侍J・近藤 台湾代表の王柏融と健闘誓い合う|中国政府 台湾企業や個人の優遇策を発表|“台湾版コミケ”がいま熱い! どんなサークルがあるの…|他

中国政府、台湾企業や個人の優遇策を発表

2019/11/04 11:30
ウェブ写真館紙面に掲載された写真以外のものをウェブ写真館に掲載しています。 さが維新塾県内中学校の全クラスに毎朝「佐賀新聞」をお届けするキャンペーン「さが維新塾」をスタートしました! 士業バンク日々のお困り事を相談してみませんか?佐賀で活躍するその道の専門家「士業」の方に一度ご相談ください。 47クラブさが47CLUBは地方新聞社47社が協力して地域を応援するインターネットショッピングサイトです。 家族だんらん子どもたちに「食」や生活リズムの大切さを見つめ直してもらおうと「家族だんらん2018-2019・食育標語コンクール」を行います Fit ECRU月2回発行のフリーペーパー。グルメ・趣味・仕事・子育てなど様々な情報をお……

“台湾版コミケ”がいま熱い! どんなサークルがあるの? コスプレ撮影のルールは? 日本人が楽しむための手引き

2019/11/04 11:00
コスプレ
中国であっという間に人気タイトルに上り詰めた『アークナイツ』!日本配信前にコスプレから魅力を紐解く 【コスプレ】FGO、鬼滅の刃、SAO…「池ハロ2019」最終日美女レイヤーまとめ(後編)【写真132枚】 【コスプレ】カーミラ、玉藻の前、マシュ(水着)まで! 「池ハロ2019」Fate美女レイヤーまとめ【写真60枚】 編集部にメッセージを送る
世界一の親日国とも言われる台湾。飛行機代の安さ、年間通じて過ごしやすい気候、食事の美味しさ、伝統的な街並みなどが相まって、日本人観光客が多く訪れています。
現地では日本のアニメやゲームも大人気で、日本のコミックマーケット(コミケ)に代表される同人誌即売会も開催。コミケは海外からのサークル出展や参加者も多いですが、台北で開催される“台湾版コミケ”「Fancy Frontier 開拓動漫祭(台湾FF)」も、日本のサークルや企業が出展するほど、日本での注目度も年々上がっています。
会場となった花博公園爭豔館
7月27日・28日の2日間、台湾・台北の花博公園爭豔館にて開催された、「Fancy Frontier 開拓動漫祭34」を取材してきたので、日本のコミックマーケットとの違いに焦点を当てながら紹介します。
■どんなイベント?
「月刊FRONTIER……

刃物男暴れ5人負傷=北京語で「台湾取り戻せ」-香港

2019/11/04 09:13
刃物男暴れ5人負傷=北京語で「台湾取り戻せ」-香港  時事通信ニュース

知的障害者サッカー普及へ 静岡のNPO、台湾高校生に魅力紹介

2019/11/04 08:45
藤枝市PR、市民参加型CM撮影 12月上映、ユーチューブでも(2019/11/5 08:16)土に親しみ寄せ植え挑戦 園児が花育教室 静岡・葵区(2019/11/5 08:14)秋の味覚サンマ、小学生が舌鼓 静岡・葵区で料理教室(2019/11/5 08:13)大道芸W杯、フェースペイント大盛況 祭典彩る 静岡(2019/11/5 08:12)世界の作家78人集結、島田・川根町でささま国際陶芸祭(2019/11/4 08:47)木花咲耶姫命、父神の元に 静岡浅間神社で「昇祭」(2019/11/4 08:34)日本平夢テラス1周年、記念セレモニーで芸妓が踊り披露(2019/11/4 08:22)脂たっぷり、サバ堪能 焼津で祭り、1万食を無料配布(2019/11/3 10:04)簡易担架、児童らリレー 「運動会」で防災学ぶ 島田(2019/11/3 09:54)大道芸W杯 華麗、鮮やか、愉快 世界の妙技(2019/11/3 09:50)大道芸W杯 カラースプレーブースにぎわう 家族連れ体験(2019/11/3 09:47)月初めの平日は緑茶化計画の日 島田市、アピール開始(2019/11/2 08:14)ロボホン制御、桃太郎上演 金谷中生、プログラミング挑戦 島田(2019/11/2 08:12)大道芸W杯、会場内きれいに キリングループ社員が清掃(2019/11/……

渋野、台湾で収穫=逆転賞金女王にらむ-女子ゴルフ

2019/11/04 05:54
渋野、台湾で収穫=逆転賞金女王にらむ-女子ゴルフ  時事通信ニュース

侍J・今永 相手監督が警戒…“台湾斬り”は俺に任せろ!

2019/11/04 05:30
侍J・今永 相手監督が警戒…“台湾斬り”は俺に任せろ!  スポニチアネックス Sponichi Annex

テイクオフ:茶道を習っている友人が… 台湾・社会・事件

2019/11/04 00:03
茶道を習っている友人が台湾に来たので、台北市大安区の青田街にある茶館に連れて行った。日本統治時代の家屋を改築した飲食店や資料館などが点在し、趣を感じながらのんびりできるエリアだ。
茶館では台湾茶の作法に従い、店員がお茶の入れ方を教えてくれる。茶碗を洗ったお湯を捨てる「建水」や香りを楽しむための「聞香杯」など10以上の茶道具を使う。道具は多いものの、「一つ一つの動作に決まりがある日本の茶道に比べるとずっと分かりやすい」と友人は言う。
日本の茶道は月謝のほか、次のレベルに進むための許状の取得料や挨拶料、行事の参加料など何かとお金がかかるらしい。ただこの日のお茶代も、一番リーズナブルなお茶に、茶菓子とサービス料を加えて1人700台湾元(約2,500円)。台湾では焼肉食べ放題に行けてしまう値段だ。伝統を学ぶのは安くない。(妹)