの入り口になってもらいつつ、生の場とインターネットを縦横無尽に行き来する存在であり続けられるように、わたし自身も精進致します」とコメント。
Reolは、来年2020年1月22日に2ndアルバム『金字塔』をリリースし、7都市を巡る全国ツアー『Reol Japan Tour 2020 』を開催する。

渋谷パルコのコラボカフェ、第1弾はヒカキンやはじめしゃちょーの畑などYouTuberとコラボ

2019/11/07 19:50
コラボレーションカフェ「トーキョー パレード グッズ&カフェ(TOKYO PARADE goods & cafe)」が、2019年11月22日(金)、渋谷パルコにオープン。その第1弾として、YOUTUBEなどの動画クリエイターが集まるウーム(UUUM)とのコラボレーションカフェを、11月22日(金)から2020年1月20(月)まで展開する。
新しい“フードエンタメ”を提案「トーキョー パレード グッズ & カフェ」は、アートカルチャーからオタク・コンテンツまで幅広い分野とのコラボレーションを手掛け、独創的で新しいフードエンタメを提案するカフェだ。
第1弾は、人気YouTuberが集結「ユーフェス」とコラボその第1弾では、ヒカキンら有名YouTuber(ユーチューバー)を擁するコンテンツカンパニー・ウームの祭典「ユーフェス(U-FES.)」とコラボレーション。ヒカキン、セイキン、はじめしゃちょーの畑ら人気クリエイターが考案したメニューを展開するほか、オリジナルグッズも販売する。第一弾、第二弾で参加するクリエイターも異なるのでファンはチェックが必要だ。
HIKAKINタピオカスペシャルHIKAKINタピオカスペシャルヒカキン考案のタピオカミルクティーは、こだわりのタピオカに程よい甘さのミルクティーをミックス。トッピングのクリームに添えられた“サング……

【Mitchie M インタビュー】ボカロという多彩な表現が可能な分野なので、さまざまなジャンルにチャレンジしていきたい

2019/11/07 18:00
初期の曲ですごく細かい調声をやって、それが話題になったので、そこからクオリティーを下げられなくなったのが正直なところです(笑)。次へ次へと挑戦していったら、調声のクオリティーも上がっていきました。特にソウルフルな歌い方にはこだわっていて。一般的にはミクの歌声は柔らかいところが印象的だったりすると思うんですが、ボカロの弱点って、強弱が付けられないところにあって。そんな中、どのようにエフェクター等で補って、強弱やハネる部分を生み出していくか、そこはいろいろと試行錯誤しています。