動画:台湾の受刑者らがマスク製造 コロナ流行で新たな刑務作業

動画:台湾の受刑者らがマスク製造、コロナ流行で新たな刑務作業

2020/03/15 09:59
 自らグレーのマスクを着用して取材に応じたユ受刑者(50)は、作業中はいつも家族のことを気に掛けているという。
「面会に来た時、マスクを買うのがとても大変だと話していた。私は家族に『パパはここでマスクを作っているんだ。お前たちが手に入れ、使う機会があるかもしれない』と話した」。ユ受刑者はマスクを作るたびに、これで家族がいくらか安全に過ごせるかもしれないと感じるという。
 薬物と火器を所持した罪で懲役23年の刑を言い渡されたユ受刑者は、服役して10年になる。「この小さなマスクは社会に貢献する機会だけでなく、自尊心も与えてくれる」
 マスクは1枚25台湾ドル(約90円)前後で販売されている。受刑者らは手にしたわずかな賃金を、刑務所内での物品の購入に充てている。
■注文数増加で時間外まで
 台湾全土の刑務所では、布製マスクや保護マスクを製造し、施設のスタッフや一般市民に提供する新たな取り組みが行われている。
 台湾は今年に入って一時、医療用マスクの需要が急増してパニック買いが起こったが、政府が配給制度を導入したおかげで今は落ち着いた。
 台湾での新型コロナウイルス感染者数は48人にとどまっている。感染が確認された地域からの入境を流行初期に制限し、明確な医療ガイダンスを発表した政府の対応は、感染拡大への対処方法の模範例にもなった……