台湾で味わえる 日本の味 人気の焼酎居酒屋へ行って…|中国ウォッチ 香港の自治縮小 台湾攻撃を警告 ~習…|台湾産グアバの新品種 珍翠 主流品種を上回る甘さと…|他

台湾で味わえる「日本の味」、人気の焼酎居酒屋へ行ってみた

2020/06/20 21:10
全世界が新型コロナウィルスに翻弄される現在、海外旅行を泣く泣くキャンセルした人や、なかなか故郷である日本に帰れない海外在住者も数多くいるようだ。
【その他の写真】
約2万人の日本人が居住している台湾は非常に暮らしやすい所だ。多少の文化の違いは感じるものの、人々は皆親切で、物価も他の国と比べると高くはなく、女性1人でも安心して暮らすことができる。
親日家が非常に多い台湾には街のいたる所に日本料理店や日本風居酒屋が存在している。近年は日本人店長による飲食店が非常に増えていて特に台北の林森北路エリアはまるで日本に迷い込んだかのようだ。
そこで今回は“台湾で味わえる日本の味”として人気の居酒屋を紹介しよう。「焼酎Bar 五右衛門」は台湾では珍しい焼酎を専門に扱うお店。店に入ると賑やかな日本語の声が。ドアの向こうはすっかり「日本」なのだ。
筆者が訪れた時はほぼ90%が日本人客。駐在員が憩いの場として愛用しているようだ。店では「香織さん」と常連客から親しまれているオーナー兼店長の女性がテキパキと切り盛りしていた。この日は週末だけあって大忙し、コロナの影響も忘れる程であった。
料理の種類も非常に豊富でどれも手のこんだ味。まさか台湾で焼きおにぎりが食べられるとは!感激もひとしお、まるで日本の旅先でくつろいでいる気分になった。
常連客の賑……

【中国ウォッチ】香港の自治縮小、台湾攻撃を警告 ~習政権、統一問題で強硬姿勢~

2020/06/20 18:05
【中国ウォッチ】香港の自治縮小、台湾攻撃を警告 ~習政権、統一問題で強硬姿勢~  時事通信ニュース

台湾産グアバの新品種「珍翠」 主流品種を上回る甘さと酸味が特長

2020/06/20 12:11
(台北中央社)農業委員会高雄区農業改良場は19日、台湾の特産フルーツ、グアバの新品種「高雄2号-珍翠」をお披露目した。主流品種の「珍珠」が持つ欠点を克服した期待の星で、今夏から市場に流通する。
戴順発場長によると、台湾のグアバは熱帯アメリカ原産の品種を改良したもので、栽培面積は7500ヘクタール、年間生産額は50億台湾元(約180億円)に上る。このうち珍珠は、95%以上のシェアを占める。
研究助手の朱堉君さんによれば、珍珠の欠点は夏場の味わい。冬場は朝晩の気温差が大きく成長に時間がかかるが、その半面甘味は強くなる。一方、本来の収穫期である6~8月には果肉が薄くなり、風味が落ちる。このため、この欠点を克服した新品種の育成に向けた取り組みが始められた。開発から命名、品種登録、技術移転に至るまで10年を要したという。
珍翠は、夏でも果肉は珍珠より20%厚く、糖度も1~2度高い上に酸味も十分で、生産量も安定している。国内販売価格は8~10個入り1000台湾元(約3600円)。香港へも輸出される予定。生産農家は、来年には旧正月の贈答品市場に進出したいと語り、地元農家との連携による生産・販売規模拡大に期待を示した。
(楊淑閔/編集:塚越西穂)

【始球式名場面番外編】台湾女優がチアガール姿で赤面… 大暴投も妖艶な一投(Full-Count)

2020/06/20 08:10
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

80年代の台湾懐メロが欧米で大人気!ベテラン歌手の「一剪梅」が“洗脳ソング”に

2020/06/20 00:20
台湾のベテラン男性歌手・費玉清(フェイ・ユイチン)による80年代のヒットソング「一剪梅」が、欧米諸国でいきなり大人気となり、珍奇な現象が大きな話題となっている。
「一剪梅」は台湾の国民的歌手・費玉清が1983年に発表したアルバムの収録曲で、翌年には同名映画の主題歌となったもの。台湾や中国で非常に知名度の高いこの歌が最近、欧米諸国で大人気に。音楽ストリーミングサービス「Spotify」が発表する人気楽曲の最新ランキングでは、ノルウェーやニュージーランドで1位、インランドやスウェーデンで2位に登場している。
楽曲のサビの部分となる「雪花飄飄、北風蕭蕭」(シュエホア、ピャオピャオ、ベイフォン、シャオシャオ)の歌詞の発音が、特に欧米人の心に刺さったようで、この部分をピックアップした「TikTok」のショートムービーが多数公開されている。ラップにアレンジされたバージョンなどもネット上に登場し、人気の高さを示している。
この珍奇な現象は、ネット上で自作を配信する中国人男性・蛋哥(egg man)の動画がきっかけだった。「egg man」の名前のとおり、卵のような形のスキンヘッドの男性が、なぜか真っ白な雪景色の中で回りながら歌う「一剪梅」が、そのシュールさで注目されたのは今年2月のこと。これが人気アニメとコラボした面白動画などに加工されると、新型コロナウイル……