世界マーケティング短信: グーグル ウェアラブル市場…|インスタとは違うTikTokが流行った3つの理由|警察のミッションにユーチューバー挑む 異色コラボが話題|他

世界マーケティング短信: グーグル、ウェアラブル市場に本格参入

2019/11/08 11:19
※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。
グーグル、フィットビットを買収
米グーグルが、ウェアラブル端末大手「フィットビット(Fitbit)」を買収すると発表した。買収額は21億米ドルで、2014年のネスト・ラボ買収以来、同社の家庭用機器メーカー買収としては最大規模となる。フィットビットは2007年に創業し、フィットネストラッカーの市場を開拓してきた。今回の買収によって、フィットビットが保有していた個人の健康関連データをグーグルの広告事業に用いることはないと、声明内に明記されている。
「IDC(IT専門の調査会社)によると、ウェアラブルテクノロジーは前年比16%で成長しています」と語るのは、チェイルUKのデイビッド・クームス氏(戦略サービス責任者)。不振に悩むモバイルとは対照的だ。「グーグルにはAndroidエコシステム構築のためのプラットフォーム提供の機会が与えられ、フィットビットはウェアラブル端末がさらにスマートになる。両社に利益をもたらすと考えられます」
グーグルのウェアラブル端末というと、めがね型「グーグルグラス」の失敗が記憶に新しい。最近はスマートウォッチ用OS「Wear OS」や健康管理アプリ「Google Fit」の開発に限られていた。
あと一時間、長く睡眠をとろう
健康関連の話題をもう一つ。生命保……

インスタとは違うTikTokが流行った3つの理由

2019/11/08 11:15
※本稿は、天野彬『SNS変遷史』(イースト新書)の一部を再編集したものです。
■15秒間に「楽しい&びっくり」が詰め込まれている今、新しいシェアの形式をもたらすものとして注目を集めるのが、15秒動画のショートビデオコミュニティ「TikTok」である。
これはByteDance社が提供するスマホアプリで、みんなで短尺の動画を撮ってシェアする場である。
ダンス、お題アクション、グルメなどに加えて、最近ではコメディタッチ・ネタやお役立ち知識講義などにもジャンルは広がってきているが、人気が出る動画に共通するのは、短い尺に「楽しい&びっくり」が詰め込まれていることだ。
日本版は2017年夏にローンチされ、2018年ごろから注目度が一気に高まっていった。特に、流行にさとく、クラスで人気者キャラの若者から火がつき、マイナビティーンズによる「2018年10代女子が選ぶトレンドランキング」では、流行ったモノ部門の第二位に「TikTok」、流行ったコト部門でも第六位に「トリコダンス」、第七位に「全力○○」と、TikTok関連のキーワードがランクインした。
女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが発表した「JC・JK流行語大賞2018」でも、アプリ部門第一位はTikTokで、コトバ部門の第四位でもTikToker(TikTok内で発信する……

警察のミッションにユーチューバー挑む 異色コラボが話題

2019/11/08 10:30
47リポーターズによる連載一覧
日めくり ニュースの読み方・考え方をナビするコラムです。 U30のコンパス ……

リアルとバーチャルが交差する!?『まらしぃ×ときのそら』コラボ生放送が開催決定!

2019/11/08 09:35
リアルとバーチャルが交差する!?『まらしぃ×ときのそら』コラボ生放送が開催決定!  時事通信

YouTube、デスクトップ版で「キューに追加」が可能に--ホームページも刷新

2019/11/08 09:08
 デスクトップ版の新機能「キューに追加」によって、次に再生する動画のラインアップをユーザーが決められるようになる。自動再生される場合が多い「次の動画」に並ぶおすすめ動画は、通常はYouTubeの人工知能(AI)が各ユーザー向けに選択する。
 動画のサムネイルにカーソルを合わせると右上隅にアイコンが表示され、次に再生する動画リストに「数件の」動画を追加することができる。再生中の動画を中断する必要はない。ブラウザを終了する時、そのリストは保存されない。YouTubeによると、その目的には「後で見る」のプレイリストに動画を保存してほしいとのことだ。
 デスクトップ版では、ホームページ上のおすすめチャンネルの表示を簡単に停止する方法も追加した。ホームページ上で動画の横にあるドット3つのメニューを選択して、「Don't recommend channel」(チャンネルをおすすめに表示しない)を選択すると、そのチャンネルの動画がホームページに表示されなくなるはずだ。この機能は6月、モバイル版に追加されていた。

YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告が表示。Googleいわく「買い物のお役に立ちます」

2019/11/08 08:00
たとえば「PUMA Shoes review」(PUMAシューズのレビュー)で検索すると、検索結果のトップにPUMAシューズのショッピング広告が並ぶという具合です。同じように「メガドライブ」と検索すれば、メガドライブのジージャンや互換機をオンラインですぐに買いに行けます。
Googleによれば、YouTubeの動画は今や休日の買い物客にとって人気のある調べ物ツールになっているとのこと。買い物客の約3分の2が動画から買い物のアイディアとインスピレーションが得られ、それらの人々のうち90%以上からYouTubeを通じて新製品やブランドを発見できたととの声が寄せられていると述べられています。
もちろん、この種の検索連動型広告はGoogleの収益に繋がるわけですが、ここで述べたいのは、要は「ユーザーの買い物も便利になり、わが社の利益だけ追求してるわけではない」ということでしょう。
さらに今後数か月以内に、YouTube動画広告がよりインタラクティブになるとも予告されています。これはTrueView動画広告(動画の再生前や再生中に流れる広告)にてサイトリンク拡張機能が利用可能になるためとのこと。
なお、上記のホームフィードや検索結果での広告は、有料のYouTube Premium会員アカウントでログイン中の場合は表示されません。もしもGoogleの……

