スクートとノックスクート スグ旅セール 開催中 台…|戦術マスター・水谷隼 大逆転勝利 台湾の天才下した戦…|台湾 台湾における 新型コロナウィルス 関連情報‐続報|他

Contents

スクートとノックスクート、「スグ旅セール」開催中 台湾へ片道9,500円からなど

2020/02/04 22:57
スクート(Scoot)とノックスクートは、日本発着30路線を対象とした「スグ旅」セールを2月4日午前11時から9日まで開催する。
設定路線と片道運賃は、東京/成田発着では台北/桃園へ9,500円から、バンコク/ドンムアンへ11,000円から、シンガポールへ16,500円から。札幌/千歳発着では台北/桃園へ9,500円から、シンガポールへ15,200円から。大阪/関西発着では高雄へ9,500円から、シンガポールへ12,400円から、パースへ19,400円から、ゴールドコーストへ19,900円から、メルボルンへ20,900円から、シドニーへ21,900円から、アテネへ25,400円から、ベルリンへ25,900円からなど。「スクートPlus」にも設定がある。
搭乗期間は2月4日から10月24日までで、路線によって異なる。燃油サーチャージは不要、公式ウェブサイトまたはモバイルアプリからの予約では支払手数料無料。諸税と空港使用料込み。受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要となる。
⇒詳細はこちら

戦術マスター・水谷隼、大逆転勝利 台湾の天才下した戦術転換<ドイツオープン>

2020/02/04 19:37
1.台上でのバックハンド攻撃を封じる
図:水谷の「バックハンド封じ」戦術/作成:ラリーズ編集部
台上でのバックハンド攻撃が得意な林に対して水谷は、ストップ対ストップからの展開において先にバックサイドへと長いレシーブを送っていた。ストップをするために前に寄せられている林はこのレシーブに対して強打出来ず、バックハンドで持ち上げるようなレシーブを送ることしか出来なかった。
この戦術により水谷は、林のストップに対する台上でのバックハンド攻撃を封じ、バックハンド対バックハンドのラリーに持ち込むことに成功していた。
また第6ゲームから多用し始めた真下回転のサーブも林の台上でのバックハンド攻撃を封じるには有効であった。それまで水谷は順横回転系のサーブを軸に試合を進めていたが、このサーブに対して林がチキータでレシーブをするシーンが何度か見られた。
一方で、真下回転サーブに対して林は主にストップでレシーブしている。これは強烈な真下回転が掛かったサーブに対してのチキータは難易度が高いためである。実際に、林は第6ゲームの序盤で出された真下回転サーブに対して2本連続でチキータでのレシーブをミスしており、それ以降はストップでレシーブしている。
この真下回転サーブによって水谷は、林のチキータを封じ、ストップ対ストップの展開からバックハンドのラリーに持ち込……

台湾、台湾における「新型コロナウィルス」関連情報‐続報

2020/02/04 18:24
台湾、台湾における「新型コロナウィルス」関連情報‐続報  トラベルビジョン

台湾 台北、彰化県立美術館に展示中の「肉形石」、台北故宮博物院にて展示再開 (2/05~)

2020/02/04 18:24
台湾 台北、彰化県立美術館に展示中の「肉形石」、台北故宮博物院にて展示再開 (2/05~)  トラベルビジョン

台湾 2週間以内に中国渡航歴のある外国人 訪台を禁止へ

2020/02/04 18:07
台湾当局は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2週間以内に中国への渡航歴のある外国人について今月7日以降、原則として台湾を訪れることを禁止すると発表しました。ただ、外国人でも台湾に住んでいて居留証を持つ場合は、中国の渡航歴があっても戻ることができますが、2週間自宅にとどまり、自主的に健康管理を行うよう求めています。

