野球U18の日本代表 台風で韓国足止め 優勝は台湾|空手プレミアリーグ 台湾の文姿云が銀 東京五輪出場圏内|美少女の美術史 展に台湾の若者も関心|他

Contents

野球U18の日本代表、台風で韓国足止め 優勝は台湾

2019/09/09 21:16
 大会は最終日の8日、決勝があり、台湾が4連覇中の米国を2―1で破り、5大会ぶりに優勝した。3位決定戦は韓国が豪州を6―5で下した。西(岡山・創志学園)が最多本塁打(2本)となり、大会のベストナインに相当する「オールワールドチーム」に日本からは先発投手で奥川(石川・星稜)、一塁手で韮沢(埼玉・花咲徳栄)が選ばれた。
 大会には12の国と地域が参加。初優勝を目指した日本は1次リーグを1位で通過したが、2次リーグで韓国、豪州に敗れ、7日に5位が確定。4大会ぶりにメダルを逃した。

空手プレミアリーグ、台湾の文姿云が銀 東京五輪出場圏内

2019/09/09 20:11
(台北 9日 中央社)空手のプレミアリーグ東京大会最終日は8日、東京・日本武道館で行われ、組手女子55キロ級で台湾の文姿云が銀メダルを獲得した。
世界ランキング2位の文は決勝で、同1位のウクライナの選手と対戦したが、1-3で敗れた。
東京五輪出場のためのポイントを獲得できる同大会。世界空手連盟(WFK)の五輪選考用ランキングで、2020年4月6日時点の上位4人が出場権を得ることになっており、文は9日時点で5位。4位は宮原美穂で、日本は開催国枠が認められているため、文は五輪出場圏内に入っている。
(黄巧ブン/編集:楊千慧)

「美少女の美術史」展に台湾の若者も関心

2019/09/09 19:38
 青森県立美術館で2014年に開かれた企画展「美少女の美術史」が11月24日まで台湾の国立台北教育大学北師美術館で開かれている。青森-台北定期便就航に伴い台湾を訪問し8月27日、企画展を取材した。日本 ...

【配信開始】台湾の人気ホラーアドベンチャーゲーム『返校 Detention』がアプリで登場!

2019/09/09 19:27
<ストア情報>
[ 概要 ]
1960年代の台湾、架空世界の学校を舞台にしたホラーアドベンチャーゲームです。台湾ならではの文化を表現したいため、キャラクターやシーンも台湾人に親しみのある要素を採用しており、一膳飯、廟宇、神壇など、当時の宗教や風習をゲームに組み込んでいます。
簡単なタッチ操作で遊べる、シンプルながらも巧みな謎をプレイヤーに提供します。
少年と少女の出会いと探索からストーリーが始まり、体制と衝突する60年代の台湾歴史を奇妙な形で追体験できます。オリジナル音楽とサウンド、写実的なアートが融合し、息が詰まりそうな雰囲気を醸し出します。
『返校 -Detention-』は台湾のデベロッパーである赤燭遊戯(Red Candle Games)によって製作され、アメリカで「IndieCade 2017ベストジャーニー賞」を受賞しました。
[ 特徴 ]
◆シナリオ重視で謎解き要素も交えた2Dホラーアドベンチャーゲーム
◆台湾の伝統的な文化を取り入れ、60年代の学校風景を彷彿とさせる内容
◆総収録時間40分超えのオリジナルサウンド(ロック・Low-Fi・電子音楽)とサウンドエフェクト
◆オリジナリティ溢れる写実的なゲームアート
◆多言語対応(日本語 / 韓国語 / 中国語 / 英語)

台湾ツアー客が岩木山ヒルクライム

2019/09/09 18:30
台湾から観光ツアーの一行が岩木山を訪れました。この日のために通行止めにした津軽岩木スカイラインを自転車で上るヒルクライムを楽しみました。
ツアーは台湾の旅行会社「ゴーファン」が企画しました。
台湾のほかシンガポールや香港などから参加したツアー客のうち自転車愛好家17人が津軽岩木スカイラインを自転車で上る「ヒルクライム」に挑戦しました。
津軽岩木スカイラインはカーブの数が69、高低差はおよそ800メートルあり車両を通行止めにして行いました。
参加したツアー客は標高1247メートルの8合目をめざして懸命にペダルをこぎ続け、挑戦した17人のうち13人が完走しました。
★完走した参加者は
「きょう初めて台湾から参加しました。岩木山に来て走ってきましたけど景色がとっても素敵でした。今回通行止めにしているので車が入らないので安全に楽しく69のカーブを楽しんできました」
「景色も良いし、みなさん人がとても良かったのでまた来たいなと
思いました」
これまでスキーツアーを中心に青森観光を売り込んできた「ゴーファン」ですが、今回初めて岩木山のヒルクライムを企画し、手応えを感じたようです。
★ゴーファン 鄭文豊執行長
「私ども2年前から青森県との良い関係のもとにスキーチャーター等やらせてもらっています。青森県庁との関係……

