台湾 台北 ギャラリー・ホテル 改装工事情報 (3…|台湾 台北 世貿聯誼社レストラン 一時休業 (4~…|大豆ミートビジネス最前線 日清商会が台湾・ベジファ…|他

Contents

台湾 台北、「ギャラリー・ホテル」改装工事情報 (3月~)

2020/03/25 21:20
台湾 台北、「ギャラリー・ホテル」改装工事情報 (3月~)  トラベルビジョン

台湾 台北、「世貿聯誼社レストラン」一時休業 (4~5月)

2020/03/25 21:20
台湾 台北、「世貿聯誼社レストラン」一時休業 (4~5月)  トラベルビジョン

〈大豆ミートビジネス最前線〉日清商会が台湾・ベジファーム社と提携、冷凍の「ヴィーガンミート」を発売

2020/03/25 18:04
日清オイリオグループの関連会社である日清商会は、穀物・食品の専門商社で、台湾のベジファーム社と提携し、2019年4月から植物性由来の代替肉「ヴィーガンミート」を取り扱い始めた。
現在の取り扱いアイテムは、ビーフ系の「ヴィーガンチャンク」、骨付きチキン系の「同やわらかもも」、「同ナゲット」、チキンボール系の「同やわらかボール」、チキン系で食感にこだわった「同やわらかテンダー」の5種類となっている。
台北に日清商会のグループ会社があり、当時植物性たん白の担当者が、台湾の粗食文化に目を付け、台湾の植物性由来の加工食品の加工技術が世界的に見ても優れていたことから、提携先を念入りに選別した上で、ベジファーム社と提携して、冷凍の「ヴィーガンミート」を輸入して販売することとなった。
植物性たん白を使った代替肉は日本でも他社から発売されているが、乾燥タイプは水戻しなければいけないなど、手間がかかるうえ、味が均一化しにくく、歩留まりも悪いという欠点があったが、同社の扱う「ヴィーガンミート」は冷凍されているので、解凍してすぐに調理ができ、安定したおいしさを提供できることなどがセールスポイントとなっている。
〈ビーフ系「ヴィーガンチャンク」は大豆臭抑え、和食にも最適、パテを新たに投入〉
ビーフ系「ヴィーガンチャンク」は、大豆臭を抑えているので、味付けを濃……

【福島から伝えたい】なぜ輸入規制は解除されない? 台湾人の心から離れない「核食」のレッテル(福島中央テレビ)

2020/03/25 17:00
 東京電力福島第一原発事故があった2011年以来、いまも20か国・地域で福島産食品の輸入規制が続いている。福島では食の信頼を取り戻そうと、この9年間、懸命な放射性物質検査を続けてきた。その結果、コメは4年連続、野菜と果物は6年連続で出荷の基準値を下回り、科学的には安全が証明されている。訪れる外国人も増えている。しかし、なぜいまでも輸入規制が解除されないのか…。
 私たちは禁輸措置の継続か解禁かを巡って住民投票が行われた台湾へ取材に向かった。そこで知ったのは台湾で広まっていたある驚きのフレーズだった。

神戸のベーカリー ケルン『台湾ドーナツ』新発売

2020/03/25 16:00
 神戸の老舗ベーカリー「ケルン」全店とベッカーブルシュで、3月23日より『台湾ドーナツ』が発売されています。
 台湾ドーナツとはその名の通り台湾発祥のドーナツで、外はカリッ、中はフワッ…といったこれまでにない不思議な食感が特徴なんだそう。これは気になります!
 そのほかにも、ケルンでは「桜あんぱん(クルミ入り)」や「ザクチョコナッツ」などの新商品が続々登場しています。パンで行楽気分、お花見気分を味わうのも良いですね。

