台湾から日本にマスク200万枚 台北市民が語る新型コ…|台湾 新型コロナウイルス の影響 (台北市内 郊外…|台湾 マスク未着用で公共交通機関利用の客は罰金の対象に|他

台湾から日本にマスク200万枚 台北市民が語る新型コロナと「日本加油」

2020/04/22 19:49
スマホ経由やコンビニ端末でマスク予約購入台湾は4月14日「新たに感染が確認された人が1人もいなかった」と発表するなど、新型コロナウイルスの封じ込めに成功していると報じられている。日本台湾交流協会の公式サイトによると「今般の台湾日本関係協会による日本へのマスクの寄贈も、新型コロナウイルスで苦しむ国際社会への大きな貢献のひとつ」とのこと。
日本は目下、マスクが手に入らない状況だが、台湾ではどうか。J-CASTトレンドが4月22日、台北在住の黄小姐さんに取材すると「台湾でも日本同様、手に入りにくい状況です」との答えが。ただ台湾のデジタル担当大臣・唐鳳(オードリー・タン)氏らが考案した「Eマスク」システムが3月半ばに生まれ、スマートフォンのアプリを使ってマスクを購入できるようになったことが「幸運」だったと話す。
「2月の段階では、薬局に早朝から暗くなるまで長い列ができていました。パニックや暗い雰囲気に覆われていました。(今は)スマホを持っているなら、アプリ経由で購入するのがベストです」また台湾政府系ニュースサイト「Taiwan Today」によると、台湾の4つのコンビニエンスストア(セブン‐イレブン、OKマート、ファミリーマート、ハイライフ)に設置されたマルチメディア端末に国民健康保険証を差し込むことで、4月22日からマスクの予約購入の手続きを行えるようにな……

台湾、「新型コロナウイルス」の影響 (台北市内、郊外観光地の様子)

2020/04/22 18:34
台湾、「新型コロナウイルス」の影響 (台北市内、郊外観光地の様子)  トラベルビジョン

台湾、マスク未着用で公共交通機関利用の客は罰金の対象に

2020/04/22 18:34
台湾、マスク未着用で公共交通機関利用の客は罰金の対象に  トラベルビジョン

台湾 台北近郊、「ハワードビーチリゾートグリーンベイ」4月末日をもって営業終了

2020/04/22 18:34
台湾 台北近郊、「ハワードビーチリゾートグリーンベイ」4月末日をもって営業終了  トラベルビジョン

【MHPS】台湾電力の大潭発電所(桃園市)向けに蒸気タービン設備を受注:時事ドットコム

2020/04/22 18:05
【MHPS】台湾電力の大潭発電所(桃園市)向けに蒸気タービン設備を受注:時事ドットコム  時事通信

台湾で大人気のAIスマートロボット「Kebbi Air」が日本上陸 教育や医療分野での活用へ NUWAロボティクスJ…

2020/04/22 17:36
NUWAロボティクスJAPAN株式会社は、AIスマートロボット「Kebbi Air」を国内向けに発表した。台湾では6,000台、500校以上の導入実績がある。SDK、コンテンツ開発ツールなど、関連ツールやビジネス用の管理システムをプラットフォームとして提供する。教育と医療分野をはじめ、代理店と開発会社と提携して市場のニーズにこたえていく。既に一次代理店やソリューション開発会社との連携も発表、法人向けに様々なソリューションを展開する。
価格は発表されていないが、手頃な価格を実現する、としている。

応用性が高く、価格が手頃な「Kebbi Air」
Kebbi Airは応用性が高く、価格が手頃のため様々なシーンに対応可能なコミュニケーションロボット。コミュニケーションに必要な音声認識、チャットボット、画像認識などのAI機能、マイクアレイ、カメラ、タッチセンサーと人感知センサーなど多くのセンサーを搭載。12個のAIサーボモーターでアニメーションのように滑らかな動作が可能。
■ 主な搭載機能

台湾ではAI教育用ロボットとして既に実用実績
2019年台湾でAI教育用ロボットKebbi Airを展開し、発売開始30分で予約数1,000台を超え、2020年3月までの累計販売台数は6,000台。台湾の約500校の授業に導入実績を……

ぷるんぷるんでハマる♡ カルディの「台湾ゼリー」が幸せの食感でした!