バレてる…日本人観光客が「ホタテ味のほんだし」をよく買うことに気付いた台湾のスーパーが賢い

2019/09/09 17:31
ここは日本かという錯覚を起こす風景日本人にはおなじみの味の素の「ほんだし」。ホタテの貝柱を使った台湾限定のほんだしは、和洋中の料理、何にでも使えておいしいとひそかに人気だ。それに気付いて日本語のポップを作った現地のスーパーは、おもてなし精神満点だと言えよう。
投稿を見たTwitterユーザーからは「台湾さすが!」「これおいしすぎた! 次の訪台でも山ほど買うぞー!!」という声があがっている。
一部では「味の素KK干し貝柱スープ」が台湾のホタテほんだしの味に似ているという情報も。運良く両方を手に入れることができた人は、味を比べてみてもおもしろいかも。
 その他、大きな画像や関連リンクはこちら

朝比奈彩&白石隼也の台湾デートシーンが「妙にリアル」と話題/『ランウェイ24』8話

2019/09/09 17:14
朝比奈彩&白石隼也の台湾デートシーンがときめく『ランウェイ24』8話>>
『ランウェイ 24』は、関西国際空港を拠点とするLCC(ローコストキャリア)が舞台。ピンク色の機体がトレードマークの「Peach」の全面協力のもと、"桃パイ"ことパイロットの井上桃子の成長や恋愛模様が描かれる。
第8話で、台湾行きの国際線に乗り込んだ副操縦士の桃子と機長の徹也。徹也のおごりでランチを食べるため、台湾の街へと繰り出した。「Peach」のメンバーと打ち解けられず、これまでなかなか笑顔を見せていなかった徹也だが、今回はおいしそうに台湾料理をほおばり、桃子と2人きりの食事を楽しんでいた。
デートシーンでの2人のナチュラルな演技に魅了された視聴者も多かった様子。ネット上では、「デートが妙にリアル」「表情と会話が自然すぎてドキドキしちゃう」「桃子と徹也じゃなくて、ただの朝比奈彩と白石隼也」となどの声が上がっていた。
朝比奈彩&白石隼也の台湾デートシーンがときめく『ランウェイ24』8話>>
(文/沢野奈津夫@HEW)

【TMT発祥の台湾名店】春水堂から秋冬限定の新メニュー。ところで春水堂ってなんて読む?

2019/09/09 16:30
タピオカミルクティー(TMT)発祥の超人気店、台湾カフェの「春水堂(チュンスイタン)」から新フレーバーが登場しました。気になるお味は「ほうじ茶マロン」と「柚子ジャスミンティー」の2種類です。季節の移り変わりを感じることができるフレーバーになっており、いずれも日本の春水堂でしか提供されない限定メニュー。タピオカ好きの方以外でも満足できる一品なので、ぜひ試してみてください。
タピオカで人気の「春水堂(チュンスイタン)」とは
そもそも「春水堂(チュンスイタン)」とは、台湾で45店舗を展開している人気のカフェのことです。
現地台湾では国民的な人気を誇っており、茶葉にこだわっているのが特徴。
また、タピオカミルクティー発祥の店としても有名で、日本でもタピオカブームを支えています。
お茶マイスター認定制度
なぜ春水堂がこれほど人気なのかというと、「お茶マイスター認定制度」による品質の高さが理由として挙げられます。
お茶マイスター認定制度とは、春水堂の試験のようなもので、この認定制度に合格した人だけがドリンクを作ることができるのです。
つまり、茶葉へのこだわりと認定制度の存在により、春水堂は商品の品質の高さを維持することができ、結果的に絶大な人気を誇っているということになります。
秋を感じられる「タピオカほうじ茶マロン」