アライドアーキテクツが一般ユーザー作成コンテンツマーケでマイクロアド台湾とタッグ インスタ活用支援などを通しアジアで…

2020/02/04 18:01
アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO:中村壮秀、証券コード:6081)は、MicroAd Taiwan,Ltd.(本社:台北市董事長:丸木勇人)と戦略的パートナーシップ契約を締結した。
一般ユーザー作成コンテンツマーケで共同ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ社は、株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:渡辺健太郎 以下、マイクロアド)の台湾における現地法人MicroAd Taiwan,Ltd.(本社:台北市董事長:丸木勇人 以下、マイクロアド台湾)と戦略的パートナーシップ契約を締結した。
両社は台湾の通販・EC企業に対し、アライドアーキテクツ社のダイレクトマーケティング特化型UGC活用ソリューション「Letro」を提供してUGC(User Generated Contentsの略称。企業ではなく、一般ユーザーによって制作・生成されたコンテンツのことを指す)を活用したマーケティング支援を共同で行うとしている。
新規顧客向けLPのCVRを1.14倍にする実績
アライドアーキテクツ社によれば、台湾ではインスタグラムを中心にSNSの活用が……

武漢に残っていた台湾人200人がチャーター機で戻る、都市封鎖に理解

2020/02/04 16:00
 台湾に戻る王毅(Wang Yi)さんは、「心配はしていましたが、怖がることはなかったです」と話し、「多くの台湾の人々は武漢の状況に心を寄せ、さまざまなルート経由で物資を送っています。米国の台湾人も寄付をしています。みんな家族みたいなものではないですか」と語った。
 湖北省出身の劉玉瑩(Liu Yuying)さんは、先月18日に里帰りで武漢に入ったが、その5日後に「封鎖」となったため滞在し続けてきた。子ども2人を連れて台湾に戻る劉さんは「子どもの学校が始まるので、早めに帰りたいのです」と話し、「武漢頑張れ!と言いたいです」と続けた。
 武漢の会社との契約でD.J.の仕事に携わる宋弘德(Song Hongde)さんは、ウイルスの感染拡大で先月23日に会社が営業停止となり、その後は自宅で過ごしてきた。2019年10月から武漢に滞在している宋さんは「台湾も以前SARSを経験していますから、マスクやアルコール消毒やなるべく外出を避けることなど、どんな対応をしなければいけないか、みんな分かってますよ。でも、怖がらないかというと、それは不可能ですね」という。
 武漢に残って越冬を決めた武漢市台資企業協会の蕭永瑞(Xiao Yongrui)会長に電話取材をすると、「武漢滞在中の台湾籍の人々は、各方面で手厚い配慮をしていただいており、大部分の人は落ち着いていま……

アップルの台湾サプライヤーなど、中国で10日から生産本格再開を計画

2020/02/04 15:03
  アップルにとって最も重要なサプライヤーである鴻海は4日、中国本土の全ての施設で予定通り業務再開できると依然見込んでいると表明した。ブルームバークに送付したテキストメッセージで明らかにした。鴻海や広達電脳のほか、台湾の英業達(インベンテック)や韓国のLGディスプレーも中国本土で10日から操業を再開すると発表した。

京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」が 、台湾最大の眼鏡店チェーン「寶島眼鏡」と初コラボレーション!

2020/02/04 15:00
メディア関係者各位
立春の候、皆様にはご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、台湾最大の眼鏡店チェーン「寶島眼鏡」とコラボレートした眼鏡、全76種類を発売することとなりましたのでご案内申し上げます。
https://drive.google.com/drive/folders/1IffyMT6EKkImGxcJmo0nAQPtui4-9DPn
現代のライフスタイルに寄り添うものづくりを展開する京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」(代表取締役:若林剛之)と、創業40周年を迎えた台湾最大の眼鏡店チェーン「寶島眼鏡」が初コラボレーション!2020年1月1日(水)より、台湾の「寶島眼鏡」直営店およびオンラインにて、SOU・SOUのオリジナルテキスタイルデザインを施した眼鏡「就愛SOU・SOU」シリーズを発売しました。
日本国内予約ページ:https://www.sousou.co.jp/other/textile-glasses/ 

◆台湾でも大人気、和のテキスタイルデザイン◆
「寶島眼鏡 × SOU・SOU」は、メタルフレーム、セルフレームを中心に、全76種類をリリース。「SO-SU-U」「ほほえみ」「すずしろ草」「日々」「路地」「菊づくし」など、SOU・SOUファンに人気の定番15柄が、愛らしくテンプル(……

蔵王で連日の遭難・山小屋避難の台湾人女性は救助 中国人男性の捜索は悪天候で中断 山形市

2020/02/04 12:20
山形市の蔵王温泉スキー場に出かけ帰れなくなり山小屋に避難していた台湾人女性が4日朝、救助された。一方、2日から行方不明になっている中国人男性はまだ見つかっていない。

