この夏のヒット商品 成城石井の 冷やしスイーツクロワ…|渋谷スクランブルスクエア 注目スイーツ&フード|新宿高島屋で カルピス フェア 各階の喫茶店で限定ス…|他

この夏のヒット商品、成城石井の「冷やしスイーツクロワッサン」を食べてみた

2019/09/09 20:40
写真拡大
9月に突入するも、まだまだ厳しい残暑が続く。夏場に“冷やしパン”が人気を集める中、今年の夏に成城石井から新登場し、じわじわと人気を獲得している商品が”冷やしクロワッサン”だ。たっぷりトッピングがあしらわれた大きなクロワッサンの中に入っているのは、生プレミアムチーズケーキ。「成城石井らしいおいしさ」にこだわり開発されたという、甘い物好きの心をくすぐる”冷やしクロワッサン”を食べてみた。
【写真】<断面図>クロワッサンの中から濃厚な生プレミアムチーズケーキが
クロワッサンの中に入っている「プレミアムチーズケーキ」は、成城石井で売上ナンバー1を誇るベイクドチーズケーキ「成城石井自家製 プレミアムチーズケーキ」を、カップデザートにアレンジしたもの。カスタードクリームやクリームチーズ、生クリームが織りなす濃厚な味わいに、レーズンとアーモンドスライス、シュトロイゼル(小麦粉とバター、砂糖などを混ぜてそぼろ状にしたもの)がアクセントを加えるデザートだ。
ただでさえ魅力満点の生プレミアムチーズケーキと、クロワッサンの組み合わせ。「こ……

「渋谷スクランブルスクエア」注目スイーツ&フード

2019/09/09 18:55
「渋谷スクランブルスクエア」が、2019年11月1日(金)に開業。
それに先駆け、本記事では「渋谷スクランブルスクエア」内にオープンする、おすすめ&注目のフードとスイーツのショップを、日本および渋谷エリア初出店を中心に一挙に紹介していく。
「渋谷スクランブルスクエア」とは「渋谷スクランブルスクエア」は、渋谷エリア最高となる約230メートルの高さを誇る複合ビル。「渋谷再開発プロジェクト」の一環として誕生する当施設は、地上47階で構成し、高層部にはハイグレードオフィス、地下2階から地上14階までは大規模な商業施設を備え、日本最大級の屋上展望空間も内包。「渋谷再開発プロジェクト」の中核を担う新たなビルだ。
>>詳細はこちら
地下2階 東急フードショーエッジ東急百貨店が手掛けるゾーン「東急フードショーエッジ」では、ギフトにも適した注目スイーツをラインナップ。「ワールドブティック」ゾーンと「カラット 東急フードショーエッジ」で構成し、関東初、商業施設初などを含めて11ショップとイベントスペースが入居する。
>>詳細はこちら
<日本初>参和院パオ・パンダ台湾の創作レストラン「参和院(サンワイン)」が、テイクアウト専門店として「渋谷スクランブルスクエア」に日本初上陸。胡麻ペースト餡を包んだ「パオ・パンダ」や、チャーシューがたっぷり入った「パ……

新宿高島屋で「カルピス」フェア、各階の喫茶店で限定スイーツやドリンク提供

2019/09/09 18:30
新宿高島屋では、「カルピス」の発売100周年を記念したフェアを開催。2019年9月11日(水)から9月24日(火)までの期間、4・6・8・9各階の喫茶店で限定スイーツやドリンクを提供する。
■8階「Kouji&ko」※コラボレーションカフェ
・「カルピス」と碁石茶ミルク 756円(税込)
8階の発酵デリカテッセン カフェテリア「Kouji&ko」は、同期間限定で「カルピス」の水玉模様で装飾したコラボレーションカフェに変身。甘酸っぱい「カルピス」の美味しさを閉じ込めたバタフライピーのゼリー、同店で人気の発酵茶“碁石茶”にミルクとカルピスを合わせた碁石茶ミルク、カルピスを合わせた自家製タルタルソースを人気の麹バーグにトッピングしたデリプレートの3品が楽しめる。
■4階「サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ」
プリンセス風ショートケーキ「カルピス」の軽やかなクリームで 1,080円(税込)
その他、9階「カフェ タバサ ZUSSO」では「カルピス」にグレープシロップとタピオカを合わせた「グレープ&『カルピス』(タピオカ)」、6階「茶語」では「カルピス」を活かした3種のスイーツの盛り合わせ「『カルピス』100周年記念プレート」を、4階「サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ」では甘酸っぱい「カルピス」のクリームを使った「プリンセス風ショ……

「おむすびケーキ」、大阪で誕生!“見た目はおむすびなのに中身はケーキ”な、手も汚れないワンハンドスイーツ

2019/09/09 18:23
完全予約制で月に1日だけ開催されるケーキビュッフェ、メロンを丸ごと1個使ったケーキ、“飲むケーキ”など、若い女性の間で話題のパティスリー『TSUKIICHI』。この度『TSUKIICHI』代表取締役兼パティスリーの斎藤 翼さんが“コミュニケーションスイーツ”として企画したのが、「OMUSUBI Cake(おむすびケーキ)」(350円)です。
見た目はまるっきりおむすび、その正体は美味しいケーキという“斬新すぎるスイーツ”を取材しました。
「え? これがケーキ!?」。そんな驚きと、コミュニケーションのきっかけにもなるスイーツ「おむすびフィルムで包まれたケーキは日本初。珍しいビジュアルのケーキで会話が弾み、人と人との縁をむすぶきっかけになれば」と話す斎藤さん。
日本発祥の「おむすびフィルム」を使用し、どこからどう見てもおむすび。
しかし、表面の“海苔”のようなものは、ブラックココアを配合したクレープ生地なのです。
「おむすびフィルム」を外すと、クレープ生地で中身のケーキを包めるようになっており、皿もフォークも不要、ワンハンドでケーキを楽しむことができます。
ケーキの種類は、ストロベリー、ショコラ、グレープフルーツ、抹茶、チーズケーキ、アールグレイの6種を用意。
冷凍保存も可能で、半解凍してアイス風に食べるのもオススメとか!……