ライブレポート ゆずが台湾公演で弾き語りドームツア…|台湾で連日行列! “神のチーズティー”が日本初上陸|三代目JSB登坂広臣:台湾で三代目JSBライブ開催希…|他

【ライブレポート】ゆずが台湾公演で弾き語りドームツアーの世界を再現、全編中国語詞の「栄光の架橋」も披露

2019/09/29 22:38
国内ツアーと同じく最新曲「SEIMEI」から「青」という流れでライブはスタート。北川がこの日のために練習を重ね、習得したという中国語を交えながら観客と一体になって「贈る詩」を歌った。「マボロシ」では、会場の規模は違えどまばゆい照明によってドームの世界観を再現。その後も、台湾公演で追加した「雨のち晴レルヤ」や、台湾でも人気のアニメ「クレヨンしんちゃん」の歴代主題歌「OLA!!」「マスカット」のスペシャルメドレー、新曲「GreenGreen」などを立て続けに披露した。アンコールのラストには全編中国語詞による「栄光の架橋」を歌唱。2日間で集まった約3000人の観客を沸かせた。

台湾で連日行列! “神のチーズティー”が日本初上陸

2019/09/29 19:51
“神のチーズティー”と称される台湾発の人気店。
machi machi ラフォーレ原宿店台湾で行列が絶えないチーズティー専門店が2019年6月、日本初上陸。台湾茶の香りを存分に感じてもらうため、オーダーが入ってから1杯ずつ抽出する徹底ぶり。チーズティーは、台湾茶のおいしさを濃厚なチーズフォームで閉じ込めたベーシックなチーズティー5種と、フレッシュフルーツを合わせた2種類の全7種類。「テッカンノンチーズティー」は、さっぱりした茶葉の味わいと、フランス産の岩塩のほどよい塩気が効いた優しいコクのチーズフォームが絶妙にマッチ。¥480。タピオカを超えるモチモチ感の「タロイモボール」を+¥100でトッピングして。
東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2F GOOD MEAL MARKET内 TEL:03・6896・5150 11:00~21:00(20:50LO) 不定休
軽めのチーズフォームで、お茶のおいしさが際立つ。
綿茶 神田店門前仲町発のドリンク専門店が、神田に出店。タピオカドリンクやスムージーなど、30種類のドリンクメニューがあり、チーズティーは常時7種類。1番人気は「チーズミルクフォーム 四季春」。台湾産の四季春茶は、蘭の花のような甘い香りと、爽やかで透明感のある上品な味わいが特徴。ニュージーランド産のクリームチーズを贅沢に使……

三代目JSB登坂広臣:台湾で三代目JSBライブ開催希望 観光大使就任で魅力をアピール

2019/09/29 14:47
 台北観光大使に就任した、ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんが9月29日、東京都内で開催された、「知られざる台北の魅力」トークイベントに登壇。7月に台湾で、初の海外ソロライブを成功させた登坂さんは、「次はメンバーと一緒に行きたいですね。向こうのファンも、それを待ち望んでくれていると思うので。ライブの時にも、次は『三代目 J SOUL BROTHERS』のメンバーと、いいエンターテインメントを持って来ると約束をしたので、果たしたいです」と意欲を示していた。
 登坂さんはこれまで4度、台湾を訪ねており、初めて訪れた際の印象を「映画『HiGH&LOW』のプロモーションで行かせていただきました。それまでライブをやらせていただいたことがない場所なんですが、TAKAHIROさんと行って、ファンの方が温かく受け入れてくれて、活気のある街だなと思いました」と振り返る。
 台湾PRのためのプロモーションビデオを撮影し、「温泉街に初めて行かせていただき、素晴らしい景色でしたし、台北市から車でちょっと行った場所にそういう景色が広がっていて、不思議な魅力がある場所だなと思いました」と魅力を熱弁。
 グルメについても触れ、「ド定番ですが、行くたびに小篭包を食べたいと、スタッフに言わせてもらい……

モノ・コトの力で「書店再定義」 老舗×台湾の人気店

2019/09/29 12:30
 東京・日本橋に27日、新しい商業施設「コレド室町テラス」がオープンし、開店前から行列ができるにぎわいを見せた。目玉のテナントは、日本初出店となる台湾の人気書店「誠品(せいひん)生活」だ。
 売り場面積が約2900平方メートルの2階フロア。通路の一角には、台湾のよろず屋をイメージした雑貨が並ぶ。一方で、各店の入り口にはのれんを掛け、回廊の四隅の照明に松尾芭蕉の俳句を記すなど、随所に江戸文化も表現した。
 約10万冊が並ぶ書籍売り場を核に、文具やレストラン、ワークショップなどの4ゾーンで構成。約100のブランドを取り扱い、半数がスイーツや茶、香水など台湾のブランドだ。料理の実演やガラス工房教室も楽しめる。誠品ならではの感性でフロア全体を編集し、文化情報を発信する場と位置づける。コンセプトは「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」だ。
 誠品生活は1989年に台北市内で創業。書店からスタートし、雑貨、レストランなどが同居したユニークな店作りで人気を高め、台湾だけでなく、香港、中国などで50店舗を展開する。米CNNが2016年に「世界で最もクールな百貨店」の一つに選んでいる。
 誠品生活Japanの潘幸兒(…

成城石井の台湾スイーツがヤバい!399円でこんなに幸せになれるなんて…!

2019/09/29 11:56
成城石井の台湾スイーツがヤバい!399円でこんなに幸せになれるなんて…!  BuzzFeed Japan

加山裕、単複快勝 インターハイランカーの実力見せる<JC台湾OP>

2019/09/29 11:46
写真:加山裕(愛工大名電高)/提供:ittfworld
<ITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープン 2019年9月25日~9月29日>
28日、4日目を迎えたITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープンは、男女ジュニア・カデットシングルス、ダブルスの本戦がはじまった。
松島と張本、ジュニアの高い壁に阻まれる松島輝空(木下グループ)は、階級が1つ上のジュニア予選を通過し、本戦に出場した。初戦を勝ち切るも、2回戦で韓国選手に敗れ、姿を消した。
一方、今年のインターハイでダブルス準優勝、シングルスベスト8の加山裕(愛工大名電高)は、国際舞台でも実力を発揮し、ジュニアシングルス、ダブルスとも最終日まで勝ち進んだ。
ジュニア女子シングルスは、赤江夏星(貝塚第二中)以外初戦敗退という結果になった。上位進出が期待された張本美和(木下グループ)もジュニアでは初戦敗退となったが、カデットではシングルス、ダブルス共に最終日まで勝ち残った。日本選手の最終日の活躍に期待が高まる。
>>日本女子ジュニア団体優勝 赤江夏星、全勝の活躍<JC台湾OP>