チョコ味スイーツ多彩に 百貨店バレンタイン商戦スタート|受け継がれる郷土料理 豆腐もち …現代風アレンジ…|おいしいケーキが自慢!下北沢のスイーツが有名なカフェ…|他

チョコ味スイーツ多彩に 百貨店バレンタイン商戦スタート

2020/01/25 11:31
 兵庫県内の百貨店でバレンタイン商戦が本格化している。今年はチョコレートそのものだけでなく、焼き菓子など“チョコ味スイーツ”の品ぞろえが多彩に。その場で味わえる商品なども強化され、スイーツを幅広く楽しむイベント化の様相が強まっている。
 大丸神戸店(神戸市中央区)は9階で、バレンタイン催事「ショコラプロムナード」を開催中。国内外から約100ブランドが集まり、ミルクビターチョコレートに江井ヶ嶋酒造(明石市)のウイスキーを合わせた新商品なども並ぶ。
 その場で食べられるソフトクリームは、人気ブランドも商品を投入し品ぞろえを強化。チョコレートキャラメルを挟んだバターサンドや、チョコで覆ったジャガイモのスナックなど、個性豊かな商品が来店客の目を引いていた。
 神戸市西区の30代の女性会社員は「(近年は)職場で義理チョコを配ることもなくなったので、自分と家族用に買いに来た。ソフトクリームを食べるのが楽しみ」と話していた。
 25日に催事を始めるそごう西神店(同市西区)は今月末まで、「バレンタインお取り寄せ」と題した企画を実施。チョコ以外に、全国の人気パンやスイーツを日替わりで販売する。
 同様の催事は神戸阪急(同市中央区)、加古川ヤマトヤシキでも開催中。山陽百貨店(姫路市)は29日から。(三島大一郎)

受け継がれる郷土料理「豆腐もち」...現代風アレンジでスイーツや“とろとろ×もちもち”グラタンに変身【福島発】

2020/01/25 11:30
“豆腐もち”とは…福島・会津若松市湊町にある「はら笑楽交(しょうがっこう)」。
3年前、廃校となった校舎を活用しオープンした交流施設で、中にはカフェがある。
こちらの看板メニューが、「豆腐もち」。
一体どのような食べ物なのか…。
標高500mを超える高冷地のため、米が育てにくかった湊町。代わりに大豆の栽培が盛んで、地区では、わらで縛っても型崩れしないほど、固くておいしい豆腐が作られてきた。
そこで、ご馳走であった餅と自慢の豆腐を合わせ食べられるようにしたのが「豆腐もち」だという。
……

おいしいケーキが自慢!下北沢のスイーツが有名なカフェ9選

2020/01/25 10:24
駅周辺の再開発が進み、ますます利便性が高まっている下北沢。おしゃれな飲食店が多いことでも知られるこのエリアには、美味しいケーキを提供するお店も多い。
本記事では、下北沢で人気のケーキ屋さんを紹介する。各店自慢のケーキを食べ比べてみよう。
【目次】
・テイクアウト専門のケーキ屋さん
・イートインも可!下北沢で人気のケーキ屋さん
・美味しいケーキが自慢の喫茶店・カフェ
テイクアウト専門のケーキ屋さんはじめに、テイクアウト専門のケーキ屋さんを紹介する。ケーキはもちろん、手土産に最適な人気の焼き菓子もチェックしてみよう。
つくしや
つくしやは、1958年創業のケーキ屋さん。東京文明堂の大番頭をしていた久保田勝也が赤坂で創業したお店が元になっており、現在は下北沢駅近くに店を構えている。ケーキは販売のみだが、22時まで営業。
同店の看板メニューの一つ「レモンケーキ」は、「世田谷土産」にも認定されている、ほんのりとしたレモンの風味を感じる焼き菓子。レトロな可愛らしい包装で、ホッとする味わい。冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめ。
出典 公式サイト|つくしや
つくしや の詳細情報(食べログ より)店名 つくしや
電話番号 03-3413-0533
予約 
住所 東京都世田谷区北沢2-12-8 半戸……

鎌倉で買いたいお土産おすすめ11選、人気スイーツ、ごはんのお供、おしゃれ雑貨まで

2020/01/25 09:02
ばらまき用に。鎌倉の定番お土産
平日・休日を問わず、また四季どの季節にも数多くの観光客が訪れる鎌倉には、素敵なお土産がたくさんあります。家族やお友だちにと、お土産選びも楽しい時間です。
歴史に支えられたお店のものから時流に合わせた注目の商品まで、バラエティーに富んだ品々がそれぞれのお店に並んでいます。ここからは、厳選したおすすめのお土産を、タイプ別に紹介していきましょう。まずは、ばらまきに適した定番品からです。
和の香りと上品な口当たり 鎌倉五郎本店 鎌倉半月ほんのりとした甘さが上品な風味を生み出す鎌倉五郎本店の『鎌倉 半月』は、サクっとした触感の和せんべいにクリームを挟み込んだお菓子です。
クリームの種類によっていくつかのタイプがあります。抹茶クリームをはさんだ抹茶風味や、小倉クリームの小倉風味などです。
その他、ゴマを練り込み独特の香ばしさが人気のゴマ風味や、ローストアーモンド入りのキャラメル風味もあります。
鎌倉五郎本店
素朴な味わい 豊島屋 鳩サブレー鎌倉土産の代名詞といっても過言ではないお菓子が『鳩サブレー』です。その名のとおり鳩を模した形のサブレーは、食べたことがある人も多いでしょう。
胸部に膨らみがある可愛い形は、もはやトラディショナルな風格すら漂います。サクサクとした軽い食感や、バターをふんだんに含……

