台湾 台北 グリーンワールド 建北 エレベーター点…|台湾 台北 オープントップバス 1月より運行ルート…|菅未里の自腹買い文房具 台湾で文房具を探すなら雑貨…|他

台湾 台北、「オープントップバス」1月より運行ルート変更

2020/01/06 19:06
台湾 台北、「オープントップバス」1月より運行ルート変更  トラベルビジョン

【菅未里の自腹買い文房具】台湾で文房具を探すなら雑貨店へ行くべし!

2020/01/06 19:00
日本旅行業協会(JATA)によると、2019年から2020年にかけての年末年始に日本人が渡航する人気旅行先は、台湾が第1位となったという。しかも5年連続の結果らしい。台湾発の大型複合セレクトショップ「誠品生活」が日本発で東京・日本橋にオープンするなど、台湾カルチャーへの関心が高まるなか、やはり本場もチェックしておきたいところだ。
イベントやメディアへの出演、新作文房具のプロモーションなどに引っ張りだこの文具ソムリエール・菅未里さんは、仕事柄、文房具を試す機会は多く、手元には山のような文房具が……。そんな菅さんが、自腹を切ってまで手に入れた、いま本当に気に入っている文房具とは何なのか? いよいよ日本を飛び出し、世界に点在する文房具カルチャーの集積地を巡るなかで今回取り上げるのは、その話題の台湾で入手した文房具、とドリンク。
「菅未里の自腹買い文房具」バックナンバー
https://getnavi.jp/author/misato-kan/
雑貨店で見つけた、台湾カルチャーを映した文房具台湾に行ってきました。もちろん出張です。目的はいくつかの打ち合わせと、現地の文房具店を巡ることです。
↑台湾の街並み
タピオカミルクティーを頼むときの「コツ」あ、あともう一つありました。噂のタピオカを飲むことです。日本でタピオカが流行っていることは……

台湾・桃園MRT、VISAやJCB、Apple Payなどのクレジット決済対応「タッチ&ゴー」改札。1月16日開始

2020/01/06 17:25
 桃園MRT(桃園捷運公司、Taoyuan Metro Corporation)は、クレジットカードやスマホのNFC(近距離無線通信)機能を利用して非接触で改札を通過できる「タッチ&ゴー」サービスを1月16日に開始する。
 台北への玄関口の一つである桃園国際空港と台北市内とを結ぶ桃園MRTの改札がタッチ&ゴーに対応することで、乗車券を購入窓口を探したり、外貨両替をしたりといった手間をなくすことができるとしている。
 1月16日のサービス開始時にはVISA(VISAタッチ)、MasterCard(Mastercardコンタクトレス)、Union Pay、Google Pay、Apple Pay、Samsung Payに対応。加えて、6月にはJCB(JCB Contactless)に対応する予定としている。
【記事修正】初出時、JCBカードの対応サービス名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

インコム・ジャパン、台湾のQR/バーコード決済「JKOPAY」の取扱いを開始

2020/01/06 15:00
インコム・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒井 琢麿、以下 インコム・ジャパン)は、台湾の大手QR/バーコード決済サービス提供企業である街口電子支付股分有限公司(本社:台湾台北市、代表:胡亦嘉)と業務提携し、日本国内の小売店への「JKOPAY」の導入を推進いたします。

企業ロゴ
「JKOPAY」は、台湾最大手のQR/バーコード決済サービスの一つであり、アクワイアラーとして豊富な実績を持つインコム・ジャパンをパートナーとして日本へ進出することを決定いたしました。又、日本でのサービスイン(2020年1月14日)に合わせて、全加盟店を対象として約80日間の大型キャンペーン「お買上げ金額の20%還元キャンペーン」を実施する予定です。
インコム・ジャパンは、既に国内の大手ドラッグストア・家電量販店など約1万8,000店舗以上の加盟店に接続しており、国内主力QR/バーコード決済および中国人が利用する「Alipay」「WeChat Pay」、韓国人が利用する「PAYCO」を提供しております。今回新たに「JKOPAY」をラインナップに追加し、加盟店の多彩なニーズに対応致します。
今回、JKOPAYの日本でのサービスインに合わせて、株式会社エディオン、株式会社サンキュー(100満ボルト)、株式会社ヤマダ電機、株式会社テイツーがJK……

w-inds. 台湾ライブで新曲初披露

2020/01/06 14:01
w-inds. 台湾ライブで新曲初披露  時事通信

【台湾】11月の台湾人出境5%増、日本も伸び維持(NNA)

