台湾の島で絶滅危惧種のウミガメに触った17歳の少年 …|台湾についての完全なフェイク本 が大ベストセラーに…|ウソだから面白い? 稀代のペテン師が妄想で書いた 台…|他

台湾の島で絶滅危惧種のウミガメに触った17歳の少年 罰金100万円超?

2019/10/12 20:19
写真拡大 (全2枚)
(屏東中央社)南部・屏東県の離島、小琉球の海で絶滅危惧種のアオウミガメに触ったとして、17歳のドイツ人少年が野生動物保護法違反の疑いで海巡署(海上保安庁に相当)によって送検された。同署署長室は11日、フェイスブックに「ウミガメに触った代価は30万台湾元(約106万円)かも」とするコメントを投稿し、同じ過ちを犯さないよう観光客らに注意喚起した。
同署南部分署によると、10日午後2時ごろ、周辺海域でシュノーケリングをしていた少年がウミガメにいたずらをしているとみられる写真を、同署第五岸巡隊小琉球安検所がインターネットを通じて発見した。写真は近くにいた他人が撮影し、SNSに投稿したものだったという。少年はすぐに見つかり、事情聴取したところ、家族との旅行中で、ウミガメとの接触が台湾の法律に触れるという自覚はなかったとみられる。
少年が触ったのは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているアオウミガメ。野生動物へのいたずらや虐待などを禁じる野生動物保護法18条では、違反者に1年以下の懲役や禁錮・6万元(約21万円)以上30万元以下の罰金を科すことが……

「台湾についての完全なフェイク本」が大ベストセラーに!? 世界の奇書を開いてみると

2019/10/12 18:03
 ベストセラーになる本が歴史的にずっと残るとは限らず、そうかといって、いくら良書でも誰にも読まれなければ、書き手の自己満足でしかない。本を作って売るのはとても難しい。
 では、過去の歴史上ではいったいどんな本が売れたのだろうか? そんな書物の歴史をひもとく中で、現在の価値観からすれば「えー、なんでこんな本がヒットしたの?」という奇書を紹介するのが、『奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語』(三崎律日/KADOKAWA)だ。
 本書は、もともと著者自らが、有名動画サイトで紹介していた奇書の数々がもとになっている。動画はセンスある編集と丁寧な言葉づかいで、視聴者の知的好奇心に火を点ける見応えのある作り。かく言う私も、「奇書」という目の付け所に感心した動画のファンである。早速本書の一部を紹介させていただこう。
■『台湾誌』(ジョルジュ・サルマナザール:著/1704年、ロンドンにて出版) 当時のヨーロッパでは、知識人や貿易商人以外に、東アジアについての情報は広まっておらず、野蛮でエキゾチックな土地というくらいの感覚だった。そんな中で、台湾の様子を詳細に伝える文献として貴重な歴史資料が出版された。『台湾誌』だ。この本は著者自身が幼少期を過ごしたことで知り得たという、台湾の歴史・地理・風習を事細かに記したもので、当時の大ベストセラーとなった。……

ウソだから面白い? 稀代のペテン師が妄想で書いた「台湾誌」の恐ろしい内容/『奇書の世界史』②

2019/10/12 18:03
サルマナザールは台湾人について、次のように述べています。
●台湾人の祖先は日本人である。
●台湾人は蛇を食す。
●台湾では毎年2万人におよぶ、少年の心臓が神に捧げられている。
●台湾の庶民は上着一枚をはだけたまま着る。陰部は金属製の覆いでのみ隠す。
 当然これらの話は、サルマナザールが空想で書き上げたものです。実際の歴史における台湾には、もちろんこのような習慣はありません。台湾の存在が初めてヨーロッパ人に知られるようになったのは1544年、ポルトガル人らによって発見されたのが始まりです。1624年、当時アジアにおいて絶大な影響力を誇っていたオランダ東インド会社が台湾へと侵攻し、この島を統治下におきました。
 一方、中国大陸では1644年、農民らの反乱によって明が滅亡。明の政治家にして軍人であった鄭成功が台湾へと落ち延びます。彼はこの島を拠点として明朝の復興を果たすべく、台湾を統治していたオランダ東インド会社への攻撃を行い、1661年見事これを撤退させることに成功します。
 しかしその翌年、鄭成功は病により死去。鄭氏の政治は3代続きますが、1683年に清朝の侵攻を許します。そして1684年、台湾府が置かれ、福建省に隷属する植民地となりました。
 こうして、オランダが台湾島から締め出されて以降、台湾にはヨーロッパが入り……

【台湾グルメ】台北の「阿城鵝肉」で食べたガチョウがどれだけ最高だったか全力でプレゼンする

2019/10/12 12:00
私はまんまと「あー、卵のデカい……」と言ってしまいましたが、台湾マスターからはすかさず「それダチョウ」とツッコミが。マスターいわく、私のようにダチョウとガチョウを勘違いする人は非常に多いとのことです。
・台北の阿城鵝肉さてそのガチョウですが、日本ではそこまで馴染みのある食材ではありません。見た目はアヒルに近いビジュアルで、味は鴨に近いとのことですが……。台湾マスターがそこまで言うなら仕方ありません。台北に到着した初日に「阿城鵝肉(アーチェンアーロウ)」まで足を運びました。
「阿城鵝肉」はグリーンラインの「松江南京駅」の8番出口から徒歩10分ほどのところにあるガチョウ専門店で、観光客でもアクセスは比較的容易です。というか、店の名前をGoogleマップに打ち込めば、きっちり店までナビゲートしてくれます。優秀です、Googleマップ。
ただし「阿城鵝肉」は人気店なので、多少の行列は覚悟しておいた方がいいでしょう。回転が早いので30分は待ちませんが、それでも夕食時だとすんなり入れる方が珍しいハズです。メニューを見ながら注文票に悪戦苦闘しながら書き込みましょう。大丈夫、最後はボディランゲージでなんとかなるものです。
・マストで注文して欲しいメニュー絶対に注文して欲しいのは「ガチョウのスライス」で、燻製と水煮タイプがあります。私は燻製をチョイスし、他……