2020/04/22 13:46
絶妙な酸味とぷるんぷるん感がたまらない一品でした。これは本場で食べてみたい!
価格は198円でした。気になる方はぜひ!
味 ★★★★☆
食感 ★★★★★
コスパ ★★★★☆
リピート ★★★☆☆

混沌こそ台湾の味 東山彰良さんが語る故郷の「ぶっかけ飯」その他

2020/04/22 12:00
行儀のよさも併せ呑む「昔とくらべれば、台湾の食文化もずいぶんお行儀がよくなったと思う」台湾の原宿と言われる西門町界隈には、日本の終戦直後の闇市のような屋台がたくさんあった。帰省するたび、東山さんは行きつけの屋台でヨウ魚羹(ヨウユウゲン=イカのすり身に衣をつけ、とろみスープで煮込んだ料理)を、たっぷりの香菜、唐辛子と共に食した。
同じ台北の士林夜市では、中華鍋からガンガン上がる火柱を眺めながら、牡蛎のオムレツや大餅包小餅(ダアビンバオシャオビン=揚げパイのクレープ包み)をぱくついた。
「それがいまやどうだ。どこもかしこも小ぎれいになってしまった...が、心配することなかれ。小ぎれいになったとはいえ、そこはやっぱり台湾である。ちょっと観光コースから外れる勇気さえあれば、いまでも簡単に混沌メシにありつける」新たに工夫された食べ物、食べ方が日夜しのぎを削り、混沌の度合いはむしろ深まっているかもしれないという。「真の混沌とは、お行儀のよさをも併せ呑む懐の深さ...近ごろ台北で流行りの一人鍋なども、混沌の進化系と見なせなくもない」
台湾では「お行儀のいい」日本食が定着し、逆に日本では混沌メシが広がりつつあるそうだ。東山さんの息子が通う日本の大学にも、台湾料理のキッチンカーが現れ、ソウルフードの魯肉飯(ルーロウファン=煮込み豚肉かけ飯)を提供しているとか。……

今年11月、台湾に軽自動車レースが進出予定。コロナがちょっと心配(carview!)

2020/04/22 11:53
日本独自のカテゴリーである「軽自動車」は大衆車であることが基本ですが、だからこそ様々な楽しみ方があります。ドレスアップなどのカスタマイズを追求しているオーナーも少なくありません。
【写真をもっと見る(8枚)】
軽自動車のもつ誰もが扱いやすいサイズやパワー感を活かした参加型モータースポーツも各地で開催されています。富士スピードウェイの大型イベントは知られているところですし、海外でもマレーシアのセパンサーキットで軽自動車を使った24時間耐久イベントが開催されるほど盛り上がっています。
そんな軽自動車のモータースポーツが、台湾に上陸することが発表されました。イベント名称は「Pacific K4(パシフィック ケーフォー)」。
Pacificという言葉からは太平洋を思い浮かべますが、もともとは「穏やか・平穏・平和」という意味です。モータースポーツというと勝ち負けのギスギスした世界を想像しがちですが、軽自動車を使ったモータースポーツはフレンドリーな雰囲気が特徴ですから、まさにピッタリのネーミングです。また、日本やマレーシアで盛り上がっている軽自動車モータースポーツイベントとのつながりや一体感も込められています。
開催場所であるLIHPAO(リーパオ)サーキットは、台湾の台中にある複合施設「リーパオランド」内に作られた台湾唯一の本格サーキットで……

【台湾】長華科技、大口マテリアルの株式を売却へ(NNA)

