ファミマ 冬チョコシーズン到来!濃厚美味スイーツ4選|神在月にお菓子の縁を体験しよう 出雲で実演イベント|龍(玉木宏) スイーツギャングとの戦いに一肌脱ぐ… …|他

《ファミマ》冬チョコシーズン到来!濃厚美味スイーツ4選

2020/11/29 11:19
グルメランキング 1 とうふで作るから罪悪感なし!「ベーコンとほうれん草のヘルシーキッシュ」の作り方 2 マクドナルド×GODIVA日本限定初コラボ! こだわり素材で本格フラッペを実現 3 これ美味しすぎる!セブン・ファミマの小腹が空いたら食べたい「パン&スイーツ」4選 4 《セブン・ファミマ》濃厚で超しっとり…!冬にピッタリの「即買いスイーツ」まとめ 5 カルディで入手困難の激売れドレッシングを実食!人気の秘密をレビュー 6 ブーム前夜「ラーメンスープ鍋」 天下一品、中本、一蘭で試したら最高だった 7 ミニマリストの女性におすすめの財布15選!シンプルで使いやすいデザインを選ぼう 8 《業務スーパー》テレビで紹介された!?おいしすぎる「極上グルメ」4選 もっと見る
人気のキーワード……

神在月にお菓子の縁を体験しよう 出雲で実演イベント

2020/11/29 11:10
 島根県内で製造される菓子の魅力を伝える催事「神在月にお菓子の縁を体験しよう!」が28日、出雲市渡橋町のイオンモール出雲で始まった。来店客が菓子職人の実演を間近に見学し、地域に育まれた食文化の魅力に触

龍(玉木宏)、スイーツギャングとの戦いに一肌脱ぐ…『極主夫道』

2020/11/29 11:00
龍は雅に、一緒にスイーツギャングと戦ってほしいと頼まれる。そんな中、雲雀(稲森いずみ)が、大変なことが起こっていると龍と雅に伝える。店員を引き連れたリサが、スーパーで酒やつまみを大量に買い込みながら、ヤクザと組んで賄賂をばらまいて火竜町を乗っ取る企みを話していたというのだ。龍は、火竜町を守るために一肌脱ぐと宣言する。
龍は、ちぇりーぱふぇぱふぇに対抗できるおいしいスイーツを作ろうと考える。そんな龍に田中(MEGUMI)が「自分の店を持ってみない?」と持ち掛ける。田中は、地域を取り仕切る影の顔役たちによる組織・八竜会を紹介すると言う。
八竜会は8つの町の婦人会会長で構成され、多くの主婦たちを動員できる力を持っていた。八竜会に、にらまれれば存在自体を消されてしまうと、江口(竹中直人)も恐れるほどだった。
龍は、八竜会の定例会議に向かった。八竜会の理事長は、金竜町婦人会会長で“甘味王”とあだ名される福田(石田ひかり)。龍は、福田をはじめとした八竜会の最強主婦たちと対面し、協力を申し入れるが…。

見た目も味も魅力的!『グムグム』のクリスマス限定お花スイーツ

2020/11/29 10:50
「お花のいちごバウム」は、いちご味のバウムクーヘンをベースに、ビオラ、サフラワー、マリーゴールド、ローズなどのエディブルフラワーで華やかにデコレートした一品です。上質なバウムのしっとりした食感といちごの甘い香りが、クリスマスの食卓を美味しく、鮮やかに飾ってくれます。
“クリスマスリース”をモチーフにした「クリスマスリースバウム」

試合中の渋野日向子にお菓子を手渡し JLPGAが中継局を厳重注意

2020/11/29 10:17
ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たるツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!スコアアップを手助け!ゴルフスクール名門コースでのプレーをあなたにゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入可能 !!年会費無料の特典付きゴルフカード!アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!

《無印良品》ついつまんじゃう…!マニアおススメの「絶品お菓子」4選

2020/11/29 08:21
グルメランキング 1 とうふで作るから罪悪感なし!「ベーコンとほうれん草のヘルシーキッシュ」の作り方 2 マクドナルド×GODIVA日本限定初コラボ! こだわり素材で本格フラッペを実現 3 これ美味しすぎる!セブン・ファミマの小腹が空いたら食べたい「パン&スイーツ」4選 4 《セブン・ファミマ》濃厚で超しっとり…!冬にピッタリの「即買いスイーツ」まとめ 5 カルディで入手困難の激売れドレッシングを実食!人気の秘密をレビュー 6 ブーム前夜「ラーメンスープ鍋」 天下一品、中本、一蘭で試したら最高だった 7 ミニマリストの女性におすすめの財布15選!シンプルで使いやすいデザインを選ぼう 8 《業務スーパー》テレビで紹介された!?おいしすぎる「極上グルメ」4選 もっと見る
人気のキーワード……

ピンク屋形船でコロナ苦境乗り越える…ランチクルージングに“世界一スイーツ”提供にも挑戦

2020/11/29 06:00
 新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」は、忘年会シーズン間近の屋形船業界も直撃している。「屋形船 あみ達」(東京・江戸川区)の高橋悟社長(48)は、予約状況について「例年の2割もいっていない。忘年会を禁止している会社も多いでしょうからね」と話した。
 1月に都内の別の屋形船で行われた新年会からクラスター(感染者集団)が発生。2月14日に報じられると、キャンセルが相次ぎ、毎年約9000人が乗船するという3、4月のお花見シーズンの利用はゼロになった。1916年創業で100年以上続いてきたが、4代目の高橋社長は「16人の従業員を守れるのか、不安になった」と振り返る。
 船は4月からの緊急事態宣言中は約2か月休業。その間、天丼のテイクアウトも行った。6月に営業を再開したが、夏場の感染拡大もあり客足は思うように戻らず、現在の売り上げは例年の3割に届かないという。
 「夜の宴会」のイメージがある屋形船で、12月からは新たにピンクの船によるランチクルージングを開始する。船体の「まるあ柄」と呼ばれる水玉模様が印象的だ。2010年の製菓コンクール「ワールドペストリーチームチャンピオンシップ」で、日本人初の総合・個人部門ともに優勝した五十嵐宏シェフによる“世界一のスイーツ”も提供。高橋社長は「デートや女子会に使っていただき、若い人たちにも屋形船を知ってもらいたい……