若者が去った村、高齢者の孤独を癒やす「グラフィティ」 台湾

2019/09/09 12:37
 呉さんは「この村は老人でいっぱいだ」と嘆く。自分の子どもたちを含め大多数の若者が都会に移住し、残された高齢者は憂鬱(ゆううつ)な気持ちで孤独に暮らしているという。
 だが、呉さんのグラフィティが自撮り映えする場所を探す若者を村に引きつけた。「多くの観光客を魅了した。ここに残された高齢者はもはや退屈していない。これが私にとって最大の収穫だ」と呉さんは笑う。
 呉さんだけではない。現在、台湾にはいわゆる「グラフィティ村」が6か所あり、若者が去った村をグラフィティが活気づけている。 (c)AFP/Jerome TAYLOR

大赤字計上の東芝メモリ、台湾Lite-onのSSD事業買収で弱点克服へ

2019/09/09 11:30
 2016年4月から爆発的に成長を始めたメモリ市場は、2018年後半に突如、不況に突入した。このメモリ不況の原因としては、Intelが10nmプロセスの立ち上げに失敗し続けたため、PC用やサーバ用プロセッサが供給不足となり、それらを当てにして製造されたメモリが市場にあふれて価格暴落を引き起したことによると分析した(関連記事:Intel 10nmプロセスの遅れが引き起こしたメモリ不況、2018年12月7日付)。
 この価格暴落により、メモリメーカーの業績が悪化している。その中でも、DRAMを持っておらず、NAND型フラッシュメモリしかない東芝メモリとWestern Digital(ウエスタンデジタル/以下、WD)は、2019年以降、営業損益が赤字に転落してしまった。さらに、2019年第2四半期の営業損益を見ると、WDが−4.28%であるのに対し、東芝メモリは−46.17%と深刻な赤字になっている。
 WDと東芝メモリは、四日市工場で設備投資を折半してNANDフラッシュを製造し、そのNANDフラッシュを半分に分割してそれぞれがビジネスを行っている。にもかかわらず、WDと東芝メモリの赤字の状況が異なるのはなぜだろうか?
 本稿では、まず、メモリメーカーの営業損益を比較することにより、DRAMとNANDフラッシュを両方持っている企業がまだ余力があること……

タピオカブームの次は…台湾発祥の「チーズティー」が日本上陸

2019/09/09 11:00
(左)ハッピーレモン京王新宿店/(右)フォーチュナー ティーボックス話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、タピオカの次に来るのはこれ? と噂の「チーズティー」を体験してきました!
■「フォーチュナー ティーボックス」東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG内1F 都内のほか、名古屋、さいたま新都心にも店舗あり
台湾発祥のチーズティーとは、お茶や紅茶の上にホイップ状のチーズフォームをのせたもの。飲み方はまず上にあるチーズフォームを→次にお茶を味わい→最後にミックスして飲む、という3段階が基本のようです。
さっそく味を体験すべく原宿にある「フォーチュナー ティーボックス」へ。こちらは日本初のチーズティー専門店で、ロゴの女のコが目印です。一番人気という鉄観音チーズティーをオーダーしました。甘さ(無糖・控えめ・普通・多め)と氷の量(なし・少な目・普通)が自分好みに調節できます。
まずチーズフォームを口に含みます。味は甘じょっぱくなめらかな口当たりです。鉄観音茶は飲み口すっきりで、ごくごくと飲めました。ミックスするとマイルドなのど越しに。おいしい! こぢんまりながらも、おしゃれな店内も人気のようです。
■「ハッピーレモン京王新宿店」東京都新宿区西新宿1-1……

約80品の台湾グルメが登場!「東京タワー台湾祭 2019秋」9月13日(金)~16日(月・祝)の4日間 !

2019/09/09 10:36
東京タワーは、日本と台湾の交流を目的に、台湾の文化・芸能・美食などの魅力が体感できる国際交流フェスティバル「東京タワー台湾祭(たいわんまつり)2019秋」を9月13日(金)~16日(月・祝)に開催します。ぜひお越しください!
■内容紹介『粉もの』
▸葱抓餅(ツォンジュアピン):台湾に訪れた人は必ず食べる逸品! パイ生地のようなサクサク食感に葱の香ばしさが加わった人気台湾グルメ!
▸胡椒餅(フージャオビン):胡椒をたっぷり使って作った豚ひき肉と葱の餡を小麦粉などで作った皮で包み、高温で焼いた窯焼き肉まん。
▸蚵仔煎(オアチェン):かきと野菜を入れた具だくさんの卵焼き。かきの旨味たっぷりです。
▸割包(グァバオ):台湾パオに豚角煮や高菜、ピーナッツ粉、本格的な台湾バーガーです。
■内容紹介『飯』
▸角煮飯(ルーローハン):台湾の豚角煮めし!台湾では庶民からとても親しまれていて、ほとんどの定食屋、食堂でみられる台湾ソウルフードです!
▸台灣肉粽(ゾンツ):客家風豚の角煮のちまき。
▸鶏肉飯(ジーローファン)
▸知高飯(ツーガオファン):上質な角煮といった感じで、筋っぽくも繊維っぽくもなく、トロトロです。
▸牛肉飯(ニゥロゥファン):ご飯の上にたっぷり煮込んだとろっとろの牛肉をたっぷり乗せた一品です。……