2020/04/22 11:31
 リードフレーム開発や製造を手掛ける台湾企業の長華科技は20日、住友金属鉱山との合弁会社で、リードフレームメーカーの大口マテリアル(鹿児島県伊佐市)の株式44%を住友金属鉱山に売却することを決めた。売却額は4億9,000万円。
 長華科技によると、4月30日に売却する予定。今回の売却で1,730万台湾元(約6,170万円)の投資損失を計上するとみている。長華科技は2017年に大口マテリアルの株式49%を取得しており、売却後の持ち株比率は5%となる。
 長華科技は、「日本での環境はリードフレームの製造に適さない」と判断し、売却を決めた。
 住友金属鉱山は16年、リードフレーム事業から撤退する方針を発表。住友金属鉱山の担当者は大口マテリアルに関しても、「生産技術を長華科技に移転した後、清算・解散する流れにある」と明らかにした。ただ、まだ正式決定ではないという。

北別府氏「良くなったら台湾に行こう」 白血病闘病中に新たなモチベーション(Full-Count)

2020/04/22 08:21
 広島のエースとしてNPB通算213勝を挙げ、「成人T細胞白血病」で闘病中の北別府学氏が21日、ブログを更新。台湾から日本へマスク200万枚が寄贈されたニュースを知り、「良くなったら台湾に行こう! 楽しいこと考えよう!」と気持ちを新たにした。
【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開
 新型コロナウイルスの拡大拡大の影響で3月半ばに予定されていた骨髄移植が延期となり、自宅で静養している北別府氏。「退院中も色々と検査や治療があります 待合の時間に見つけた記事、嬉しくなりました」として台湾のマスク寄贈のニュースを紹介した。
「移植前の治療で悪い歯を抜かなきゃならないんですと 様々な治療と向き合ってきたけれど いくつになっても歯の治療はため息が出る 良くなったら台湾に行こう! 頑張ったら自宅で美味しいコーヒーを飲もう! 楽しいこと考えよう!」。闘病生活の中で、台湾旅行を新たなモチベーションとするつもりだ。

民主主義の台湾が徹底した防疫に成功しているのはなぜか

2020/04/22 06:50
 新型コロナウイルス対策では一定の私権の制限を伴うため、「強権的な国家の方が効率よく防疫ができるのではないか」といった意見を目にすることがある。しかし民主主義体制の台湾は、今のところ感染拡大を食い止めるのに成功している。21日現在、感染者数は425人で、死者は6人にとどめている。私権を制限する一定の措置を取っているものの、目立った反発は起きていない。どのようにして防疫と人権のバランスを図っているのか。背景を探った。
 私は3月下旬、所用で訪ねた民間病院で思わぬ体験をした。入り口で病院職員に、台湾の健康保険カードをカードリーダーに挿入するよう指示された。職員はデータを読み込んだパソコン画面を見つめ、こう言った。「1月下旬に台湾に戻りましたね」
 政府は今回のコロナ問題を受け、病院が健康保険カードの番号から入管当局の保管する個人情報にアクセスできるようにした。自分の行動がのぞき見られているようで、ドキッとした。14日間以内に感染拡大国・地域に行った可能性がある人をチェックする仕組みだ。私は平熱だったこともあり、院内に入ることができた。
 台湾では、海外から帰ってきた人や感染者と濃厚接触した人などに対し、自宅や政府指定の施設で14日間の隔離を義務づけている。隔離対象者は、携帯電話の位置情報で警察によって24時間、監視される。違……

テイクオフ:ずっと自宅にとどまる娘… 台湾・社会・事件

2020/04/22 00:04
ずっと自宅にとどまる娘をふびんに思い、台北の自宅からほど近い陽明山にピクニックに出掛けた。平日だから人手も少ないかと思いきや、思った以上に行楽客がおり、各地に設けられた駐車場は多くが埋まっていた。郊外の山地なら人も少なく、新型コロナウイルスの感染リスクも低いだろう。そう考えるのは皆同じらしい。
箱根の大涌谷に似た地形の横を通り過ぎ、七星山主峰の方向に向かう。マスクをしながらの登山は何とも息苦しいが、空気自体はすがすがしく、静寂の中を登っていくのは気持ちが良い。好天の中で登山道を行き交う人の表情が明るいのもいい。
だが、時折この静かさが破られる。スマートフォンで音楽やラジオを大音量で流しながらやってくる登山客だ。鳥さんの声が聞こえないよ。相手が日本語を理解していないことを祈りつつ、確かにそうだなと娘に向かってうなずく。(崇)