Cheng Tsung FENGの新作「Fish Trap House IV Houli」 失われつつある台湾伝統の…

2020/03/25 15:44
▲Photographer:Yi-Hsien LEE(YHLAA)
台湾のアーティスト Cheng Tsung FENGが新作となるインスタレーション「Fish Trap House IV Houli」を公開している。台中の数百人の住人も参加して編み上げた、「筌」(うけ)と呼ばれる、失われつつある台湾伝統の魚を捕獲する漁具をテーマとした作品だ。
大型イベント「台湾ランタンフェスティバル」に招待された同氏は、ランタンを制作するために台中の農業組合を訪問。経験のない人にも筌の編み方を教え、その背後にある物語を共有しながら、200個以上も完成させた。
▲Photographer:Yi-Hsien LEE(YHLAA)
公共インスタレーションとして展示したのちは、ていねいに取り外して作り手のもとに返却。それぞれの筌には作り手の願いを込めた短冊がついており、彼らの生活のなかに漁具やその作り方がしみ込んで、新しいアイデアや可能性が生まれることになるのだ。
ランプシェードや鳥かご、あるいはクリスマスツリーの装飾に使いたいという人もいたようで、住民には新しいものを作るインスピレーションを与えることができたようだ。
▲Photographer:Yi-Hsien LEE(YHLAA)
▲Photographer:Yi-Hsien LEE(Y……

台湾チアガール、峮峮(チュンチュン) 1st写真集「一見峮心」のアザーカットが電子書籍版(63P)にてついに日本でも…

2020/03/25 14:35
台湾の野球チーム、中信兄弟棒球(中信ブラザーズ)のチアリーダー「Passion Sisters」の人気メンバー峮峮(チュンチュン)。
その姿が「可愛すぎる」と話題となり、SNSのフォロワー数37万人、台湾テレビ番組「大學生了沒」レギュラー出演などを経て、日本でも週刊ヤングジャンプの表紙を飾り、話題となっている。
その峮峮(チュンチュン)の、昨年日本でもオフィシャル販売された1st写真集「一見峮心」のアザーカットが、電子書籍版(63P)としてついに日本でも発売されることが決定した。
今回、販売に合わせて峮峮(チュンチュン)からの最新コメントムービーが到着。ファンに向け、デジタル写真集の魅力を伝えるコメントを寄せている。

国内販売されている1st写真集「一見峮心」は、北海道の旭川常盤公園、美瑛、美馬牛、北瑛、札幌、富良野、小樽などを訪れ、台湾の名カメラマン黃天仁によって、雪の中のビキニ撮影を敢行。新鮮かつセクシーの限界に挑戦した。
写真のテーマには、寝起き後まったりしている姿、天真爛漫な表情、北海道の街を歩いている時の美しい姿、食事、お風呂、着替え、お料理作り…など、生活感満載な内容だけでなく、下着姿にも初挑戦し、彼女の持つ魔性を全て見せている。
■商品情報
・[デジタル版63P]チュンチュン ファースト写真集『一……

日本時代の官展図録を復刻 台湾美術史研究の「新たな始まり」に

2020/03/25 14:29
(台北中央社)日本統治下の台湾で開催されていた官展「台湾美術展覧会(台展)」と「台湾総督府美術展覧会(府展)」の図録が復刻出版され、23日、台北市内で発表会が開かれた。計画に参加した成功大学(台南市)の蕭瓊瑞教授は、忘れ去られていた多くの芸術家が今回の復刻で日の目を見ることになったと話し、出版と同時に台湾美術史の研究の新たな始まりとなったと喜びを示した。
台湾の近代美術は日本統治時代に発展を遂げたとされる。当時台湾には専門の学校がなく、展覧会での交流が学習の機会となっていたと国立台湾美術館(台中市)の林志明館長は説明。「官展への入選はその芸術家の影響力を決定づけるもの」だったという。1927年から10回にわたって開催された台展と、1938年から6回開かれた府展は、楊三郎、陳澄波、郭雪湖、林玉山など多くの著名な台湾人画家を輩出した。
図録の復刻出版は、文化部(文化省)の台湾美術史の再構築を目指すプロジェクトの一環として行われ、同館が計画を策定。美術雑誌「芸術家」が出版を手掛けた。復刻版の元となった原本は全て、同誌を創刊した何政広さんのコレクション。紙の劣化がすでに進んでおり、作業は困難だったという。紙面のスキャンや絵画の修正など、完成まで1年を要した。
図録に書かれていた日本語は、復刻の作業の中で誤字が多く見つかったが、あえて修正せずに出版。林館……

