台湾 台北 / 9月23日 グリーンワールド花華本館…|台湾の小学生と手紙交流 郵便局長指導 英語や漢字で返…|台湾の若者 香港デモ隊にガスマスク2千個送る 連帯…|他

台湾の小学生と手紙交流 郵便局長指導、英語や漢字で返事 佐賀・鍋島小 /佐賀

2019/09/19 17:08
 佐賀市立鍋島小学校で18日、台湾の小学生と手紙で国際交流する授業が開かれた。年賀状や暑中見舞いの書き方を市内の小学校で教えている佐賀八戸溝郵便局の石原資展局長が企画した。同小では2回目。6年生児童が届いた手紙を受け取り、英単語を調べたりしながら返事を書いた。石原局長が10月に台湾を訪れ届けるという。
 自己紹介などが書かれた手紙に対し、生徒たちは石原局長の「台湾は漢字も通じる。英語が分からない時は漢…

台湾の若者、香港デモ隊にガスマスク2千個送る 「連帯が大事」

2019/09/19 17:00
一方で中国は、台湾について、アメリカとともに香港デモを背後で扇動していると非難している。
中国にとって、香港と台湾の連帯は、二重に頭の痛い問題だ。
台湾が政府レベルで香港デモを支援している証拠はないが、香港の「雨傘運動」と台湾の「ひまわり学生運動」(ともに2014年)の活動家たちは互いに連絡を取り合っている。いずれの運動も、民主的な体制を中国政府が変革するとの不安から始まった。
ともに自由を謳歌香港と台湾の人々は、徐々にではあるが確実に、互いの運命が結びついていると考えるようになっている。
中国圏内で「自由」が試されてきた地域は、香港と台湾の2つしかない。両地域が団結することで、民主主義のための闘いがどれほど尊いかを中国の指導層に示せると考える人もいる。
ただ、コウさんは香港のデモ参加者に、非暴力に徹するよう呼びかけている。そして、平和的な方法で民主主義を手に入れた台湾の経験から学んでほしいと話す。
「デモ参加者は平和的な方法を選ぶ必要があると思う。そうすることで、香港をどんな社会にしたいか、彼ら自身で考えることにつながる。安全で平和な社会か、それとも暴力的な社会か」
(英語記事 The Taiwanese sending 2,000 gas masks to Hong Kong)

人生の転機は大地震 台湾最高齢女性救助隊員の奮闘記

2019/09/19 15:11
(台北 19日 中央社)中部・南投県埔里在住で、今年70歳になる林美霞さんは、災害現場で活躍する台湾最高齢の女性救助隊員だ。20年前に発生した台湾大地震の被災者となったことで災害救助の重要性に気付き、救助隊員を志した。他の隊員と同じ重装備を背負い、同じ距離を歩いて、まだ現役であることを行動で証明している。
林さんは南部・台南生まれ。20代で結婚したが30代で夫と死に別れ、幼稚園の手伝いなどをしながら女手一つで6人の子どもを育て上げた。
母親以外にも、長年台湾の赤十字社「中華民国紅十字会」のボランティア水難救助員をしてきた一面を持つ林さん。娘と2人で水泳を習い始め、初心者レベルから救助員の資格を取得するまでに上達するなど、意志の強さを持ち合わせていた。
1999年9月21日午前1時47分、中部・南投県集集を震源とした台湾大地震が発生。近くの酒造工場の爆発により、燃え上がった炎が惨憺(さんたん)たる状態の路上を照らし、酒の匂いが空気中に充満していたと林さんは振り返る。そんな中、救出作業に当たる救助隊員の姿を見て感銘を受けたという。震災後、訓練に参加して隊員となり、これまでに2008年の四川大地震や09年の八八水害、16年の台湾南部地震など、国内外の災害現場で任務を遂行してきた。
「私に助けることができるなら、決して諦めない」と語る林さん。……