無事救助されたのは、山形市の蔵王温泉の宿泊施設で冬の間、住み込みのアルバイトをしている台湾人の黄詩雅さん(34)。

黄さんは3日、1人で蔵王温泉スキー場に出かけたが、視界が悪くなったため熊野岳避難小屋に避難した。連絡を受けたアルバイト先の関係者が警察に通報していた。4日午前8時すぎ、蔵王山岳インストラクターが避難小屋に向かい黄さんを救助した。黄さんにけがはないが、低体温症の疑いがあるという。

一方、2日に熊野岳方面に登山に行き行方不明になっている横浜市の男性会社員で中国人の欒成斌さん(36)はまだ見つかっていない。4日午前11時時点で、天候が悪いため捜索は中断している。

台湾学生 文化を紹介 山中温泉 地元住民らと交流会

2020/02/04 11:19
 学生らは六日まで、九日間の日程で大土町を訪れ、合宿しながら農作業などに励む国際ワークキャンプに参加している。例年、山奥にある大土町で交流会を開いていたが、今年は住民らが参加しやすいようにと、初めて町外の集会所を借りた。

青森)台湾の高校との交流事業中止 新型肺炎の影響受け

2020/02/04 10:30
 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている影響で、3日に予定されていた青森明の星高校と台湾の高校との交流事業が中止されたことがわかった。
 2日から教育旅行で青森県内を訪れている台湾中西部・彰化県の高校「台湾国立彰化女子高級中学」によると、訪日直前に青森明の星高校側から中止したいとの連絡があった。彰化県在住者から新型肺炎の感染者が出たと報じられたことなどから、影響を懸念する声が青森明の星高校の生徒の保護者らから寄せられたことが理由だという。
 彰化女子高級中学の谷湘琴(クシャンチン)学務主任は、「訪日直前に交流事業が中止になったと知り、ショックを受けた。肺炎の影響で保護者が心配していたと聞いている」と話した。青森明の星高校は「中止は事実だが、詳細についてのお答えはできない」としている。
 両校の生徒たちは3日午前、青…

台湾在住のインリン「パン屋さんでも体温チェック」

2020/02/04 10:24
インリン台湾・台北市在住のタレント、インリン(43)が、新型肺炎の感染拡大にともない、現地の商店などでは来店する客の体温チェックが行われている状況をつづった。
現地でもマスク需要が急増し、ドラッグストアなどでは品薄状態が続いている。インリンは2日のブログで、ドラッグストアの開店1時間前からマスクを買い求める客の行列ができていたことを報告し、「そして、並んだかいあって、マスクやっと買えました!!……マスク1箱とかではなく なんと!!!…3枚です 台湾はマスク不足してる為、1人3枚という規定ができたのです! 台湾もこのくらいマスク不足がとても深刻な状態! みんなマスク3枚買えただけで、安堵な表情してました! そして、今日の分は一瞬で売り切れました! 明日もまた並びに行かなきゃ!!」とつづっていた。
3日の更新では、「新型肺炎の影響で、ヨガ教室でも検温してから入りました! 一番驚いたのは、パン屋さんでも店員さんが入り口で検温機を持って、入店するお客さんに体温をチェックしました」と報告。「凄い徹底してて、ある意味安心ですが、、、」と複雑な思いをつづった。

「りんご茶」台湾で勝負 飲食店で提供、評判上々/青森・マキュレ(デーリー東北新聞社)

2020/02/04 10:16
 飲茶(ヤムチャ)が盛んな台湾を舞台にリンゴのお茶で勝負―。青森市で加工食品などを手掛けるマキュレ(高橋裕孝代表)が、県産リンゴを使った「りんご茶」を台湾に輸出し、現地で評判を呼んでいる。現在はファミリーレストランやファストフード店で期間限定での提供だが、高橋代表は「リンゴのお茶は新しいジャンル。日常的に飲んでもらえるようにしたい」と意気込む。
 りんご茶は2008年に同社が発売。県産ふじの実と皮を乾燥させて焙煎(ばいせん)し、茶に加工した。価格は5袋入り500円(税別)。
 台湾への輸出は18年に青森県が行ったビジネスマッチング事業がきっかけ。県職員が紹介した県産品リストの中から、台湾のバイヤーが着目して輸出が実現した。
 現地では昨年12月からファミレスのロイヤルホスト12店舗で、1月からはモスバーガー260店舗でも提供。これまで7千個が輸出され、県によると「売り上げは非常に好調」という。青森空港と直行便があるエバー航空の機内販売誌での通信販売商品にも採用された。
 台湾では、茶を飲みながら軽食を楽しむ飲茶の文化が盛ん。高橋代表は「台湾でりんご茶が認められれば、胸を張ってもっと幅広く売り込めるはず」と強調。台湾への現地事務所の設立も視野に入れ、ビジネス展開に力を入れる方針だ。