iPhone製造請け負う台湾2社、インド工場の生産停止-封鎖措置受け

2020/03/25 13:18
  鴻海はブルームバーグ・ニュースへのテキストメッセージで、4月14日までインド工場の操業を停止すると説明。インド政府のさらなる発表を待って、生産を再開する方針だとコメントした。緯創資通の担当者は、同社として命令を順守すると述べたが、どのような製品が生産停止の影響を受けるかについては言及を避けた。

台湾の“ぽかぽか男子”リウ・イーハオ、結婚式のシーンは「つらすぎる」リアルな涙見せる

2020/03/25 13:15
悲しみより、もっと悲しい物語
【気になる隣の男子】台湾が舞台の2作品で多彩な表情を見せるシー・チーティエン シー・チーティエン&ヤオ・アイニンは「ナイスカップル!」監督絶賛『悲しみより、もっと悲しい物語』 想い合う故にすれ違う…アジア中が涙した『悲しみより、もっと悲しい物語』予告 編集部にメッセージを送る
家族を失った孤独と悲しみを抱えた男女を描くラブストーリー『悲しみより、もっと悲しい物語』。本作で主演をつとめる、“ぽかぽか男子”の愛称でも知られるリウ・イーハオのメイキング映像が到着した。
>>『悲しみより、もっと悲しい物語』あらすじ&キャストはこちらから
16歳で出会ったK(リウ・イーハオ)とクリーム(アイビー・チェン)は、お互いに身寄りがなく、長い間、一緒に暮らす親友にして唯一の家族。Kはどんなにクリームを大切に想い、愛していても決して恋人になることはできない秘密があった。余命僅かな運命を背負うKは、クリームが再び孤独と悲しみを味わうことがないよう密かに“準備”を始めるのだが…。
K役を演じるのは、台湾の俳優リウ・イーハオ。これまでに彼が出演してきたラブコメとは一線を画す本作では、孤独と悲しみを心に秘めた役を演じているが、「Kは勇気がある男。演じているときは深い孤独を感じたんだ。Kになりきろうと努……

台湾ブランドKYMCO(キムコ)が気象庁にオフロード用4輪バギーを納入 2020年度より日本最東端の南鳥島で運用を開…

2020/03/25 13:00
 様々なスタイルのスクーターやATV(All Terrain Vehicle/全地形対応の4輪バギー)を製造するキムコ製品を日本で展開するKYMCO JAPAN(キムコ・ジャパン)は、気象業務の健全な発達を図ることを任務とする国土交通省の外局「気象庁」に「MXU150X」を納入しました。
【画像】キムコ製ATV「MXU150X」の画像を見る(8枚)
 スクーターやATV、ユーティリティービークル、電動アシスト自転車などを製造販売する台湾のブランド「キムコ」は、2019年の台湾二輪車市場における新車販売台数第一位を獲得し2000年から20連覇を達成する歴史あるブランドです。
 2020年度より日本最東端の南鳥島での運用が予定されているキムコ製のATV「MXU150X」は、全長1775mm、全幅950mm、車重185kgのコンパクトなボディに、空冷4ストロークの150ccエンジンを搭載した2輪駆動の跨がり式4輪バギーです。
 効率に優れたCVT式オートマチック・トランスミッションの採用により簡便な操作性を実現したMXU150Xは、優れた悪路走破性能、前後に備えられた大型キャリアなどの特徴により、普通自動車による走行が困難な悪路や狭路での移動や運搬に適した車両に仕上げられています。
 一般販売も行われているキムコ製のATV「MXU150X……

台湾ドリンク専門店「瑪蜜黛(モミトイ)」から 桜ドリンク第2弾!!ゼリーを使った 「さくらジュレミルク」を販売!!

