ユーチューブ投稿削除命じる 日亜化学への 中傷 認定…|never young beach 昨年5月のNHK…|読者投票 YouTubeの授業動画 学校は活用すべ…|他

ユーチューブ投稿削除命じる 日亜化学への「中傷」認定 徳島地裁

2020/02/17 21:20
 動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された動画で製品や職場環境を中傷され、社会的信用が損なわれる恐れがあるとして、発光ダイオード(LED)製造大手の日亜化学工業(徳島県阿南市)が米ユーチューブ社に動画の削除を求めた訴訟の判決で、徳島地裁は17日、中傷を認めて動画削除と投稿者情報の開示を命じた。
 川畑公美裁判長は判決理由で、日亜化学が問題とした2種類の動画について「公益を図る目的のものでないことは明らか。会社が重大にして回復困難な損害を被るおそれがある」と認定した。
 判決によると、元従業員を名乗る人物が平成30年4月、同社の製造現場が不衛生な状態で品質が劣悪だとして、製品を購入しないよう呼び掛ける動画を投稿した。
 徳島地裁は昨年8月、米ユーチューブ社に対し、動画の削除と投稿者の情報開示を求める仮処分命令を出した。

never young beach、昨年5月のNHKホール公演をYouTube Liveにて配信

2020/02/17 21:02
2020.02.17 never young beach、昨年5月のNHKホール公演をYouTube Liveにて配信 never young beachが、昨年5月に東京・渋谷NHKホールにて『HALL TOUR 2019 “STORY”』最終公演の様子を、2月19日(水)21:00よりYouTube Liveにて配信することが発表された。
本ツアーは4thアルバム『STORY』のリリース直後に全国6都市で開かれたネバヤン初のホール・ツアー。コーラス、キーボード、スティールパンやマリンバといった楽器を加え、その世界観を再現。バンドの新たな一面を見せた内容になった。
なお、バンドは来月から『ネバヤンのギャー!!ツアー』を東京、名古屋、京都、大阪、沖縄にて開催。ワンマンだけでなく、OKAMOTOʼS、キセル、ペトロールズといったゲストを迎えた公演も行われる。
【イベント情報】
『ネバヤンのギャー!!ツアー』
2020年3月18日(水) at 大阪・味園ユニバース
2020年3月19日(木) at 大阪・味園ユニバース *ゲストあり
2020年4月4日(土) at 沖縄・桜坂セントラル
2020年4月9日(木) at 京都・磔磔
2020年4月10日(金) at……

【読者投票】YouTubeの授業動画 学校は活用すべき?

2020/02/17 20:20
YouTubeで配信される授業動画が、中高生を中心に視聴数を伸ばしています。弊紙でもムンディ先生(山崎圭一教諭)、葉一(はいち)さん、シオリーヌ(大貫詩織)さんら教育系YouTuberにインタビューし、大きな反響がありました。
各記事では、「学びに迷いが生じた生徒や教え方のヒントが欲しい教員にとってリスクヘッジのような存在になっているとすれば、うれしい」(山崎教諭)、「出張授業や講演活動では伝えきれない内容を広く、深く、イラストなどを使って分かりやすく解説しています。出張授業の終わりに、『これ以上の内容を知りたい人は、私のYouTubeチャンネルを見てね』と声を掛けることで、アフターフォローできています」(シオリーヌさん)など、さまざまなメリットが挙げられたとともに、「学校でも教師が日々行っている授業を録画して、投稿できるようなシステムが整備されたら、とても便利になると思います。そうすれば、子供たちはその日受けた授業を復習することができるし、その場にいなかった子供たちは新たな授業に出合えて学びの選択肢が広がります」(葉一さん)などの提案もありました。

女王蜂、ニュー・アルバム『BL』発売記念し明日2/18にYouTube Live配信&「BL」MVプレミア公開

2020/02/17 20:00
女王蜂、ニュー・アルバム『BL』発売記念し明日2/18にYouTube Live配信&「BL」MVプレミア公開  Skream!

ユーチューバーが県職員にセミナー

2020/02/17 19:50
ユーチューバーの視聴者を集めるコツなどを学んで広報技術に役立てようと、県庁で2月17日に人気ユーチューバーによるセミナーが開かれた。
「ユーチューブは視聴者維持率が大切なので、最初に要点が伝わるように動画を作るというのは気にしている」(講師・永田早希さん)
このセミナーは、広報技術の向上を図るために県が開いたもので県や市町の職員ら約50人が参加した。
参加者は、講師のユーチューバー永田早希さん(29)と制作ディレクターの鳫慎一郎さん(30)から「被写体が動いているときはカメラを固定させる」、「広さを見せたいときには左右の動きを付ける」などの撮影の基本的なテクニックや編集方法について学んだ。
参加した職員は「スマホで編集までできるというのがやりやすいかなと思う」「見るだけだったけど、自分でやってみるというのはとても興味がある」などと話した。
講師の永田さんは「これからYouTubeがもっと主流になって簡単に活用できるようなプラットホームになっていったらいいと思う」と話す。
県では来年度職員によるYouTubeでの発信を強化する方針で、若い世代の県政への関心を高めていきたいと話している。