【U-18W杯】「韓国版オオタニ」打っては4番、投げては最速154キロの二刀流に台湾紙注目

2019/09/09 10:07
チャン・ジェヨンはキウム・ヒーローズのチャン・ジョンソク監督の長男 韓国・機張(きじゃん)で行われていた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は8日、決勝と3位決定戦が行われ、台湾が9年ぶり3度目の頂点に立った。
侍ジャパンU-18代表、ミス響き韓国に痛恨敗戦 永田監督は選手かばう「監督が悪い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)
 3位決定戦ではスーパーラウンドで野球日本代表「侍ジャパン」高校代表を下した韓国とオーストラリアが対戦。韓国が6-5で勝利し3位になったが、この試合で台湾メディアが「韓国版大谷」として、ある二刀流選手に注目した。「韓国版オオタニが注目を集める。チャン・ジェヨン、ここまでスカウトが集まるとは予想せず」と報じたのは台湾地元紙「自由時報」だった。
 韓国プロ野球・キウムヒーローズのチャン・ジョンソク監督の長男で父子鷹選手として韓国で知られるチャンは6日の日韓戦で4番・一塁で先発するなど主軸を担い、投手としても3日の中国戦と7日の米国戦で登板。韓国代表最速の154キロを記録する二刀流として、将来を嘱望されているという。
「最初はここまで多くのスカウトを予想していなかった」と日米のスカウトの集結した大会での注目度について語ったというチャン。今後のキャリ……

東方神起、台湾単独コンサートを盛況裏に開催…ヒット曲からソロ曲まで多彩なステージを披露

2019/09/09 10:07
パフォーマンス皇帝東方神起が単独コンサート「TVXQ! CONCERT -CIRCLE- #with」台湾公演も盛況裏に終えた。今回の公演は7月、新北市立新荘体育館で開催され ...

奮闘光った台湾投手陣 米の5連覇阻む 周宗志監督「投手陣が良い仕事」

2019/09/09 09:39
 米国の5連覇を阻んだ台湾は投手陣の奮闘が光った。2点リードの八回無死一塁。米国の8番打者に2ボールとなった場面で、制球力がある右腕・陳柏毓が3番手でマウンドへ。140キロ台中盤の直球を3球続けて空振り三振に仕留め、後続も断って無失点でしのいだ。九回に失策絡みで1点差まで迫られたが、逃げ切った。9試合を戦ったチームは計29失点と出場12チーム中、23失点の日本(8試合)に次ぐ少なさ。周宗志監督は「投手陣が良い仕事をした」とたたえた。

「3Dセンシング」に商機見出す台湾のサプライヤー企業たち

2019/09/09 06:00
台湾のサプライヤー各社は、「3Dセンシング」こそが、モバイルテクノロジーにおける次のブームになると見ている。3Dセンシングによって、スマホの顔認識技術は精度が大幅に向上する。
アップルや中国のアンドロイド端末メーカーは、3Dセンシングの研究開発を強化しているという。
3Dセンシングが普及すれば、顔認証が指紋認証に取って代わり、無人店舗で買い物をしたり、前景にピントを合わせて背景をぼかす写真を撮ることが可能になる。ハードウェア製造の世界的な中心地である台湾は、数十年に渡って大手ブランドに製品を供給してきた。
Win SemiconductorsやAdvance Wireless Semiconductorは、3Dセンシングのモジュールを製造しており、Newmax Technologyはオプティカルハードウェアを製造している。また、Largan Precisionはカメラモジュールを、フォックスコン・テクノロジーはスマホの組み立てを手掛けている。
調査会社TrendForceは、7月22日に発表したレポートの中で、「今年は、世界のスマートフォン出荷台数の減少が見込まれる。端末メーカーにとって、今後は3Dセンシングモジュールが重要な部品になるだろう」と述べている。レポートによると、3Dセンサーの主要部品であるVCSEL(垂直共振器面発光型レーザ……