2020/03/25 10:57
株式会社JFLAホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:檜垣周作)の子会社である株式会社アルテゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:檜垣周作)は、台湾ドリンク専門店『瑪蜜黛(モミトイ)』において3月30日(月)より桜ドリンク第2弾として「さくらジュレミルク」を販売致します。
ほんのり香るさくらミルクをベースに色鮮やかなピーチゼリーを合わせ、ホイップクリームとさくらソースをトッピングしました。
仕上げに桜の花びらの塩漬けをあしらった華やかな見た目の春らしいドリンクです。
【商品情報】
商品名:さくらジュレミルク
販売価格:M 650円(税込)
販売期間:2020年3月30日(月)〜なくなり次第終了
販売店舗:全国の瑪蜜黛(一部店舗を除く)
■瑪蜜黛(モミトイ)について
株式会社モミアンドトイ・エンターテイメント(現:株式会社アルテゴ)が2008年台湾に「台湾瑪蜜黛有限公司」を設立し、クレープ専門店「MOMI&TOY’S」をオープンさせて以来、10年間の長きにわたり台湾でビジネスをさせて頂いています。その“感謝”と“尊敬”を込め「瑪蜜黛」を立ち上げました。
お茶専門店とは違い、色味や食感にこだわったメニューを展開する、スイーツブランドならではの台湾ドリンク専門店です。

タイは電話代わりにSkypeを愛用、台湾と香港はあまり有料アプリを使わない……アジア7か国のスマホアプリ事情(Sui…

2020/03/25 08:02
また同調査では各国で「有料でかつ、継続的に」利用しているスマホアプリについても調査を行なっています。前述のよく利用しているスマホアプリのデータと、どのような違いがでるのでしょうか?結果は左の通りとなりました。
まず一目瞭然なのが、台湾と香港のユーザー数の少なさ。同調査によると、台湾と香港の人は音楽や動画視聴などのエンタテインメント以外、無料アプリの使用で済ませる傾向にあるそうです。タイも全体的に有料アプリユーザーが少ないようですが、唯一3割を超えているのは「電話」(33%)。ただ同調査によると、タイでは通話がわりに「Skype」を使うユーザーが多いといいます。
そのほかにも各国では日本ではあまり知られていないような、独自の人気のアプリがあるようです。例えば台湾で人気が高いのは通販のプラットフォームアプリ「Shopee」と、宅配サービスアプリ「FoodPanda」。Shopeeは日本でいう楽天、FoodPandaはUber Eatに近いアプリ考えれば分かりやすいでしょうか。そして香港で人気なのは、大手銀行「HSBC」による振り込みアプリ「PayMe」。電話番号やSNSアカウントがあれば、どの銀行口座への振込が可能となるようです。そしてマレーシアでは地図アプリ「WAZE」、インドネシアではチャットアプリ「Ablo」、ベトナムでもチャットアプリ「Zalo」……

テイクオフ:中国語を母語とする人の… 台湾・社会・事件

2020/03/25 00:03
中国語を母語とする人の数は、英語をしのいで世界トップと言われている。中国人、マレーシア人、そして世界に散らばる華僑。世界中の人と自分の言葉で会話ができるというのは、いったいどんな感覚なのか。台湾人が台湾人以外と中国語で話をする姿を見るたび、嫉妬にも似た好奇心を抱いてきた。
だが日本人でも手話を習得していれば、そんな境地を少し味わえるのかもしれない。日本の手話は台湾の手話、韓国の手話と一定の意思疎通が可能と言われる。台湾と韓国の手話がともに日本統治時代に確立されたことが理由だ。
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、台湾政府は日々、感染状況に関する記者会見を行っている。使用する言語はもちろん中国語だが、発言者の背後には必ず手話通訳が付く。日本の聴覚障害者は今、健常者よりもよっぽど早く台湾の感染状況を把握できるのかもしれない。(陳)