大人なバレンタインギフトが揃う日本橋三越の「スイーツコレクション」

2020/01/25 09:00
日本橋三越本店では、1月29日(水)〜2月14日(金)の期間、“覚醒”をテーマにした「スイーツコレクション」を本館7階にある催物会場にて開催する。
会場には“チョコレート愛への目覚め”と“醒めないチョコレート愛”をキーワードにしたチョコレートが大集結!フォトジェニックで、大人の雰囲気漂う注目のショコラをチェックしていこう。
見た目も味わいも◎
“チョコレート愛への目覚め”をテーマにしたチョコレートには、「ボワシエ」の看板商品「ペタル・ド・ショコラ・セサミ」68g/4104円をはじめ、
感情と味覚の関係性を考えた「日本味覚協会×オカヤス」の新発想チョコレート「喜怒哀楽チョコ ~Emotional chocolate~」4種5個入/1800円、
オリーブオイルを使用した「フレデリック・アヴェッカー」の「コフレ ユイル ドリーヴ」6個入・50点限定/3456円など、五感を刺激するチョコレートが勢ぞろい。
さらに、イートインスペースでは、ショコラとミルクを茶筅で混ぜ合わせて作る「セゾン ド セツコ 京都ショコラトリー」の「茶筅ショコラドリンク 抹茶」1210円(ドリンクセット1540円)や、
あたたかいワッフルに特別なチョコレートソースを掛けていただく「メゾンダンドワ」の「リエージュワッフル 日本橋三越本店限定 チョコレートソー……

【もちもちコンビニスイーツ】4種をもちっと食べ比べ! モチクルン×2種/マシュマロ食感!生チョコクリーム大福/ウチカ…

2020/01/25 09:00
タピオカミルクティーブームの核心は、やはりタピオカでんぷんによるもちもち食感。その流れを受け、急増している『もちもちコンビニスイーツ』を集めて、食べ比べをしてみたい。参加メンバーは『モチクルン -おもちでくるんプリンケーキ』『モチクルン -おもちでくるん苺レアチーズ』、『マシュマロ食感!生チョコクリーム大福』、『ウチカフェ タピオカいちごミルク果肉入り』の4品だ。
■もちもち加減はその原料でほぼ決まる! あなたの好きなモチ感はどれ?
古くはアイスクリームをもち生地で包んだ「雪見だいふく」(ロッテ・1981年~/求肥使用)、20年以上の愛され続けている「雪苺娘(ゆきいちご)」(山崎製パン・1998年~/求肥使用)など、もち食感で人気のスイーツは今日に始まったものではない。

【吹田市】江坂の東急ハンズでバレンタイン スイーツフェスティバルが開催中〜 自分へのご褒美チョコでも探してみよ〜!

2020/01/25 09:00
今年のバレンタインデーは金曜日♪
最近は「友チョコ」なんていうのもあったりして、準備に大忙し!!
友チョコや本命チョコもいいけれど、いつも頑張ってる自分へのご褒美チョコもいいですよね♪
高級感あふれるチョコから、毎年人気のスイーツなどが並んでますよ〜!
また、この特設会場だけでなく東急ハンズの店舗にも可愛いキャラクターのチョコなどがたくさん♪
見てるだけでも楽しいー!!
さらに!!
2020年2月1日(土)〜2月14日(金)には、誰もが知ってる高級チョコレートブランド「ゴディバ」のショップが期間限定でオープンするそうです!!
東急ハンズ 江坂店はこちら!

スイーツ天国・世田谷で見つけた映えるスイーツ13選(東京カレンダー)

2020/01/25 05:20
上質な住宅街がゆえに、世田谷にはスイーツの名店が密集している。
そこで、老舗のパティスリーから、路地裏にある実力店、新進気鋭の店まで総ざらい!
美味なのはもちろんのこと、華やかな見た目も魅力的な一品をピックアップ。
世田谷スイーツのなかでも、童心に帰らせてくれる遊び心のあるスイーツをご紹介する。
ビジュアルだけじゃない、こだわりのフルーツなど食材にも注目してもらいたい。

地元銘菓味わい笑顔でマラソン 「給スイーツ所」19種を提供 足利

2020/01/25 05:00
 【足利】地元のスイーツとイチゴを味わいながら長距離走を楽しむイベント「あしかがスイーツ&いちごマラソン」が4月5日、五十部(よべ)町の市競馬場跡地芝生広場で初めて開催される。エンターテインメントとランニングを掛け合わせたイベントが人気を集めていることから、市内の有志が企画した。参加者を募っている。
 自営や福祉関係の仕事をしながら地域おこし活動に携わる20~40歳代の市民8人が実行委員会をつくり、主催する。委員の松島一史(まつしまかずし)さん(32)は「足利のおいしいスイーツをたくさん食べてもらい、参加者から笑顔があふれ出るイベントにしたい」と意気込む。
 会場は広場内の500メートルトラックで、ランナーは周回しながらスイーツなどを楽しむ。トラック内には3カ所の「給スイーツ所」が設けられ、地元店の人形焼きやせんべい、クッキー、ようかん、チーズケーキなどの菓子類と、JA足利のブランド野菜「あしかが美人」のイチゴ(とちおとめ)、計19種類が提供される。スイーツに合う飲み物の提供も検討しているという。
 種目は親子の部、小中学生の部(ともに1・5キロ)、リレーの部(4キロ)、一般の部(3キロ)の4種類。参加費は小中学生の部1人2千円、リレーの部1組1万2千円など。当日は午前9時から開会式を行い、午前10時と11時半から種目別にスタートする。
……