2020/01/06 11:30
 台湾交通部(交通省)観光局によると、2019年11月の台湾からの出境者数は前年同月比5.4%増の134万3,563人だった。プラスは7カ月連続。伸び幅は前月から3.8ポイント鈍化した。目的地の国・地域別では日本がプラスを維持し、最大の比率を占めた。
 アジアへの出境者数は5.2%増の124万902人。日本は2.3%増の36万8,499人となり、全体に占める比率は27.4%だった。プラスは6カ月連続。
 中国は1.4%増の33万7,036人で、2カ月連続のプラス。韓国は9.1%増の9万3,575人となった。
 東南アジアは伸びが目立ち、タイ(17.6%増)やフィリピン(26.3%増)、インドネシア(16.8%増)、ベトナム(32.2%増)、ミャンマー(27.1%増)がそれぞれ好調だった。一方、香港は34%減の9万5,767人。
 米州は1.4%減の4万8,778人で、このうち米国は0.2%増の4万988人。欧州は8.1%減の2万7,004人、オセアニアは9.2%増の1万7,708人となった。アフリカはゼロを記録した。
 1~11月の出境者数は前年同期比3.4%増の1,590万9,816人。このうち日本は2%増の456万8,132人で、伸び幅は1~10月から0.1ポイント拡大した。

ソーシャルECの「temite」が資金調達、台湾での越境事業も開始

2020/01/06 09:14
CES 2019 のサイン
Image Credit: Dean Takahashi来週開かれる CES では、5G からビデオストリーミング、自動運転車に至るまで、最新の技術動向を見聞することになる。これらは新しいトレンドではないが、テクノロジーの継続的な進化のおかげで、これまで以上に強力で実用的なものになるだろう。
テック業界を代表するロビー団体 CTA(全米民生技術協会)の基幹イベントでもある CES 2020 が始まるのに先立ち、5日から2日間にわたって開催されるプレスデイには、約6,000人の報道関係者が集結することになる。もし CES に来るのが初めてなら、筆者のヒントやコツを参考にしてほしい。
CTA のエグゼクティブバイスチェアマン Karen Chupka 氏によれば、290万平方フィート(約27万平方メートル=東京ドーム6個分)におよぶメインのイベントフロアは、7日までに4,500人の出展者に開放される予定。約17万人が参加し、昨年の175,212人からはやや減少する見込み。しかし、それでも今年最重要のイベントの一つであることは変わらず、テックの未来トレンドを教えてくれる存在だ。
CES はサムスンやソニーといった大手のための場所であるとともに、Eureka Park のセクションには1,200社のスタートアップを迎え……

w―inds.台湾10年ぶり単独公演 ファン熱烈歓迎「お帰りなさい!」(スポニチアネックス)

2020/01/06 04:00
 3人組ユニット「w―inds.」が5日、10年ぶりに台湾でコンサートを行った。全国ツアーの最終公演として、新北市の新荘体育館で開催。台湾は2004年に初の海外公演を行い、レギュラー番組も放送されていた“第二の故郷”。3人は現地の流行語も駆使して熱演し「ニーフゥイライラ(お帰りなさい)」と熱烈歓迎を受けた。
 サプライズに感激した。21曲を終え、いったんステージを降りた後だった。「アンコール」に代わって観客4500人から起きたのは、ヒット曲「Long Road」の大合唱。オリジナルの歌詞に続き、2番はファン有志が訳した中国語詞だった。
 橘慶太(34)をはじめ3人が「何、今の歌?」と驚いてステージに飛び出すと、グループカラーの青い紙テープが一斉に投げ入れられた。こちらもファンのサプライズ計画で「ニーフゥイライラ」の声が飛び交った。
 10年のブランクに不安もあったが、温かく迎え入れられた。緒方龍一(34)は冒頭で「ついに台湾に帰ってきました。待った?待っていてくれたかな?」と問いかけると、中華圏独特の甲高い歓声が湧き起こった。
 台湾公演は09年11月以来、約10年ぶり5回目。3人は日本に先駆けて新曲「DoU」(22日発売)を初披露し、歓迎に応えた。緒方はメンバーのジョークに「スーザイハーロー(なんでだよ)」と台湾の流行語で突っ込んでみせ……