新人声優番組 超!アニメディア学園 声優部 12月…|注文と建売どっちがいい? 家選びのコツをYouTub…|YouTuber ヴァンゆん ヴァンビ 配信当初は1…|他

新人声優番組「超!アニメディア学園 声優部」、12月12日(木)には人気声優・野島健児が登場! さらに、翌13日(金…

2019/12/09 11:00
▲たくさんの声優のたまごたちが在籍
2019年12月12日(木)21時からの“授業”には、『PSYCHO-PASSシリーズ』宜野座伸元役でもおなじみ、幅広い青年役とナレーター力に定評のある人気男性声優・野島健児さんが講師に、また、翌13日(金)21時からは、『ラブライブ!』東條希役で声優デビュー、現在はソロアーティストとしても活躍中の楠田亜衣奈さんが出演することが決定した。
いずれもニコニコ動画「超!アニメディア学園 声優部」公式チャンネルなどで生配信される。声優のたまごたちを前に一体、どんな“授業”が展開されるのか? 乞うご期待!
【野島健児出演回 超!アニメディア学園 声優部〈第5回〉】
●放送日:2019年12月12日(木)21:00~22:00(基本視聴無料)
●放送メディア:ニコニコ動画 など
<視聴URL>https://live.nicovideo.jp/gate/lv323225849
●出演:野島健児(講師)、ほか生徒役数名
●講師プロフィール:野島健児(のじま・けんじ)。3月16日生まれ。東京都出身。青二プロダクション所属。1996年にデビュー。以降、アニメ、ゲーム、ドラマ&シチュエーションCD、吹き替え、ナレーション等の声優活動を続けるほか、歌手としても活動している。▲第5回講師に人気男性声優……

注文と建売どっちがいい? 家選びのコツをYouTube配信 上越市にオープンの「いえ土地カフェ」

2019/12/09 10:58
=記事広告=
一生に一度の買い物だが、いざ住んでみると様々な不満が出てくることも多いマイホーム。新築・中古住宅、マンションなど色々な選択肢があるが、どういったマイホームが自分に合っているのかや、お得に買うコツなどをYouTubeやブログで解説している不動産店がある。
新潟県上越市南城町1に2019年7月にオープンした「いえ土地カフェ」。不動産の仲介や相談を行う一方、不動産業20年以上のキャリアを持つ金丸寿充代表が「これから家を買いたい」という人へに向けて、YouTubeで解説動画を配信している。
「注文住宅VS建売住宅」「注文住宅ありがちな失敗100選」「マンション購入5つの成功法則」など様々なテーマを取り上げており、これまで配信した動画は25本。難しいテーマも時にはお笑い芸人の口調を真似たりしながら、ユニークに解説している。
物件タイプごとのメリットデメリットや、将来現れてくる問題などを中立的な立場で紹介。注文・建売戸建て、マンション、新築か中古かなど、自分に合ったマイホームの選び方やお得に買うコツなどを家づくりの参考にできるのが利点だ。
物件解説は同社ホームページでもブログで公開。また「YouTubeバーチャル内覧」も行っており、現地に行かなくてもその部屋の隅々まで確認できるようにしている。
「住宅は、少しの知識があるかな……

YouTuber「ヴァンゆん」ヴァンビ 配信当初は1円にもならず

2019/12/09 09:26
YouTuber「ヴァンゆん」ヴァンビ 配信当初は1円にもならず  ニフティニュース

試して分かった、「成功するユーチューバー」に必須の資質とは

2019/12/09 07:01
何より大事なのは「中身」だ。ハリウッドで著名ユーチューバーらのマネジメントを手がけるペター・マンディッチ(32)は「成功する人は独創的で、こわいもの知らず。プロデューサーとして常に自分を進化させている」と話す。自分の好きなことに自信と情熱を持って邁進(まいしん)していることが大事だという。
彼が、最近マネジメント契約を結んだ一押しのクリエーターを聞いてみた。米シカゴに住む11歳の少年で、自分自身がメイクアップする動画で90万人近くのSNSフォロワーがいるという。「既存の概念にとらわれないクリエーティブな姿が、人々にインスピレーションを与えている」と教えてくれた。
ユーチューブの世界は奥が深い。記者も世界の現場を伝えたいという熱意と好奇心は持ち合わせていると思うが、はたしてその思いを映像にしながら自分をプロデュースなんてできるだろうか。自分の顔のゆがみなんかにとらわれている時点で、その道は相当険しい。
グーグルによると、約6200万人の登録ユーザーがいる日本のユーチューブには、10万人以上の登録者を持つチャンネルが約2300あり、このうち100万人を超えるのは170ほどだという。
■トップユーチューバーの人気ぶり登録者が100万人単位でいるとはどういうことなのか――。日本のトップクリエーターを間近で見ようと、12月初旬にユーチューブが開いた……

「フェイク闇市場の対策、落第」SNSに通報後も95%は放置(平和博)

2019/12/09 06:49
NATO StratCom COE例えば、10ユーロ(1,200円)で買える「いいね」を比較すると、ユーチューブが781なのに対し、フェイスブックは1,204、ツイッターは2,173、そしてインスタグラムは4,000。
また同じ10ユーロで買えるフォロワー数を比較すると、ユーチューブが458人なのに対し、フェイスブックは990人、ツイッター2,439人、インスタグラムは3,846人だったという。
●フェイクエンゲージメントを削除する同センターが調査のために購入したエンゲージメントに対して、各ソーシャルメディアはどのように対応したか。
まずフェイクエンゲージメントに関与したフェイクアカウントへの対処。多くは自動化プログラム「ボット」による無人アカウントだったようだ。
前述の関与したフェイクアカウント計1万8,739件の内訳は、インスタグラムが最も多く1万4,330件、次いでフェイスブックの2,427件、ツイッターの1,982件、ユーチューブの471件の順。
実験では、これらのフェイクアカウントが、調査開始から6週間後にどれだけ削除されていたかを、ソーシャルメディアごとに比較した。
NATO StratCom COEすると、フェイクアカウントの数が最も多かったインスタグラムでは削除率は14%なのに対し、フェイスブックでは削除率21……

「海外のYouTubeがこの10年で様変わりしたこと…」チャンネル登録数ランキングの変化

2019/12/09 00:31
上が2010年、下が2019年、トップ100のチャンネル名がずらっと並んでいます。そのうち赤がユーチューバー、黒がそれ以外。
2010年にはトップ100の中の80%がユーチューバーだったのに対して、2019年はたった28%。ずいぶんと割合が変わっています。ではユーチューバーの数や人気が減っているのかというと、そうではなく、その他の人気チャンネルが激増したのだとか。海外掲示板のコメントをご紹介します。 ●YouTubeクリエイターのファンとしては残念。間違いなく同じ感想を抱いていたけど、数字にしてくれるとわかりやすい。
●ああ、小学校のときにたくさん「nigahiga」を見てたよ。完全に忘れてた。オリジナル動画は代表的だったよ。
↑今でも配信しているよ。個人的には質も落ちていない。今でもお気に入りのユーチューバーだけど、もっと投稿してくれたらいいのにと思うよ。
●これはすごい! よく知ってる名前が2010年にたくさん出てる。それから2019年は広告が強くなってきたと思う。