ガチすぎますね!? 山本美月がポケモンGOイベント参加のために台湾遠征 「参戦してきたんだ~ふふん」

2019/10/12 11:55
 女優でモデルの山本美月さんが、「Pokemon GO(ポケモンGO)」イベント参加のため台湾まで遠征していたことをTwitterで報告しました。が、ガチ勢だ……!
 「ボサボサで申し訳ないんですけど、参戦してきたんだ〜ふふん」と自撮り写真を公開した山本さん。背景には台湾10月3日~6日に開催された「ポケモンGO」サファリゾーンイベントの看板が立てられており、“参戦”してきたことがわかります。
 小学生のころから「ポケットモンスター」シリーズのファンだったという山本さんは、2015年公開の映画「ポケモン・ザ・ムービーXY」では短編「ピカチュウとポケモンおんがくたい」のナレーションも努めています。また、Instagramでもピカチュウコスプレ写真を投稿するなど、「ポケモン」愛を以前からよくのぞかせていました。

EXILE 海外映画祭3会場に同時登場! 台湾にはAKIRA

2019/10/12 08:34
 【高雄(台湾)=江川悠】EXILEのAKIRA(38)が11日、当地の高雄市立図書館で開催中の「高雄映画祭」に出席。6月に女優リン・チーリン(44)と結婚後、台湾では初の公の場となり、現地メディアから祝福を受けた。また、この日(現地時間10日)は、スペインでNAOTO(36)が「シッチェス・カタロニア国際映画祭」、小林直己(34)も英国で「ロンドン映画祭」にそれぞれの出演作を引っ提げて出席。EXILE史上初の“同時多発”海外映画祭参加が実現した。

ヤクルトD4・浜田、『村上ロード』でブレーク!台湾ウインターリーグ参加へ:イザ!

2019/10/12 07:58
 ヤクルトのドラフト4位・浜田太貴外野手(19)=明豊高=が11月23日から台湾で開催される「アジアウインターベースボールリーグ」に参加することが11日、分かった。昨年は同じく高卒1年目を終えた村上が参加し、同リーグトップの4本塁打、15打点をマーク。今季1軍で36本塁打、96打点とブレークする土台を築いた。
 浜田は今季2軍戦で打率・254、8本塁打、52打点。豪快なスイングへの評価が高く、1軍でも2試合に出場した。みやざきフェニックス・リーグを指揮する高津新監督は「試合に使って覚えさせる」と全試合に出場させており、12月中旬まで行われる台湾でも実戦経験を積む。「上を目指してやっていきたい」と話してきた浜田。『村上ロード』で飛躍を狙う。

阿部マリア(AKB48 Team TP)が台湾で最初で最後の大胆露出「私、大人になりました」

2019/10/12 05:00
先日AKB48 Team TPからの卒業を発表した阿部マリアが、12日(土)発売の「週刊プレイボーイ」43号(集英社)のグラビアに登場する。
2010年にAKB48メンバーとなり、2017年に台湾に移住、AKB48 Team TPのメンバーとして活動してきた阿部マリア。今年8月には「デビューしたてのフレッシュなグループにわたしの大人エッセンスは必要ないのかもと思い卒業することを決めました」とグループからの卒業を発表していた。
「週刊プレイボーイ」では最初の最後の大胆露出に挑戦。台北を舞台に大人の魅力を存分に発揮、すらりとしたモデル体型を活かした本気のグラビアを展開している。今回のグラビアは10月20日(日)にはデジタル写真集としても発売される。
阿部マリアは10月19日に台北アリーナで行われるAKB48のコンサートに出演し、AKB48 Team TPのメンバーとしての活動を終える予定だ。
▽阿部マリアコメント
最後にこんなに素直になれたのは、今までの9年があったからです。デビュー当時から今まですべての皆さん、ありがとうございました! 私、大人になりました!

AKIRAが台湾でノロケ 妻のリン・チーリンのいいところは「全部」

2019/10/12 04:01
写真拡大
 EXILEのパフォーマーで俳優の3人が世界各地で開催中の国際映画祭に日本時間11日、異例の同時出演を果たした。台湾・高雄映画祭に出席したAKIRA(38)は現地の女優リン・チーリン(44)と結婚後初登場とあって話題騒然。NAOTO(36)はスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭、小林直己(34)はロンドン映画祭に参加した。
 「チーリンお姉さん」と呼ばれる台湾の大女優と6月に電撃結婚したAKIRAは会場に足を踏み入れた瞬間、まぶしいばかりのフラッシュを浴びた。チーリンの出身地、台南市に隣接する高雄市。ここに台湾中の注目が集まった。
 「イェーヘンカイシン、ネンライツァンジャー(来ることができてとてもうれしい)」
 舞台に登壇すると、まずは中国語であいさつ。発音はまだ慣れていないが、懸命に話そうとする姿に温かい拍手が起こった。
 映画祭で上映された作品は、EXILEのHIRO(50)らによる短編映画企画「CINEMA FIGHTERS project」の第3弾「その瞬間、僕は泣きたくなった」(11月8日公開)。5作の短編集で、そのうちの1作「Beautiful」……