楽天が台湾プロ野球のラミゴを買収 2020年シーズンから参入へ

2019/09/19 13:11
台北市で記者会見し、手をつなぐ楽天の代表者(左側の2人)、台湾プロ野球の呉志揚コミッショナー(右から2人目)、ラミゴの劉☆(王ヘンに介)延社長(右端)=19日(共同) 【台北共同】楽天は台湾プロ野球のラミゴを買収し、2020年シーズンから台湾リーグに参入する。楽天の代表者とラミゴの劉カイ延社長が19日、台北市で記者会見を開いた。台湾プロ野球の呉志揚コミッショナーも同席。楽天は球団を傘下に収め、台湾で展開するインターネット通販などの事業に弾みをつける考えだ。
 ラミゴは日本ハムの王柏融(ワン・ボーロン)外野手が昨季まで所属した台湾の人気球団で、7月に球団を売却する意向を示していた。日本のプロ野球で同一の企業が複数球団を所有することは野球協約に抵触するが、海外の球団を持つことは禁じられていない。

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

2019/09/19 12:11
 株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)と台湾のKiwi Technology(以下、Kiwitec)は19日、IoT活用に向けたLoRaWANの展開において協業すると発表した。協業により、両社はKiwitec製LoRaWANゲートウェイ機器において独自の機能拡張を行い、LoRaWANソリューションとしてさまざまなIoT分野に対して11月1日から展開していくとしている。
 LoRaWANは、低消費電力かつ長距離通信を特徴とする無線通信技術で、免許が不要な周波数帯域を利用することで、誰でも手軽に利用できる。Kiwitecは、2015年からLoRaWANの成長性、可能性に着目し、同技術に対応した独自のゲートウェイ(基地局)やモジュール、センサーデバイスなどを開発、販売している。
 一方、IIJでは、2016年にIIJ IoTサービスを開始し、IoTビジネスを展開してきた。2017年には農林水産省の公募事業として、IoTを活用し水田の水管理コストを削減することを目指した実証実験に取り組んでおり、実証ではKiwitecのLoRaWANゲートウェイを設置し、水田センサーからのデータをLoRaWANで収集するシステムの研究開発を行っている。
 この実証を通じて、IIJとKiwitecはお互いの技術を集結し、IoT分野におけるさらな……

台湾、陽子線治療の重要性増大に伴いがん治療の重要拠点に

2019/09/19 10:53
台湾・台北--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- 台湾ほど質と効率を伴った医療サービスを容易に利用できるところはなく、世界中から毎年50万人近い患者を ...

「私のきれい日記」ブランド誕生15周年記念「台湾阿里山茶マスク」限定発売!台湾女子の美肌に一歩近づきましょう! :時…

2019/09/19 09:40
[PTM] 「私のきれい日記」ブランド誕生15周年記念「台湾阿里山茶マスク」限定発売!台湾女子の美肌に一歩近づきましょう!

【日本初出店】台湾発 漢方のライフスタイルブランドDAYLILY、COREDO室町テラス2F 誠品生活日本橋内に日本…

2019/09/19 09:40
女性たちに台湾漢方を届ける「DAYLILY(デイリリー)」2019年9月27日(金)グランドオープン
[画像1: https://prtimes.jp/i/37635/4/resize/d37635-4-632325-0.jpg ]
DAYLILY JAPAN 株式会社(本社 東京都渋谷区、代表取締役 小林百絵)は、2019年9月27日(金)に開業する新商業施設「COREDO室町テラス 誠品生活日本橋内」(東京都中央区)に、台湾発 漢方のライフスタイルブランド DAYLILY(デイリリー)初の常設店となる日本1号店をオープンいたします。
台湾では生活に根付いた「漢方」のライフスタイルを届ける薬膳茶やサプリメント、コスメ、台湾雑貨などを取り揃える
台湾では漢方は薬としてだけでなく、生活の一部として様々な形で取り入れられています。DAYLILYでは、漢方薬剤師と開発した食べられる薬膳茶「EAT BEAU-TEA」や、台湾では漢方として用いられている珍珠粉(真珠の粉)のサプリメント、高麗人参や当帰など和漢植物を使ったフェイスマスクシート、台南でつくられた刺繍チャイナシューズ などを取り揃えております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/37635/4/resize/d37635-4-704071-3.jpg ]
……