ヒカキンが1位じゃないの?YouTube登録数ランキングに驚きの声

2019/11/08 07:15
「NIKKEI STYLE」が11月5日、“YouTube登録者数ランキング”(2019年8月23日時点)の統計を発表し、トップユーチューバーとして知られるHIKAKINを抑え、はじめしゃちょーが首位に君臨している。
“複数のチャンネルを保有する運営者は、その中で最も登録者の多いチャンネルを対象とし、また、企業によるチャンネルは除く”と明記された同ランキングにおいて、テレビや雑誌で頻繁に特集を組まれる著名クリエイターのヒカキンは約762万人のチャンネル登録者で2位に、そしてヒカキンと同じプロダクション「UUUM」に在籍するはじめしゃちょーが810万人という登録者で見事1位に立った。
「YouTubeでは誰でも無料でチャンネルの開設が可能とあって、日々新たなチャンネルが生まれていますが、登録者1000人の壁を突破できるチャンネルが全体の15%ほどで、1万人以上が3%、そして100万人を超えるのは0.002%程度とされています。もちろんこの統計は日々変化していきますが、はじめしゃちょーの810万人というチャンネル登録者数がいかに素晴らしいものかが分かります。また、一般的な認知ではヒカキンが日本で最も登録者の多いユーチューバーだと思っていた方も多いでしょうが、単一のチャンネルでははじめしゃちょーがトップで、ヒカキンはサブチャンネルである『HikakinGa……

ユーチューバー投稿で料金割引

2019/11/08 06:31
ユーチューバー投稿で料金割引  ロイター

Internet freedom is declining around the world—and social …

2019/11/08 06:00
世界中の政府が、選挙を操作し、市民をスパイする手段としてソーシャル・メディアを一層使うようになっている。非政府組織のフリーダム・ハウス(Freedom House)は最新の報告書でこう警告している。65カ国の動向を評価した結果、世界の「インターネットの自由度」は9年連続で低下している。
デマ、つまり故意に人々を欺く目的で流布された虚偽の情報により、昨年1年間で選挙があった30カ国のうち26カ国で選挙への干渉があった。あからさまな検閲やインターネットの遮断をしている国は現在もあるが、多くの政府はフェイスブックやツイッター、インスタグラム、ユーチューブなどのソーシャル・メディアを利用して個人にプロパガンダを広めさせる方がより効果的だと考えている。
今回調査した65カ国のうち、インターネット自由度のスコアが全体的に低下した国は半数に上る一方で、改善がみられた国はわずか16カ国だった。 大多数の国で、高度なソーシャル・メディアの監視プログラムが実行され、47カ国の司法当局がオンラインでの政治的、社会的、または宗教的な言動を理由に人々を逮捕した。
世界でもっとも優れたインターネットの自由の擁護者と報告された国は、アイスランドだった。オンライン表現の自由を原因とする昨年の訴訟件数はゼロで、ほぼ普遍的な接続性や、オンラインのユーザーの権利に対する強力な保護、……

「バズるために性転換しました」 人気ユーチューバーの告白に騒然

2019/11/08 05:00
「バズるために性転換しました」という衝撃的なサムネイルが設定された今回の動画。当然ながら、英翔さんは動画をバズらせるために性別を変えたわけではない。あえてこのサムネイルにしたのには、あるショッキングな出来事があったためだ。
それは英翔さんが、友人から誘われ、飲み会に参加したときのこと。そこで顔見知りだったAさんと再会したのだが、その人はかねてよりLGBTQのことをあまり良く思っておらず、一緒に参加したチャンネルのスタッフが「キットチャンネルってことは、どうせLGBTでしょ?」と言われてしまったという。

55歳でYouTube動画配信を始めたオッサンが視聴者の心を掴んだ理由

2019/11/08 04:30
近年、YouTubeやTicTokなどの動画コンテンツがあらゆる世代から注目されている。若い世代はSNSで自由に配信を楽しむ一方、年配の世代は「副業」という観点から動画に関心を持つ人が増えているという。『15秒から始める ウケるスマホ動画入門』(青春出版社)の著者・戸田覚氏も、情報を発信するコンテンツとして動画に新たな可能性を感じ、55歳でゼロからYouTube配信を始めた。まったく手探りで始めた動画制作だが、試行錯誤を重ねて、いまやYouTube視聴者数が上位10%に入るまでになった。視聴者数が上がれば広告での収益化が可能となり、その目標金額も来年末までには達成できそうだという。そこで今回は同書から、視聴者数を上げる動画のコツを紹介する。
文章と動画の特性は大きく違った! 僕は、55歳で動画を始めました。その最大の理由は雑誌媒体の衰退ですが、これから5Gの時代が到来すると動画コンテンツは今以上に花盛りになることが想定されます。そこで、自身が情報を発信する新たなコンテンツとして動画に未来があると考え、一歩踏み出してみたのです。
 キャリア30年を超えるビジネス書作家として、文章を書くのは仕事なので、それなりにキャリアとスキルを積み上げてきました。わかりやすい文章を短時間で書く自信もあります。ところが、動画撮影は素人もいいところ。特に、文章と動画の特性……