日本の力で台湾人を武漢から救出せよ

2020/02/04 06:00
 台湾人自身が台湾へ帰りたいと言っているわけで、人質ではないのだから、中国は台湾の判断を優先して協力するのが筋であろう。
 そればかりでなく、発熱など外見的に罹患していなくても、潜伏が考えられる。その点からも、中国の拒絶は納得を得られない。
 これは「一つの中国」という国家のあり様の問題ではなく、差し迫っているコロナウイルスの感染という人道問題であろう。
 しかも、東京五輪が6か月後に控えている。成功させるためにも、日本が近隣国に手を差し伸べることは至極当然ではないだろうか。
日本が先導した普遍的原理 日本は今日の普遍的原理ともなっている奴隷解放や人種差別撤廃、さらには植民地廃止などを先導してきた輝かしい歴史を有する。
 米国のリンカーン大統領は南北戦争さなかの1863年1月1日、黒人奴隷の解放を宣言した。戦争目的が奴隷解放であることを示して国際世論の支持を得て北軍有利に転換させたとされる。
 どこまでも戦争の駆け引きの方便として奴隷解放を宣言したが、ゴールドラッシュや大陸横断鉄道に多大の労働力が必要で、黒人以外の奴隷は解放されなかった。
 その多くが中国人の苦力(クーリー)であった。

台湾生徒と日本文化で交流 イラストや茶道に挑戦 大田原女子高

2020/02/04 05:00
 【大田原】台湾から教育旅行で来日した国立台南第一高級中学校の生徒・教員ら81人が3日、大田原女子高を訪れ、日本文化を体験しながら交流を深めた。
 県の訪日教育旅行誘致の一環で、同校での受け入れは初めて。文化交流体験では3班に分かれ、イラストアニメ部、茶道部、合唱部の活動を体験した。
 イラストアニメ部には29人が参加。部員に教わりながら、イラストにスクリーントーンを貼ったり色を塗ったりと制作活動に挑戦した。そのうち「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」や「進撃の巨人」など台湾でも人気の高い漫画が話題になり、「どのキャラクターが好き?」などと意見交換を楽しんでいた。

台湾、不足するマスクの販売制限 1週間に1人2枚まで

2020/02/04 00:13
 台湾当局は3日夜、緊急の記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の広がりで不足しているマスクの販売を1週間に1人2枚に制限すると発表した。販売窓口を指定の薬局に限り、購入時に健康保険カードの提示を求めて、枚数制限の徹底を図る。
 衛生福利部などによると、マスクは2枚で10台湾ドル(約36円)とする。個人番号が奇数の場合は1週間の月水金に、偶数の場合は火木土に、日曜はだれでも購入できる。1度買った人は7日間は受け付けない。
 台湾では現在、1日に約400万枚のマスクを生産できるが、人口2300万人の市場に追い付かず、街角の薬局やコンビニなどには行列ができている。1月下旬から1人3枚の購入制限を設けていたが、何度も並んで買いだめする人もいて、不満が高まっていた。
 台湾当局は今後、生産態勢の増強を支援し、日産1千万枚を可能にしたいと説明している。不足が解消されるまでは厳格な流通管理が続きそうだ。(台北=西本秀)

台湾之星が160億元の増資、5G運営資金に 台湾・IT・通信

2020/02/04 00:07
台湾通信会社の台湾之星電信(Tスターモバイル)はこのほど、160億台湾元(約575億円)を上限とする増資計画を発表した。調達した資金は主に、第5世代(5G)移動通信システム事業の運営に充てる。3日付工商時報などが伝えた。普通株や転換社債、無担保転換社債などを発行す…